5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

1〜2行づつ書いていく障害ドラマ小説

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/20(金) 00:47:17 ID:CrGoaCYH
じゃ俺から

[始まり]
母の見舞いで病院に訪れたサユリは
リハビリ室で療法師と口論する車椅子の男を見かけた
[つづく]

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/20(金) 01:08:59 ID:ssGYbVNG
車椅子の男
「俺はもう二度と自分の足で歩くことが出来ないって言うのか!」

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/20(金) 06:17:04 ID:6qqc3521
療法師
「ちんちんすりすりしてください(><)」

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/20(金) 09:05:37 ID:qGn8Xm3U
サユリ「ワロスwwwwwwwwwwww
     あいつ歩けないwwwwww一生wwwwwww」


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/20(金) 09:43:07 ID:EMmRzkP/
車椅子の男「そんなバナナ?!wwwwwwwwwwwwww
      一生......._| ̄|○  ア・ル・ケ・ナ・イwwwwwwwwwwwww」

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/20(金) 09:52:59 ID:qGn8Xm3U
その時火災報知機が鳴り職員・患者は非難、逃げ惑い混雑する病院の廊下で
みんなとは反して一人病室へ帰ろうとする車椅子の男をサユリは呼び止めた

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/20(金) 16:32:56 ID:gX72ekM6
サユリ「待って!なにをしようとしてるの?。」

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/20(金) 17:22:00 ID:VkFbd4sA
車椅子の男「え?いや、走って逃げた方が早いかと…」

なんと、男は自分の足で立ち上がって走り出したのだ。

サユリ「(゚д゚)ハァ?」



9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/20(金) 17:42:23 ID:i4DDJoIo
しばらく沈黙が続いた

車椅子の男
『‥‥俺、自分の足で歩けるどころか走れちゃう!?』
意外な展開でさゆりは動揺を隠せるはずがなかった。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/20(金) 17:50:04 ID:LasqmzQD
呆然と立ち尽くすサユリ
 サユリ『はい…!?』

車椅子の男はサユリに近づくと口早に言った。
 男『あんたも逃げないと焼け死ぬよ』

我に返るサユリ。廊下は煙が充満しつつあった。


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/20(金) 17:54:11 ID:i4DDJoIo
すると車椅子の男は!?




なんとさゆりを抱きかかえるではないか!?

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/20(金) 18:21:10 ID:LasqmzQD
さゆり 『キャッ!! やめて!自分で歩けるから』

男 『君、恐くて震えてるじゃないか 大丈夫、噛み付いたりしないから』


車椅子の男は軽々とサユリを抱きかかえると病室を飛び出した




13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/20(金) 19:57:51 ID:i4DDJoIo
数十分経っても車椅子の男とさゆりは、病院の外に出てこない

院長『大変だ、○○さんと○○さんと○○さん(入院患者ら)と大野さんの子どもさん(さゆり)と、加藤くん(車椅子の男)の姿がない』

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/20(金) 20:38:13 ID:/lLSh+2d
そこに消防車が突っ込んだ!!
みんな「ダイゴぉーーーーーーーーー!!!!!!」

15 : ◆DoBqTBMFUg :2006/01/20(金) 22:41:25 ID:XxuNvgF8
院長「はっ・・!中に居る人たちの状態を確認しる!」
警備員「おk!」

サユリ「あんた・・・無理してたのね。迷惑かけたくないからって・・・。」
車椅子の男「そんな・・・こと言って・・る場合じゃ・・ないよ。」

警備員「危ないぞ!爆発が起こる!」
車椅子の男「だから言っただろ?」

車椅子の男は、サユリを持ち上げた!
外に向かってサユリを投げた!

きゃあアアああああああああああああああああ!!!
男は力尽きたようで、ばたりと倒れた。
「歩けないなら、人の為になって死んだほうがましだ。」




何分後だったろうか。病院は見るも無残な状態へと化していた。
燃え盛る炎。あの中に一人の勇敢な男が居る事は誰もが知っていた。
サユリは泣き崩れた。
助けられなかった1人の命。その重みは何よりも重いものだった・・・

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/20(金) 23:24:31 ID:SIvVeJZM
舐めて!舐めて!舐めてよォォォォォ!!!
誰でもいいから、あたしのオマンコ舐めてェェェェェェ!!!
自分でいじるのもうイヤよォォォォ!

うぐぅうっっっはぁっ!!


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/20(金) 23:38:03 ID:bKyYr9on
そこにダイゴが乗ったポンプ車が突っ込んだあ!
みんな「ポンピーーーーーーーーーーーーー!!!!!」

>>15スレタイ読んで空気嫁童貞乙

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/21(土) 00:41:57 ID:0ADZkLy4





19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/21(土) 00:48:49 ID:HMt5sCtV
紅蓮の炎が病院を舐め尽くす…
熱い火の粉を振り払いながら ダイゴは炎へとむかった


やめろ!無茶をするなぁぁっ!!!!


20 : ◆DoBqTBMFUg :2006/01/21(土) 07:51:02 ID:MKT2Uool
>>17
スレッド全体を読め。
というよりさ、1〜2行なんて言ってたら荒らされるよ、絶対。


21 ::2006/01/21(土) 10:01:29 ID:D3tjUbvK
>>20
荒らし上等だろ、1〜2行の意味なくなんだろ空気嫁

[つづき]
消防士ダイゴは車椅子の男のもとまで辿り着き意識朦朧とする男を抱きかかえた
「加藤さんっ!!加藤さんですね!しっかりしてください!!」

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/21(土) 10:24:50 ID:HMt5sCtV
加藤の傍らに一人の少女がたっていた。彼女はダイゴに


『彼、私をたすけてくれたんです!足の竦む私をここまで抱きかかえて…』

お願い 彼を助けて!!

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/21(土) 14:00:30 ID:Txm6V/zW
で、加藤は歩けるの?歩けないの?はっきりして
↓で統一

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/21(土) 14:28:30 ID:OUD/qlSU
加藤「実は歩けます。つーか、ドッキリカメラですたwww」

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/21(土) 14:47:57 ID:odWUJLxv
加藤
ウワァー、俺の足下に凄い勢いでぁ火がーっ。
俺の足が燃えてるぅーっ!!

26 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/01/21(土) 15:04:53 ID:Or+FQle2
実は加藤茶だった。「ちょっとだけよぉ〜ん。」

27 :こうじゃなかった?:2006/01/21(土) 15:17:42 ID:HMt5sCtV
登場人物は
加藤:車椅子の青年。リハビリを受けていたらしい 火事の際 立ち上がり なぜか病室に! 後を追ってきたサユリを抱きかかえ 炎の中、脱出を試みる

28 :こうじゃなかった?:2006/01/21(土) 15:21:39 ID:HMt5sCtV
登場人物は
サユリ:母の見舞いに来ていて火災に巻き込まれる。
逃げ惑う人並みの中に 車椅子から立ち上がり病室へ戻る加藤を追いかける。 火のまわりが早く 彼女は足がすくんで動けなくなってしまう。そんな彼女を加藤は抱きかかえ 脱出を試みるが…


他に行方不明者3名

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/21(土) 21:21:43 ID:m8wMdtfU
なんとか行方不明者ラ(加藤、大野さゆりを含む)5名を燃え盛る病院から救出し、他の大きな病院へと搬送され、火は1時間後に消し止められ





 ──── 数日後、

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 01:58:37 ID:RgMHKdaW
ああっ、もうダメッ!ぁあ…ウンチ出るっ、ウンチ出ますうっ!!ビッ、ブリュッ、ブリュブリュブリュゥゥゥーーーーーッッッ!!!
いやああああっっっ!!見ないで、お願いぃぃぃっっっ!!!ブジュッ!ジャアアアアーーーーーーッッッ…ブシャッ!ブババババババアアアアアアッッッッ!!!!んはああーーーーっっっ!!!
ウッ、ウンッ、ウンコォォォッッ!!!ムリムリイッッ!!ブチュブチュッッ、ミチミチミチィィッッ!!!おおっ!ウンコッ!!ウッ、ウンッ、ウンコッッ!!!ウンコ見てぇっ ああっ、もうダメッ!!
はうあああーーーーっっっ!!!ブリイッ!ブボッ!ブリブリブリィィィィッッッッ!!!!いやぁぁっ!
あたし、こんなにいっぱいウンチ出してるゥゥッ!ぶびびびびびびびぃぃぃぃぃぃぃっっっっ!!!!ボトボトボトォォッッ!!!
ぁあ…ウンチ出るっ、ウンチ出ますうっ!!ビッ、ブリュッ、ブリュブリュブリュゥゥゥーーーーーッッッ!!!いやああああっっっ!!見ないで、お願いぃぃぃっっっ!!!ブジュッ!ジャアアアアーーーーーーッッッ…ブシャッ!ブババババババアアアアアアッッッッ!!!!
んはああーーーーっっっ!!!ウッ、ウンッ、ウンコォォォッッ!!!ムリムリイッッ!!ブチュブチュッッ、ミチミチミチィィッッ!!!おおっ!ウンコッ!!ウッ、ウンッ、ウンコッッ!!!ウンコ見てぇっ ああっ、もうダメッ!!はうあああーーーーっっっ!!!
ブリイッ!ブボッ!ブリブリブリィィィィッッッッ!!!!いやぁぁっ!あたし、こんなにいっぱいウンチ出してるゥゥッ!ぶびびびびびびびぃぃぃぃぃぃぃっっっっ!!!!
ボトボトボトォォッッ!!!ぁあ…ウンチ出るっ、ウンチ出ますうっ!!ビッ、ブリュッ、ブリュブリュブリュゥゥゥーーーーーッッッ!!!いやああああっっっ!!見ないで、お願いぃぃぃっっっ!!!
ブジュッ!ジャアアアアーーーーーーッッッ…ブシャッ!ブババババババアアアアアアッッッッ!!!!んはああーーーーっっっ!!!ウッ、ウンッ、ウンコォォォッッ!


31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 02:53:08 ID:rW0Ah+bq
やわらかな日差しの中を一人歩く少女がいた。サユリだ

「いい天気!加藤さんの容態はどうかしら… 」

あの火災の時 サユリは加藤によって助けられた 足がすくんで動けずにいるところを抱きかかえレスキュー隊が来るまで炎から守ってくれていたのが彼だった


その彼は…

32 :ダルマ:2006/01/22(日) 04:13:00 ID:GY4jOrDz
酷い火傷を負ってしまい、自慢の顔も見る影も無くなってしまったのだ。

サユリは加藤の容態が気になり何度か面会を試みたのだが会わせてもらう事は出来なかった。

何故なら加藤はサユリを愛していたからだ。

本当は会って話したいが、「こんな姿をサユリだけには見せられない」

と、彼は毎日、涙した。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 04:39:55 ID:rW0Ah+bq
そんな加藤の切ない思いを知ってか知らずか 今日もサユリは病院へとやってきた。

**病院内**
加藤さん 今日はお会い出来るかしら… 会って お礼が言いたい
お医者様は顔に火傷をおったと言っていたけど…

サユリは加藤のいる病室へと向かった



34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 05:20:36 ID:eCf67tjY
やがてサユリ加藤の病室に着いた。
ノックをしてみるものの、一行に反応がない。
胸騒ぎのしたサユリは荒々しくドアを開けて病室内へ入った。
そこで見たものは!!!

窓枠に蝉のように張り付く全裸の加藤の姿であった。
その顔は見る影もなく焼け爛れているが、どことなく恍惚の表情を浮かべているように見えた。

「バキッ…メリメリ…」

次の瞬間、加藤の背中が割れ、この世のものと思えぬ美青年が羽化した蝉の如く現れた。

サユリ「あわわわわ…」

加藤「見たね…この姿を見られたからには…結婚してください」

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 05:21:41 ID:eCf67tjY
×やがてサユリ加藤の病室→やがてサユリは加藤の病室

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 06:16:30 ID:0JguFE4A
「きゃああっ」
サユリは目を覚ましベットから跳ね起きた。悪夢にさゆりの額はうっすら汗がにじんでいた

「・・。加藤さん、今日は会ってくれるかしら。」さゆりはあの時のお礼をまだ言いそびれたままだった

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 06:19:34 ID:0JguFE4A
×うっすら汗がにじんでいた
      ↓
○うっすら汗でにじんでいた

38 :ダルマ:2006/01/22(日) 07:02:49 ID:qBDMG/vz
その頃、加藤は自分の鏡を見て北斗の券に出てくるジャギを思い出していた。

「こんな顔でサユリは付き合ってくれるだろうか?」

39 : ◆DoBqTBMFUg :2006/01/22(日) 11:33:25 ID:K53jQixc
サユリは目が覚めてしまったので、持ち込んだ本を読み始めた。
少女マンガ。漫画には、まさに今の自分のような状況が書かれていた。

「早く加藤さんに会いたいなぁ」再びサユリは眠りについた。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 11:44:58 ID:rW0Ah+bq
加藤はサユリが毎日のように自分に会いに来てくれていることを知っていた。

あの火災の日 俺は自ら炎へと近づいていた。それを彼女が必死に声をかけて…逆に助ける事になったのだ

炎と煙に巻かれながら 俺は「この人を守りたい」と思った。だから火傷の事なんてどうでもいい
だが サユリがもし俺のこんな姿を見て怯えたり 罪悪感に苛まれでもしたら… このまま会わない方がいい…

加藤はそう自分に言い聞かせた。


41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 11:49:31 ID:rW0Ah+bq
白い息を吐きながら病院への坂道を サユリは歩いていた。
「加藤さんに会えたら 先ずはなんてお話しようかな」


今日もサユリは加藤に会いに行く

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 12:57:17 ID:eCf67tjY
サユリは病院の廊下を歩きながら、
加藤に会った際何を話そうかずっと考えていた。

サユリ「趣味のグロ画像集めの事を話そうかな…それとも…きゃあっ!?」

池沼「あぼっ!!!あぼぼぼぼぼ!!!!」

いきなり盛りのついた池沼に襲われるサユリ。
必死に抵抗するも、力の差は歴然としていた…。

加藤「何しやがるんじゃい!!!」

突然走ってきた加藤のローリングソバットが池沼の後頭部に直撃し、
池沼は5階の窓の外から重力に従って落ちていった。

サユリ「あ、ありがとうございます…加藤さん?」

加藤「えっ、俺が誰かわかるのかい?」

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 13:08:40 ID:eCf67tjY
サユリは病院の廊下を歩きながら、
加藤に会った際何を話そうかずっと考えていた。

サユリ「趣味のグロ画像集めの事を話そうかな…それとも…きゃあっ!?」

池沼「あぼっ!!!あぼぼぼぼぼ!!!!」

いきなり盛りのついた池沼に襲われるサユリ。
必死に抵抗するも、力の差は歴然としていた…。

加藤「何しやがるんじゃい!!!」

突然走ってきた加藤のローリングソバットが池沼の後頭部に直撃し、
池沼は5階の窓から重力に従って落ちていった。
下界で肉の塊が爆ぜる音を尻目に再会を果たした二人。

サユリ「あ、ありがとうございます…加藤さん?」

加藤「えっ、俺が誰かわかるのかい?」


44 :ダルマ:2006/01/22(日) 14:09:00 ID:qBDMG/vz
サユリに気付いてもらった事で加藤は何故か欲情してしまい、その場を去った。

そこで加藤は重大な事に気付くのであった。
「欲情しているのにチ○ポが起たない!!!」

俺は男としても価値を失ったと肩を落とす加藤。

そこに・・・・・

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 14:42:10 ID:eCf67tjY
恰幅のいい神経質そうな女性が悲鳴を上げた。

女性「きぃやああああああああ〜っ!!!!!まさおちゃんがああああああああ!!!!!!!」

看護士「どうしました金田さん!?」

女性「あっ、そこのチンピラが『たくの』まさおちゃんを窓から突き落としたざます!!!!!
   謝罪と賠償を(ry」

どうやら先程冥土へと飛んでいった池沼の母親らしい。

加藤「はて?何のことでしょう?ぼかぁこの通り歩けませんよ。
   ねぇサユリちゃん?」

加藤の殺気を帯びた目に圧倒されたサユリはやむなく協力する。

サユリ「はい!さっきの人はチョウチョを追いかけて窓から飛び降りたんですよ!
    (こうなりゃヤケクソよ!!!!!!!)」

看護士「…なんだ、金田さん…いい加減にしてくださいよ。
    私らも仕事が忙しいんですからね」

女性「そんな…あsdfghjklくぇrちゅいおp…」

すっかり向こうの住人と化した母親の横を素通りし、二人は加藤の病室へ向かった。

加藤「GJ!いい演技だったよ」

サユリ「うう…関わるんじゃなかった…」

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 15:24:44 ID:rW0Ah+bq
サユリは不思議そうに病院の待合室を覗いた

「嫌だわ 名前が同じだなんて!!変なドラマ」

サユリは 待合室を足早に通り過ぎた

いよいよ加藤のいる病室だ!


「加藤さん…今日は会えますように」



47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 18:24:45 ID:hh5WIrym
病室の前にたつと看護婦さんと加藤の話声が聞える

‥‥

dd

さゆりは病室をノックした
加藤の返事はナイが、看護婦さんが『は〜い』とドアを開けてくれた。

さゆり『あっ、あの〜...』

看護婦『───、加藤く〜ん、お見舞いにきてくれたわよ、大野さんの娘さん〜』

加藤『!?!?』

慌てた加藤は覆面をかぶり、顔を隠した

だが実は、さゆりゎこの前の火災の強い煙とショックから失明したのだった

さゆりは音がした方に顔を向けニッコリ微笑んだ

さゆり『ひ、ひ‥‥さ‥‥しぶり』

緊張して声が霞む

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 18:28:51 ID:hh5WIrym
《訂正》
⇒だが実は、さゆりゎ
⇒だが実は、さゆりは

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 18:49:54 ID:rW0Ah+bq
加藤〉やぁ… 何しにきたの?

加藤も つい緊張のため ツッケンドンな言い方になる


サユリ〉あの… あたし 加藤さんに是非お礼が言いたくて…

サユリは緊張しながらも一生懸命、言葉を続けた。
まだ若いサユリにとって 男性と話すのはただでさえ緊張するのだった。


加藤〉何度も きてくれたんだってね 気を遣わなくてもいいのに
加藤はうつむきながら言った。

サユリ〉いぇっ!あの あたし あの…

サユリは加藤の冷淡な対応に戸惑った

サユリ〉ご迷惑だったでしょうか

サユリの言葉に 思わず顔をあげた加藤は気がついた!

加藤〉君ッ 目が…ッ!!!!

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 22:06:28 ID:LyHpdG92
なんかおもしろくなってきてね?コレ

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/23(月) 00:17:43 ID:NhDyMVHr
サユリ〉アハッ…
バレちゃいました? 全然 見えないわけじゃないんですよ 光とかは感じるし…
バレないように仕草とか練習してきたんだけどなぁ
そんな事より 加藤さんはお加減どうですか? 私のせいで火傷しちゃったでしょ…痛みますか?


(加藤の心の声)
もしかして俺の事を気遣って…!? 加藤の胸に熱いものがこみあげてきた

そして今までいじけていた自分が恥ずかしくなるのだった



52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/23(月) 00:26:47 ID:NhDyMVHr
加藤〉火傷かぁ 少し痛痒いかな
大した事ないんだよ! 心配かけたね ごめん そして ありがとう
さゆりちゃんって呼んで良いかな?
目は大丈夫?


加藤は出来るだけ明るさを装いながら話した

サユリ〉原因がよくわからないので 検査を受けてるとこなんです!
私達 まだ自己紹介もしてませんでしたね

そう言うとサユリは頬をあからめた。


53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/23(月) 02:09:55 ID:1pGuotUB
それから通院を重ね、二人の距離は近付いた

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/23(月) 09:51:11 ID:KuNsqlc2
おいおい、いつのまにか車椅子の火傷男と
そいつが命懸けて助けたが視覚障害者になってしまった女の恋愛ドラマに
こりゃ視覚障害の人の意見が必要になってきたな、物語をおもしろくするなら

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/23(月) 18:16:33 ID:1pGuotUB
さゆり『あぁ〜ぁ』
と、さゆりは7年ほど前の記憶を思い出す

現在23歳、過去に視覚障害のため手術をうけた結果、右目だけ視力回復、左目は闇だった。

当時の加藤は、現在30歳、相変わらず足は動かないが、実家で焼き肉屋を開き繁盛しているらしい

さゆりの母親は5年前に亡くなり、今さゆりは、歌手デビューを目指して上京

小さなアパートに身を潜めていた

さゆり『何でこんな人生なの‥‥』




56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/23(月) 18:51:55 ID:NhDyMVHr
サユリは父を早くに亡くし 母と二人きりで過ごしてきた。 その母も五年前に 亡くなり 今 彼女は本当に独りぼっちになった。

サユリはとても孤独だった。誰も頼れる人はいない 歌手になろうと頑張ってみたが現実はそうも甘くはない。

『あ〜ぁ 私って何の為に生まれてきたんだろう…私がこの世から消えちゃっても誰も悲しくないよね…ナンチャッテ アハハッ』

涙がこぼれた。

『変なの 笑ってるのに…な』

サユリは自分の体を抱くようにして泣いた



57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/23(月) 18:55:41 ID:NhDyMVHr
しばらくそうしてると 少しだけ 落ち着いてきた。

『ヤメヤメッ 悲しい事は考えない!泣く時間なんてたくさんあるんだから。加藤さんとも約束したもん』

サユリは加藤の事を思い出していた。



58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/23(月) 20:10:58 ID:1pGuotUB
さゆりは気晴らしに夜の散歩に出た

駅方面に歩く‥‥

男『あの〜、すみません。』
さゆり『?』
男『お急ぎですか?』
さゆり『いえ‥‥』
男『こういう者です』

男はさゆりに名刺を差し出した。
“club angel”‥‥、どうやらキャバクラのキャッチらしい。
男『なんか困ったら言ってね、君のような女の子には客がたくさんつくと思うし、いつでも働かせるから♪』
3分ほど男は淡々と説明して去っていった

さゆりは、そのまま駅を1周まわり、家の近くのコンビニに寄った

“幸せをつかむ本”
しばらく本を立ち読みする‥‥

59 : ◆DoBqTBMFUg :2006/01/23(月) 20:33:01 ID:jPYoiIgK
幸せ。サユリは本当の幸せに気付こうとしていた。

60 :JAM- ◆EX4hRhcHRk :2006/01/23(月) 20:39:42 ID:uDDo3FNa
さゆりはコンビニを出た。そしておもむろに
上を見上げると、
高くそびえる高層ビルが。
何かに取りつかれたようにさゆりは走りだした!
非常階段を駆け上がり
10階…20階…ついに屋上へ繋がるドアの前へ!
ドアノブに手を置いたが急に息が切れて
倒れこむようにしゃがみこんだ…。
しばらくして呼吸を整えると
しずかに立ち上がりその重たいドアを開けた。
広がる夜景…。
生まれてきてごめんなさい…。
両手を広げ…
まるで鳥のように…
スローモーションで周りの景色が見えた。
綺麗…

そして国道を走る数多くの車の中に消えていった… 頭が破裂し脳みそが飛び散った。「ぎゃああああ!!」男性の悲鳴…
「い…!池沼ー!!!」
子供の叫び!
「俺の新車にキヅがぁ!どうしてくれんだ!このポンコツがぁ!」
乙武の怒り!
押し寄せる野次馬!


61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/23(月) 22:55:10 ID:1pGuotUB
↑↑本来飛び下りた場合、破裂したりとかしないので、これも夢とします。


さゆりはコンビニを出て自宅玄関で気を失っていた
そんな悪夢から目を覚ましたさゆり、額からは大量の汗が流れ出す

さゆり『体調くずしたかな‥‥』

さゆりは過去のツライ記憶のため、精神病に侵されていた

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/23(月) 23:04:03 ID:NhDyMVHr
サユリは 過去に楽しかった記憶があまりない

父を早くに亡くし 母は幼いサユリを育てる為に骨身をおしまず働いた。
そして体を壊し入院。その頃に火災に巻き込まれ失明!
目の手術の為に母は更に無理を重ねた。 目は見えるようになったが 今度は母が… 枯れ木のような母の手を握り サユリはこれから一人で強く生きていく事を誓ったのだ。

サユリの苦難の歴史の中で唯一 楽しかった記憶、それは加藤との出会いだった


サユリは深呼吸をすると 楽しかったあの頃を思い出していた

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/23(月) 23:43:55 ID:jd80UkcA
さゆりは夢のことが忘れられず、気づいたらあの悪夢で見た高層ビルの屋上に来ていた。

「本当にここから飛び降りようかしら。」
軽い鬱状態の彼女はふとそんなことを考えていた。

そこに何処から来たのか一人の女の子が現れた。
「お姉ちゃん、何しているの?」
汚れを知らない笑顔でそういった。

さゆりは、すぐわかった。
その女の子は軽度の知的障害者であることを・・・。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/23(月) 23:54:11 ID:jd80UkcA
さゆり
「こんばんわ。ねえ、あなたお名前は? 何しているの?」
女の子
「わたし、麻美子。ここでお星様見るのが好きなの。よろしくね。」

女の子はそう言って、さゆりに握手を求めた。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/23(月) 23:58:56 ID:NhDyMVHr
サユリは そっと柔らかな麻美子の手を握った。

麻美子の手を握るとなぜだか 心が安らいだ。

『ねぇ、麻美子ちゃんは一人なの? お母さんは?』



66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/24(火) 00:24:32 ID:xlITmQLo
麻美子〉う〜んと まみこのお母さんはね あれ!あそこにいるの

麻美子は得意そうに答えると夜空を指差した

麻美子〉お母さんね 遠い所にいるから まみこに会いにこれないんだって

サユリ〉麻美子ちゃんは お母さんのお星様を見るのが好きなのね (この子もお母さんを…)

その時
「麻美子!だめじゃないか…すいません うちのがご迷惑を」
パジャマ姿の男がたっていた

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/24(火) 00:35:07 ID:xlITmQLo
サユリ〉いえッ 私も寝付かれなくて 星を見てましたから

パジャマの男〉
すいません。いつの間にかベッドから抜け出して…

麻美子〉お母さん いつになったら会えるの? まだ遠いね
麻美子は心配顔の父親をよそに 無邪気に笑った

サユリ〉麻美子ちゃん お星様も眠たいって 麻美子ちゃんもお寝んねしようか
麻美子〉う〜ん いいよぉ お姉ちゃん またね!

サユリ〉うん またね!

麻美子は父親に手を引かれ帰っていった

サユリは ほぅっとため息をつくと夜空を見上げた。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/24(火) 00:50:33 ID:UOpMSqtc
さゆり『お星さまか‥‥、東京では綺麗に見えない星も、田舎に帰ればたくさん見えるのになぁ〜』
さゆりは帰って行った。
翌朝、さゆりは家賃を払いに大家さんの元へ行った

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/24(火) 15:17:42 ID:BEGNEgBe
無意味なイベントだったな

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/24(火) 16:48:29 ID:xlITmQLo
家賃を払うとサユリの懐は寂しくなった。
「ハァ〜ッ=3 夢も大事だけど先ずは生活よね バイト探さなくちゃ」

サユリは前々から目を付けていた 喫茶店へとむかった

サユリ〉まだ 従業員募集してると良いけど。


その喫茶店は閑静な住宅街にあった。



71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/24(火) 18:16:55 ID:ZOzsxS1Z
サユリは、その店の前に着いて自分の記憶を疑った。

サユリの記憶では、お洒落なジャズ喫茶だったその店は
影も形もなく、立て替えられ、パステルカラーのお店になっていた。

「お帰りなさいませ、ご主人様ぁ!!」

中からそんな声が聞こえてきた。
そう、そこはメイド喫茶になっていたのである。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/24(火) 20:57:03 ID:X/bVAMKn
ハッ!
「なんだ夢か.....」

さゆりは夢をミていたのだ
嫌な汗だわ サユリは額の汗をぬぐった

ブーーン

そこへ一匹のハエが飛んできた

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/24(火) 23:32:17 ID:fr05lewi
サユリは、足下にあったスリッパでハエを叩き落とした。
「うるさーい!!」
視覚を失いかけて、自ら歌手を目指している彼女の聴覚は人一倍敏感だった。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/24(火) 23:33:22 ID:Qn94Isc8
夢大杉


75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/24(火) 23:39:38 ID:fr05lewi
サユリ
「また、変な夢を見てしまった。」
寝起き悪くのそのそ起きあがると、自分の汗でベトベトになった
パジャマを脱ぎ捨てシャワーを浴びにバスルームへ向かった。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/25(水) 13:21:51 ID:/GJaO2Db
バスルームに入ったサユリは何やら人の気配を感じた。
バスタブの蓋を開けるとそこには…!

加藤「ぷはーっ!な…なんでわかった!?」

いつの間にかサユリは洗濯機を頭上に振り上げていた。

サユリ「加藤さ〜ん…何してるんですか…!!?」

加藤「いや、これはだね。日本古来の忍術を取り入れたドイツ式の最新リハビリ法で…」

ドカッ、バキッ、ゴリッ、ネチャッ、グチョッ

血まみれになった加藤をベランダから投げ捨て、サユリはようやく汗を流せた。

サユリ「加藤さんったら…大胆なんだから…」

一方、血まみれになりながらもゴミ捨て場に落ちた事で一命を取り留めた加藤も物思いにふける。

加藤「ふっ…可愛いとこあるじゃないか…ゴフッ…」

二人の絆は深まる一方だ。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/26(木) 00:07:22 ID:qUcbSFsP
てか意味のないアクションは、いれない方がいい

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/26(木) 00:36:11 ID:3X2DIKuB
方向性をまとめてみるってどうですか?
第一部は恋愛編
第二部は○○編
とか、100レスくらいで完結を目指す

どうでしょうか?


79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/26(木) 08:02:55 ID:qUcbSFsP
自分はDeepLoveみたいな15禁恋愛話、切なく感動でき衝撃的な!?
夢が多いのは仕方ないよ、気に入らないことになったら夢で片付けるしかない
‥‥が、多すぎるね
それと軽くシナリオが必要だね



今までの話

主人公さゆりは母親の病院にお見舞い、そこで火災発生
火災をきっかけに加藤(足が不自由で車椅子の男)とトモダチになる
そして、さゆりは火災のときの後遺症(?)で失明するが片目のみ回復
そして5年が立ち、さゆりの母親が亡くなる
その2年後(物語始め当時から7年後)、夢シンガ-への道を進むため独り東京へ上京



今のスタンス

年齢23歳にて独り東京へ上京しアパートに住んでいる
バイトを見つけようとしてるがなかなか見つからない
   etc...


で、喫茶店とかメイドカフェとか個人的には、いらない
話が広がらないと思う
てか上京してきてどれくらいかは知らないが、話の流れからすると1ヶ月前後?
現実的に考えれば、その期間にすでにバイトか何か見つけてるでしょ

そこで提案ですが、仕事はキャバ嬢ってどうですか?
障害者のキャバ嬢とか聞いたことないし、物語だからこそできる話で楽しくなりそう♪


今後のシナリオ

これから、とにかく仕事場でイジメられたりとかして絶望したり、将来結婚しようとしていた彼氏に裏切られ絶望したり、とにかく絶望というか人生下りまくる
だが夢に向けては地道に努力を重ね続ける
途中何もかも投げ捨てたくなったりでドラッグに手を出してしまい、もっと苦しむ
が、そんな生活からも抜け出すチャンスが!?
ドラッグ所持、警察にバレて精神科へ送りこまれる
数年の壁を越えて、彼女は普通に戻り、またシンガ-への道真っ直ぐに走り出す
最後はハッピ-エンドに歌手になって加藤に向けての歌で大HITでメジャ-になったでよくない?


いかがでしょうか?
意見キボンヌ

80 :張りました:2006/01/26(木) 08:26:53 ID:1xixX1Up
ボビーオロゴンが事務所を壊す。
そんなボビーが大好き。
ボビーは格闘の世界で生きつづける。
ムルアカと事務所は好まない。
週刊誌のネタの中


81 :張りますた!:2006/01/26(木) 08:49:41 ID:1xixX1Up
ボビーオロゴンが事務所を壊す。
そんなボビーが大好き。
ボビーは格闘の世界で生きつづける。
ムルアカと事務所は好まない。
週刊誌のネタの中

この文と同じ内容のスレを10分以内に他の7つのスレに貼り付けてください
。(10つだとより効果的)そうすれば1ヶ月以内に嫌いなな人に告白されたり
、粉飾決算で逮捕されたり、収入が減ったり、成績ダウン・・・・などと、とても悪いこ
とがどんどん続きます。ただし、このスレを貼り付けなかった場合は逆のこと
が起きたり、いじめにあわなかったり・・・とすてきなことが5年間もつづきます

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/26(木) 09:58:31 ID:/YL/M3/Y
>>79
そこまで決めたらみんなで1,2行ずつやってく意味ないじゃん
あと絶望の境地に加藤に再会すべき

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/26(木) 11:08:07 ID:3X2DIKuB
>>79
やっぱ 加藤がカギでしょう。
天涯孤独になって 頑張って生きてる それでもくじけそうな時もある。
加藤と再会させて 幸せになってほしいな。

加藤のその後も気になるし。

84 :ダルマ:2006/01/27(金) 01:10:14 ID:JnBnPXKY
その頃、加藤は自分の顔を見て助けるのではなかったと後悔していた。

何故なら加藤には好きな子ができたからだ。

この子は「ユリア」と言う名前で生まれつき耳が聞こえず、声がでない病気らしい。

加藤の散歩コースに自宅があり、いつも2階で絵を書いているようだ。

85 :79です:2006/01/27(金) 01:13:22 ID:fhFGKoI8
そ〜だね‥‥
そこまで自分が決めてしまったら意味がなくなるね
だが、とりあえず変な悪夢的なやつは、いらないよね〜?

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/27(金) 23:41:21 ID:vAD+BTyj
サユリはいつからか近場のキャバクラで働いていた。
毎日飲んだくれのオヤジ相手にウイスキーの水割りを作り
カラオケでデュエットの相手をするサユリ。

それなりにお金は稼げても、心の中は空洞になっていく。
「所詮、お水のオンナだもんね。」
サユリは、そんな虚しい想いを内に秘め、今日もまた水割りを作るのであった。

そんなとき、見覚えのある顔の客が現れた。
「あれぇ、お姉さんここで働いてるんだ。とりあえずボトル1本入れて。」

そう言った男は、麻美子の父親 井上靖史だった。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/28(土) 11:43:13 ID:DqeZAE5/
井上「ったくよぉ〜!!!女房には先立たれるわ、ガキの世話は焼けるし…やってらんねー!!!!」

井上は酒癖が悪かった。

サユリ「お父さん…じゃなくてお客さん…飲みすぎですよ」

井上「俺らって好きで飲んでんじゃないのよ、たまには息抜きしないとね…」

井上はそう言いつつ、サユリの太股に手を伸ばす。
サユリもすっかり慣れたもので、にこやかに井上にささやく。

サユリ「…あんまり調子乗ってると、怖いお兄さん呼んで息の根止めてもらいますよ♪」

井上「!!!…す、すいません…」

サユリはその後、我に返った井上の愚痴をずっと聞いてやるのだった。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/29(日) 13:54:54 ID:ZyOYCTOW
今日も仕事を終えて家に帰るとさゆりはグッタリ
さゆり{今日も疲れたなァ〜
さゆりはベッドに横たわるとすぐに眠りについた
昼ごろ目を覚ますと、ふと昨日井上さんが話していた会話を思い出す。
さゆりも少し酒が入っていたので完璧には覚えてないが‥‥

-------昨日の会話-------

井上{俺の娘は今年小学2生でよぅ、そりゃぁ〜対したもんよぅ。
洗濯も料理も片付けも、家事仕事はある程度こなすしよ〜ぅ。
亡くなった妻によう似ててなぁ、そりゃ〜可愛いもんよ。
なのに俺は‥‥俺はァ。。。
こんなとこきて飲んでよぅ‥‥

さゆり{まァまァ(^-^)

井上{妻は娘が幼稚園の頃にガンで亡くなってなぁ〜

さゆり{ん〜(困

井上{俺は妻が死ぬまで本当男として最悪だった。
女を次々つかまえては抱いて、ギャンブルもバカにならねぇくらい金遣って、会社は倒産、闇金には手を出すわでな‥‥
何度妻を泣かせたことか。。。

さゆり{‥‥

井上{今借金は全額返したし、ギャンブルもやめた、女と話す機会もこぉゆ〜店くらいになったし‥‥、だいぶマシになったろう

さゆり{えぇ、よかったですね

客{さゆりちゃ〜ん

そこで、さゆりは他の客につく



今日は久しぶりの仕事休み♪
久しぶりにさゆりは詞を書き始めた。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/01(水) 23:35:47 ID:nT+8wNI0
そのころ加藤は、いつもの散歩コースをのんびりと歩いていた。
自分でも、気づかないぐらいの淡い恋心を内に秘めて。

「今日もユリアちゃんに会えますように・・・」

加藤は閑静な住宅街を散歩中に見かけた、とある家のベランダで
いつも絵を描いている女性に自分でも気づかないうちに心を奪われていた。
とは要っても、加藤はその女性のことを何も知らないのだった。
そう彼女がユリアという名前で呼ばれていること以外は・・・。

加藤がユリア家の前を通り過ぎようとしたとき、突然春一番を思わせる
突風が吹いた。

ユリアが描いていた絵は、その突風に煽られ宙を舞った。
そして加藤の足下に舞い落ちた。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/02(木) 16:49:13 ID:TeXVLXpr
加藤{あ‥‥

加藤は足元に落ちた絵を見た。
そこには素敵な風景と手を繋いだ男女が描かれていた。
風景は此処のようだがこの2人は誰だろう。。。
女の方はどっかしらユリアに似ている、が少し派手で顔も不機嫌そうな感じだった

ユリア{すみませぇ〜ん、今とりにいくので♪

そうベランダから叫ぶとユリアは小走りでこっち向かってきた。
思ってたよりも間近で見ると美人。。。
透き通った白い肌に、ピンク色の頬、大きな目に長いまつげ、おまけにスタイルも抜群だ。

ユリア{す、すみません

加藤{あっ、いぇ‥‥

そうすると絵を渡す

ユリア{これ‥‥、女の方、私に見えます?

ユリアはニッコリ照笑いを浮かべながら聞いた

加藤{‥‥もっと実物の方が優しいしカワイイ顔してるよ?
この絵は派手だしってゆ〜か、不機嫌そう。。。

ユリア{昔の私なんでイイんですよ(^-^)
昔はいっつもオラオラしてたんですよ(笑)

加藤{ん〜、隣は?

そう聞くとユリアは流すように

ユリア{立ち話も何ですから〜

と家に招いた

91 :ダルマ:2006/02/03(金) 01:25:34 ID:QjnhF9f2
ドキドキしながら家に一歩、入ったところで何か違和感を感じ周りを見まわした。

加藤「とっても大きな家だね。ご両親はお出かけ中?」

ユリア「もう10年は帰ってきてないわ」

加藤は理由を聞きたかったのだが何故か恐くなって、これ以上、聞くことができなかった。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/03(金) 11:46:55 ID:TQcITIEO
部屋は綺麗に片付けられていて女の子のわりには物もなさすぎだ。

加藤{ここにきたばかりなの?

ユリア{い、いえ〜、過去のモノは捨てたり押し入れにしまったりしました♪

ユリアは忘れたい過去があるらしい‥‥
気になるが、長居も悪いので

加藤{また、きてもイイですか?

ユリア{あっ、はい☆★

そんな会話を少し交して家をでることにした


93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/03(金) 15:17:19 ID:SjqIpsDF
加藤がドアノブを握ったその時だった。アナるに激痛が走った…!(な、なんだ…この感覚…?)振り向くとユリアが指浣腸をしていた、「うそだろ…そんな…ユ…リ…ア…」薄れ逝く意識の中で始めての快感に酔い痴れていた加藤だった。


94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/03(金) 16:51:06 ID:TQcITIEO
>>93キモイ却下

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/03(金) 18:07:00 ID:cChK6jS9
>>93
それから加藤はユリアの家に足繁く通うようになった。

ユリア「加藤さん!今日はこれに挑戦しましょう♪」

加藤「ビ、ビール瓶!?嫌だ!そんなのぶち込まれたら骨盤が…」

ユリアは加藤の哀願を無視し、容赦なくズボンと下着をずり下ろす。

加藤「後生だ〜!!指ならまだしもそれだけは…」

ズ ブ ゥ ッ

ユリア「あ、勢いあまって全部入っちゃった♪」

加藤「ぎひぃぃぃぃぃぃぃぃぃーっ!!!!!!!!!!!!」

ユリアの連日の調教により、加藤の肉体と精神はどんどん歪んでいくのであった。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/04(土) 02:55:15 ID:PiOsmMFX
ユリアの数々の拷問に昇天し続けた加藤はふと思った。
そうだ男優を目指そう!AV男優に!そして生まれかわった名前は加藤鷹だった。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/04(土) 02:59:55 ID:PiOsmMFX
ユリアにされた鬱憤をはらすかのごとく加藤はAV女優を攻めて攻めて攻めまくった!
「おらおらっ!どうだ?気持ちいいのか?答えろよ、気持ちいいってこたえろ!もっと突いて欲しいんだろ?!おらよーー!!」

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/04(土) 03:07:10 ID:PiOsmMFX
女を犯しながら加藤は思っていた。さゆり…あの頃が懐かしいよ…もう、戻れないんだな…俺は…おまえがまだ忘れられないよ…。その時だった、アナるに激痛が走った!なんだ?!振り向くとユリアが指浣腸をしていた。


99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/04(土) 03:10:52 ID:PiOsmMFX
なんだ?!振り向くとユリアが指浣腸をしていた。「そんな…俺は…おまえから逃れられな…い…運命なのか…?」頬から涙がこぼれた。薄れ逝く意識の中で加藤は窒痙攣に包まれた。


100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/04(土) 03:16:15 ID:PiOsmMFX
「鷹、あんたの人生はあたしの指浣腸で始まり終わるのよ」それが俺が最後聞いた言葉だった…………この世で最後の………
「ユリア…俺のためにゆ…指浣腸をしてくれ……」
【浣】

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/04(土) 03:25:29 ID:r56xDOrp
加藤は毎日AV女優を突きまくった。
正常位 バック、机上位 松葉くずし、駅弁ファック
あらゆる体位を試みる加藤であったが、何故かフィニッシュを迎えることはなかった。

彼のAV撮影時には、白いカルピスの原液が必需品だった。
そんな彼を、業界では「絶倫の加藤」の称号で呼んでいた。
そう、彼の分身はいつまでも勃起したままだったのである。

でも、そんな体になってしまった加藤自身は虚しかった。
「俺、もう普通の女の子を愛せない体になってしまったんだろうか?」
そんな、自問自答を繰り返しては、一人悩み続けるのであった。


102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/04(土) 04:17:44 ID:PiOsmMFX
その時だった!アナるに激痛が走った。「そんな…嘘だろ?」振り向くと全裸でチョコボール向井が指浣腸をしていた。「俺がいるよ加藤」向井の笑顔は気持ち悪さを増していた。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/04(土) 04:19:36 ID:PiOsmMFX
この作品の題
《加藤FA宣言!*訂正…AF宣言!》

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/04(土) 04:23:54 ID:PiOsmMFX
俺の菊は呪われてる…ユリアの呪いだ…どうしてだ?!肛門は排便口じゃないのか?どうして指が入るんだよ!加藤は再び自問自答にふけり出した…向井の指を菊に入れたまま…「加藤…?」心配する向井がそこにいた。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/04(土) 04:32:08 ID:PiOsmMFX
俺ノ菊はユリアのために…ユリア俺の菊には指は付き物なんだな。。。
「加藤俺がいるよ」全裸の向井がまだいた。まだ気持ち悪い笑顔に加藤の心は一瞬にして凍り付いた。
「キモイ…誰か助けて…」

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/04(土) 04:38:03 ID:PiOsmMFX
ハっ!加藤は汗だくで布団から起き上がった。「な、なんだ夢か…」その時だった。アナるに激痛が走った…!「俺だよ加藤」向井が指浣腸をしていた。相変わらず笑顔は気持ち悪く、そして全裸だった。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/04(土) 04:41:15 ID:PiOsmMFX
「加藤…もう離れられないんだよ、、、」涙ぐむ向井。加藤は悟った…ヤられる…と。その時だった。アナるに激痛と快感が走った…!「嘘…だ…ろ…?」振り向くと


108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/04(土) 04:44:58 ID:PiOsmMFX
そこにはさゆりがいた…!「さゆ…り…」「鷹…」二人は感動の変態再会を果たした。抱き合う二人。
その間お邪魔なチョコボール向井は指を臭っていた。「なんだか臭うよ、この指」

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/04(土) 05:07:39 ID:PiOsmMFX
鷹とさゆりは幸せの絶頂だった。だがそれもすぐに崩れ去った…
「加藤俺がいるよ…やっぱり臭うよ、この指…」向井が狂い始めた…向井は指を両方の鼻に入れた。再び「俺がいるよ加藤」と繰り返し言い始めた。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/04(土) 05:12:41 ID:PiOsmMFX
「俺が…俺の…俺のケツだーー!」指が鼻の肉を突き破った、その瞬間向井は意識を失いその場に倒れ込んだ。しかしそれと同時に向井の下半身は波を打つように膨張していくのだった。「すごい…」サユリは目を奪われた

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/04(土) 10:06:08 ID:/uWRUhuB
何か糞つまんない

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/04(土) 13:18:51 ID:r56xDOrp
なんか一人で暴走しちゃってるね。
風俗でも行ってきたら? >>ID:PiOsmMFX

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/04(土) 21:23:05 ID:8BrsZrBs
ワロタ
続けて

114 :タブレット:2006/02/04(土) 21:34:28 ID:zWCZkIIH
彼は言った
「鳥は高く天上に蔵れ
魚は深く水中に潜む」

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/05(日) 02:15:58 ID:sQA2QDrB
つまんないってゆ〜か
障害ドラマじゃなくて
変態ドラマじゃん

こういうネタは他でやれよ

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/05(日) 02:39:51 ID:X3ObjqrA
文句言うならお前が変えろ弱虫

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/06(月) 00:38:08 ID:4kREF6ZX
「うぉぉっ!………………なんだ夢か」
加藤はベットから跳ね起きた。

「嫌な夢だったなぁ… さて早く起きた事だし散歩にでも行こうかな」

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/06(月) 00:44:34 ID:IESzx10y
その時だった!起き上がった瞬間アナるに違和感が…肛門にペ〇スが突き刺さっていた。
「ぎぃぃぃぃいっー!」加藤は気絶した。
目覚めるとそこは病院だった。そう昔入院していた病院に加藤は戻ってしまった。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/06(月) 00:48:07 ID:IESzx10y
加藤は精神障害者として再入院をしてしまったのだ。。。ユリアの一件で加藤はトラウマで心を病んでしまった。その事実を告知された加藤は「お、俺…そんな…俺が、精神障害者だなんて…嘘だろ…?」

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/06(月) 00:49:58 ID:IESzx10y
くやしさと虚しさが加藤を襲った。止めどなく流れ落ちる涙…
それは丸一日止まる事はなかった…

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/06(月) 00:54:31 ID:19hV3wc4
朝の空気は刺すように冷たかった。

加藤はこの凍りつくような冷たい空気が気に入っている。

加藤:ふぅ〜 今日も冷えるな…


彼はいつもの散歩道を歩きながら ふとある事を思い出していた。
それは 心の奥底に封印していた記憶。。
彼女と過ごした頃の甘く切ない思い出。
彼女は…どうしているのだろう


加藤は彼女との思い出の土手へと足を進めた。


122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/06(月) 01:32:14 ID:1RBd2cXc
そこに原付バイクで二人乗りをした若者たちが突っ込んできた

若者@{おいおい、何ボケっとつったってんだよ

そう運転してた男が怒鳴ると、後ろに乗っていた男が

若者A{斎藤さん、こいつでイイんじゃないっすか?

すると若者二人組は、バイクの中からバタフライナイフを取り出す

若者@{おいおい、金出せや、ゴルァ

そう言うと、若者はウウィリーだのドリフトなどをして挑発し始めた

もう一人は

若者A{だせよ、てめぇのせいで原付に傷付くとこだったろ

とナイフを振り回す

加藤{すみません、散歩してただけなんで財布持ってないんです‥‥

さりげなくナンバーを見ようとしたが外されていた。

若者A{てめぇ、何考えてんだよ

数分後若者の仲間がくると、加藤はボコボコにされ川で泳がされてしまった
寒い川のなか、溺れそうになっている中さらに追い込まれる

若者たち{楽しいです、もっと泳がせてください!って言えよ

そんな状態が30分ほど、若者たちは飽きたのか

若者@{逝くぞ

と、帰っていった。


123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/06(月) 02:33:39 ID:1b5vuWLN
その時だった。アナるに激痛が走った。そして川からチョコボール向井が現れた!全裸でイチモツをしごきながら。「加藤ー!!」向井は加藤に突撃し地面に押さえ込んだ。加藤は全員の前でバックで突かれまくった。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/06(月) 04:23:18 ID:1RBd2cXc
>>123
毎回同じパターンでキモイ
しつこいよ
ならば、



川でSEXしてる状況を見た近所の人に通報され、二人は警察に逮捕された。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/06(月) 05:11:08 ID:oueXzZ5z
加藤は警察に保護され、事情を聞かれた。
しかし加藤は沈黙…
彼は呆然としたまま、ただ時間だけが刻々と過ぎていった。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/06(月) 07:00:09 ID:bIuA+M/w
とは言うものの、
そこは天下の「オムツデカ」。
ちょっとやそっとでは、
「オムツ車椅子」には負けない。
オムツデカは、すぐさまオムツ車椅子の穴の臭いをかぎとり、
「貴様!漏らしているな!」
と言った。
こうしてオムツデカと、アナルデカの友情が芽生えたのであった。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/06(月) 08:36:17 ID:4kREF6ZX
なんかセンスのない人がいっぱいいるね(´・ω・`)

これからはsage進行にしませんか?

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/06(月) 16:44:16 ID:SrWN5PYR
危ない障害者ドラマ…障害者ドラマらしい。障害者のアレは止まらないな

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/06(月) 20:05:35 ID:Vcl1SUT5
その頃、加藤をボコった若者達は…。

若者A「斎藤さん…朝から晩までカツアゲ三昧で疲れたっすよ…」

斎藤と呼ばれた男はだるそうに返す。

斎藤「しょうがねぇだろ…今月中に上納金の100万納めなきゃなんねぇんだから…ん?」

彼らの前方から白杖を持った女性が歩いてくる。

若者B「ねー斎藤さん、あの女めくらでもいい線行ってません?
    拉致って姦っちまいましょうよぉー」

斎藤の顔に邪悪な笑みが浮かぶ。

斎藤「いや待ておまえら、あの女を鬼畜組系列の店に売り飛ばせば…」

斉藤達はサユリを拉致しようと襲い掛かった!

サユリ「きゃあーっ!!」

サユリの運命やいかに!!急げ加藤!!
取調室でウホッてる場合じゃないぞ!!!

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/06(月) 21:29:38 ID:hELmqfpH
その瞬間、一人の若者のアナるに激痛が!「痛〜!」振り向くとチョコボール向井が指浣腸をしていた。「ユリアは俺に始末させろ」若者は「向井兄貴…いい加減アナる癖直して下さいよ…警察は大丈夫だったんすか?」

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/06(月) 21:36:03 ID:hELmqfpH
「ああ何とかな、全員ヤってヤったよ、駅弁でな」不気味な笑みを見せる向井。「鷹はあまりにも抵抗するから口にもケツの穴にもバ〇〇を入れて縄で縛り付けている。今ごろは、覚醒した刑事達に強〇されてるだろうな」

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/06(月) 21:42:24 ID:hELmqfpH
若者A「あんさん…鬼や…悪魔でっせ……」若者@「おい向井兄貴に失礼だやめろ!で、兄貴このおんなどうするですか?」
変態「ん?そうだな調教して加藤に会えなくしてやろうか」ユリアの腹部にワンパンチした。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/06(月) 21:46:43 ID:hELmqfpH
第2章
≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠ユリア鬼畜世界目覚める……
≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠
パン
パン
パン
パン
パン
パン


134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/06(月) 21:48:04 ID:hELmqfpH
あ〜
あ〜
あ〜
あ〜!
あ〜

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/06(月) 21:48:55 ID:Vcl1SUT5
バキッ!!ドサッ…

向井達をよそに若者の一人が殴られて倒れる。

サユリ「紀藤さん…」

紀藤と呼ばれた男は心配そうにサユリを助け起こす。

紀藤「サユリちゃんがケータイお店に忘れてたから、追いかけてきたんだよ…」

この紀藤という男はある暴力団の組員である。
サユリの働く店はその資金源として営業していたのだ。

斎藤「コラァ!!カッコつけてんじゃねぇぞ!!」

紀藤「どこのチンピラか知らんが、長生きしたけりゃ失せな」

斎藤達は激昂して紀藤に襲いかかるが、あっさりと叩き伏せられ地面に這いつくばった。

斎藤「…ち、ちくしょうっ!!俺らは鬼畜組の舎弟なんだ!!
   てめぇなんざ明日にでも東京湾で丸太抱い…」

紀藤は斎藤の顎を蹴り上げた。

紀藤「俺はその鬼畜組若頭の甥ですが何か?」

若者達は顔面蒼白になって土下座した。

紀藤「サユリちゃんは組長もお気に入りのホステスだ、今度やったら殺すぞ…!!」

サユリは紀藤の車で家路についた。
加藤は今頃どうしているのだろう…そう思いながら。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/06(月) 21:49:18 ID:hELmqfpH
畜生!また外した!


137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/08(水) 08:28:56 ID:ov3aOw1S
しかし、そこは天下の「オムツ車椅子」!
強烈な悪臭をはなつウンコをパンパンにオムツにためこんでいたのだ。
オム車大佐は、すぐさま気味の悪い曲がった手を使い、
オムツの中からウンコを取り出した。
そしてそれを勢い悪くオム車デビルに投げつけた!
激しいオム車たちのバトルは繰り広げられるのだろうか?

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/09(木) 13:58:48 ID:uXuZxEnB
オムデビルの反撃がはじまった!
濃厚なウンコがたっぷりこびりついた自分のオムツを手にとり、敵に弱々しく投げつけた!
ぴちゃっ・・・!

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/10(金) 13:34:49 ID:dvEHB52j
だが、力が足りず、自分膝にウンコは落ちるのだった。
オムデビル 自爆!!












あー、糞つまんねぇな。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/12(日) 12:32:02 ID:cmunRefB
疲れた
誰か助けて

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/12(日) 21:41:40 ID:vs6/2OCh
センスないDQNばっかで、オイラも疲れたっす。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/12(日) 22:05:30 ID:vs6/2OCh
精神が不安定になっていた、加藤は警察で精神鑑定を受けた。
その結果、うつの可能性があるということで、精神病院に通うことになった。

週に1回、30分ほどのカウンセリングを受け 薬局で薬をもらうのも
習慣になっていった。

そんなある日、いつものように病院の待合室にいると、見覚えのある顔が
こちらに近づいてきた。

「ユリア!!」

懐かしい顔に加藤は叫んでいた。
でも、ユリアは無表情のままだった。

「おじさん、誰?」

そう、ユリアは最近の記憶をなくしていたのだ。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/12(日) 22:36:28 ID:vs6/2OCh
その頃、サユリはいつものキャバクラで普段と同じように働いていた。
ただ、今日 サユリの隣に座ってるのは紀藤だった。

「サユリちゃん、相変わらずいい体してるねぇ」
酔っぱらってる紀藤は、そう言いながら、さゆりの太ももを
男の本心丸出しのエロい手つきで触ってる。
他の男なら、さっさと離れるサユリであるが、紀藤が相手ではそうもいかない。

「サユリちゃん、今日お店終わったら、俺といいことしに行こうよ」

酔っぱらった紀藤はサユリを口説き続けた。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/13(月) 08:27:18 ID:hCHqQdZN
サユリ「しょうがないですね…一回だけですよ」

紀藤「やった!さすがサユリちゃん!」

十数分後、二人は別の店にいた。
下着姿で一人待つ紀藤の前に
過激なボンテージ衣装に身を包んだサユリが現れる。

サユリ「えっと…きょ、今日はどうして欲しいの!?」

紀藤はサユリの問いに鬼瓦のようないかつい顔を崩してこう答える。

紀藤「まずは…ハイヒールで踏みつけてくれ!」

説明しよう!紀藤は酔っ払うと真性のマゾに変身するのだ!

サユリ「はぁ〜?『踏みつけてください』だろうが!この豚が!!」

サユリは紀藤を口汚く罵り、容赦なくハイヒールで踏みつけた。

紀藤「あヒィ〜っ☆もっと!もっと踏んで!罵ってぇ!!!」

自分はつくづく男運が悪い。
そんなやりきれなさを目の前の奴隷と化した男にぶつけるサユリであった。

その頃加藤はコンビニ弁当を一人頬張りつつ映画のDVDを鑑賞していた。

加藤「ケッ、世の中そんなにうまくいくかよ!
   あーあ、俺も今すぐご都合主義のハッピーエンドを迎えたいよ」

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/17(金) 02:01:36 ID:C/IfAtdD
しかし、それを横目に再び近くにいたオムツ車椅子が暴れはじめた!
オムツの中にある、強烈な悪臭をはなっているビチグソをとりだしたのだ!
その時サユリは慌てて叫んだ!
「オムツプレーはいや!」

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/17(金) 02:07:59 ID:r/z06ppv
糞すれ

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/17(金) 02:51:25 ID:3na6u8DZ
DD「待ちな!オムツプレーなんてこの俺が許さんぞッ!!」


148 :希LO壊VE堕 ◆.1.RADAR.. :2006/03/17(金) 03:52:29 ID:XIE6i0iH
誰か書いてアゲ(;-_-+

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/17(金) 13:19:08 ID:b4Uurk7r
この板にオムツ車椅子が粘着してる間はむりぽ

150 :ぽく:2006/05/08(月) 16:39:08 ID:r6lGTr/F
ぽくがかいてあげるのら
DDが「まちな!オムツプレーなんてこのおれがゆるさん」
と、いったとたん。 オムツくるまいすは、
「じゃまするな」とさけび、DDに飛び掛ったが、たっけなくたおされてしまった。
こんどは紀藤が、
「もっとふんでー」と、サユリにからもうとしたとき、
DDが、「おまえはおれに、ふまれてしまえ。」と、紀藤を、ふみつけた。
紀藤が、「いてー。」と、さけびどっかにいってしまいました。
サユリが、「まー、加藤さんてすてき。」と、DDによりかかりました。」
加藤が、「げっ、ばれてたのね。」
そう、DDとは、ひとりでコンビニのべんとうを食べていた加藤だったのだ。


151 :ぽく:2006/05/08(月) 17:11:03 ID:r6lGTr/F
さっきのつづき
サユリは、さらいこういった。
「じつは、わたい、コスプレプレーがすきなの。あら、加藤さんプリキュアのカレハーンのコスプレかしら。
 まーうれしいですわ。」とゆうと、どこかにいったしまいました。
そう、さっき加藤がみていたDVDは、プリキュアのDVDだったのだ。
すると、サユリがキュアイーグレットのコスプレで、戻ってきて、こういった。
「なぜ、加藤さんはそのかっこうできたの?」
すると、加藤は、
「さっきみたのDVDで、このかっこよかったから、このかっこうにしたのだ。」


152 :ぽく:2006/05/08(月) 17:18:14 ID:r6lGTr/F
すると、サユリは、
「わたしも、ぷりきゅあが、だいすきですの。きがあいますね。とくに、カレハーンがわたしすきなの。
 いっしょにコスプレプレーをしましょ。」
というと、加藤は、
「よしやろう」といい、コスプレプレーを、ふたりでするこたになりました。
加藤は、こうおもった。やったー、サユリさんとHができるのだ。あーして、こーしとヌヒヒ
しかし、サユリは、・・・
つづく

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 17:44:55 ID:522IQ3fM
「ハ〜イお時間イパーイれす!!」
「今日は楽しかったwまた来てねん♪」
「お会計12000円れす。
ありがとうやんした〜。
「あ〜まだ何もしてないよ。サユリちゅわ〜ん(;_;)」
加藤さんは店から閉めだされた。

154 :ぽく:2006/05/08(月) 17:55:20 ID:r6lGTr/F
しかし、サユリはみせからすぐにでたきた。
サユリ「おみせでなく、加藤さんのへやでやりましょ。」と、いい、加藤のへやへ、カレハーンと、キュアイーグレットとゆう、きみょうなのくみあわせのかっこうで、いくことにした。
みんな、じろじろみているのをきにしながら、加藤のへやへついたふたりは、さっそく、コスプレプレーを、することにした。しかし・・・

155 :カウンセラートム:2006/05/08(月) 18:02:28 ID:WNwjctrW
ぽくの書くものはつまんないね

156 :カウンセラートム:2006/05/08(月) 18:03:19 ID:WNwjctrW
ぜひワタクシの書いた文章をさんこうにしてください

157 :ぽく:2006/05/08(月) 18:41:49 ID:r6lGTr/F
最終回なのら。
オムツ車椅子「オムツウザイナー」
紀藤「紀藤ウザイナー」
と、いってさっきのふたりが、加藤のへやへおしかけてきた。
サユリ「まさか・・・あなたたち3にんぐるなって、わたしといっしょになって、へんなことするつまりっじゃあ・・・」
すると、
加藤「ちがう」と、いったがしかし
サユリ「だって、ウザイナーは、あなたのこぶんでしょ。」
加藤「ちがう。おまえらなんかしらん。、おのれ・・・こうなれば・・」と、いってきがえはじめた。
しかし、そのあいだにオムツウザイナー、紀藤ウザイナーは、サユリに、おそいかかる。
サユリ「いやー、加藤さんたすけてー」
そのとき、キュアブルームのコスプレをした、加藤が、
「さっかくのたのしみを・・・じゃましおってゆるさん。」
と、ゆうと、オムツウザイナー、紀藤ウザイナーのふたりを、あったゆうまにやっつけ、へやから、おいだした。
加藤「じつは、おれ女装コスプレヤーなんだ。」と、いうったが、しかし、
サユリ「そんなことないわ、だって、わたしおまもってくれたの、やっぱりす・て・き」と、ゆうと、
サユリ「わたしと、けっこんしてださい。」と、いい、
加藤「もっ、もちろんよろこんで・・。でもそのまえに、コスプレプレーを、しよう。」と、いった、
サユリ「よろこんで」と、いってふたりで、コスプレ寸劇をはじめた。
たのしい、たのしい、ふたりによるコスプレ寸劇がひとらんだくついたところで、加藤がこういった。
「なぜ、さきみせからだしたの。」
サユリは、「だって、みせじゃまずいでしょ。」といった。加藤は、さっきの12000円は・・・、まーいいかとおもったとき、サユリが、
「きめポーズを、ふたりでしましょ。」
加藤「いいよ」と、いい、キュアイーグレット、キュアブルームのコスプレをした、ふたりで、
加藤・サユリ「ふたりはプリキュア」と、ポーズをしながらいった。
加藤「こんどは、ほんとうのコスプレプレーをしよう。」というと、
サユリ「はい。よろこんで。」
こんどは、プリキュアのコスプレのまま加藤、サユリのふたりは、おたのしみをした。
そのご、加藤とサユリは、けっこんして、えいえんに、コスプレプレーを、しながらしあわせにくらしたそーな。
おちまい

158 :ぽく:2006/05/08(月) 19:06:28 ID:r6lGTr/F
>>155
>>156
あんたが、ゆうめいなカウンセラートムさんですか。
最終回は、どうでしたか?
最終回が、だいぶながくなってすみません。どうしても、こうしたかったもんですから・・・

つぎは、ぽくが、ねたをだします。

ところで、紀藤には「はずき」という姉がいた。しかしそのはずきは、皆さんの言うところの、池沼なのだ。
しかも、いつも、ふたご姫のふしぎ星のファイン姫の格好をして、
はずき「はずきは、じつは、ファインひめなの。」と、みんなに、いっていたのだ。
あいかわらず、はずきがファイン姫の格好をしているところに、あの有名なカウンセラートムが来て・・・

159 :ぽく:2006/05/09(火) 17:01:19 ID:/KMTLQA9
ぽくが、きのうおわらせた小説は、まだスペースの都合でかき足らないとこだらけなので、これから完成?ばんをかくのら。

150から

DDが「まちな!オムツプレーなんてこのおれがゆるさん」
と、いったとたん。 オムツくるまいすは、
「じゃまするな」とさけび、DDに飛び掛ったが、あっけなくたおされてしまった。
こんどは紀藤が、
「もっとふんでー」と、サユリにからもうとしたとき、
DDが、「おまえはこのDDさんに、ふまれてしまえ。」と、いって紀藤を、ふみつけた。
紀藤「あー、もっとふんでー。あーいい。きもちいい。」といって、きぜつしました。
サユリ「フン、だれでもよかったのね。それより、 まー、加藤さんてすてき。」と、いって
DDによりかかりました。
加藤が、「げっ、ばれてたのね。」
そう、DDとは、ひとりでコンビニのべんとうを食べていた加藤だったのだ。
サユリは、さらにこういった。
「じつはサユリも、コスプレプレーがすきなの。あら、加藤さんプリキュアのカレハーンのコスプレかしら。
わたし、 カレハーンってけっこうすきなの。 まーうれしいですわ。」とゆうと、どこかにいってしまいました。
そう、さっき加藤がみていたDVDは、ふたりはプリキュアスプラッシュスターのDVDだったのだ。
すると、サユリがキュアイーグレットのコスプレをして、戻ってきてこういった。
「なぜ、加藤さんはそのかっこうできたの?」
すると、加藤は、
「さっきみたDVDで、このかっこよかったから、このかっこうにしたのだ。」

長くなるから、つづくのら。 

160 :ぽく:2006/05/09(火) 17:07:54 ID:/KMTLQA9
さっきの、つづきなのら

152から

すると、サユリは、
「わたしも、プリキュアが、だいすきですの。きがあいますね。 いっしょにコスプレプレーをしましょ。」
というと、加藤は、
「よしやろう」といい、コスプレプレーを、ふたりでするこたになりました。
加藤は、こうおもった。やったー、念願のサユリさんとHができるのだ。あーして、こーしとヌヒヒ
しかし、サユリは、・・・
「ハ〜イお時間イパーイれす!!」
「今日は楽しかったwまた来てねん♪」
「お会計12000円れす。
ありがとうやんした〜。
「あ〜まだ何もしてないよ。サユリちゅわ〜ん(;_;)」
加藤さんは店から閉めだされた。
しかし、サユリはみせからすぐにでたきた。
サユリ「おみせでなく、加藤さんのへやでやりましょ。」といい、加藤のへやへ、カレハーンとキュアイーグレットとゆう、きみょうなのくみあわせのコスプレかっこうでいくことにした。
みんな、じろじろみているのをきにしながら加藤のへやへついたふたりは、さっそく、コスプレプレーを、しようとした。しかし・・・


161 :ぽく:2006/05/09(火) 20:44:33 ID:/KMTLQA9
さっきの、つづきなのら

そのころ、オムツ車椅子が、きずきこういった、
「おー、おもいだした。おれは、オムツウザイナーだったのだ。カレハーンさまがさっきおれをおたおしたのはオムツプレイなどと、ふざけたことをしたからなのだ。」
「それにしても、あのサユリとなのるおんなは、キュアイーグレットだったのか。よし仲間を、増やそう。」
というと、きぜつしている紀藤を、おこした。
オムツウザイナー「おまえも、あのサユリとゆうおんながめあてだろ。目的が同じだから、おまえもウザイナーになってみるのだ。」
めを、覚ました紀藤が、
「おもしろい、やってみよう。おれは、いまから、紀藤ウザイナーだ。」
オムツウザイナー「よし、決まりだ。なんか、キュアイーグレットは、カレハーンさまをおいかけていったみたいだ。あとを、おうのだ。」
といって、ふたりはサユリたちを追いかけることにした。
そのころ、ほんもののカレハーンは、ひかりのいずみのありかを、聞きまくっていた。
ほんもののカレハーン「ひかりのいずみは、とこにありますか。」
ユリア「ひかりのいずみでしたら、あそこですわ。」と、1軒のたてものをゆびさした。
ほんもののカレハーン「ありがとう。」といって、その建物に行った。
その建物には、
キャバレー ひかりのいずみ
と、かかれていた。
ほんもののカレハーン「やった。あっけなくみつけたのだ。きっとその中に、ひかりのいずみがあるのだな。」というと、
その建物の中に入っていった。
キャバレーひかりのいずみにはいった、ほんもののカレハーンは、さけんだ。


162 :ぽく:2006/05/09(火) 20:48:51 ID:/KMTLQA9
また、つづき

「なんだ、ここはー。」
斎藤がでてきて。こういった、
「お前のようなやつがくるところじゃねー。かえれ、おれたちは、鬼畜組のものなんだぜー。おまえなんか、めじゃないぜー。」
ほんもののカレハーン「鬼畜組ってなんだ?」
斉藤「おのれ、鬼畜組もしらんのかー。鬼畜組てっゆうのはな、女を拉致してその女を自分の経営してるの店できゃくに、あんなことやこんなことさせて、そのもうけは、おれたち鬼畜組もらって、その女にはほとんどもうけをわたさないのだ。」
斉藤「しかも、きゃくからはぼった栗とゆうほど、金をまきあげるのだ。おれは、その組員だ。」
斉藤「おれは、おれたち鬼畜組のおやぶんに上納金を出すために、おれのコブンといっしょに、朝から晩までカツアゲ三昧を、しているのだ。ちなみにカツアゲとゆうのは、とおりがかりの老人や子供、ブス女からおどしたり、なぐったりして、お金をまきあげることだ。」
斉藤「ほかににも、いろいろわるいことを、してるぜー。こわいだろ。ほかのやつも、同じだー。お前なんか、クソだぜ。」
ほんもののカレハーン「おまえらよりましだぜ。そうか、おまえらそうとうのわるだな。」
斉藤「おまえから、かつあげだー。」とさけび、斉藤やコブンその他そこにいた組員たちが、ほんもののカレハーンにおそいかっかた。
しかし、斉藤やコブンその他そこにいた組員を、ひとり伊藤というチンピラを逃したが、ほかのやつはほんもののカレハーンにあっけなく倒された。
ほんもののカレハーン「組長とやらはどこだ?」
斉藤「組長なら上の、じむしょだ。」といってたおれた。
ほんもののカレハーンは、上の事務所に行き組長ら、幹部を、あっとゆうまに倒した。
組長「なぜおれらを、倒した。」
ほんもののカレハーン「じゅぶんにきけ。」
組長「・・・・・・・・。」
ほんもののカレハーン「しかし、子供向け番組の悪役に倒されるなんて、どうしようものないたやつらだな。プリキュアとかだったらまだしも。たおされようとしても、こんなやつらだったらプリキュアは、さすがにこないな。」
ほんもののカレハーン「ひとりを、除いて全員、地獄に落ちたな。おれもそうとうのわるだな。」
こうして、鬼畜組は壊滅した。


163 :ぽく:2006/05/09(火) 20:49:35 ID:/KMTLQA9
またまた、つづき

加藤のへやまで、おいかてきたふたりが、
オムツ車椅子「オムツウザイナー」
紀藤「紀藤ウザイナー」
と、いって加藤のへやへはいってきた。
サユリ「まさか・・・あなたたち3にんぐるなって、わたしといっしょになって、へんなことするつまりっじゃあ・・・」
すると、
加藤「ちがう」と、いったがしかし
サユリ「だって、ウザイナーは、あなたのこぶんでしょ。」
加藤「ちがう。ちがうんだ。」
加藤「おまえらなんかしらん。、おのれ・・・こうなれば仕方がない・・」と、いってきがえはじめた。
しかし、そのあいだにオムツウザイナー、紀藤ウザイナーは、サユリに、おそいかかる。
サユリ「いやー、加藤さんたすけてー」
そのとき、キュアブルームのコスプレをした、加藤が、
「せっかくのたのしみを・・・じゃましおってゆるさん。」
加藤「それに、紀藤おまえは、鬼畜組若頭の甥だろ。若頭の甥だけでいばるな。」
加藤「おお、 キュアブルームのコスプレだと、力がみなぎってくる。」
とゆうと、オムツウザイナー、紀藤ウザイナーのふたりを、あっとゆうまにやっつけた。
オムツウザイナー「ウザイナーーー」
紀藤ウザイナー「ウザイナーー。じつは、鬼畜組若頭の甥なんて、うそなんだー」
といって、加藤の部屋から逃げるように出ていった。
じつは、加藤はサユリのことが、ずっとすきだったのだ。そして、サユリをまもろうとするきもちが、そうさせたのだ。
加藤「鬼畜組の組長だろうがなんだろうが、へんにサユリに近づくやつは、このおれがキュアブルームのコスプレで、やっつけてやる。」
加藤「でも、じつはおれ女装コスプレヤーなんだ。ゆるしてくれ、かっこわるいだろ?」といったが、しかし、
サユリ「そんなことないわ、だって、わたしおまもってくれたですの、やっぱりす・て・き」とゆうと、
サユリ「わたしと、けっこんしてださい。」と、いい、
加藤「もっ、もちろんよろこんで・・。」といった。
と、そのとき、さっきにげだした、チンピラの伊藤がきて、
伊藤「おのれ、鬼畜組は壊滅した。加藤おまえだけでも。あっサユリもいるサユリを、おかしてやる。」
伊藤「そのまえに、加藤おまえを、ころす。」といって、加藤にむかってきた。しかし、キュアブルームのコスプレした加藤のてきではなく、
あっけなく、伊藤は加藤にいや、キュアブルームに倒されてしまった。


164 :ぽく:2006/05/09(火) 20:50:16 ID:/KMTLQA9
またまたまた、つづき

サユリ「これで、鬼畜組におびえなくてもいいのね。鬼畜組の組長たらきもちわるいたらありゃしないの。それより、加藤さんのほうが、10億倍素敵。」
といった。何事もなかったように加藤は言った、
「ひとつきいてもいいかい。なぜ、さっきみせからだしたの。」
サユリは、「だって、みせじゃまずいでしょ。」といった。加藤は、さっきの12000円は・・・、まーいいかとおもったときサユリが、
「コスプレプレーをしよう。」と、いった、
すると、サユリはキュアイーグレットのまねをはじめた。加藤もそれにつられて、キュアブルームのまねをした。
ぞくにゆう、コスプレ 寸劇とゆうやつだ。
たのしい、たのしい、ふたりによるコスプレ寸劇がひとらんだくついたところで、サユリが、 こういった。
「きめポーズを、ふたりでしましょ。」
加藤「いいよ」と、いい、キュアイーグレット、キュアブルームのコスプレをした、ふたりで、
加藤・サユリ「ふたりはプリキュアシュプラシュスター」と、ポーズをしながらいった。
そのご加藤が、
「こんどは、ほんとうのコスプレプレーをしよう。」というと、
サユリ「はい。よろこんで。」
こんどこそは、プリキュアのコスプレのまま加藤、サユリのふたりは、おたのしみをした。
そのご、加藤とサユリは、けっこんしてえいえんに、プリキュアのコスプレでの二人によるコスプレ寸劇、コスプレプレーをしながらしあわせにくらしたそーな。

おちまい 。でわない、ほんもののカレハーン、鬼畜組とは関係なかった紀藤こと紀藤ウザイナー、オムツ車椅子ことオムツウザイナー、そしてユリアは、どうなったかは、時間がないので明日かくのら。


165 :ぽく:2006/05/09(火) 20:52:03 ID:/KMTLQA9
ぽくのねた(>>158)、あー、しまった。じゅうだいなミスをしてしまったのら。(>>158)は取り消します。
あらためてねたわだします。

ぽくのねた

ところで、紀藤には「はずき」という姉がいた。しかしそのはずきは、皆さんの言うところの、池沼なのだ。
しかも、いつも、ふしぎ星のふたご姫のファイン姫の格好をして、
はずき「はずきは、じつは、ファインひめなの。」と、みんなに、いっていたのだ。
あいかわらず、はずきがファイン姫の格好をしているところに、あの有名なカウンセラートムが来て・・・

ふしぎ星のふたご姫やふしぎ星のふたご姫のファイン姫なんていってもあまりわからないですね。公式のホームページを、一応はっきます。
ご参考に、
 アニメ   ふしぎ星のふたご姫GYU (新バージョン) ttp://futagohime.jp/goods/index.html
       
       ふしぎ星のふたご姫 (旧バージョン)  ttp://futagohime.jp/fushigi/menu.html

オリジナル  ttp://futagohime.jp/original/

よろしくかいてくださいなのら。


166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 03:14:41 ID:JUbvu49U
まんまんみてちんちんおっき

167 :ぽく:2006/05/10(水) 19:26:25 ID:Hn/7P5qO
すみません、
「おちまい 。でわない、ほんもののカレハーン、鬼畜組とは関係なかった紀藤こと紀藤ウザイナー、オムツ車椅子ことオムツウザイナー、そしてユリアは、どうなったかは、時間がないので明日かくのら。」
と、きのうかきましたが、きょうはじかんがないので、こんどこすあすかくのら。
かわりに、ぽくのねたのつづき

だい2わ
「まんまんみてちんちんおっき」と、カウンセラートムがいった。
はずき「わけわかんなあーい。それよりみて、はずき、じつはファインひめなの。」といった。
そこにさらに、ユリアがきて・・・

きのうの、ホームページが、ちょっとへんになったので、あらためてはっときます。

 アニメ   ふしぎ星のふたご姫GYU (新バージョン) ttp://futagohime.jp/goods/index.html
       
       ふしぎ星のふたご姫 (旧バージョン)  ttp://futagohime.jp/fushigi/menu.html

オリジナル  ttp://futagohime.jp/original/

よろしく、かいてくださいなのら。


168 :ぽく:2006/05/11(木) 20:50:15 ID:5nuSeLM+
おととい、かくといった続きなのら

加藤の部屋から追い出された、おむつウザイナー、紀藤ウザイナーは、ほんもののカレハーンの元に行きこういった。
ほんもののカレハーンは、紀藤うざいなーを、みるとこういった。
ほんもののカレハーン「だれだ、こいつ?」
おむつウザイナー「ぼくのともだち」
ほんもののカレハーン「おー、仲間が一人増えたか。」
おむつウザイナー「でも、プリキュアにやられました。」
ほんもののカレハーン「馬鹿もーん、おまえらなにをやっとる。」
おむつウザイナー・紀藤ウザイナー「うざいなーー」
ほんもののカレハーン「えーい、プリキュアのとこに、いくぞ。こんどこそプリキュアをたおして、本物のひかりのいずみのありかを聞きだすのだ。」
おむつウザイナー「加藤のへやですか?、あそこは、いやだ。」
ほんもののカレハーン「だれだ加藤って?馬鹿もーん、ちがーう、住宅展示場だ。」
おむつウザイナー・紀藤ウザイナー「うざいなー?」
こうして、ほんもののカレハーン、おむつウザイナー、紀藤ウザイナーの3人は、住宅展示場にいくことにした。
住宅展示場につくと、1人の男が暴れていた。
そう、加藤にたおされた、鬼畜組のチンピラの伊藤だった。
伊藤「おれさまは、鬼畜組のたった一人の残党だ、おれはえらいんだー。」
といって、住宅展示場ないをあばれだした。
ほんもののカレハーン「この前たおした、鬼畜組のたった残党だな。鬼畜組のやつはゆるさん。」といって、
伊藤を、あっとゆうまにたおした。


169 :ぽく:2006/05/11(木) 20:51:03 ID:5nuSeLM+
さっきのつづき

伊藤は、紀藤ウザイナーみてこういった、
伊藤「紀藤さん、そんな格好してないで鬼畜組若頭の甥ならそいつを、やっつけてください。」
紀藤ウザイナー「鬼畜組若頭の甥なんて、おまえらをだますためのうそだ、おめえなんかしらん。」
伊藤「うっ、だましやがったな。」
といつと、伊藤は地獄に落ちた。
そして、なにごともなかったようにほんもののカレハーンは、いった。
「プリキュアは、どこだ。」
と、あたりおみまわすと、
ほんもののカレハーン「おー、いたぞあそこだ。」
加藤・サユリ「ふたりはプリキュアシュプラシュスター」と、ポーズをしながらいっているのがみえた。
でも、そのプリキュアは、加藤とサユリのコスプレ寸劇だった。
おむつウザイナー・紀藤ウザイナー「こいつらだー。」
ほんもののカレハーン「そいつらはちがうぞ、えーいでもそのプリキュアでもかまわん。」
ほんもののカレハーン「おむつウザイナー、紀藤ウザイナーそいつらを、やっつけろ。」
おむつウザイナー・紀藤ウザイナー「うざいなーー(いやだー)」
どがーん
なぜか自爆して、どっかにいってしまったのだ。
ほんもののカレハーン「おいっ、おまえら、えーいきょうのところは、きめポーズも決められたしこの辺にしといてやる。」
というと、どこかにきえてしまいました。
加藤・サユリ「このひとたちなにがしたかったのかな?」


170 :ぽく:2006/05/11(木) 20:52:15 ID:5nuSeLM+
これでほんとに最終回


いっぽう、自爆したおむつウザイナー、紀藤ウザイナーは自爆してやられたことになり、もとの、おむつ車椅子、紀藤に戻っていた。
もどった、おむつ車椅子、紀藤をみかけた、ユリアが二人めがけて浣腸をした。
おむつ車椅子・紀藤「ぬおーーーーっ。」
おむつ車椅子「きもちいい。」
紀藤「こんどは、ふんで。」
すると、ユリアが紀藤をふみつけた。
紀藤「きもちいい、もっと」
さらにユリアは、紀藤をふみつけた。
紀藤「ユリア様さいこー。」
と、いってきもちよさそうにきぜつした。
おむつ車椅子「ユリア様、今度はオムツプレイを」
ユリア「いいわよ。」
といって、おむつ車椅子、ユリアのたのしいオムツプレイが、つづいた。
そのご、紀藤、おむつ車椅子、ユリアの3人は、浣腸、オムツプレイ、ユリアによる踏みつけを、しながらなんだかんだとなかよくくらしました。
これでほんとに、おちまい。

このしょうせつって、2ヶ月近く放置されたたからおわらせたのら。べつに、いいよね?
それにしても、最後1人ですごく長くかいてしまってたすみまなせんのら。



171 :ぽく:2006/05/11(木) 20:52:45 ID:5nuSeLM+
ぽくのねたつづきを、きょうもかくのら。

だい3わ
ユリアは、ふしぎ星のふたご姫のレイン姫の格好をしていた。
そう、じつはこのユリアも記憶喪失ではなく、はずき同様、みなさんのゆうところの池沼で、しかもみんなに、
ユリア「ユリアは、じつは、レインひめなの。」
といいぶらしていたのだ。
はずきと似たり寄ったりのせいか、はずきとユリアは、大の仲良しなのだ。
でも、はずきとひとうちがうのは、浣腸が、だいすきなのだ。
その浣腸ずきなユリアがカウセラートムに、いきなり浣腸をした。

ぽくわ、このつづきは書かないのら。
みなさん、続きを書いてくださいのら。

172 :ぽく:2006/06/01(木) 20:42:55 ID:Zz3iQjpD
誰か続きを書いてくれなのら。

173 :ぽく:2006/06/02(金) 11:17:12 ID:S02+dxpQ
誰も書かないので、ぽくが書くのら。
だい4わ
カウセラートム「うげぇーーー」
と言ってどこかにいってしまいました。
そのご、ユリアとはずきの2人は、ふしぎ星のふたご姫のコスプレ寸劇をしました。
おちまい

誰も書かなかったから、ぽくが完結させました。

174 :ぽく:2006/06/02(金) 11:35:57 ID:S02+dxpQ
ぽくのねた その2
らめみとはずきの姉妹がいました。らめみは少し知恵遅れで、はずきは皆さんのいうところの池沼だった。
らめみは、スパッツをはいていました。突然らめみが、
「スパッツを、だれかぬがすですの。」といいました。


175 :ぽく:2006/06/02(金) 12:07:35 ID:S02+dxpQ
そこにユリアが現れて、らめみのスパッツを脱がせるとらめみに浣腸をした。
らめみ「いたーー、いきなりなにをするのですの。」
ユリアは、浣腸好きな、皆さんの言うところの、池沼だった。
そんな浣腸好きなユリアが、すぐそこにいたはずきにも浣腸をした。
はずき「いたいれしゅ、でもきもちいいれしゅ。」
ユリア「気持ちいいなら、もっと浣腸をするですの。」
するとらめみが、
「あなたもスパッツを、はくのですの。」と言って、ユリアにスパッツをはかせようとした。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 03:53:47 ID:fi3FmSaM
オムツ車椅子ばっかり登場するやん

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 10:37:57 ID:DNveFzPu
関連wiki
http://wiki.ninki.org/wiki.cgi?p=%a3%b1%a1%c1%a3%b2%b9%d4%a4%c5%a4%c4%bd%f1%a4%a4%a4%c6%a4%a4%a4%af%be%e3%b3%b2%a5%c9%a5%e9%a5%de%be%ae%c0%e2+


178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 22:02:41 ID:BdKK2yAU
『障害者(カタワ)は社会の「お荷物」だ!!』

75 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)