5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

正規の奇形児スレッド

1 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 01:05:27 ID:y8PBAYyj
3度目の奇形児スレ(詳しくは4度目)人間改革スレッド、又は、
正攻法の正規の元祖人権スレッド  半年だが、長い道のりだった。

///      ////  // ,、-‐ヽ'、  ヽ',
 / / /  / //,/_``   / /´ -- ハ|  , lヽ
 i/ /   / //シ'rーt.ヽ / i´,彳'。) )ミ/ / ,|||
 |! | / l. | |/ゝ,.'、.ソ '  | i  ゝ-rrシ//;イj!!
  ! | :ト || ハ|  ^'' ´`    l!    /'/ /
  ', |:;|ヽト! ト|:ト        ´    イ´
  ヽヽヽ|ヽト、:ヽ    ー---'    /   
       ヽ ` ヽ、   `  .  /     
         _ 」,`ヽ、._  _/:',
     、-''/ / ',    ̄   'ヽ、



2 :一人でさせられるとちとつらいw:2006/12/30(土) 01:20:33 ID:y8PBAYyj

      )::::::::::::::::::::,  ´    )::::::::::::::===彡::::::テ
       (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
      >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
        て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈
         しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l
         l l  l _L | |ノ  rT´_ | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l
            ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ
            ハ v)       l l | リ /:://   |  |   
            ,' ハ 丶      リ ,| |//´  | |   
            |  〉 、 `    lレ' | h、     |  |
            l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
            ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |
            /'   ノl j/ _ト(  ノ l (   \  |  |





3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 01:22:36 ID:y8PBAYyj
         , : ‐ : ̄: ̄:`ー: 、――:<:. :. \
       _/:. :. :.‐-、:. :.\:. :. :. \:. :..ヽ:. :. :.\
     /:. :|:. :|:. 、:. :. ヽ:. :.:ヽ:. :. :.:ヽ:. ∧::::. |:.|
    /:. :. :.:}:|:.:ヽ:. \:斗―‐-|:. :. :. :V/∧:::: :|:.|
   //: :. :.i:|:ハ:. \く ァテテミ:ハ: :. :. :.レ: :. |:::ヽ:\
   |.|:. |:. :|:レ',ニミヽミ_>ト-ソ.}_./ |:. :. :.:|:: :. :|::::::ヽ:.:\
   |:|:. |:. :|:V トrヘ.   " ̄  /: :.:/イ }:: .:|:::::|:ハト、_:>
   |:ハ:.|:..:.ト:|. ゞ'^、      /_:.イ:. :レ::::: :. |V|::| |
     ヾ>、::>   ィ  }     |:. :.:|:::::::: ∧:∨ 
     /ハ:|:. :ト、   ヽノ    /|:. : ハ::::::. :∧:.\__ 
     VV|:. :V ヽ、     / /:. :./::∧::::: :∧ー'´
       |:. :|: :. :::::|`::ーr'´  /. :.:/:::::::∧::::: :.\
     ヽ、_」:. :.`ー‐::::|::::::」   /イ/ ̄ ̄ ̄ヽ: :. : :.\
        ゝ:. .>--ァく|L_/  /       ヽ:. ).:. :\
       /:.:/  / 辷シ'   /         ∨:. : :. :.ハ
       /:./ /   ノ _,, -へ、  へ.      ',:.: :. :./: |
       |/, へ===" ̄    \.  \    ∨:./:. :.|
      //       .:::::::::...   :.ヽ  ∧    ∨:. :. }
     / {.............   .::::::::::::::::::::::.  ::::V:.::∧    ヽ: :/.|
    /  ':,::::::::::::::    ::::::::::::::::    /:. :/:.∧    ∨: |
   /    ,へ_.--======-、  /:. :/: /:. :\    ∨|
 /ー-、 /  |            `/:. :/:. /: :. :. :.}    V






4 :ご参加を:2006/12/30(土) 01:23:55 ID:y8PBAYyj
`'、 !: ::,! : ./:::: i′!::::|     ,!    ./  l:: :  :    ヽ  :   l. : : : .゙L: : :|
    ":,!::/: :::/. - __:゙‐::l    : ,!:   : ./ : :/..,、: : ::   : ::ヽ : : : ヽ: : : ::
     ヽ:l :::/ :::::::: _,,,゙':::| :  ::::|: :  .i____` ̄.l..┐    ::::.l : :::::  !:
      !│ :::l,:::  .i:`゚i l,: ::::::!::: / _.. --  ̄'ー... l,   ::::::| ::::::  l:
       .|:: : ::ヽ、 .ヽ-‐ ゝ::::/: :'":   ./゚ ̄ト;;.: ::,!  :: ::::::ヽ : ::::  l.::::
       .|:: ::::::: .ヽ ./         .`''ー-‐'" : :./   : : ::::::.l: : :::  :.!::::
       !: ::::::''';;-. .′               _/::  :  :::::::: ,!:: :::::  |::::::
       ヽ: : ::: ヽ              '';;y.: : ::::: ::::::::::/:::::::::::::::.!:
        ヽ :::::_ ヽ  .''ヽ       : <,゙:::::: : : : :.:::::::: : !:::::::::::::::
         . \ ヽ::゙!、           ,,, ‐''´: : :::: ./ :::::: :,i|::::::::::::::::::
           ヽ ヽ_ヽ,       _..`-'ッ.: ::::::,/::::::::::,//:::::::::::::,i::
            ゙'-、゙ヽ\.._..-‐{´::::::'/.: .:_./ ::::::,..彡゙:::::::::./



5 :ご参加を:2006/12/30(土) 01:25:11 ID:y8PBAYyj
     , - ' ゙    `` ‐ 、_,,,,,
   ,r'          /=ミ
  /           彡ll',''´
. /             彡lll
 !-- .、    ,、、、、,,,   彡lノ
 l,,,,,__ /   ___     'r''゙ヽ
. |`゙'' ./   `'゙'''"    .〉,l |
 |.   ,'           //
. ',. ,'           , r'
.  ゙, ゙'ー ‐`      l  |
   ゙、''゙ ,,、二''‐    ノ  l、
''''''''7'ヽ  '''    /   /`〉`゙T''''''''''
  l  ` 、,,,,、- ' "    / /.|  |



6 :ご参加を:2006/12/30(土) 01:27:04 ID:y8PBAYyj
三|三
  イ `<             ,..-──- 、         _|_
   ̄             /. : : : : : : : : : \        |_ ヽ
   ∧           /.: : : : : : : : : : : : : : ヽ      (j  )
   /  \        ,!::: : : :,-…-…-ミ: : : : :',
              {:: : : : :i '⌒'  '⌒' i: : : : :}     _ヽ_∠
  └┼┘          {:: : : : | ェェ  ェェ |: : : : :}       lニl l |
.   |_|_|  , 、      { : : : :|   ,.、   |:: : : :;!      l─| l 亅
   __   ヽ ヽ.  _ .ヾ: :: :i r‐-ニ-┐ | : : :ノ        _
    /     }  >'´.-!、 ゞイ! ヽ 二゙ノ イゞ‐′      l  `ヽ
   ´⌒)    |    −!   \` ー一'´丿 \       l/⌒ヽ
    -'    ノ    ,二!\   \___/   /`丶、      _ノ
        /\  /    \   /~ト、   /    l \
       / 、 `ソ!      \/l::::|ハ/     l-7 _ヽ
      /\  ,へi    ⊂ニ''ー-ゝ_`ヽ、    |_厂 _゙:、
      ∧   ̄ ,ト|    >‐- ̄`    \.  | .r'´  ヽ、
     ,ヘ \_,. ' | |    丁二_     7\、|イ _/ ̄ \
     i   \   ハ       |::::|`''ー-、,_/  /\_  _/⌒ヽ




7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 01:38:14 ID:y8PBAYyj
                   _,,  -―=ミx,,_
             _,,, -‐ '"´          `"':.、
         、 ''"                     ヾ.
      , '"                           ミ、
    , '...:.:                          .::彡'
  、メ.:::::                        .:::ミ_
  ,ミ::.: .              ..:.::::               .:::ミ⌒
  ミ:.   ..::::..,      ..::.:::..:                 .:::ミ
  ミ::.  .:(●ノ      ..::.::;     .:.:.:,;     .::::ミ
  j、;, ::::...        ...::.:.::;:'       .:.::::ミ     ..:::ツ⌒
  | ノ x≦ミ、.....::.::.::.::.:;,ツ      ..:.::::ミ:..   ..:::/
  {_/     ヾ、"゙'''"´      .::::;;ツ ..:.:::;;ミ^
            ゙' 、     ..,,::  '゙´ }、,,,
             `゙""ノ'''"{ゝ   / /
              =ニ二´/.::;ハ〈   ,/ /
               //⌒ヾ、 ノ.::〈
             ´    ー=≠.:::.:: ヽ、
                 // ̄ヽ、 \
                     ̄      ̄



8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 01:42:26 ID:y8PBAYyj
   ご参加を、、、、、。
:.,' . : : ; .::i'劼,_  i.::l ';:.: l '、:.:::! l::! : :'、:i'、: : !, : : : : : :l:.'、: :
'! ,' . : i .;'l;' _,,ニ';、,iソ  '; :l ,';.::! i:.!  : '、!:';:. :!:. : : : :.; i : :'、:
i:.i、: :。:!.i.:',r'゙,rf"`'iミ,`'' ゙ ';.i `N,_i;i___,,_,'、-';‐l'i'':':':':‐!: i : : '、
i:.!:'、: :.:!l :'゙ i゙:;i{igil};:;l'   ヾ!  'i : l',r',テr'‐ミ;‐ミ';i:'i::. : i i i : : :i
:!!゚:i.'、o:'、 泙::゙''".::ノ        i゙:;:li,__,ノ;:'.、'、 :'i:::. i. !! : : !:
.' :,'. :゙>;::'、⊂‐ニ;;'´          '、';{|llll!: :;ノ ! : !::i. : : : : i :
: :,' /. :iヾ、   `        、._. ミ;;--‐'´.  /.:i;!o: : : :i :
: ; : ,' : : i.:      <_       ` ' ' ``'‐⊃./. :,: : : O: i. :
: i ,'. . : :',      、,,_            ,.:': ,r'. : , : : !: :            
:,'/. : : . :;::'、     ゙|llllllllllllF':-.、       ,r';、r': . : :,i. : ;i : :     
i,': : : :.::;.'.:::;`、    |llllH". : : : :`、    ,rシイ...: : ; : :/:i : i:!::i:
;'. : :..:::;':::::;':::::`.、  |ソ/. : : : : : : ;,! ,/'゙. /.:::: :,:': :./',:!: j:;:i;!;
i. : .:::;:'i::::;':::::::::i::`:.、;泙';‐ 、,;__;,/ノ  . :,/.:::: :/. : :/.:::i. j:;;;;;;;;
l .:::;:'::;':::;':::::::::::i::::i::`:,`'-二'‐-‐''゙_,、-.':゙/.:::: ;ィ': : :/.:::::i: j、;;;



9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 01:44:29 ID:y8PBAYyj


194 :改革は徐々に退きながら進みつつある。:2006/11/24(金) 08:36:42 ID:2aTPRtka
           人
        ノ⌒ 丿
     _/   ::(
    /     :::::::\
    (     :::::::;;;;;;;)_      ┌┴┐ - ./  ─┐   ..┃
    \_―― ̄ ̄::::::::::\        ノ ___ノ  ..─┘ ̄ ̄ ・
\  ノ ̄     ::::::::::::::::::::::)  /
 \(     ::::::::::::::;;;;;;;;;;;;人/
  / ̄――――― ̄ ̄::::::::\
 (    ● \__/::●:::::::::::::)
  \__::::::::::\/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ
   ((彡ミミミミ))彡彡)))彡)
   彡彡゙゙゙゙゙"゙゙""""""ヾ彡彡)
   ミ彡゙ .._    _   ミミミ彡
  ((ミ彡 '´ ̄ヽ>>!/` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/     
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/




10 :めいちゃん:2006/12/30(土) 01:48:07 ID:y8PBAYyj
参考、ルポ精神病棟、シュタイナーの治療教育講義 画箱、
双葉ちゃんねるグロ板、世界最強の危険リンク、正攻法正規の精神医療スレ、
鑑定依頼者必見戦慄の地獄スレ、テンプル騎士団スレ、
現代の正規の宗教スレ、世界各国の福祉の現状事件問題を報告汁スレ、
めいちゃん 人権問題戦慄の地獄スレ
                
       / ̄ ̄ ヽ,
      /        ',
      {0}  /¨`ヽ {0},
 ・ 。  ||.l   ヽ._.ノ   ', i 
  \. ||リ   `ー'′   ', | i
 ゚ヽ | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  ダンッ
。 ゚ _(,,)  メイちゃん  (,,)_ / ゚  
 ・/ヽ|             |て ─ ・。 :
/  .ノ|________.|(  \ ゚ 。 
 ̄。゚ ⌒)/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヽ\  ̄ 。




11 :正直、躊躇するねw:2006/12/30(土) 01:50:19 ID:y8PBAYyj


12 :目的:2006/12/30(土) 01:51:21 ID:y8PBAYyj
人権問題に終止符を打つ。人権の定義の詳細は奴隷スレでやる。


13 :目的:2006/12/30(土) 01:52:05 ID:y8PBAYyj

医療の頂点、文明の頂点としての奇形児の精神と肉体との異常の治療の課題   


14 :目的:2006/12/30(土) 01:53:09 ID:y8PBAYyj
   
奇形児は、善悪、民族、血統以前の人間の問題。軍事や宗教より更に
上の根本現象次元の高度な領域の問題。等の主張



15 :11<:2006/12/30(土) 01:54:47 ID:y8PBAYyj
いやいや、誰であっても無理も無い。

16 :対策:2006/12/30(土) 01:57:00 ID:y8PBAYyj
権力とエゴイズムの暗部、盲点と限界と奇形児、→奴隷問題。ヒエラルキー問題

17 :対策:2006/12/30(土) 01:57:45 ID:y8PBAYyj
奇形児認識長い眼と人生認識、福祉と精神肉体治療ノーマライゼーション問題。

18 :対策:2006/12/30(土) 01:58:18 ID:y8PBAYyj
福祉と法務省問題、教育、宗教へ、文部省、厚生省

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:00:02 ID:y8PBAYyj
                                        _ _,_、
               _,._,._ _                   r'::::::::::::::::::-::
              r':::::i',:     ヽ                ノ::::;:i'⌒ヾ::::::::
    /!        イ::::::::i'  :' _,   l!                );_,''、=,._ ヽ:::
   .//         l:::::::::j!::'、=タ': i'=l!、                ,!l ヽ  /::::
   ! 'ニヽ       /:::::::::i;, ヽ.  ,._」」:::;!                  /::''";、;r':
  l  ' ' フ       イ:::::::::r;r ,:r 〃--ヾ::ミ、                j::::::::::::::::
  i   /       r':::::::;:':::::::::::;:;'"  ヾj;:;ミ            _,. r'/ヾ''t;;
 .!  イ     r'Tヽ''"');;_r'li:::;::;, ;,.;,  ;i'   ` ‐、      /    l l   ヽ、    
 l:::.  l   r ´   ヾ ヽ、  'il' ;r il' ィ ;l     .:  ヽ、  r',r  - l l  ソ  
 l:::::.  l / ‐-   ヽ ヽ、 ''rソ'' '"ィ:::    '      ヽ     :. !l     _,.      
 l:::::::  ヽ  - 、  :;i   \ _` ー-‐ '_ノ::::  '´    '´;:/  _, - 、_  ` = =-‐     
 .!::::::..   lヽ   l: :.   フ ィ ! ´ ! :.  ;     :/7‐'    ヽ :.  ヽ     
  l:::::::::.   l l   l:; :::.   `└'  ;l  :._;      l./  r:、∩∩ ヽ::.             
  .ト、::..   ! l  /::  ::.      .::l    ;i'      i' ⊂` _ , `ーつ :::.  、            
.  ヾヽ 、_/ ,! /:::.   ::.     .:::::l:.    :!     l::.::::::ヽ:.._:::._;:-:'
   i:. .:::!  l r:':l:::::   :::.    ''::::l:.   i::.      l:::::::::::::::::
    l::::::/ /:::::: l:::::..   ::.     ::':i.;: r Tヾ      ヽ --‐ ´:':/ '     


20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:01:33 ID:y8PBAYyj
    、、、、、、、、、。


ノ::::゙、 ヽヽヽヽ ゙、
ヘ:::::::::;;: -‐''''""( )1
 ゙、::::::::-‐''""" ̄"'i
  :V;;||:::: '~ニ=ッ, r='|
  i!f !:::::      ゙、i
  i!ゝ!::::     ‐/リ
  i::/:、 :::、  /''ii'V
  ̄ハ:::::\ "''il|バ''





21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:02:12 ID:y8PBAYyj
  , - ー-、
 (_,・  ヽ
  `ー-、::::....`r'⌒ゝ
   (,ゝ、:::::..`~´ヽ、
     (:rーイ ノヘ `ー-、
      _)ゝ,ハ ヽ、 _ノ
       ^'^'´
  , - ー-、
 (_,α ヽ
  `ー-、::::....`r'⌒ゝ
   (,ゝ、:::::..`~´、_
     (:rーイ ノヘ ` ー-、 <私がスレ主だ。
      _)ゝ,ハ ヽ、_.ノ
       ^'^'´
  , - ー-、
 (_,Ο ヽ
  `ー-、::::....`r'⌒ゝ
   (,ゝ、:::::..`~´、_
     (:rーイ ノヘ ` ー-、
      _)ゝ,ハ ヽ、_.ノ




22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:03:34 ID:y8PBAYyj
         ___
      ,r '´r     ` ‐、
     r' ,. .:         ミ
    / ;r i,..          iヽ
   .lji;  jr,ナi':::_;: --  ,.::、 - l:' i
   .l:' i ,.イ',r';:::::',.r__ーj:.=_,r_‐ヾ.ミ
    i ;li'/!r';三:‐'`ナ`;::i i`ナ;゛i゛i
   ノ; 人/j;,ji::::'´::. ´ ., _ l` _;! ミ
   r/'´rj' ィ 彡::::::. / ー、_ノヽ ,ミ.、i
  'i/ i' r'/ij,r'''r';, , ,:-―,.-、 ミ ヾ
  i.l li. l lrィi::i' '";i' "'"""゛ヾ゛、  ,,j
  'i:ヽj i 乂ヾli. il il!r    i' j li!il;!
  '´rr' ;ノ i川li ミi、li::.j!  ; ,; !l ,!/"ヽ
 /,! ji' ,r';r'彡ノノ,l!,i:.j, i! ,i! !    `il
 !  ヾil jllill!ii'r'r''イi'i / , , i !i  ,ノ
 ヾ_ ;:'' ;! )::.lヾ.ヾヾ:j!i :( i;.  '/  イヾ
  .r'´r'r' /' ',ri/;il イ, li j  i r  ;  ,!,!
     ヾ:.  !i:i' li' i' .Y  ,.;   j
      ` ii'ヾヽヽヾ ヽ`,イi
         '' ヾr'r''



23 :敷衍:2006/12/30(土) 02:04:58 ID:y8PBAYyj
権力と人食い問題、共同体支配問題と所有特権占領問題。と奇形児、精神医療問題。

24 :敷衍:2006/12/30(土) 02:05:38 ID:y8PBAYyj
原始人のそれ、犯罪のそれ、現在の中国のそれ、病気のそれ、革命のそれ、との関連

25 :敷衍:2006/12/30(土) 02:06:16 ID:y8PBAYyj
軍事問題、芸術問題、科学問題、宗教問題、医療問題、
追求 叩きの必然 奴隷と受胎と性のこと



26 ::2006/12/30(土) 02:09:16 ID:y8PBAYyj
そこにあがっていることは、このスレだけではわかりにくいはず、、、。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:12:02 ID:y8PBAYyj
705 :スレ主より :2006/10/19(木) 17:38:09 ID:ASS+bnHN
レヴェルゼロ→メイちゃん、テンプル騎士団スレ、奇形児スレ、正規の運命スレ、
あらゆる文化人、、、。人権問題戦慄の地獄スレ

レヴェル1→軍事スレ(→アボン)

レヴェル2→世界各国の、、、。ボランテイア、、、。異常心理スレ、犯罪スレ、奴隷スレ

レヴェル3→正攻法で性を扱うスレ、受胎スレ、正規の教育スレ、正規の歴史スレ、医療スレ、
科学関係ぶっちゃけスレ、

レヴェル4→自衛隊つまり、、、。警察(落ち)医療関係裏話ぶっちゃけスレ、
戦慄の占い地獄スレ、芸能、、(?)。アフリカ舞踊、環境スレ

レヴェル5→醜学、美学、実態学、、、、。サバイバル、、、(予定)。
何かあるんじゃないか?スレ(予定)



28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:12:52 ID:y8PBAYyj
        ,/   ,..:::=ー,..:-=-::、
        (( 、、_/ i'´ / _....,_ `ヽ
     、ヽ ミゞ ゝ ヽ/ ; r','"⌒~^'ー::、
      ''=,ミ -- ' ^ ~ ^ ニ _ ^ヾー-:、 ミ:、
     ∠./,:=ニニ - 二 =ー::、 ^ ミ 、 ー
  ,.::-=ニ'レ,.:--‐   ー--:: 、ヽ ヽ ミ ヾヽ
 / , ,.-‐i ;::::::-、  !  .;:::::;;;::;、 ; ヽ  ミ  、ヽ、
  〃 ./'i ,,:=:, 、   _ ,:=::.、  .;   ニ  ヾミ、_
  ,!  i l,γ @> ゙:.  .: k @ ミ:、 .i ,:-'   、^ミ=-
  ノ.  !,tゞニ彡'ノ : . ^ミ=ニイ、、  彡ソヘ ヾヽヽ、
/   . レ   /  :. '-、     :,  / ,ソミ:、 〉 )
     | / /ゝ、_ノ..,)ヽ   、 l  i /ヽヾ j λ
     ! ヘノ/ノ川 !.ヘヾ、ミ、 i  :l  ハノ .)ノ人 ヽ、
      !.i^'=ァ〜'T''⌒ナヾヘ !  i /`´
      ヽ、`l  ;  /,/ / ./ノ
        ヾ、i. ;  〃゙  / ,.ノ'´
         ヾゝi_,ノ   ノ/
         ヽ、_,,../゙






29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:15:50 ID:y8PBAYyj
このスレ、恐らく万能スレでしょう、、、っていうかそのはずなんですがね。

      、、、、ilr, ,. _,, ,
   ,;r-ミヾ、iヾヾヾ-'、r '彡,r
  ;rニヾミ`       :ヾ ミ_,
  彡,= 'i':         ::ミ ミ,
  r'i'´ .,r!::.        ::i .ミ
. ヾ ' ,r' ;:!::::. _,;;;;;;,  ,,;;;;;;;,_ヾ ミ
 ミ=-'ィ;' 、_r'て!." :.r'て! :!ヾ'
 ヾ;::r'l il!.  - ´' '  ::..、 .:::l,:j!
  ヽl.'ヾ!    ,r  :::、  l;!
  ヾ::ヽj     '   ー' '::.  l
    r'ヽ   :. ' ニニニ ;: : l: ヽ
    7 .:::i'!        ,::;:イ::. ヽ
   l  ::::lヽ  ` ―‐_'r' :l:::  ヽ_
  i   :l i  ` ― '´   'l::   :l::.





30 :こういうスレもございましてね、、。:2006/12/30(土) 02:19:00 ID:y8PBAYyj
ボランティア ぶっちゃけスレッド
1 :匿名獅子:2006/11/07(火) 07:23:41 ID:pJsZOp8I
ボランティアの核心は肝っ玉の問題です。思いついたこと
したこと、してること、ここで、告白してください。


31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:20:36 ID:y8PBAYyj
16 :バリアフリーな名無しさん :2006/11/19(日) 10:13:32 ID:O/3mLzg2
アマレカは既に1000年後の社会体制を20世紀で完了してしまった。
日本やその他の先進国は、それを後200年かけてアメリカを追わねばならない。
このことに気がつく者は現在皆無に等しい。
何故、今のうちに1000年後の活動の下地を完了せねばならないかは、
20世紀のある事件によって引き起こされた事態によって、取り組まざるを得なく
なってしまったのだ。当然、社会体制は、急激な変動にみまわれることに
なるが、今世紀は、NPOが中心に活躍することになる世紀だと告げている
ということなのである。軍事、教育、福祉や医療、政治や経済、化学に精通した者が
NPOで主に働くと言うのである。




32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:23:44 ID:y8PBAYyj
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  テレビ○○です。
| ちょ、ちょっと待って!
| え?CM?、、、ここでいったんCM入ります
|  何?ニュースがある?
| 
ヽ─v────────────────────────  
     , ,-;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
    /;:;:;:;:;:;:ミミ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`、                          / ^ノ^ノ:^)
    /;:;:;:;:彡―ー-、_;:;:;:;:;:;:;:;|                           / _ノ_ノ_ノ /)
    |;:;:;:ノ、     `、;;:;:;:;:;:i                        / ノ ノノ//
    |;:/_ヽ ,,,,,,,,,,  |;:;:;:;:;:;!                      ____/  ______ ノ
    | ' ゚ ''/ ┌。-、  |;:;:;:;:/                     _.. r("  `ー" 、 ノ
    |` ノ(  ヽ  ソ  |ノ|/               _. -‐ '"´  l l-、    ゙ ノ
_,-ー| /_` ”'  \  ノ   __       . -‐ ' "´        l ヽ`ー''"ー'"
 | :  | )ヾ三ニヽ   /ヽ ' "´/`゙ ーァ' "´  ‐'"´         ヽ、`ー /ノ
 ヽ  `、___,.-ー' |   /   /                __.. -'-'"
  |    | \   / |   l   /            . -‐ '"´
  \   |___>< / ヽ



33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:24:52 ID:y8PBAYyj


22 :バリアフリーな名無しさん :2006/11/28(火) 09:08:55 ID:WFUI1Br4
じーくのGUROの部屋
投稿日:2006/11/13(Mon) 20:09 No.771 のスレッド
こういうのは、現実と接点を失った孤立したサディストの自慰行為と見なすことになる、
真性のサドは疎外されると本性が外に行動として向かうことなく、自身の肉体に向かい傷つけることをする、サドのメンヘラ。
時代と文明に適応できず空回りして、何かの理由で人生の出発点が狂っているため出発点がずれていて、何をやってもなかなか抜け出せない状態。
こういうのは普通の変態にもまして更に多くの条件を設定してヒネリとズラシ
を入れて工夫を凝らして初めて普通に生きる事が出来る。かなりの努力が必要
と言える。大きな人生の試練。

Re: 無題 - O、 2006/11/27(Mon) 19:38 No.1187
↑障害者だからノーマライゼーションの意味で一般人の理解と協力も必要とするのは当然。

Re: 無題 - じーく 2006/11/27(Mon) 19:46 No.1188
O、さん、こんばんは。
なかなか難しいですね。(;^_^A






34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:26:13 ID:y8PBAYyj


23 :バリアフリーな名無しさん :2006/11/28(火) 09:09:52 ID:WFUI1Br4
Re: 無題 - O、 2006/11/27(Mon) 20:39 No.1192
確かに障害問題は確かに深刻です。世界大戦後、アメリカがベトナム戦争で
活躍した優秀な兵士が万引きで射殺されたとき、トラウマの深刻さについて
重大視することになって精神医療が発達することになった。福祉や精神医療
が発達することになったのは、人類滅亡と文明崩壊の危機感から発したものである
のを知っている人は、医療や福祉関係者ですら意外に少ない。
核兵器で世界大戦が終わり戦争による情熱のはけ口を失った時点で
人類史上初めて、精神病が本当の意味で深刻なものとなった事に、
アメリカやイギリス先進国は早くから悟った。特に北欧は福祉国家として
有名。日本は現在福祉は発展途上で医療ミス
暗殺関係、情報操作のマインドコントロール等で百鬼夜行している状態。
精神医療の歴史を見るとロボトミーにしても結構怖いです。
大熊一夫のルポ精神病棟1,2を参考にされればいいですが、
彼自身ですら見落とした致命的な盲点があると私は主張する。

Re: 無題 - O、 2006/11/27(Mon) 20:53 No.1194
1192を読まれれば、
障害者だからノーマライゼーションの意味で一般人の理解と協力も必要とする
のは当然と主張する理由がお解かり頂けると思う。
障害者に対して一般人の理解と協力がなければ、文明崩壊や人類滅亡は避け
られないが社会が対処しきれないのが現状。






35 :私の主張がまかり通る根拠です。:2006/12/30(土) 02:27:45 ID:y8PBAYyj


24 :バリアフリーな名無しさん :2006/11/28(火) 09:10:47 ID:WFUI1Br4
Re: 無題 - O、 2006/11/27(Mon) 21:26 No.1195
世界大戦は有史以来人類史上初の事態、人間の進化に重大な決定的影響を
及ぼしている事を自覚している人は今のところ皆無に等しい。
つまり、人間の進化に決定的影響を及ぼし方向付けをするということは、
進化と言う事ですから、それは何百万年後に直結する訳ですから、
20世紀にははるか未来の事態が紛れ込んでいると言う事が出来るのです。
当然、誰もが対処しきれるわけが無い。20世紀は軍事、21世紀は福祉、
22世紀は教育が主流をなすことになると私は主張します。
この20世紀から22世紀の間に、世界大戦によって紛れ込んだはるか
未来の事態に、人間の維持のために、出来うる可能な最低限の対処を
施さねばならない。つまり、22世紀までは、大変忙しい時代であり、
私たちはその中に生まれたと思われます。恐らく25世紀あたりから、
かなり穏やかな時代が数千年にわたり続くことになるのではとも
思われるのですが、、、、、。アメリカだけはすでに千年後までの対処は
殆ど完了していると指摘しておきます。

Re: 無題 - おそろしや… 2006/11/27(Mon) 22:03 No.1196
人間の社会生活という進化が進みつつあるということなのかも知れないですねぇ。
かつて単細胞がよりそって多細胞という社会生活を営むようになったのと同様に…

Re: 無題 - ↑ 2006/11/27(Mon) 22:17 No.1197
脈絡なく怖がるなよw



36 :私の主張がまかり通る根拠です。:2006/12/30(土) 02:30:48 ID:y8PBAYyj
人間改革スレッド と徹底的、医療、軍事、宗教、叩きとわきまえの問題。

37 :これで解るでしょう、、。:2006/12/30(土) 02:31:32 ID:y8PBAYyj
なぜ今やらねばならないかは軍事スレに答えがある。

38 :これで解るでしょう、、。:2006/12/30(土) 02:32:55 ID:y8PBAYyj
福祉スレでこれからの世界を巻き込むことになる説明と局絡みの報告
近い将来、どの分野の業界も深く火傷を負うことになる予測。


39 :これで解るでしょう、、。:2006/12/30(土) 02:34:02 ID:y8PBAYyj
それでも、今後100年後に来る教育や宗教問題の波乱は
先進国は、それで幾分緩和されるはず。



40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:36:29 ID:y8PBAYyj
     、、、、、ちいいいいいいーーーーーんんんんん、、、、。
                   _,.. -‐ 、
                 , <´     . . . `ヽ、
              /:.:.:/ ./ . : :.:.:.::.:.      ヽ
            {ミ,/ ..:/:.:. . : :.:.:.::.:./  :.:. ヽ ヽ
           ∨:: .:,'    . :.:.:.::.ミ゙仗爻:.:.:乂:.)::`,
           /::. .:i::.   .:.:.:ミミミ匕爻爻乂ノミミ;',
           .'::.: .:i::. : : . . 彡彡彡刄丕ィ乂r'ヾミ;;l
              l .: .: ::i:: : l::. :.i:.:.ヽ彡彡彡爪川|iトfrj };ト、__
              |i.:.:.i:. i:. : i:. : :l:.:. :iヽ彡マンソソ"" vノ `ヽ、`ヽ
              li:.:.:li.:.li.:.:.ii. :.:.li.:.:.:i:;:>―      ` 丶. i:.:.:.`、
           '.: :.|i:.|i.:.:.|i:.:.:.i '´ r弋’ソ`         j:.:.:. : .ヽ
           \|i:.|i: ::lk::,、   `¨´     ,'    /:.:.:. : : .`.
             /.    '"´)         /   ,/:.:.:. : : : : : . `.
         / .    rf`ヘ、ー-  _ノ    , '<´:.: . 、_*'゚: : : : : : .`、
         /       ,'`r i l lレヾ_`¨ー- イ:.:.: : : : : : :. :.i`Yて: :,*・゚: . \
       〈      `y' ./ i i i l<+フ※’:.:.:,.。: : : : : : : < ※ マ k'゚::>´`ヽ、
         '.     / ./ / l .l l:.:レ'ヾ、j、_*': : : : : : : : : : :iノ∨`*,´    Y/
         ヽ     / ./ "ー' |`ヽ、:.: : : :*゚・..: : : :,* : : : : ,/       }
         `、 ソ  l     l1  ヽ: : : : : : : :`゙∨: :,*゚・:7        /
           \.  !      リ   ヽ: : : : : : :ヽi: :Y : /        X




41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:37:15 ID:y8PBAYyj
____________
||_(((((((((_ ) ||       ||
|| _ 《 _  | .||       ||
||(_//_)-(_//_)-|) ¶|      .||
||   厶、    |  ||       ||
|| |||||||||||| /  ||       ||   
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:39:20 ID:y8PBAYyj
           _,ノ‐''''''^^^¨¨¨⌒ ̄⌒^^''¬-、,_
        ._v-''¨`   .,,vー─-、    .,,vー─-、 .¨'ーu_
      _ノ'″     ./′    ¨┐ ./     ゙┐  .゙'┐
     ,/′      ./ ̄''''-¬,,,,__.ミ .i |,,,,___ ..)   ゙\
    ,/′     λ  |     ( ・ )| } .¨'ーu,,  |     \
   ./′      八,、-ミ.ノ‐''''''^^ ̄./¨レ       .人,_     ミ
  .,ノ′     ._ノU'   \_   ._,rlト冖へy   _/  ¨'‐u   .゙lr
 .,i′     /ー-v、.,,_   ¨^^¨´〔    〕.¨^^¨′  __.,、 ゙\.  {
 〕      ./′    .⌒'''''    \,,,,,,ノ′  v-ー'''¨ .λ  ゙┐ }  
 |      ノ  .λ───ー      }      __,,.,、v;(_)ー''  {..]  
 |     :|   | |            .!      `         .}}  
 }     .|   .U-:;:冖^ ̄       .|      ¨¨¨¨¨ ̄¨¨′ ミ}  
 .|     .}       _,,,,,vvl''''¨¨|^^⌒|¨¨''''lvv,_        
  ). .   〕    ,,、-v~|   .|   |   |   |''T^i-,,_      
  .{     ). ., r'z::''''~゙(~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~~`^^^^''''¬;;;_   ノ    
   ミ.    `i,                         , `'' /
   ゙).    `i,                           .,ノ  λ
    \    },     ′               .  /   | |
     . \  \                   .  ,/     ∪
       (¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨゙ソ冖干ア^^^^^^^^^^^^^r'′
      /~~~~~~~~i¬冖'''''7′   ∨¬ーーz─-―「\
     /     _ノ     厂¨丁¨¨フ    .ミ、    ゙\




43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:40:30 ID:y8PBAYyj
主な犠牲者は、資本主義者、知識人等であった・・・ この犠牲者の中には
飢餓により食べられたものがいるが、恐ろしいことに、他の理由でも
食べられていたものも居ると言われる。 ¥その理由とは・・・
階級の敵を打倒したと言う事の誇りであり光栄という思想で人肉を食う
敵と思われないために人肉を食う 健康のため薬として人肉を食う <<

     ... ,             _,,,::r''^`ヽ、    
    ,i'             _,,ニ-ー'"s   ,べヽ.へ.   
   ,i'          ,、,r''"  _,,ィ   i ト、`.り ,人ヽ   
  ,i'           ,,r<ゝ`''ー''"  /,l ,!,!ss゙lリ,ィ'^ヾi゙  
  ,i'       _,,-'' s`sー-_,,,ンン,ノ/レ'   |  ゙lい   
  ,i' 、,,, ,,,,ニ-;フ' zニ彡 ,,ノ`ーラ-=フン'ノ     |   ゙リ   
   !〃,ィ,;ツ'' -ニZ彡ン 三三ミ`ー        ..|, 、、s/   
  彳〃;;  ,;ッ''「T7"~ ''"f'}}}l;i`'':    ,r;'ニミトゝヾsッ'   
  .|:::...;i' ィ'"  | l!'   'ー`='      i .i'}}}゙)ゞ,i'ss;"   
   |::::;! i':| ss!ヽ{             l `ー´‐' ,i's,リ
   l,:::|;;|;;i゙!、`ヽ`:、         _.゙    ,l〃ノ    
   ゙いs::|:|;l`:、_,r、         `ー '゙ .  |_リ'     
    `ヽ! ゙い,::!| `、      `く===ア  / ゲーテが自殺の流行を引き起こした
      siiい:゙|  ヽ、     `二´   / 本当の原因はこれですよ
      i ハsノ  .| `ー,,_        / 若きウェルテルの悩み「永遠に反芻する怪物」
           | 、  ゙''ー、_   ,,..'"
          /  ゙i.  ,- `''''"|
        /.へ\    `'i'´ ...|へ____
       /__,..‐-\\ハ    ''/-‐....,,..\_
 

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:41:14 ID:y8PBAYyj
   w w  ''w/w,,,  公公  ,,..`ww、_ノwリww}j;
  _)        〃///, ,;彡'rffッ、ィ彡'ノ从iノ彡
  >';;,,       ノ丿川j !川|;  :.`7ラb公'>了
 _く彡川f゙ノ'ノノ ノ_ノノノイシノ| }.: '〈八ミ、、;.)
  ヽ.:.:.:.:.:.;=、彡/‐-ニ''_ー<、{_,ノ -一ヾ`~;.;.;)  
  く .:.:.:.:.:!ハ.Yイ  ぇ'のテ,`ヽ}}}ィt于 `|ィ"~   
   ):.:.:.:.:|.Y }: :!    `二´/' ; |丶ニ  ノノ   
    ) :.: ト、リ: :!ヾ:、   丶 ; | ゙  イ:}   
   { .:.: l {: : }  `    ,.__(__,}   /ノ    
    ヽ !  `'゙!       ,.,,.`三'゙、,_  /´   
    ,/´{  ミ l    /゙,:-…-〜、 ) |
  ,r{   \ ミ  \   `' '≡≡' " ノ
__ノ  ヽ   \  ヽ\    彡  ,イ_
      \   \ ヽ 丶.     ノ!|ヽ`ヽ、
         \   \ヽ `¨¨¨¨´/ |l ト、 `'ー-、__
            \  `'ー-、  // /:.:.}       `'ー、_
          `、\   /⌒ヽ  /!:.:.|         へ
          `、 \ /ヽLf___ハ/  {



45 :これは、シュタイナーより私のほうが正確なはずである:2006/12/30(土) 02:45:01 ID:y8PBAYyj
68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 09:57:34 ID:iwobvJto0
このスレで私流の、世界初の人権の定義をすることを約束する、、、、。
それは、今後、本当に世界中に通用する事になるだろう、、、、、、。
例え、大方の予想に反したとしてもである。




46 :地獄の盗人:2006/12/30(土) 02:46:25 ID:y8PBAYyj
                 _,.. ---- .._   チーーーーン、、。
              ,. '"       `丶、
              /            ` 、
            ,..-‐/    ...:  ,ィ  ,.i .∧ ,   ヽ.
.         ,:'  .l .::;',. :::;/..://:: /,':/  ', l、 .i  ヽ
.          ,'  ..::| .::;',' :;:','フ'7フ''7/   ',.ト',_|, , ',.',
       ,'   .::::::!'''l/!:;'/ /'゙  /     '! ゙;:|:、.|、| 'l
.         ,'.  .:::::::{ l'.l/  、_  _,.      'l/',|.';|
       l  :::::::::::';、ヾ      ̄     `‐-‐'/! ';. '
.         ! :::::::::::/ `‐、        ゝ   |'゙ |
       | ::::::::/   \    、_, _.,.,_ ノ::: !   
       |::::/.     _rl`': 、_     ///;ト,゙;:::::./
..      `´      /\\  `i;┬:////゙l゙l ヾ/   
                ,.:く::::::::`:、\ 〉l゙:l  / !.|
.            /:.:.:.:\:.:.:.:.`:、ソ/:.:|    | |
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:У:.:;l   /./
.          /:.:.:.:.:.:.:.r'´`‐,`、:/.,.:‐{   | !`:、



47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:51:51 ID:y8PBAYyj


48 :、、、。:2006/12/30(土) 02:53:33 ID:y8PBAYyj

いやいや、7月ごろこのチャンネルで奇形児に関するまとまった内容をのせる予定を
していたんだけど、ちんたらやっていても仕方が無いから、一通りでっち上げていく
ことにしたが、長い道のりだった。このスレさえ完成すれば、自分としては他の
スレなんかどうでもいいって感じもする。実際、現時点で奇形児スレ立ては一回
拒否されて、2回はスレを途中で削除されている。ただ、そういうことや、奇形児を
けなす内容が多い意が、けしからんが、仕方が無く、無理も無いことも、内容を構成
するうちに解ってきた。正直これ以上の地獄を自分は垣間見たことはない。



49 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 02:54:24 ID:y8PBAYyj

遅れました、奇形児スレやりましょうか、。

50 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 02:55:20 ID:y8PBAYyj
正直、画像があるとたすかるんですがね、、。

51 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 02:56:32 ID:y8PBAYyj
あなたがたは、奇形児はどう思われるでようかねw?

52 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 02:59:31 ID:y8PBAYyj
よく、グロ画像には、事故以前、事故後、事故後の治療後画像があるもの
なんです。

53 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:01:33 ID:y8PBAYyj
       、、、、これは、有名でしょう、、、。
       /             \
       /                ヽ
      /                 〕
      /     ∧            |
     〔巛巛《/;::;;\_,,,,.-巛巛巛ヽ   |
     〕 く.◎ノ:::;;;;;;;;〆;;;::\◎...ゝ__ 〕
     /  /;;二::::;;;ゝ::;;;;;;/;;::::~;;~;;;;;;::::ヽ\⌒)
     |  /::;:::::/;;;;;;;;;;;;;;::;;ヽ;::;;:::;;:::;:::::::::ノ ) /
     | ノ:::;;;;:::|:::;;;;::::;;::::::。;;;;;;;;;:;::ヽヽ/  |/──
     | |::::;ヽ;;;\;;;;::::ミ:;;:::;;;;;;;;;;::∬:<__  |
   /|/:::;;;;;;;;ゞ;;;#:::《;;ソ;;:::;;::;;;《;::::::::;::;:;::〕/
  / /:::::§;;:::;;;::;;::;;ヽ;;_;_;鬱::;;O:::ノ:::;:::::ヽく |
/  ノ::::;;;;;:;;:;;;;ヽ;:/:;::~;;::~::::ヽ;;;く::::;;;:::;:;::;:ヽ
   /::::;;;::::::〔ヽヽ;|::::;::::::::::::::::ヾ;::;:::;;:ソ::;;::::/
   ヾ::;;ゞ::::;;;~''ソ|:::::;;;;:;::::;;;;ミミ:::::::;;;巛ヾ<〔
    ~/::;;ヽ;/ヾ〔:::::;;;;::::::;;;:::;ミノ:::::;;;;::::ソ《ゝ;:\
     ヽ:;;;;ノ  〉|:::;;:::::;;;::;;;;:;ミ《ミ;;::;;;:;;;;ヽ;;;;;;::::ノ
      υ   \::::::;;;:::::;∧;::::::∬;::::::)〕::;::/
            `ヽ;/~~ ~∪⌒ι/ υ
               |:|
             ||
             ||
             U




54 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:03:34 ID:y8PBAYyj
奇形児の治療前と治療後のビフォアとアフターについて知っている方は
おられますかね、、?

55 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:05:03 ID:y8PBAYyj
恐らく、あったとしても、実際には守秘義務の問題で公にならないと
思われもします、、、。

56 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:06:12 ID:y8PBAYyj
   、、、、どれくらいの寿命かお解りになられますでしょうか?

57 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:10:06 ID:y8PBAYyj
     奇形児がおかしいのは見かけの問題かなw?

58 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:11:19 ID:y8PBAYyj
    、、、体だけがおかしいと言うことなのか?

59 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:12:08 ID:y8PBAYyj
   


      、、、、どのように育つのか?

60 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:14:08 ID:y8PBAYyj


  まあ、世の中の人間、最後までどのような一生になるか解らないし
   
  人生絶対は無いから、それはよろしいとして、、、、。

61 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:18:20 ID:y8PBAYyj



  奇形児画像が見れるホームページは、 画箱  世界最強の危険リンク

  じーくのGUROの部屋   たまに、双葉ちゃんねるのグロ板にも出てるかな、、。  

62 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:24:26 ID:y8PBAYyj
   
    画箱や世界最強の危険リンクつい最近まで会ったんですが、
  
    私が奇形児スレの予定を1月前あたりから報告し始めたら
  
    急に無くなっていっちゃったり閉鎖したような気がして、、。
  
     全部目を通すことなく少ししかみれなかったけど、
      
     話はかなりしっかりまとまっていた、、、特に危険リンクのは。
      
    今後のさらなる発展を期待したい。現在も公開していれば、
      
         コピベで載せたんですが残念です。


63 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:28:36 ID:y8PBAYyj
        
       危険リンクで扱っていたのは  

    ダルマ、見世物小屋、カニバリズムや、人食い、 単眼症や先天性の皮膚病や像皮病、

    ハンセン氏病、無脳症、ベトちゃんドクちゃん、

     水頭症、無いはずのものがある病気、性的異常関係、

    犯罪関係、特に偏見、精神異常と、肉体の異常の問題。

      異常とそれに伴う制約と条件のこと。

    、、、だったと思います。

64 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:30:39 ID:y8PBAYyj
   
   ダルマ、見世物小屋、カニバリズムや、人食い、関係は

   異常心理の分野の管轄に入りそうですが、、。

65 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:32:00 ID:y8PBAYyj


     ハンセン氏病、  ベトちゃんドクちゃん、等は

   紛れも無く社会問題ですね、、、。


66 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:36:25 ID:y8PBAYyj
     
      水頭症は治療と教育次第で通常の人と大差なくなりますから
 
      ある意味それほど深刻ではないと言えそうですが、、、、。

       皮膚病や像皮病、は外科的治療の問題でしょうから、、、。


67 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:37:57 ID:y8PBAYyj
 

   皮膚病や像皮病、は外科的治療の問題でしょうから、、、。>>

   ただ、これは、偏見の前で引っかかることになるがちでしょう



68 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:47:17 ID:y8PBAYyj
    
     無いはずのものがある病気、

   これは、本当にありえないはずの肉体が備わっていると言う話らしいんですが、、。

  癌や腫瘍とかとはちょっと違う話で、UFOとかそういう匂いや雰囲気が

  漂っている感じがありました。

  同時に世の中の見せかけフェイクも奇形児の肉体の現れとして

  起こりうるという戦慄させるような現象の問題であるという内容

  を扱ったものであるようにも思われました。

  これ自体に色々な意味が含まれているのは間違えなさそうです。

69 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:51:49 ID:y8PBAYyj
       

     無脳症、単眼症は物凄く深刻な話です。

   無能症は始めから死んでいるのがほとんどらしいですが

   中には、生まれてから数時間は生きている赤ん坊も

  居るそうです。普通に生きられない意味で非常に深刻です。  

  

70 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:55:47 ID:y8PBAYyj
      単眼症は、始めから、生命は無いと言われているような

  気はしましたが、しっかり覚えておりません。脳の異常であるらしく

  脳が発達しないことで、顔も未完成のままで生まれた状態だと言われていた

  ようなきがしますが、、、、。

71 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 04:08:59 ID:y8PBAYyj
       

    ハンセン氏病は、確か黒死病又はらい病の事だと思いますが 

   確かに、見かけは誰が見てもびっくりします。顔もミイラみたいに

  なってしまってますから、、。怪盗ルパンの小説でも、覆面の男として

  登場してた人物がいたような気がします。見かけの問題というのは

  以外に根が深いことが解ってくる。結核と同じ伝染病の扱いをされて

  閉じ込められて、雪の寒い日も裸で放置されて凍死していったそうな、、。

  千葉大学の腸チフス事件関係の冤罪の臭いも漂っていて、問題の核心は

  偏見ということになりますが、偏見と言うことは、これは、恐ろしい

  内容を含んでいます。 、、、ダーウィニズム、、、、。


72 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 04:11:33 ID:y8PBAYyj
      
     放射能や環境汚染などによる新型の奇形児と

     昔からあった奇形児もいると思うのですが、、。

73 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 04:13:43 ID:y8PBAYyj
    
    しかし、こういう偏見の問題は別としても、奇形児の存在そのものは

    何を意味するのかは大切であると思われます。

74 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 04:15:02 ID:y8PBAYyj

  そして、奇形児はどういうことなのか?と言うことです。

75 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 04:16:06 ID:y8PBAYyj

  10分だけ入浴タイム  m(。。)m

76 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 04:45:21 ID:y8PBAYyj
  
    まず、奇形児がどういうことか洞察するべきである。

  人間から生まれたので奇形児が人間であることは説明するまでも無い。

  従って、奇形児は、見かけによって肉体的に異常であることがわかる。

  そして、奇形児に対しての働きかけや影響によって精神が異常であるか

  どうかを確かめることが出来る。この時点で、奇形児が肉体か肉体

  と精神の両方かに支障をきたした者であることがわかることになる。

  そこで、生まれつきの病人であるか、病気にかかったものかのどちらか

  の先天性か後天性の病気のどちらかである、と言えることになる。

77 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 04:47:27 ID:y8PBAYyj
    
    これを更に突っ込むと、どの程度の肉体的異常か?

    どの程度の精神的異常か?ということが尋ねられるはずだ。

78 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 04:53:23 ID:y8PBAYyj
  

  肉体的異常としては、究極的には受精した時点で排卵した状態の

  ことのはずである。無脳症や単眼症から肌の異常に過ぎないものまで

  いろいろあるが、大方、それがわかればいいだろう。

79 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 04:58:14 ID:y8PBAYyj
  
  では、精神的異常はどうだろうか?肌の異常だけで精神には異常のない
 
  奇形児から、知恵遅れや、無脳症や単眼症のように生まれつき、大方完全に

  精神が停止している奇形児まである。

80 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 05:07:23 ID:y8PBAYyj
 

   厄介なのは精神が停止した奇形児である。そもそも、精神が停止

  した人間を扱うのは現代医療の領域では物凄く科学的に哲学的に

  きわどく、にがてなはである。ただ、脳を傷めて植物状態になった人は

  昔は、助からなかったと思われるが、近年は、回復し意識が戻り

  リハビリで復帰出来る者も少なくなさそうである。そう、奇形児は

  肉体と精神が異常なので肉体と精神の治療を必要とすると言うことになる。

  ただし、それがやっかいなのは、その異常が生まれつきということなのだ。

81 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 05:23:13 ID:y8PBAYyj

  生まれつき異常と言う事は何を意味するかと言えば、

  人間が持って生まれた先天的才能と能力の問題と言うことになる。

  それは、現実には生存競争の問題なら、適者生存や、自然淘汰という

  発想をするだろう。また、能力の差は気にすることなく協力して

  生きるのは、常識的問題である。究極的には能力は相対的な問題である。

  しかし、奇形児の中には、医療を施し続けないとろくに生きることも

  出来ないものが居るのである。それと、奇形児はめったに生まれないので

  普通、奇形児の問題そのものが根本的に通じないことが解る。

  それが、わかるためには、大規模な何らかの工夫と努力を必要と

  することが解るのである。根本的に普通の人と異質であることによってだ。

82 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 05:32:59 ID:y8PBAYyj

  特に困るのは、能力の問題は、権力等の力関係にも関係してくるし

  このことが、全人類の存在をおびやかしさえしかねないところなのだ。

  一般的社会規範は、大方、個人の人生観そのものまでも左右しうる

  力がある。そんなときに、根本的に普通の人と異質であるものに

  大規模な何らかの工夫と努力をするのは難しいことだろう。

 普通でも他人を解ろうとすること自体が難しいと言うのに、、。。




83 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 05:37:14 ID:y8PBAYyj


  ぶちゃけると、大多数にとって、精神の異常や知恵遅れや奇形児のことは、

   大多数だけに解りにくいと言う事が解ることになる。

84 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 05:38:54 ID:y8PBAYyj
    

   m(。。)m  少しお休みタイム、今日中にスレは段落をつけたい。


85 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 08:20:09 ID:y8PBAYyj


   競争的環境に生きる人間には、極めて奇形児や障害者については

   解りにくいし、一番解りにくくしているのは、そのような経験そのもの

   が無いことによってなのである。それを理解するには、高い感受性と道徳

   そして、高度な教養を必要とすることを意味するのに他ならない。

   さもなければ、解りにくいどころか、奇怪で滑稽か、不快なものに見えかねないのだ。

86 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 08:22:36 ID:y8PBAYyj

    しかし、それがわかると同時に、奇形児が理解されにくいことに

     ついては、それ以上のことはあるまい。

87 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 08:25:44 ID:y8PBAYyj
  

   74の奇形児がどういうことなのかについては、

  そういうことなのが明らかになったと言えるだろう。

88 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 08:44:27 ID:y8PBAYyj
     

   次に問題なのは、奇形児の存在が何を意味するか?

       と言うことを問う必要がある。 

89 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 08:53:13 ID:y8PBAYyj

  これは、もちろん解る範囲でのはなしであるが、、。

  何の問題であろうが、存在の意味そのものについて

  客観的に考えようと試みるのは、以外に物凄く難しい

  作業であることは、おわかりになられるでしょうか?

  何か?までは解るが、何を意味するか?と言うと、極端に

  言えば、万物は、どのような変容を遂げるかは、未知である

  と言えるので、結局全くの未知数と答えざるを得ないはずである。

  しかし、常識的に何を意味するかどのような検討をつけることができるか?

90 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 09:03:50 ID:y8PBAYyj
     
    人間人生は目覚め行動し眠り目覚めるという繰り返しは

    万人共通のはずである。その意味では、生命維持装置を

   必要とするような奇形児も共通であると言うことが言える。

   しかし、意識が持てない奇形児もいることと思われます。

   そういう奇形児は、夢のない眠りの状態を続けている状態

  と言う事を意味すると、判断することになります。

   つまり、人間の人生は、眠り続ける人から、ほとんど

  眠ることなく、世界を駆けずり回る人まで様々であると言うことが

  出来ると言うことです。

91 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 09:11:42 ID:y8PBAYyj
  90↑書き込みクッキー確認って、そこだけなんでだろうねw??

  
  人間の人生は、眠り続ける人から、ほとんど

  眠ることなく、世界を駆けずり回る人まで様々であると言うことが

  出来ると言うことです。 <<

  つまり、人生色々と言う事は、こういうことを意味すると思われる。

  しかし、これが、人生色々、だけで済む問題なのだろうか?

  社会や人間の道徳にはやはり、最低限のルールはあるし、誰もが、

  眠り続けたら人間の存在がありえないのは直にわかるはずである。

  




  




92 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 09:23:19 ID:y8PBAYyj

  精神障害者や犯罪者は、現実に社会に害を成しうることが

  可能であると言う意味においてルールに基付いて働きかけることはある

  ことによって、隔たった性質のもの同士の関連の作用と繋がりがあることは

  解ると言える。しかし、一生眠ったままの奇形児の場合は、そのような

  ことなく、大多数のおくる一生とは全く関係なく大方、放置されるものといっていい。

  その時点で大多数が万人共通の認識があると思っている一方で、

  それとは全く関係のない運命を送る人が存在していることがわかる。

  

  

93 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 09:32:19 ID:y8PBAYyj

  もし、これが本当なら、普通の人には全く未知の、全く次元の異なる領域に

  大多数とは本当の意味で無関係に留まっている、閉ざされた人間の

  存在を認めることになりそうだ。無人島に迷いこんだ人や、幽閉されたり

  監禁された人以上に、凄まじい不運といわざるを得ないと言うことになる。

  

 

94 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 09:36:29 ID:y8PBAYyj

 これは当然人道的対処によって、普通の人と同じ人生を歩めるような

 治療をする方針に基付いて働きかけて当然である。

  それと同時に、人間は、凍て付くような世界の創りの現実を認めざる

  を得なくなることになるが、、、。

95 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 09:45:35 ID:y8PBAYyj

  これは、現時点で、宗教や教育関係にとっては間違えなく大打撃

  であるに違いない。特に、これは、哲学の領域にも、法律の領域にも

  政治の領域にも大変動をもたらすことになりうると予測される。


  もしそうだとすると、本当は、86>>の記述にまして、奇形児が輪をかけて

  理解されがたい存在であることまでわかってしまうことになる。





96 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 09:59:14 ID:y8PBAYyj

   特にこれまでの社会体制や、世界観、人生観、のような判断基準や

   感受性等がどういう性質のものであるか再認識させれることになる。

  92から94の事に関して、凄まじいカルチャーショックを受けることに

  なるはずである。それは、20世紀に二つの世界大戦を作り出した、フロム曰くの

  自由からの逃走以上の事態が起こることになっても不思議なことではない恐れがある

  ということも出来る。

97 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 10:15:43 ID:y8PBAYyj

  ここで、断っておくが、20世紀の2つの世界大戦の詳しい意味については

  軍事スレで扱いたいと思う。20世紀の核心は、軍事スレで触れることにします。

  ここで、自分は、20世紀に起きた動乱が、今後、21世紀と22世紀に一回ずつ

  あわせて、20世紀から22世紀の間に、3回巨大な動乱があると予告する

  事を告げておきます。前世紀は、軍事の領域によって、今世紀は、福祉の領域によって

  次世紀は、教育や、宗教、法律、政治関係によって、大動乱が起きると

  予測されることによってであると言うことなのです。

98 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 10:32:33 ID:y8PBAYyj
  その3世紀にわたる大動乱の決定的根拠となりうることが

  92から94の事に関して、凄まじいカルチャーショックを受けることに

  関係したことであることは間違えないと言うことが解ってきたからなのです。

  (20世紀の大動乱は、リスカや統合失調症の問題等で、福祉の領域で静かに

  起こっていて、世界大戦のような派手な現われはにはならないといえるが

  人類滅亡の危険性をはらんだ時代であるのは間違えない。)



99 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 10:36:16 ID:y8PBAYyj


   ↑は、私が、30から35の間で、述べたとおりのことである。

100 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 10:40:35 ID:y8PBAYyj

  これが奇形児が何か? そしてその存在が何を意味するか?

  と言う事に対する一通りの回答になっていると思う。

101 :ひまだよ とむ:2006/12/30(土) 10:42:08 ID:ys8F2h82
白カラス黒ヒツジの言っている事は難しくてわからないよ!

人類は滅亡するのですか?

いつ滅亡するのですか?

預言者ですか?

102 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 10:54:31 ID:y8PBAYyj


101 名前:ひまだよ とむ :2006/12/30(土) 10:42:08 ID:ys8F2h82
白カラス黒ヒツジの言っている事は難しくてわからないよ!

人類は滅亡するのですか?

いつ滅亡するのですか?

預言者ですか?    <<




  よく読め、解らなければ無利に理解しようとせず、放って置きなさい。

  下手な誤解をしてとんでもないような事態になることはよくあることだからね。

  ネットでは、これからは、こういうことにいくつも出くわすことになるはず
  
  だから、、。

103 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 10:59:19 ID:y8PBAYyj
  まず、ここで主張できるのは、危険リンクを理解するだけでも

  ここまでその意味が明らかになることになると申し上げておきましょう。

104 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 11:04:21 ID:y8PBAYyj


  しかし、ここから先を突っ込んで話を進めようとすると

    かなりの冒険になります。

105 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 11:05:11 ID:y8PBAYyj


106 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 11:06:34 ID:y8PBAYyj








      、

107 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 11:08:57 ID:y8PBAYyj


 ここから先は内容的にもかなりきわどい話なのである意味、

 読み飛ばされることをおすすめするかもしれないと断っておきます。

108 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 11:16:28 ID:y8PBAYyj

  実際歴史的には科学的な精神医療の歴史は始まってから、まだ、

  間もないのであります。精神医療関係の文化人は、代表的な名前を上げれば

  クレッチマーや、ブロイアー、フロイト、ユング、アドラー、フロム、

  現代ではマスローや、デュルケームの名をあげることが出来ます。

  精神鑑定の基準として模範にされるのは、シュナイダーあげられると

  思われますが、、、、。

109 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 11:23:54 ID:y8PBAYyj

   じつは、それら事態に物凄く大変な問題をはらんであることは、

    一部の人にはお分かりであると思われます。

   よく見てみると、そこに上がっているものはどれもこれも

  めちゃくちゃとしか言い様が無いことを扱っていることが解ると思われます。

  根本的にそれが何を意味するか、一般的には全く未知数としてうけとる

  ようになっていると申し上げておきましょう。

110 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 11:26:25 ID:y8PBAYyj


    実際、大方の国の精神医療には、上記のことは、

    ほとんど全く関係が無い状態といって間違いないのです。

111 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 11:50:12 ID:y8PBAYyj
       ここで、日本の精神病院であれば、

     1900−1950年頃の精神病者監護法、精神病院法の時代。

          1950−1987年頃の精神衛生法の時代

         1987−1995年頃の精神保健法の時代

        1995−    精神保健福祉法の時代

   どういうものかの事に関しては、検索して調べていただければ

       現状はお分かりいただけると思います。

112 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 11:58:16 ID:y8PBAYyj
  それは、人権上の法律的には、日本は、先進国から警告を受け続けてきた

  結果、そのように変動するにいたったと私には思われるのですが、基本的には

  それは、構造的にはアメリカの医療体制をモデルにしてきたと思われます。

  また、福祉の面では、ヨーロッパを見習ったものと思われます。

  

113 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 12:34:28 ID:y8PBAYyj

  ここで、 クレッチマーや、ブロイアー、フロイト、ユング、アドラー、フロム、

  現代ではマスローや、デュルケーム等が何をしていたかと言えば

  クレッチマーは人の気質の分類、ブロイアーは精神病の定義、

  フロイトは文明における人間の発達と性欲と精神病と夢との関連の

  深層心理学の分析。     アドラーは権力の意思によって、

   フロイトの性欲の主張を否定。 ユングは精神エネルギーの主張によって

  フロイトの性欲の主張に反対した、フロイトの無意識の発見に対し集合意識を発見した。

  フロムは世界大戦の問題を精神分析した。

  マスローは人間の欲求には、5つの段階があることをつきとめた。

  デュルケームは時代を統計学的に把握し、一般的人間の心理傾向を分析した。

  という事だろう、、。デュルケームを除けば、それらは、現代の精神医療と

  ほとんど全く関係ないと言う事がお解りいただけると思う。それに対しては、

  現代の精神科医であれば、それは、精神病は薬で治ると答えるに違いない。

  本当は、ユングたちのように偶然の一致だとか、象徴だとか言っている余裕は無くて

  世界の急激な変動に苦し紛れに精神医療そのものを社会体制に組み込んで

  取り敢えず、人間の文明の不適応に対処しているのが実際の所であると思います。

  これを洞察するとアメリカや日本の医療体制は解り易いし、何故、薬物療法が

  主流であるかも解りやすくなると思われます。社会体制の問題の観点では

  デュルケームの自殺論は鋭い観点であると指摘することができるのですが、、、。

114 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 12:45:08 ID:y8PBAYyj


  その意味では奇形児よりももっと全体的問題が先だって当然であると言えるかも

  知れません。従って奇形児への医療対策は進めるように叫んだとしても

  現在では、基本的には文明全体としてついていけず、医療としては極めて

  例外的なものとなりうると判断することになります。

  奇形児のことについて扱うのは、現在では極めてリスクが高いと

  私は申し上げます。 このスレでは、そこをあえて突っ込んでみること

  を試みるということなのです。




115 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 12:50:11 ID:y8PBAYyj

  奇形児のことについて扱うのは、現在では極めてリスクが高いと

  私は申し上げます。 このスレでは、そこをあえて突っ込んでみること

  を試みるということなのです。 <<

  実はそうせざるを得ない根拠としてはこの奇形児の核心に触れない限り

  今後、文明のことでどのような対処をとっても空回りすることになると

  思うし、やはり、今後、奇形児の問題に直面して重要な課題になることは

  予測されるからなのです。



116 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 13:02:13 ID:y8PBAYyj

  奇形児の治療の元祖と言えばルドルフ・シュタイナーの治療教育が

  上げられるとおもわれますが、、、。

  実際、フロイトやユングからでは、奇形児の治療のヒントはそれほど

  えることが出来ないのに対し、シュタイナーは流派からすると

  現代の時代には、社会的にはフロイトたちに比べてなじみが無いのは

  無理も無いことなのです。しかし、奇形児の治療に関しての歴史的元祖

  は誰か?と聞かれれば、私は、シュタイナーしか知りません。

117 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 13:16:49 ID:y8PBAYyj
    ところでシュタナーに関係した代表的な業績に関するものは

  いかにして超感覚的世界を認知しうるか、神秘学概論、黙示禄の秘密、治療教育講義、

  であり、社会問題も扱ったりもしていますが、ほとんどが哲学、オカルト、宗教の

  オンパレードであることがお解りいただけると思います。フロイトやユングでさえ

  普通の人からは、奇人変人として扱われ相手にされることはありえないのに

  それにもましていっそうかけはなれた思想家が、一般の人になじむわけが無い

  のは無理も無いのは当然のことであります。教育者としては顔が広いようですが、、。

  




118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 13:25:13 ID:xNEeTxlv
だから何だってのよ!ツマンネ

119 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 14:04:05 ID:y8PBAYyj
  [編集] 概略
ゲーテ研究者として世間の注目を浴びた後、
1900年代から、神秘的な結社神智学協会に所属し、
ドイツの支部を任される。物質世界を超えた“超感覚的”
(霊的)世界に関する深遠な事柄を語るようになった。
協会幹部との方向性の違いにより1912年に同会を脱退し、
自ら人智学協会を設立し、「アントロポゾフィー」(人智学)
にもとづいてヨーロッパ各地で行った講義は生涯6千回にも及んだ。
また、自らの世界観を教育、芸術、医学、農業、建築など、
他方面に渡って実践した。日本ではシュタイナーの
人間観に基づく「シュタイナー教育と言う独自の教育方で知られる


120 :白カラス黒ヒツジ↓読み飛ばしてw:2006/12/30(土) 14:08:00 ID:y8PBAYyj
人物と業績

[編集] 文芸
若干22歳の学生はシュタイナーはゲーテの自然科学に関する著作
を校訂し、序文を書く仕事を依頼され、14年間かけて完成させ、
「ドイツ国民文学」という叢書の第一巻として出版された。
このシュタイナーの業績は大いなる評価を得た。


[編集] 哲学
ロストック大学(Universität Rostock)で哲学の博士号を取得し、
その学位論文にを編集して『真実と科学』GA3として出版した。
1894年には哲学的主著『自由の哲学』GA4を出版し、
その五年後には自身のゲーテ研究の集大成として
『ゲーテの世界観』GA6を出版した。哲学の研究者の間では、
シュタイナーの著作ではほとんど評価を得ることができなかった。


[編集] 霊的な知識(精神科学)の普及
20世紀に入ると神智学協会と関係を持ち、
自然科学の世界とは一見すると対極にあるかのように思われる
神秘的世界観を語り始める。しかし、それを語る方法は
自然科学に対する態度と同じく、理性的で、客観的なものでならないと
いけないというのがシュタイナーの信念であった。
自身の神秘思想を本に著わしたり、ヨーロッパ各地を講演して回った。



121 :白カラス黒ヒツジ↓読み飛ばしてw:2006/12/30(土) 14:10:28 ID:y8PBAYyj
[編集] 社会改革
人類史上初めての世界的戦争である第一次世界大戦後の最中にあって、
戦争を初めとした社会問題の解決策として、「社会有機体三層化運動」
を提唱した。社会という有機体を精神生活(文化)、法生活(政治)、
経済生活精神生活(文化)の三つの部分が独立しながらも、
精神生活においては「自由」、法生活(政治)においては「平等」、
経済生活においては「友愛」を原則に有機的に結びつくことが健全な
社会のあり方であると説いた。当時のドイツの外務大臣等の国家の
指導者たちにこの提案を知らせたが、政治的に採用されるには至らず、
長い間顧みられなかったが。1970年代後半ころ再び検討され出し,
1980年代の西ドイツの緑の党 (Die Grunen)の創立理念に影響を与えた。


[編集] 教育
学校教育
社会有機体三層化論に賛同したシュトゥットガルトのタバコ会社工場主
エミール・モルトから従業員の師弟の教育のために学校をつくってみないか
との誘いに答えて1919年に自由ヴァルドルフ学校を開校した。
以来、このタイプの学校がドイツ内外で次々につくられ、それらは通常
「シュタイナー学校」と呼ばれる。シュタイナー学校は世界70か国に
900校ほどある。日本ではシュタイナー学園(神奈川県藤野町)
が認可されており、あしたの国(千葉県長生郡)も2006年10月に千葉県
より学校設置計画に承認が下りた。これらの学校はシュタイナーの人間観
みもとづく教育を行うが、シュタイナー自身の言葉どおり、シュタイナーの
思想自体は決して教えないようになっている。


122 :白カラス黒ヒツジ↓読み飛ばしてw:2006/12/30(土) 14:14:55 ID:y8PBAYyj
治療教育
障害を持つ子供達を受け持っていた学生たちがシュタイナーから受けた
助言をもとに、ドイツのイェーナ近郊に治療教育施設「ゾンネンホーフ」
を作った。シュタイナーは治療のために薬以外にも、音楽、絵画、彫塑、
オイリュトミー(下記を参照)などの芸術や宗教による特別の教育を示した。
イギリスにおいては治療教育は、シュタイナー教育の代名詞と
言われるほど評価が高い。

[編集] 芸術
神秘劇
超感覚的世界というテーマを含んだ新しい劇である「神秘劇」
を4つ自ら創作した。現在でも毎年、スイスのドルナッハで上演されている。
オイリュトミー
音や言葉の質を身体の動きによって表現する独自の芸術を生み出した。
これはシュタイナー教育のカリキュラムや障害児に対する治療教育にも
用いられている。

[編集] 建築
自分達が内部で行うにふさわしい建物の形が必要だとの考えから、
シュタイナーがゲーテアヌムと呼ばれる独特の形姿を持つ建物の
設計を行った。


[編集] 医学
シュタイナーは医師や薬剤師、医学生などを前に自らの霊学に基づく
医学に関する講演を多く行った。また医師たちの診療に同行し、
助言を与えたりした。その結果、オランダの女医イタ・ヴェーグマン博士
の主導で、「臨床医療研究所」や製薬施設が作られた。シュタイナーが
示した治療法や薬剤に関する示唆は多くの医師の関心を呼び、研究がなされ、
様々な国で薬剤が生産されるようになった。その一つが現在、
シュタイナーの理念に基づいて、自然の原料のみを使った化粧品や食品を
製造している会社「Wereda」(ヴェレダ)である。


[編集] 農業
シュタイナーが土地、植物、動物が自然に互いに調和した健康的なかたちで
行われる農業は「[[バイオ・ダイナミック農法| バイオ・ダイナミック農法
(BIO-DYNAMIC)」]」と呼ばれ、ヨーロッパを初め世界各国で
研究・実践されている。シュタイナーの農業理念に基づいて設立された
ドイツ最子古の認証機関であるデメター(demeter)は有機農法の
連盟の中でも代表的な団体であり、厳格な検査によって、
バイオダイナミック農法の商標の認証を行っている。


[編集] 宗教刷新
神学者たちや宗教に関心を持つ学生たちのキリスト教改革の求めに応じて、
神学についての講義を行い、新しいキリスト教の秘跡の儀式を伝授した。
それらを元に司祭たちが宗教革新運動を始め、キリスト者共同体が設立された。
運動の中心は司祭の養成学校のあるドイツのシュトゥットガルトで、イギリス、
オランダ、スカンディナヴィアにもある。




123 :白カラス黒ヒツジ↓読み飛ばしてw:2006/12/30(土) 14:19:03 ID:y8PBAYyj
[編集] シュタイナーに影響を受けた人々

[編集]  生涯 哲学者として(前半)

[編集] 幼少時代 ヴィーン以南のオーストリア各地 1861-1872
1861年2月27日 オーストリア=ハンガリー帝国(現在のユーゴスラヴィア)
の国境近くの町クラリエヴェクにてオーストリア帝国南部鉄道の鉄道員
(公務員)である、ヨーゼフ・シュタイナーの第一子として誕生
(両親は前年5月16日に結婚)。
1862年(1歳) ミュードリングへ転居。
1863年(2歳)年頭 僅か半年でミュードリング を去り、ポッチャッハ
(何れも現在のオーストリア領)へ転居。彼は8歳までそこで生活する、
また妹(レオポルディーネ)と弟(グスタフ)が生まれたのものこの土地で
ある(家族は合計五人で、これ以降家族が増えることはなかった)。    *1868年(7歳)この頃、物質世界を超えた超感覚的(霊的)世界を感知するようになったという。
1869年(8歳)父親の転勤のため、ノイドゥルフルへ転居する。
1870年(9歳)学校の代用教員に幾何学に関する本を借り、魅了される。
187年(10歳)、カトリックのミサに出席し、大きな感銘を受け、
また教区のリベラルなカトリック神父を通して地動説を知る。
フリーメーソンの支部に出会うものの、心的な関係性は生まれない。
隣町ウィーナー・ノイシュタットの医師カール・ヒッケルを通して
ドイツ文学を知る。駅にある無線電信で電気を知る。読むことには問題は
なかったが、正しく文字を綴ることに苦労した

[編集] 実業学校時代 ヴィーナー・ノイシュタット 1872-1879
1972年(11歳)ノイドゥルフルから西北西へ約5km離れた
隣町ウィーナー・ノイシュタットにある実業学校(Realschule)
に徒歩で通学する。一年生の時には学習に苦労するが、徐々に学力を
身に付け、最終的には「優等生」と評されるようになる。
1973年(12歳)学校の年報の中あった原子と分子に関する論文に触発され、
自然科学の文献を読みあさる。
1874年(13歳) 機械論的な世界解釈と、大好きな幾何学に没頭する。
1876年(15歳)、上述のヒッケル医師を通して哲学者テーオドール・レッシングを
知る。
1877年(16歳)小遣いを貯めてカントの『純粋理性批判』を購入し、
一人で読みふける。またヘルバルト主義的哲学の研究にも没頭する。
補習塾においても重要な体験(ここで上述の「優等生」と称される事となる)
をする。
1879年(18歳)「優秀」の成績でギムナジウムの卒業試験に合格し、
大学入学資格マトゥーラMatura(オーストリア、スイスでこう
呼ばれているものは、ドイツでのアビトゥーアに相当する)を取得。この年、
ある一人の薬草収集家と出会い、人類の歴史の中で、密かに、
霊的な叡智が受け継がれて来たことを知り、これまで、
人に話して来なかった自分の霊的な経験を語る。また、その男を通じて、
知り合った、シュタイナー自身が“霊的な教師”と呼ぶ男から
人生についてのアドバイスいくつか受けたという。


124 :白カラス黒ヒツジ↓読み飛ばしてw:2006/12/30(土) 14:23:31 ID:y8PBAYyj
学業時代 ヴィーン 1879-1890
父のインツァースドルフ(ウィーンから南東南へ約5km離れた近郊都市)
への転勤のため、そこから2km離れたオーベルラーに住む。夏休みには
(新学期は秋に始まるので、実業学校を卒業して大学に進むまでの休暇)
フィヒテの知識学に没頭する。10月ウィーン工科大学に入学し、
学業に専念する(専門は数学、生物学、物理学、化学)。

1881年(20歳)通学の電車の中でフェリックス・コグッツキー
(1833-1909)に出会い交友を深め、後にトゥルーマウの自宅を
度々訪問するようになる。
1882年(21歳)家族はブルン・アン・ゲビルゲ(ウィーンから
南西へ約10km離れた都市)に転居。
ヨーゼフ・キュルシュナーは、ゲーテの自然科学に関する論考文を
『ドイツ国民文学』の一環として編集・出版する仕事をシュルーアーに
依頼され、その仕事に取り組む。ほぼ同時期に『原子論的概念に
対する唯一可能な批判』と題する論文をフィリードリッヒ・テオドール・フィッシャー
に送る。この頃彼は、音楽に対して非常な難色を示すようになり、
決定的なアンチ=ワーグナーを主張するようになる。

1883年(22歳)ドイツ文学史の教授カール・ユリウス・シュルーアー
を通して、ゲーテに触れ、ゲーテに関する基礎的な研究を始め、
この頃『ファウスト』を初めて読む。そして、霊を否定する近代の自然科学
では生命の本当の姿を捉えることはできが、自然(物質)と霊(精神)
の間の架け橋を示すゲーテの世界観に可能性を感じる。
シュタイナーはシュルーアーの観念論を更に発展させ、自らそれを
「客観的観念論」と呼ぶようになる。ライトリンガーの実験室にて、
物理学講座を選択し、特に光学に関する知識を得、後の『ゲーテの色彩論』
の編集の際に、光の本質を理解する為の基礎を築く。十月、卒業試験を
受けることなくヴィーン工科大学を退学。
1884年(23歳)3月当時の著名な出版家、ヨーゼフ・キルシュナーは
無名の学生であった22歳のシュタイナーの才能に注目し、ゲーテの自然科学
に関する著作を校訂し、序文を書く仕事を依頼する。
『ゲーテの自然科学論文集』の第一巻GA1a(結局この仕事は1897年まで続く。
全部で四巻であるが、最終巻が二冊分であるため、合計五冊GA1a-eである。
)が出版される。
またウイーンの商人の家で家庭教師としての副業を開始する。
その10歳になる息子は水頭症で発達が遅れていたが、シュタイナーの
献身的な働きにより、2年後には健康状態も改善され、ギムナジウムに
入学することができた。後には医者になる。
哲学者エドゥアルト・フォン・ハルトマンの『人倫的意識の現象学』
の研究に専念する。

1886年(25歳)キュルシュナからシュタイナーを紹介されたシュペーマン
は1886年シュタイナーの処女作となる『ゲーテ世界観の認識要網』
を出版する。また、既述の『ゲーテの自然科学論文集』の副読本として、
初の著作『ゲーテ的世界観の認識論要綱』GA2を10月に出版する。
1888年(27歳)1月から7月に掛けて『ドイツ週報誌』の編集をする。
キュルシュナー編集の辞典の縁もあり、美学に関する研究を進め、
特にアレクサンダー・ゴットリープ・バウムガルテンとエドゥアルト・フォン・ハルトマン
の美学史に専念し、その研究内容はヴァイマールの「ゲーテ協会」
にて『新たな美学の父としてのゲーテ』という題名の講義によって公開される。
ロベルト・ハマーリングの『ホムンクルス』に強い感銘を受ける。
プロテスタント系の牧師と興味深い出会いをする。豊富な交友関係とは裏腹に、
内的な孤独に見舞われる。

1889年(28歳)初めてニーチェの『善と悪の彼岸』を読む。
またフォン・ハルトマンに初めて面会し、またローザ・マイレーダーとも
知り合う。冬にヴィーンの神智学徒フリードリッヒ・エックシュタインと知り合う。


125 :白カラス黒ヒツジ↓読み飛ばしてw:2006/12/30(土) 14:32:30 ID:y8PBAYyj
[編集] ヴァイマール時代 1890-1896
1890年(29歳)ヴィーンの『国民新聞』に演劇評論を連載。
秋にヴァイマールへ転居し、ゲーテ=シラー遺稿保管局にて働ようになる。
ワイマール版(ゾフィー版)ゲーテ全集の編纂に於いて、
ゲーテの自然科学論文集の
出版に携わる。また、この時期エルンスト・ヘッケルに面会している。
1891年(30歳)ロストック大学で、ハインリッヒ・フォン・シュタインの
下で『認識論の根本問題――特にフィヒテの知識学を考慮して』と題する
論文で哲学博士の学位を取得する。論文は後に加筆・訂正されて
『真実と科学』GA3というタイトルで出版さる。
1892年(31歳)5月 既述のGA3を出版。夏にはそれ迄の
ユンケル通り12番から、アンナ・オイニケの住むプレラー通り2番に転居。
この時期いくつかの哲学、及び哲学史に関する著述をする、

この中には1894年11月に刊行された『自由の哲学』GA4も含まれる。
シュタイナー自身自らの主著と認めるこの本は「近代的世界観の主要特質
――自然科学的手法に基づく魂的考察の結果」という副題を持ち、
カント、フィヒテ、ドイツ観念論との対決の書である。ここで彼は、
ゲーテ、ヘルダー、そしてヘーゲル、しかしまたニーチェ、マックス・シュティルナーや
エルンスト・ヘッケルの影響も受けつつ自らの「存在論的一元論」を
展開している。
これは、現実に即した認識の可能性を概念と認知の結合によって提示しようとしたものである。
その主張の中で、決定的に重要なものは、自身の思考の経験−つまり、シュティルナーが
ドイツ観念論、特にフィヒテから引き継ぎ、ヴィルヘルム・ディルタイから由来する
生の哲学の諸要素と結び付けられた諸要素である。
際に、シュタイナーは、その初期の著作の中にあっては自らを決定的な
観念論者と自認する。彼は、フリードリッヒ・ニーチェとマックス・シュティルナーを
自身にとっての権威にして本物の哲学者として一目置いている。シュティルナーに、
シュタイナーは観念論のひとつの到達点を見た。シュティルナーの言葉
「私についてのすべての真理は、私にとって身近なものである。
私がそれに自分を向けなければならないような真理というものを私は知らない」
にシュタイナーは、こうコメントする。「シュティルナーは、
並ぶもののない征服者なのだ。というのも、彼は、真理に仕えていない。
真理は彼の内にあるのだから。」
真理と権威に対するこの戦闘宣言を背景にして初めて、シュタイナーの
『自由の哲学』は理解することができる。この「利己性」
(Egoität、シタイナーの言葉)の意味で、シュタイナーはニーチェの
「神の死」という問題をはらんだ言葉や『善と悪の彼岸』という立場を


126 :白カラス黒ヒツジ↓読み飛ばしてw:2006/12/30(土) 14:33:09 ID:y8PBAYyj
歓迎したのである。この意味でまたシュタイナーは、
「神の場所に、自由な人間を!」と宣言するのである。これによって、
初期のシュタイナーは、いわば外に締め出された神の彼岸とイメージを
消し去ったのである。彼は、人とは本来疎遠な宿命の力に委ねられているという
ありとあらゆるイメージを厳しく拒絶する。
このような人間の生活は、人が自身に与えた目的と使命以外の何ものも
持ってはいないというのである。「人はその人生において何を課題として
持つのか、という問いに対して、一元論は、人が自ら定めるもの、
それが課題だと答えるのみである。この世に私が送られてきたわけは、
何も予め定められていたものではなく、むしろ、その都度私が自分に
選択するものである。私は、決められた行軍の道筋をもって私の生涯の歩み
を始めたわけではないのだ。」
これによって、『自由の哲学』は、個人主義と並んで、一元論への断固たる
信仰告白ともなった。一元論は、現実の彼方にある精神的な世界を否定する。
現実的な世界と精神的な世界は、二元的に並存するのではなく、むしろ徹頭徹尾ひとつのものなのである。
シュティルナーやニーチェの意味で、シュタイナーは宣告する。
「人は自らの外の世界にある存在の意志に対してではなく、
むしろ自分自身の意志に対して自分を貫かなくてはならない。
人は、他の何かの存在の謎や意図をではなく、自分の意志を現実のものにしなくてはならないのだ。」
この際、一元論は、行動する人間の背後に人と無縁な世界の発展を見ているのではない。
人間たちは、彼らが直観的な理念を現実のものにしつつある限りにおいて、
自らの人間的な諸目的に従うのである。個人主義的な目的とは、
人間らしい個人の中でのみ理念世界を生きぬくことの出来る特別な
個人の目的を一人1人の個人が追い求めているということなのである。
権威や彼岸を信仰する者に対して、シュタイナーは、「私」の「生きた思考」
と「自由な精神」を対置させている。
1894年(34歳)教授資格申請論文は評価されず失敗に終る。
1895年(34歳)5月『フリードリッヒ・ニーチェ 時代の闘士』GA5を出版。翌年、ゲーテ=シラー遺稿保管局を退職。

127 :白カラス黒ヒツジ↓読み飛ばしてw:2006/12/30(土) 14:35:53 ID:y8PBAYyj
[編集] ベルリン時代初期 1897-1901
1897年(36歳)ベルリンへ転居。七月自身のゲーテ研究の集大成とも言える
『ゲーテの世界観』GA6を出版。その本の最終章においてはゲーテとヘーゲルの」
関係性について述べている。オットー・エーリッヒ・ハルトレーベンと共に
『文芸雑誌』Magazins für Literatur(其処での記事はGA29-32に収録)
を創刊。「自由文芸協会」、「自由演劇協会」と「ジョルダーノ・ブルーノ同盟」にて活動。シオニズムに対して強い拒絶を示す。
1898年(37歳)自身の編集による『演劇』を創刊、しかし翌年末には廃刊。

1899年(38歳)1月13日からヴィルヘルム・リープクネヒト(1826-1900)
に依って設立された労働者教養学校Arbeiter-Bildungsschuleで授業
(歴史、話術・文章表現など)を始め、この仕事は1904年まで続く。
この学校はやや社会主義的な色彩を持った教育施設であった。
10月31日未亡人であるアンナ・オイニケ(1853-1911)と結婚し、
フリーデナウ、カイザー通り95番に転居。
1900年(39歳)ドイツの作家ルードヴィッヒ・ヤコボフスキー
(1868-1900)に依って設立された「来るべき者達」との交流。
九月末『文芸雑誌』の仕事を辞める。初秋に、ブロックドルフ伯爵
及びに伯爵夫人にベルリンの「神智学文庫」での講演を依頼され、
9月22日はニーチェについて、同月29日にはゲーテについての講義を行う。
10月6日より神秘主義に関する連続講義を開始、この内容は翌年自身の
手に拠って纏められ出版されるGA7。これ以降、シュタイナーは、
講演活動を活発に行うようになる。これはその後、彼が亡くなるまで
続くことになる。なんと6000回以上に上る講演の記録が、
彼の追随者により記録され、私家本からのちに編集される。
その未刊行の原稿がシュタイナーの全集の大半を占めることになる。
彼の最初の講演は、1875年、ブラヴァツキー夫人によって創始された
神智学協会という神秘学的な集まりにおけるものである。→詳しくは
神智学参照。また『ヘッケルとその敵対者』および
『十九世紀の世界観の人生観』(此の本は後にGA18として出版)
という本もこの年に出版されている。

 

128 :白カラス黒ヒツジ↓読み飛ばしてw:2006/12/30(土) 14:38:28 ID:y8PBAYyj


      ちょっとまて、容量がw

81 KB [ 2ちゃんねる 3億PV/日をささえる レンタルサーバー \877/2TB/100Mbps]

  飯の時間にするm(。。)m

129 :↓読み飛ばしてw:2006/12/30(土) 15:34:43 ID:y8PBAYyj
生涯 神秘思想家として(後半)

[編集] アントロポゾフィー発展の第一段階 1902-1909
1902年(41歳)1月17日に神智学協会の会員になる。
7月マリー・フォン・ズィーフェルス(1867-1948)
と共にロンドンでの第十三回ヨーロッパ支部年集会に出席。
9月には昨年に自身が行った講義を編集した『神秘的な事実としての
キリスト教と古代の秘儀』GA8が出版される。10月19日神智学協会
ドイツ支部を設立し、
同時に事務総長に就任。→詳しくは神智学協会を参照。
1903年(42歳)年頭にゼー通り40番に転居。3月「建築家の家」
という会場にて公開講義を開始し、この活動は1918年まで続く。
5月、雑誌『ルシファー』(後に『ルシファー=グノーシス』)を創刊し、
その出版にあたる(そこでの記事はGA34に収録)。ヴァイマール、ケルン、
ハンブルクなどのドイツ各地でも活動を始める。10月、
モッツ通り17番に再び転居。
1904年(43歳)5月『テオゾフィー』(邦訳では『神智学』)GA9を出版。
それまでは自身の世界観を明らかにしていなかったが、この著作によって
自身の思想の根幹を初めて公にした。雑誌『ルシファー』はヴィーンの雑誌
『グノーシス』に合併し『ルシファー=グノーシス』とその雑誌名を改める。
6月から『いかにしてより高次の認識を獲得するか』と題する連載を開始し、
当初予定よりも倍近く長く続き(翌年まで続く)、後に一冊の本として出版される
GA10。7月からは同誌に『アカシャ年代記より』の連載が始まるが、
この内容が彼の生前一冊の本として出版される事はなかった。
同月アムステルダムにて神智学会議に出席。またこの年、マルクス主義で
ある労働者教養学校側から、神秘思想家であるシュタイナーへの反対意見
が生まれたが、生徒の支持が強く授業は続行される事になる。
1905年1月21日、同校指導部からの妨害により退職。10月にはロンドンでの
神智学会議に出席する。
1906年(45歳)にベルリン以外では初めての連続講義をパリにて開催、
またエドゥアルト・シュレーにもこの時期初めて逢う。7月にはパリでの
神智学会議に出席。フランクフルト・アム・マインや、ブレーメンなどでの、
ドイツ各地での神智学支部の設立に関わる。
1907年(46歳)神智学協会会長であるヘンリー・スティール・オルコット
(1832-1907)が2月17日に死去し、アニー・ベサントが第二代会長に就任する。
シュタイナーが協会に参加してから初めてのドイツでの神智学会議は、5月にミュンヘンで
開かれる。彼はそこでのインテリア設計を請け負い、自身の思想を建築的空間に可視的に表現する
事を試みる。またシュレー作の『エレウシスの神聖劇』も上演される。
1908年(47歳)8月1日マリー・フォン・ズィーフェルスは哲学-神智学出版(
後に哲学-人智学出版)を設立する。この年にシュタイナーは初めてスカンディナヴィア地方を旅し、
同時に各地で講義活動を行う。
1909年(48歳)にはドイツの詩人クリスティアン・モルゲンシュテルン
」(1871-1914)に出会う。8月、ミュンヘンでシュレー作の『ルシファーの子供たち』を上演。12月、自身の霊学的研究の集大成とも呼べる『神秘学概論』GA13を脱稿.
1910年(49歳)初頭に出版する。
神智学協会にあった時期、シュタイナーは数多くの神秘学的な著作を
著わしている。例えば『神秘的な事実としてのキリスト教』
(1902年)や『いかにしてより高次の世界の認識を獲得するか』
(1904年)が其れである。彼は、これらの著作を初期の哲学を扱った


130 :↓読み飛ばしてw:2006/12/30(土) 15:36:12 ID:y8PBAYyj
諸論文からの引き続いた展開と理解していた。それが当たっているか、
それとも初期と後期の仕事の間に看過しがたい矛盾があるのかは、
議論の余地あることであろう。シュタイナーが、かつてニーチェの
『反キリスト−キリスト教への呪詛』の中に自分の心の琴線に感じる
文章を発見した彼が−まず以って宗教やカルトに反旗を翻し
(「神の位置に人間が!」)、自らの思索をグノーシス主義的、
神秘主義的な方向に発展させ、それがキリスト教の中心的な
諸要素をもう一つ別の世界宗教の諸理念と結び付けていくということになる。
シュタイナーは、いくつかの認識の諸段階を分けていく。
五感による物質的な世界の認識に続き、霊視的な認識段階(イマジネーション認識)、
霊聴的な認識段階(インスピレーション認識)、霊融合的な認識段階
(インテュイション認識)の段階がある。厳密な学問的な訓練
(シュタイナーはここでディルタイの「精神科学的」を踏まえている)
を経て、この世界像により高次の認識段階が開かれる。これにより、
感覚を超えた世界への認識論的な道筋が切り拓かれるというのだ。この「霊学」は、
人に物質的な世界を精神的な世界との連関に置いて理解し、
精神的な世界をそこから形成していく力を授けてくれる。
このような立場からシュタイナーは初期の哲学論文を、カルマや輪廻転生、
オカルティズム、そしてグノーシス的薔薇十字団の思想と結びつけたのである。
それまで講義の中でしか明らかにされていなかった彼の思想は、1904年の著書
『テオゾフィー(神智学)』によって初めて体系的に示されたが、
そこには霊学に於ける最大の業績とも呼べる宇宙進化論に関する記述は見出されなかった。
後の1910年に出版された『神秘学概論』の序文には、『テオゾフィー』執筆中に既に、
宇宙進化論に関する記述の構想があったものの、彼にはそれが不可能であった事を述べている。
この本の出版によって霊学としてのアントロポゾフィーはその頂点を迎えたと言える。
霊学はその後も発展を続け、ここの研究分野に於いては常に新しい研究結果が発表されるが、
その全体像は確かにこの時点で「概論」として示されたのである。→詳しくは霊学を参照。



131 :何が秘儀参入の門だ、はあ?、。:2006/12/30(土) 15:43:45 ID:y8PBAYyj
[編集] アントロポゾフィー発展の第二段階 1910-1916
1910年(49歳)初頭『神秘学概論』出版。8月ミュンヘンで神秘劇第一部『秘儀参入の門』が上演される。
これ以降シュタイナーの活動は、建築、彫刻・彫塑、絵画、音楽、言語芸術(言語造形)、
運動芸術(オイリュトミー)などの各芸術分野に及ぶ。
1911年(50歳)1月 アニー・ベサントの養子ジッドゥ・クリシュナムルティ
(1895-1986)を救世主とする「東方の星教団」がインドで設立され、
まだ若かったクリシュナムルティが、何人かの神智学協会の代表者ら
(チャールズ・W・リードビターもその中にいた)により、“来るべき世界教師”、
“キリストの再来”として宣伝されるようになる。3月、妻のアンナ・シュタイナーが他界。
8月、ミュンヘンで神秘劇第二部『魂の試練』が上演される。
1912年(51歳)8月、神秘劇第三部『境域の守護者』が上演される。
同月、新しく作られる協会の名称として「アントロポゾフィー」を提案する。
9月にはアントロポゾフィーが生み出した最も有名な運動芸術オイリュトミーが形作られ始める
(正確には1908年五月の時点で既にその胎動が見られる。→詳しくはオイリュトミーを参照)。
9月にはアントロポゾフィー協会設立の準備を始める。12月 神智学協会ドイツ支部は分裂に至り、
」世界組織とドイツの支部、結社の間に瞬く間に亀裂が見られるようになる。
シュタイナーのグループはクリシュナムルティを来るべきキリストとして仰ぐことを拒んだのである。
同月28日彼はケルンでアントロポゾフィー協会を設立する。アントロポゾフィー協会は、
その他の国々の神智学協会とも繋がりを持つようになっていく。また『アントロポゾフィー的魂の暦』
(邦訳アリ)が出版されたのもこの年である。
1913年(52歳)2月3日アントロポゾフィー協会第一回総会がベルリンにて開催される。
建設省の芸術担当者の反対により、「ヨハネス建築」が許可されない。
このヨハネス建築とは1918年以降「ゲーテアヌム」と呼ばれるものであり、
二つ相重なるドームを持った木造建築である。ゲーテアヌムは1922年の大晦日の夜に
その完成を待たずして火災によって焼失する(反対する者たちによる放火の可能性も考えられるが、
真相は不明。)同じ土地には今度はコンクリート製の建造物が建てられ、後者が第二ゲーテアヌムと呼ばれるのに対して
前者は第一ゲーテアヌムと呼ばれるのが一般的である。→詳しくはゲーテアヌムを参照。
5月中旬に建築候補地としてドルナッハが挙がり、同18日にそれを決断。8月にはミュンヘンにて神秘劇第四部
『魂の覚醒』が上演される。9月20日にはゲーテアヌムの礎石奉納の儀式を行う。
1914年(53歳)3月31日には無二の友人であり最も良き理解者である詩人クリスティアン・モルゲンシュテルンを亡くす。
4月には8月に完成予定であったゲーテアヌムの完成予定を12月に変更する。7月28日 第一次世界大戦(1914-18)勃発。
12月24日マリー・フォン・ズィーフェルスと結婚。また1914年から1923年にかけてシュタイナーはベルリンとドルナッハを行き来し、
両都市をその居住地とする。
1915年(54歳)ゲーテアヌムの舞台の、背景の中心に据えられるべき「人類の代表者」
という彫刻の製作に取り掛かる。またゲーテアヌムの大小二つの天井画を描く。

[編集]

132 :ちょっと、長いwww、:2006/12/30(土) 15:48:50 ID:y8PBAYyj
アントロポゾフィー発展の第三段階 1917-1923
1917年(56歳)以降、シュタイナーの活動は実践的な社会運動へと及ぶ。彼は、自ら理念を携えて、
様々な社会生活の領域に登場した。
此の年に彼の中に社会有機体三分節化論の理念が浮かび、その実現に勤しむがそれは徒労に終わる。
1919年(58歳)社会有機体三層化論に賛同したシュトゥットガルトのタバコ会社工場主エミール・モルトから
従業員の師弟の教育のために学校をつくってみないかとの誘いに答えてシュトゥットゥガルトに自由ヴァルドルフ学校を開校。
社会運動への参加に伴い敵対者が伴う。また12月23日から翌年1月3日にかけて同地で第一回自然科学講座が開催される。
1920年(59歳)3月21日から4月9日にかけて第一回医学講座がドルナッハにて開かれる。これによってシュタイナーは、
イタ・ヴェーヒマンと共にアントロポゾフィー医学(シュタイナー医学)の創始者とされることになった。またその医学に基づいた薬品は、
ドイツの会社Weleda(ヴェレダ)やWALAで市販されている。→詳しくはアントロポゾフィーに拠って拡張された医療を参照。ドイツに株式会社
「来るべき日」、スイスに「フトゥルム」を設立。9月26日午後五時 ゲーテアヌム会館。
この頃から毎週のようにアントロポゾフィー非難の記事が新聞に掲載されるようになる。
1921年(60歳)2月には月刊誌『ディ・ドライ』を創刊。4月には治療オイリュトミー講座を開く。
6月、ドルナッハの隣町アーレスハイムに、イタ・ヴェーヒマンに拠って「臨床治療研究所」が開設される。
8月 週刊誌『ダス・ゲーテアヌム』を創刊。この頃、自らの自伝を書いた。
1922年(61歳)7月24日から8月6日にかけて国民経済学講座が開かれる。シュタイナーは更に、
宗教的生活の刷新にも手を貸した。全ての人種、民族、宗教、国籍、性別、階級、信念などから独立している
アントロポゾフィーの創始者である彼が、特定の宗教団体(つまりここではキリスト教)の設立に助力をするという行動は、
例外的なものであるといえる。どの時点からその活動の胎動が見出されるかは、常に異論が付きまとう問題であるが
1920年2月の時点で既にシュタイナーの周りでキリスト教の刷新が可能であるかという声が出始めている。
翌1921年の6月と秋に行われた二回の神学者に対する連続講義の後、1922年9月にキリスト者共同体の創設に寄与した。
一般に「霊学の為の自由大学」の宗教(神学)部門と混同されがちであるが、
この団体はアントロポゾフィー協会から独立したれっきとした宗教組織である
(ちなみに自由大学に神学部門は存在しない)。シュタイナーはこの組織に属してはいないながらも、
設立後も司祭達に外部から助言を与え続けた。→詳しくはキリスト者共同体を参照。同年大晦日の午後十時、
火災によってゲーテアヌムが炎上、翌朝焼失。
1923年(62歳)はシュタイナーの生涯に於いて最も困難な一年であった。
1月から体調が優れない。また此の年から自伝『我が生涯の歩み』GA28の執筆を開始し、
週刊誌『ゲーテアヌム』に連載するが、翌々年の自身の死によってそれは中断、
未完に終わる。12月25日から翌1924年1月1日にかけて降誕祭会議を開催し、それまでの「アントロポゾフィー協会」
を刷新し「一般アントロポゾフィー協会」として新しく発足。またその心臓部となる「霊学の為の自由大学」
(翌年2月15日第一講開催)を設立する。本部は、スイス、バーゼル近郊の町、
ドルナッハの丘の上に建っているのゲーテアヌムに置かれた。

[編集] 晩年 1924-1925


133 :シュタイナーを持ち込んだのは失敗だった。:2006/12/30(土) 15:58:35 ID:y8PBAYyj
[編集] 晩年 1924-1925
1924年(63歳)はシュタイナーの生涯において最も実り多き一年であったといえる、
しかしこの最も実り多き時代も、ものの十ヶ月でその終焉を迎えることになる。元日、
ゲーテアヌム再建の為の構想を発表する。
同13日にはアントロポゾフィー協会の週刊報告誌『報告書』を創刊し、
降誕祭会議に参加出来なかった者達の為にもその会議の内容を公開した。
2月15日には霊学の為の自由大学に於ける第一学級講座(クラッセン・シュトゥンデKlassenstunde)
を開講する。此の講座は後に第二学級、第三学級と設立される予定であったが、
シュタイナーの死によって中断された。 翌日16以降、彼の「本来の」使命であったカルマに関する連続講義
(それは50回にも亘り、9月28日まで続く)をドルナッハにて開始し、その内容を凝縮したものを各地で講演し
(これらは合計30回を越える)、降誕祭会議以降アントロポゾフィー運動と、アントロポゾフィー協会は同義identischになったと説き、
一般アントロポゾフィー協会の意味について熱弁して回った。同月、音楽オイリュトミー講座を開く。3月末には、1月に日の目を見た
「新しいゲーテアヌム」の1/100スケールの立体モデルを粘土で製作することに熱中した。三日三晩アトリエに籠もり切ったシュタイナーは
「熱に浮かされたように」創作に集中し、3月26日に模型が完成する。 6月、コーバーヴィッツで所謂「農業講座」が開かれ、
かの有名なバイオ=ダイナミック農業の基礎を築く。この方法で作られた野菜は、ドイツではデメターDemeterというマークがつけられている。
同月から翌月にかけて言語オイリュトミー講座及びに治療教育講座がドルナッハにて行われる。九月、ドルナッハにて演劇講座。
9月29日午後八時からの講演を20分で中断し、病床に就く。三月に出来上がった「新しいゲーテアヌム」の模型は、僅か五週間で図面が引かれた後、
9月9日に受理され、12月1日に建築許可が下りる。このコンクリート作りの所謂「第二ゲーテアヌム」
の建設が実際に始まったのは翌年に入ってからであり、
完成したのは1928年、即ち彼の死の三年後であった。

1925年(64歳)元日深夜、卒倒、高熱により食欲は減衰。3月26日病状は好転するものの、同29日病状は悪化、
翌日午前四時頃にイタ・ヴェーヒマンに苦痛を訴え、5時頃に一般アントロポゾフィー協会理事である、
アルベルト・シュテッフェン、ギュンター・ヴァックスムートが病室に呼ばれる。1925年3月30日午前10時頃、
ルドルフ・シュタイナー他界。4月1日の夜には葬儀が執り行われる。死の三日前までシュタイナーは
「人類の代表者」にのみを振っており、また死の前日には第二ゲーテアヌムの内部建築の作成の為に使用する
アトリエに完成について訊ねているなど、その制作意欲は最後まで衰える事はなかった。

[編集] 死後
国家社会主義の時代(ナチスドイツ時代)には、アントロポゾフィーは、さまざまな規制を加えられ、
もとよりその個人主義により、ナチスの集団的社会主義と対立せざるを得ない立場にあり、
闘いながら自らを守っていくしかなかった。加えて人は、アントロポゾフィーをフリーメーソン
とのつながりで理解した。1933年11月15日、国家社会主義のチューリンゲンの経済相は、
生物学的力動的な生産方式の宣伝普及を禁止した。 1935年11月1日には、
ドイツのすべてのアントロポゾフィー協会が、ラインハルト・ハイドリヒ の訓令により禁止された。
アドルフ・ヒトラーも既に1921年の論文(「国の指導者か、国民への犯罪者か」)において、
「社会有機体の3分化」を「諸民族の正常な精神状態を破壊するユダヤ人の策謀」と罵倒していた。
ルドルフ・シュタイナーと彼の夫人マリー・フォン・ズィーフェルス(1914年結婚、子どもなし)は、
1903年から1923年までベルリン・シェーンベルクのモッツ通り 30に住んだ。そこには現在彼らの記念プレートが掛かっている。
[編集] 評価
彼の理念の多くは、今日に至るまで非常に大きな影響を残し、今日なおますます社会に受け容れられつつある。



134 :こいつは私も徹底的に叩きのめすことになる予定:2006/12/30(土) 16:04:36 ID:y8PBAYyj
批判
ルドルフ・シュタイナーの業績は、その存命時から既に多くの議論を巻き起こした。主な批判としては、大学の学識経験者たちが認めない、
「人智学の科学性」の宣言、教会関係者が非難する「キリスト論のグノーシス的な諸前提」、並びに20世紀末にまた議論が沸騰した
「人種差別的」とみなされたシュタイナーの民族論である。最後のものについては、シュタイナーの作品中にある問題を孕んだ
神智学的な構想をどう継承するのか、特にシュタイナーの「根を下ろさせること」についての言述が焦点となる。
批判者たちからは、シュタイナーの人智学は高次の認識から得たものではなく、矛盾を孕んだ接木細工のような思想と見られている。


[編集] 著作


135 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 16:15:08 ID:y8PBAYyj

   どれほど凄まじいかお解りになられると思います。なじむわけが無いし
  
    私は深入りする気はもてない。

  始めに、、シュタイナーの著作に関しては、解らないことは深入りしないで下さい、

   難解な内容を扱っていることも確かだし、シュタイナー自身にも救いがたく致命的欠陥が

   あるのも確かなのです。某編集者は難解すぎてノイローゼになって自殺してしまったという

   報告がございますのでご注意ください。実際下手に関わると頭が本当におかしくなりかねないし、

   人生を某に振りかねないので注意が必要なのは間違えないと言えます。

   マルチやネズミ構に近いことが解ってきています。それは、ユングも一緒です。


136 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 16:20:39 ID:y8PBAYyj
日本語による文献
シュタイナー(著)高橋巌(訳)『自由の哲学』(ちくま学芸文庫) 筑摩書房 2002年07月 ISBN:4480087141
シュタイナー(著)高橋巌(訳)『神智学』筑摩書房 2000年07月 原書第九版 ISBN:4480085718
シュタイナー(著)高橋巌(訳)『神秘学概論』(ちくま学芸文庫) 筑摩書房 1998年01月 ISBN:4480083952
シュタイナー(著)高橋巌(訳)『いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか』(ちくま学芸文庫) 筑摩書房 2001年10月 ISBN:4480086641
A・Pシェパード(著)中村正明(訳)『シュタイナーの思想と生涯』青土社1998年6月10日 ISBN/JAN:4791756320
フランス・カルルグレン(著) 高橋明男(訳)『ルドルフ・シュタイナーと人智学』 水声社 1992年12月 ISBN:4891762780 

[編集] 日本への紹介
日本においては第一次世界大戦以前に、右翼思想家の大川周明がシュタイナーの社会三層化論を翻訳した『三重国家論』を出版して紹介した。
1920年代には、シュタイナーの設計した「ゲーテアヌム」を現地で見て感激した早稲田大学の今井兼次教授によって、日本の建築関係者達の間で
知られるようになった。1970年代頃から、娘の教育のため、家族でドイツに留学した早稲田大学教授の子安美知子が
『ミュンヘンの小学生 : 娘が学んだシュタイナー学校 』(中公新書 1975年)を初めとした一連の教育体験報告が反響を呼び、
新しい教育方法としてシュタイナーの思想が注目された。1996年には、NHKのNHK衛星第2テレビジョンの「素晴らしき地球の旅」
という番組でシュタイナー教育が紹介された。 また、イタ・ヴェークマン医師とシュタイナーが共同で創始したシュタイナー医学に関しては、
2004年春から、日本でも「ゲーテアーヌム精神自由大学」の主催で医師向けの専門的な訓練が日本国内でも開始されている現状があり、
2005年5月5日には「日本アントロポゾフィー医学のための医師会」というものが設立されている。
2000年4月14日から8月27日には東京のワタリウム美術館で、2001年3月3日(土)〜4月5日(木) にはKPOキリンプラザ大阪で,
シュタイナーが書き留めたノートを展示する「ルドルフ・シュタイナー 100冊のノート展」が開催された。


[編集] 関連項目
アントロポゾフィー
人智学
神智学
神智学
シュタイナー教育
社会三層化論
エーテル体
アストラル体

[編集] 外部リンク

[編集] 日本語サイト
日本アントロポゾフィー協会
子安美子のホームページ
フォーラム・スリー
FRONNOW MULTI REPORT
シュタイナー研究室
風のトポス 神秘学遊戯団
佐藤公俊のホームページ
音魂大全の中のシュタイナーのページ
魔法の学校
シュタイナーにも限界はありえる

[編集] ドイツ語サイト


137 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 16:26:24 ID:y8PBAYyj


138 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 16:28:11 ID:y8PBAYyj


  シュタイナーは障害を持った人の魂の素質がどんなに優れたものであるかを、若いころに身をもって体験し、

  それがのちの人智学運動の大きなささえとなった。シュタイナー教育の核心の部分には障害をもった人々との共同生活があり、

   それが未来の社会生活の為の一つの型をしめしているのである。  

139 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 16:30:01 ID:y8PBAYyj

  成長しつつあるこども、特に障害をもった子供には、純粋にそして明瞭に語ると言うことが非常に大切です。

  障害ある子供に対しては、どんなときにも明瞭に形成された言語の使用を原則とします。これは、

  よい影響をおよぼします。子供がまだ語れないときでさえも、周囲でよい話し方がなされるのは、

  とてもよいことなのです。7歳から14歳までの障害児には、出来るだけ沢山のよい言語、

   よい朗唱を提供することが大切です。

140 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 16:31:48 ID:y8PBAYyj

  彼が19世紀末から二十世紀初頭にかけてヨーロッパ文化の光の部分と闇の部分をどれほど、

  深く体験していたか、いつでも改めて驚嘆させられてしまう。彼は、その深い時代認識を踏まえて

  現代と言う深い転換期を生きる人間の内的要求にこたえられるような認識の方法を提示しているが、

  その方法は、同時に新しい共同体形成への展望の下に、人間意識の変革を強く求めている。

  そしてこのことは、彼が、現代の社会問題の中の最も緊急な課題と考えていた教育問題にたいする

  彼の態度の中に、最も、顕著に表れている。

141 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 16:34:10 ID:y8PBAYyj

  教育を論じる時の彼は、常に、新しい時代を生きる人間のあり方とそれに対応する社会生活の形成に目を向けていたが、

  特に都市生活者にとっての共同体のあり方を教育との関連の中で追及し1919年、第一次世界大戦が終わった

  次の年から自由ヴァルドルフ学校(ルドルフシュタイナー学校)とそれを中心にした社会教育運動を精力的に展開した。


  しかしこの運動はその発想のあまりの新しさのゆえに、一般社会からは、ほとんどむしされ続けてきたが、

  ちょうど、半世紀経った60年代の終わりごろから、全世界に広がった、

  大学闘争によって教育の荒廃ぶりが明らかにされた時点で、にわかに世間の注目を集めるようになった。

  そして、現在シュタイナーの教育思想は、単なる個々の教授法だけでなく、

  その最も本質的部分が、一般社会から求められている。

142 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 16:39:01 ID:y8PBAYyj

  キーワードはゲーテのメタモルフォーゼ(形態の変化と発展)の思想を学んだシュタイナーは

  全ての生命活動の基本に「両極性」の働きがあることを洞察し、人体の思考の座である頭部

  (神経=感覚系)における「思い出すこと」と「忘れること」の両極性を取り上げている。そして、

  「思い出すこと」に偏した障害、固定観念や妄想への傾向の根底に「鉄分過多」の体質が,

  [忘れること]にへんした障害の根底に「硫黄過多」の体質が潜んでいること、また、

  人体の感情の座である頭部(呼吸=循環系)における「目覚めること」と「眠ること」

  の両極性の場合には、「癲癇方」と「ヒステリー型」の障害が対応しており、

  意思の座である胴体(代謝=運動系)における「運動」と「休息」の場合には

  「躁型」と「精薄型」の障害が対応していることを詳細に具体例を上げて語っている。

  治療教育における以上の6つの障害のあり方が本書の中心のテーマになっているが、

  恐らくこの部分には、シュタイナーの心理学、生理学、

  医学の研究成果が集中して表現されていると言えるであろう。、、、

  註、メタモルフォーゼ(ゲーテの額間骨の発見によって猿から変容した事をゲーテは当時の時点で

  既に洞察していた。ゲーテはダーウィンの進化論の先駆者でもあったことが解る。)  

  両極性(「自分をどこまでも解放して様様な可能性がありうるか考えてみる一方で、

  自分を何に制限できるかについても考えてみた」と言うように一見矛盾しているように見える、

  正反対の性質のつながりの活動パターンの根本現象の概念。)




143 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 16:39:51 ID:y8PBAYyj


144 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 16:40:27 ID:y8PBAYyj


145 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 16:41:22 ID:y8PBAYyj


146 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 16:42:36 ID:y8PBAYyj


147 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 16:43:47 ID:y8PBAYyj


148 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 16:44:32 ID:y8PBAYyj


149 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 16:45:11 ID:y8PBAYyj


150 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 16:46:47 ID:y8PBAYyj

  さて、シュタイナーは治療教育について生涯でただ一度だけ本書の中で包括的に語っているが、

   彼と治療教育との関係は非常に若いころから始まっている。既に23から29ま歳まで、

   彼は、生涯を持った子と深い結びつきを持っていた。23歳のころの彼はウィーン工科大学で熱力学を

    中心とする自然科学の研究に没頭する傍ら、


151 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 16:47:23 ID:y8PBAYyj


152 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 16:48:19 ID:y8PBAYyj

  世紀末のウィーンの爛熟した文化を貪欲に吸収していた。家が貧しかったので、

  恩師カール・ユリウス・シュレーアの紹介で、素封家シュペヒト家の住み込みの家庭教師を

  務めることになった。彼が教育を引き受けたのは、シュペヒト家の4人の子供たちで、

   長男のリヒャルトは後に作曲家グスタフ・マーラーのすばらしい評伝を著わし、文筆家として名を成した。

153 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 16:49:00 ID:y8PBAYyj


154 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 16:50:13 ID:y8PBAYyj

  他の3人もそれぞれ優秀な子供たちだったが、4男のエンルストは、

  初めて会った当時は11歳で重度の水頭症を患い、家中の心配の種だった。

  当時のオーストラリアでは毎年学年末に試験があり、どこかの学校に行って

  それに合格しさえすれば、家庭で教育を受けていても、どの教師についていても、

  進級することが出来た。

155 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 16:50:46 ID:y8PBAYyj


156 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 16:53:10 ID:y8PBAYyj
  
   エンルストは既に5年間学校に通っていたが、時には数週間一度も

  口をきかず、食事にも加われず空腹になると台所へ行って、

  くず箱から残飯を拾って食べた。試験のときも何も書くことが出来ず、

   ただ答案用紙に大きな穴をあけるだけで、提出した。

    シュペヒト家の主治医で友人だったヨーゼフ・ブロイアーは

   フロイトとともに「精神分析」の創始者として今日でも有名であり、

   当時も名医として評判が高かった人物であるが、

    彼もこの子だけはお手上げの状態だった。この子は全て

   人から見放されており、家族はどうしていいかわからなかった。

157 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 16:54:06 ID:y8PBAYyj



158 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 16:54:47 ID:y8PBAYyj

  若いシュタイナーはこの子の面倒を3年間は自分に任せて欲しい、

  責任を持って治療にあたりたい、と家族に申し入れ、

   母親の承諾を得た。

159 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 16:55:35 ID:y8PBAYyj


160 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 16:56:29 ID:y8PBAYyj

  彼の教育方針は、

  1、 薄弱児の場合には、身体の医学的治療からはじめること、

  2、 眠ったような状態にあるたましいが、次第に身体の中で自分を

   表現できるようになるために、この魂の通路を見つけ出すこと、

   この2つを原則とした。


161 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 16:57:20 ID:y8PBAYyj


162 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 16:58:14 ID:y8PBAYyj
、。

163 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 16:58:47 ID:y8PBAYyj


164 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 16:59:43 ID:y8PBAYyj

  シュタイナーは自分で「経済的方法」と名付けた方法をあみ出し、

  15分か20分の短い時間に、最大の効果を上げるように、

   しかも出来るだけ楽に学ぶことが出来るように、

   2時間から4時間かけて、そのための準備をした。

   良いと思ったことは何でも試み、音楽を授業に取り入れ、
   
    音楽の力で身体によい作用が及ぶように配慮した

165 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:00:12 ID:y8PBAYyj


166 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:01:16 ID:y8PBAYyj


167 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:01:53 ID:y8PBAYyj


168 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:02:28 ID:y8PBAYyj


169 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:03:28 ID:y8PBAYyj

   シュタイナーはエンルストの中に偉大な魂が眠っていると

   信じることが出来たが、その発達階段はまだ、

   2歳半にもなっていなかったので、徹底して、模倣の原理に従い、

   発達階段に応じたあらゆる遊びやゲームをともにやり、

    心が通じ合えるようにした。

170 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:04:00 ID:y8PBAYyj


171 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:04:35 ID:y8PBAYyj

  このようにして、主として、健康に気を使い、

  主治医のブロイアーとも終始連絡しあいながら2年間が経過したころには、

  エンルストはギムナジウムの授業に参加できるようになった。

172 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:05:06 ID:y8PBAYyj


173 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:05:51 ID:y8PBAYyj


174 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:06:33 ID:y8PBAYyj

  そして、ギムナジウムの最後の2年間は自分の力だけで学び、

  大学へ進んで医学を修め、長らく医師として働き、

  40歳になって第二次世界大戦に軍医として従軍し、

  伝染病にかかってポーランドに没した。

175 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:07:36 ID:y8PBAYyj


176 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:08:21 ID:y8PBAYyj


177 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:09:02 ID:y8PBAYyj


178 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:10:30 ID:y8PBAYyj


179 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:11:50 ID:y8PBAYyj


180 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:13:56 ID:y8PBAYyj


181 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:15:22 ID:y8PBAYyj


182 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:15:53 ID:y8PBAYyj


183 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:16:52 ID:y8PBAYyj


184 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:18:25 ID:y8PBAYyj

  註、、、熱力学(熱力学の特徴は熱量保存の法則のエネルギー保存則の一つ

  である。当時、無限に熱量を生産する機械の開発に多くの人が没頭した。

  多くの人が、無限に熱量を生産する機械の開発を財産を失うことで諦めた。

  次に、熱量が等しく保存されることを証明しようと躍起になったが、結局、

  目的を果たすことなく人生を棒に振った。そして、熱量が常に減る

  性質のものであることを知って、多くの人が自殺した。それ以来、

  その法則を覆そうと試みるものがいないことによって、定まることになり、

  成り立っている法則である。結構怖い話です。)

185 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:19:09 ID:y8PBAYyj


186 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:20:01 ID:y8PBAYyj


187 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:20:48 ID:y8PBAYyj

  シュタイナーは自伝「わが生涯の歩み」の中でこの時期のことを

  次のように記している。「この教育課題は私の勉学ののどかな源泉となった。

  教えることを通して、人間における霊魂と身体の関連への

  洞察が可能となった。私は生理学と心理学を徹底して学んだ。

  そして、教育や授業が本当の人間の認識を基礎にした、

  一つの芸術にならなければならないことがわかってきた

188 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:21:28 ID:y8PBAYyj


189 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:22:13 ID:y8PBAYyj
、」

190 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:22:59 ID:y8PBAYyj

  シュタイナーによれば、今から、数百年前にまで遡る太古の時代に、

  人間の霊魂は初めて、進化の過程を辿って発展してきた。

  身体の中に降りてくることが出来るようになった。

  それ以前は人間の霊魂を受容できるまで進化を遂げていなかったので、

  人間の霊魂は物質素材によって創られた肉体の中に受肉したくても、

  肉体のほうで自分の中に宿らせることが出来ない状態が続いたのである。

191 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:23:40 ID:y8PBAYyj


192 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:24:34 ID:y8PBAYyj


193 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:25:18 ID:y8PBAYyj

  かろうじて受肉できたとしても、初めのころは決して正常な受肉の

  プロセスを辿ることができず、一度受肉した霊魂も、

  肉体を通して自己を表現できぬままに、再び肉体を去って、

  本来の故郷である霊界へ戻っていった。

  そのような過程が繰り返される中で、肉体そのものも一段と進化を遂げ、

  ある段階に達してからは、霊魂を受容できるようになった。

194 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:26:01 ID:y8PBAYyj


195 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:26:47 ID:y8PBAYyj


196 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:27:21 ID:y8PBAYyj


197 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:28:09 ID:y8PBAYyj

  この過程は諸民族の神話の中でもさまざまな仕方で語られているが、

  その最もよく知られている例はアダムとイヴの楽園追放の話であろう。

  この二人の人類の祖先の霊魂は初めて天国から離れて地上の世界に

  受肉することになったが、そうなると人間は肉体を通してしか

  自己を意識できなくなってしまい、言わば「受肉の苦しみ」を、つまり、

  ドイツのロマン派の言う、「世界苦」を背負わされる。

198 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:29:05 ID:y8PBAYyj


199 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:30:02 ID:y8PBAYyj

  もし、人間の霊魂が肉体に受肉しないで済ますことが出来るのなら、

  人間は老いることも、

  病むことも、死ぬことも無いし、障害も背負うこともない。

200 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:30:36 ID:y8PBAYyj


201 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:31:12 ID:y8PBAYyj


202 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:31:52 ID:y8PBAYyj

  仏陀が人間の根本的な苦悩と呼んだ生、老、死、等は、

  地上におけるどんな人間も避けることの出来ない基本的な
 
 生活条件になっている。しかし、人間はそのような条件の

  下に甘んじて生きていくべき存在なのだろうか。



203 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:32:27 ID:y8PBAYyj


204 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:33:04 ID:y8PBAYyj


205 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:33:49 ID:y8PBAYyj


206 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:35:19 ID:y8PBAYyj


207 :ひまだよ とむ:2006/12/30(土) 17:36:00 ID:WwA0Ae7x


208 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:37:15 ID:y8PBAYyj

  治療教育の基本的観点 
  
  治療を必要とする子供の本質 

  
  診断の基準  

  心と体の多様性とその統一  
  
  遺伝体と個性体 
  
  肝臓と意思  

  カルマの洞察   

  (ぶっちゃけ、東洋医学と西洋医学、キリスト教と

  仏教の思想と科学と伝統を混ぜたようなものであることが解る。)

  「「愛する皆さん、私たちの周囲には、

  不完全な発育段階に留まり続けている子供が大勢います。

  そういう子供たちも良い教育を受けねばなりませんし、

  可能な限り正しい治療を施さねばなりません。、、、」」  


209 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:37:55 ID:y8PBAYyj


210 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:39:16 ID:y8PBAYyj


211 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:39:55 ID:y8PBAYyj


212 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:40:44 ID:y8PBAYyj


213 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:41:55 ID:y8PBAYyj
  
  「「発育不全の子供の場合にも、その魂の営みの中に認められるものを

  症候以外のものと考えてはなりません。いわゆる心誌法も症候学に

  他なりません。今日の精神病理学は、魂の異常現象を思考と感情と意思に

  従って記述しておりますから、その限りでは、精神病理学が遂げた

  進歩は症候複合の正確な記述において出会って、それ以上に心誌を超えて、

  病気の本質に迫ることが出来ないのです。

  私たちは病気の本質に深く入って行かねばなりません。、、、、」」

214 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:42:31 ID:y8PBAYyj


215 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:43:20 ID:y8PBAYyj


216 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:44:01 ID:y8PBAYyj

  「「ここで人間存在全体がどのような発達を遂げていくのか考えて

  見ましょう。人間の発達にとって何が、障害になるかを考えますと、

  最初の7年間では、遺伝上の欠陥が問題になります。

  本質的には遺伝上の欠陥だけが、考察の対象になるのです。

  けれどもこの欠陥を

  今日の科学のような恐ろしい仕方で考察することは許されません

217 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:44:37 ID:y8PBAYyj


218 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:45:20 ID:y8PBAYyj


219 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:45:56 ID:y8PBAYyj

  遺伝上の欠陥は偶然の結果ではなく、カルマによる必然なのです。

  私たちが代々欠陥を持っている身体を選ぶのは、

  私たちの霊界における知識不足によるのです。したがって、

  欠陥のある遺伝体が存在するところには、

  既に、受胎以前に、人体組織に対する認識不足があったのです。

220 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:46:37 ID:y8PBAYyj


221 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:47:14 ID:y8PBAYyj


222 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:47:44 ID:y8PBAYyj

  私たちは地上に受肉する以前に、人体組織をまったく

  正確に知っていなければならないのです。

  そうでないと霊界から正しい仕方で降りてくることが出来ず、

  最初の7年間に生態を正しい仕方で発達させることが出来ません。

223 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:48:22 ID:y8PBAYyj


224 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:49:01 ID:y8PBAYyj


225 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:49:33 ID:y8PBAYyj

  死から新しい誕生までの間に獲得される生命体の知識は

  今日の生理学や組織学を通してかくとくされる物質体についての

  知識に比べれば、まったく計りがたいほどに大きいのです。

226 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:50:05 ID:y8PBAYyj


227 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:50:38 ID:y8PBAYyj


228 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:51:13 ID:y8PBAYyj

  それに比べれば、生理学や組織学の知識は無に等しいとさえいえます。

  けれども、霊界で獲得される私たちの知識は、

  受肉の過程の中で忘れられてしまいます。

  なぜならそれらは体内に没入してしまい、

  感覚を通して外界の認識に役立たせられることがないからです。

229 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:52:09 ID:y8PBAYyj


230 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:52:46 ID:y8PBAYyj


231 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:53:27 ID:y8PBAYyj


232 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:54:01 ID:y8PBAYyj

  この知識は実際計りがたいほどまでに大きいのですが、

  もし、私たちが地上生活の中で、周囲の環境に対して

  何も興味をもてなかったり、興味があってもそれが

  妨げられてしまったりした場合には、

  その知識は損なわれてしまいます。考えてみてください

233 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:54:34 ID:y8PBAYyj


234 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:55:20 ID:y8PBAYyj


235 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:56:16 ID:y8PBAYyj


236 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:57:06 ID:y8PBAYyj

  ある文明社会が人々を特定の空間内に閉じ込め、

  朝から晩までその中にいて、外の世界に対して興味をもてなくさせて

  いるとします。そのような文明は、その結果どんな影響を人々に

  及ぼすでしょうか、外界の認識が閉ざされてしまうので、

  誰かがもしこのような状態で死を迎え、あまりにも不用意に霊界の

  中に入っていきますと、人体の生命組織を学ぶ
  
必要な全てが霊界に用意されているにも関わらず、

  それを受容することが出来なくなるのです。

237 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:57:40 ID:y8PBAYyj


238 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:58:14 ID:y8PBAYyj


239 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:58:49 ID:y8PBAYyj


240 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 17:59:58 ID:y8PBAYyj

  その結果、再び地上に降りてくるとき、周囲の環境との関係を

  深めることが出来た人よりも、人体について

  はるかに乏しい知識を持って生まれてくるのです。

  しかしこのことは、別の面から見ることも出来ま

241 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:00:37 ID:y8PBAYyj


242 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:01:15 ID:y8PBAYyj

  皆さんがこの人生を生きるに際して、たとえば1日を過ごした後で、
  
  その日はたいした日ではなかったと考えるとします。

  確かに通常の意識にとっては、たいしたことはないかも知れません

  しかし通常の背後に働く潜在意識から見れば、

  それは決してたいしたものでなくはないのです。

243 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:02:26 ID:y8PBAYyj


244 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:02:56 ID:y8PBAYyj

  なぜなら皆さんが1日だけでも、この世をいつもより正確に

  観察できたならは、それだけでいつもより

  人間の内部を霊界で認識する為の条件が出来たことになるからです。

  この世における外界はあの世における霊的な内界なのです。

245 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:03:31 ID:y8PBAYyj


246 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:04:20 ID:y8PBAYyj


247 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:04:51 ID:y8PBAYyj

  さて、この世で外界から閉ざされた生き方をしている人はすべて、

  いつかは人体組織について知識不足なままに、

  この世で降りてくるでしょう。その人々はそうで

  なければ妊娠するはずが無かった親を選ぶでしょう。

248 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:05:34 ID:y8PBAYyj
www疲れたrrr

249 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:06:14 ID:y8PBAYyj


250 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:06:48 ID:y8PBAYyj

  悪い身体しか提供できない人が親として選ばれ、

  その一方では良い身体を提供するはずの人が不妊の状態を続けます。

  実際、霊界からの下降に際してどのような人間が再び生み出されるかは、
  
   時代の発展全体にかかっているのです。

251 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:08:06 ID:y8PBAYyj


252 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:08:36 ID:y8PBAYyj
私たちは子供を見るとき、

  その子の中にどんな前世の影響が現れているかを見なければなりません。

  遺伝的に病んでいる諸器官をなぜその子が選んだのか、

  更に発達が不完全な個性を持ったその子がなぜそのような

  不完全な身体に働きかけるかを理解しなければなりません。



253 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:09:22 ID:y8PBAYyj


254 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:10:08 ID:y8PBAYyj


255 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:10:50 ID:y8PBAYyj


256 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:11:47 ID:y8PBAYyj


257 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:12:32 ID:y8PBAYyj


258 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:13:06 ID:y8PBAYyj


259 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:13:54 ID:y8PBAYyj


260 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:14:40 ID:y8PBAYyj


261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 18:15:51 ID:y8PBAYyj


262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 18:16:36 ID:y8PBAYyj


263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 18:17:06 ID:y8PBAYyj


264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 18:17:47 ID:y8PBAYyj


265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 18:19:12 ID:y8PBAYyj


266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 18:19:45 ID:y8PBAYyj


267 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:20:26 ID:y8PBAYyj


268 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:21:43 ID:y8PBAYyj
重度の精神病者と言われている誰かを目の前にして、

269 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:22:43 ID:y8PBAYyj
皆さんが現在なされているような仕方で心理的描写を、

270 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:23:42 ID:y8PBAYyj
つまり、徴候の記述をするとします。

271 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:25:18 ID:y8PBAYyj

  現在通用している見方からすれば、その人はあらゆる

  種類のばかげたふるまいをします。

272 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:26:36 ID:y8PBAYyj
今日の人は、その場合何が問題なのかをぜんぜん考え様とはしません。

273 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:27:46 ID:y8PBAYyj
何も反省しないのです。いいですか、その場合問題は次の点にあるのです。

274 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:28:41 ID:y8PBAYyj
全く狂ってた生き方をしている誰かは、

275 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:29:17 ID:y8PBAYyj
それゆえにこそ前世において、

276 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:30:00 ID:y8PBAYyj
非常に重要な人物であった可能性、

277 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:31:00 ID:y8PBAYyj
天才的な一生を送った人である可能性があるのです。

278 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:32:09 ID:y8PBAYyj
そのような天才的人物がこの前の前の人生であったとします。

279 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:32:46 ID:y8PBAYyj
そして、その次の人生において、

280 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:34:04 ID:y8PBAYyj
その人は、比較的若い時期に牢獄に閉じ込められてしまい

281 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:35:08 ID:y8PBAYyj
ぜんぜんこの世と関係を持つことができなくなってしまったとします。

282 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:36:16 ID:y8PBAYyj
そのような人は、牢死して霊界で生き続け、そして今、

283 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:37:44 ID:y8PBAYyj
狂った人間となって再び地上に現れてくることがあるのです。

284 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:39:15 ID:y8PBAYyj
彼の地上生活が完全に肉体とエーテル体の体験をしていなかった為に

285 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:40:09 ID:y8PBAYyj
その体験内容を十分に消化できず、

286 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:41:10 ID:y8PBAYyj
人体の内部組織について無知なまま、

287 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:41:56 ID:y8PBAYyj
地上に受肉してきたのです。

288 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:43:34 ID:y8PBAYyj
その人は、自分の肉体とエーテル体にかかわりが持てずに

289 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:44:31 ID:y8PBAYyj
その外に止まっています。

290 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:45:12 ID:y8PBAYyj
肉体を使用することが出来ないので、

291 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:45:43 ID:y8PBAYyj
今、狂っています。

292 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:46:35 ID:y8PBAYyj
私たちがその肉体とエーテル体から目をそらして、

293 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:47:58 ID:y8PBAYyj
その、アストラル体と自我だけに目を向けることが出来るなら

294 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:48:32 ID:y8PBAYyj
彼が何者であるか、

295 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:49:28 ID:y8PBAYyj
どのようにそのような生き方をするのかが理解できるようになるのです。

296 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:50:09 ID:y8PBAYyj









297 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:50:44 ID:y8PBAYyj


298 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:51:23 ID:y8PBAYyj
ある非常に頭のいい人がいたとします。

299 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:52:13 ID:y8PBAYyj
けれども、その人は時計に修理をしたことはありません。

300 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:53:03 ID:y8PBAYyj
あるとき彼は止まってしまった時計を

301 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:53:50 ID:y8PBAYyj
自分で修理しなければならなくなりました。

302 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:55:02 ID:y8PBAYyj
彼は、時計を直す代わりに、時計を完全に壊してしまいました。

303 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 18:56:16 ID:y8PBAYyj


304 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 19:07:04 ID:y8PBAYyj


305 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 19:08:02 ID:y8PBAYyj



306 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 19:08:57 ID:y8PBAYyj

  どんなに頭のいい人でもこうしたことはおこります。頭が悪いから

  ではなく、生じうる様々な可能性が見通せなかったために、

  そのような失敗をしてしまったのです。それと、

  同じように霊界から地上に降りてくるに際して、天才的な人物が

  その天才性にもかかわらず、受肉に失敗してしまうことがあるのです。

  ただ、その失敗は短期間だけのことではなく生涯全体にわたるのですが。




307 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 19:10:47 ID:y8PBAYyj

  このことは、いわゆる狂気となって現れる全ての事柄を

  細部にいたるまで愛を持って

  見つめることを求めています。

308 :以下、治療教育講義:2006/12/30(土) 19:11:48 ID:y8PBAYyj

  、、、、、、、。

309 :あーつかれた:2006/12/30(土) 19:12:40 ID:y8PBAYyj


  、、、、。

310 :、、、ふーうwww:2006/12/30(土) 19:15:31 ID:y8PBAYyj
  、、、さてと、、、、。

               ./" ̄ ̄"''ヽ       _,, -‐- ,,_
        ./ ̄"ヽ    i        |     /
     / ̄'',!-、bi |   ./¨ヽ {0}   .|    /
     ,!-、bヽニ   .',  i_,.ノ      .|   /¨`ヽ  {0}
    ヽニ,  ,'  /´ \ `‐-    _,,,,..|  i__,,.ノ
     l´  >、_/    \__,>、,r'''"   |   `ー-
    . l   l /      /〈 ー'      ヽ   |
     l   ノ l .l    / /        l,r‐';"´〉  ,r'",r''"
    l,--、l / l     ,l     /     / 〈 /'-'フ" <
_,r=='  ノ`〉 l   / /    /      l   ヽl/"''''''''"
_,r‐'"  / 〈  l''''''フ´ l    /      ノ   l/ /
‐‐''''フ"  ,r''l_,.ノ/  .(    ./     /   / /





311 :シュタイナーはここまで。:2006/12/30(土) 19:17:11 ID:y8PBAYyj
まず、シュタイナーの思想の概要を列挙していって見ることにします。

  深追いせず、軽く読み飛ばすことをおすすめします。

  日本の思想では、近代まで、人間を、体、心、魂の3つに分けていた。
  東洋医学の分野では現在でも、人間を、精、気、神、の分け方、
  ギリシアでは、ソーマ、プシュケー、プネウマ
  ここで、シュタイナーは、人間を、身体、心魂、精神の3つに分類し
  更にその3つを3つに分けて
  物質体、生命体、感受的身体、感受的心魂、悟性的心魂、意識的心魂
  精神的自己、生命的精神、精神的人間、  又は、物質体、生命体(気)
  アストラル体(念)、自我(記憶)  とした。
  


312 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:19:01 ID:y8PBAYyj
wwwwwwwwwwww物凄く眠くなってきたrrr

313 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:20:44 ID:y8PBAYyj

  下よしこなど宗教家たちは奇形児についてどうおもっているか? 

  連中のほとんどが金で動くと占い実践板では報告されている。

  又、精神医療の実態もわかると同時に、

  宗教の実態も明らかになっていることを意味するはずだ。



314 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:22:31 ID:y8PBAYyj

  一部の重度の精神病にかかった経験があるか、

  霊的教養あるものは、恐らくシュタイナーの言っている事は

  大方間違えないとお分かりいただける人もおられるかも知れません。



315 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:23:05 ID:y8PBAYyj


316 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:24:24 ID:y8PBAYyj
マジで眠いwww

317 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:25:06 ID:y8PBAYyj

  水頭症で頭が腫れあがってゴミ箱に頭突っ込んでじゃがいもの皮を

  食べていた。奇形児を特別な仕方で教育したら、奇形が治ったと言う。

  その後、医者になって戦争に駆り出され戦死したそうな。
  
  グロ板の画像や、美学、醜学、実体学の醜学に関するものにおいて、

  奇形児は基本的にビフォアとアフターの視点で眺める必要がある

  と言う事は可能である。

318 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:25:45 ID:y8PBAYyj
     デスマッチの始まりじゃああああ

319 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:26:27 ID:y8PBAYyj


320 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:27:43 ID:y8PBAYyj

  さてと、まあ、こういうシュタイナーのエピソード

  はいいとして、では、なぜ奇形児が生まれるかを、

  もっと根本的に突っ込んで問うて見よう 

321 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:28:28 ID:y8PBAYyj


322 :アヒャヒャヒャ、、。:2006/12/30(土) 19:29:51 ID:y8PBAYyj


                , -'"´  ̄`丶、_
               ,.∩         `ヽ
             〃∪'´ ̄`二二人\  ヽ
             | ツ´ ̄ ̄ ̄ ̄´ ヾ ヽ. ',
             |ノ{ ,ニ、   , - 、 | | | l |
             | ハ ィハ     ,二ヽ. | | | | |
             | | | }ト'}    {トヽ〉 /)} l |
             | ハ"´、'_, ,,ヾノ 厶イ川|      
               ァへ/\     , ィ´ ̄`ヾ、||ヽ、__ノ
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/   ヽヽ__ノ
             / _L.__/__   V- 、     ! }`ー
          ,′  ̄ ` ー 、 __ ``'′  \ /
           l           `ヽ、  ,/  |
            ` ー┬─ ァ- 、  、 トJ,ィ<     l
               /j.  /    `ヽ_y'^'´ l ヽ  /
            / ハ__/     /     l  '、 !
             ,' l. l/ `ヽ、_/     l.  l'′
           l  |,/     ,イ       |  l
          l,/{   /! l      |  /
           / <ヽ` ーチニ′ |     ,ノ! /
          /   `′/−'´  |─− ´ 〃
       {     /ヾ     !    /
        ` − ´   ヽ _ ,ノ__ - ´





323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 19:31:13 ID:y8PBAYyj
    /  {                     ヽ
   ./  .∧  、 ゝ、_        f⌒ヽ     }
  /   / ヽ ト、\ー‐= ̄ ̄`丶、,イ f__ ',   |    
  /   |   `ーゝ    ,.ニ_     /ヽ!ゝ }|  ゝ  
  {イ  |          /´ __.  /     リ |   }   r-- 、_ ,  -───--
  |   ',         /./,=ミく       _,ハ、rィ^ァ'^フ'   /´
  ゝ!   \   、 Lノ/ 〈 ゝノ.ノ        ヽ   / /   /_      _
   \ト、 {. 厂>y‐ゝ_二/        |  ./ /  /´        `丶、
      ` `ーァ'´「{ )i        -、   | / / /             \
        ヽ _/゙!  ,..     ノ}    | /  レ'
            ヽ  ̄    //      |/  j
            `ヽ、 ∠/,     ノ/  /
              \        /./   |
                     `丶_  /゙ト/   ∧
                    ̄  | ヽ、_/,イ



324 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:32:00 ID:y8PBAYyj


325 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:33:05 ID:y8PBAYyj

  その前に、まず、ここで、本来の模範となりそうな、

  通常の教育や継承はどんなものか? 細木を引っ張ると面白いことが解る。
   
   しかし、そのまえに突っ込んでおく事がある。       
  


326 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:35:43 ID:y8PBAYyj


327 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:36:32 ID:y8PBAYyj


328 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:37:02 ID:y8PBAYyj


329 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:38:06 ID:y8PBAYyj


330 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:39:42 ID:y8PBAYyj
   
   遺伝、親の健康、公害、子供個人によるもの、

   それぞれ、意味が違うのはお分かりいただけるだろう。

    正常な状態から、公害や放射能によるものは外的環境による

   原因であって、本人自身によってなったものではないものや、

   ハンセン氏病のようなきっかけでなったものの類の後天的なもの、

   は精神に異常はないものもある。ここで、病人の扱いの問題、

    人権の問題は指摘される

331 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:40:58 ID:y8PBAYyj


332 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:42:02 ID:y8PBAYyj


333 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:44:19 ID:y8PBAYyj


334 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:45:17 ID:y8PBAYyj


  治療教育講義や世界最強の危険リンクの某ホームページを見られた方は、

  遺伝によってなったものは、精神に異常を来たしたものから別に異常

  ではないものまでいろいろあるのはおわかりだと思われる。

   危険リンクや治療教育講義に見られるように、親の健康によってなったもの

   は、妊娠時にタバコを吸いすぎたりするような原因のものがある。

   しかし根本的にその子供自体の精神の異常による問題の奇形もあるのだ。

   奇形→ 肉体の異常のみ  肉体と精神の異常  先天的なものと後天的なもの



335 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:45:57 ID:y8PBAYyj
奇形児とそうでない普通の人とはどう異なると考えられるだろうか。



336 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:47:09 ID:y8PBAYyj
人間の人生は、生まれ、育ち、学び、働き、生み、育て、適応して一生を終えるものである。

337 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:47:48 ID:y8PBAYyj


338 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:48:29 ID:y8PBAYyj

   
  肉体的奇形人はハンディキャップを負って、個人的に独立し普通の

  人生を終えるものから保護の中である条件のもとで制限した

   人生を終えるものまで居る



339 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:49:27 ID:y8PBAYyj


340 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:50:02 ID:y8PBAYyj

   精神的にも異常が見られる奇形人は、完全に、保護の中で、

     肉体的にも精神的にも依存して独立することがなければ

   依存したまま一生を終えることになる。



341 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:51:08 ID:y8PBAYyj
より突っ込むと以下のスレッドが展開される。



342 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:54:03 ID:y8PBAYyj


343 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:54:54 ID:y8PBAYyj

  ここで、細木数子の例を持ち出すのが良い。基本的に細木がTVに出場して

  やっている事は、親が子にどうやって教養と遺産を相続させるかと

  言う事をやっている。つまり、継承を扱っているのである。

  宇宙の仕組みという本の中に大方の教養の根本は網羅されていると思われる。
    


344 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:55:34 ID:y8PBAYyj
((宇宙の仕組み))

「宇宙の摂理」

人生   健全さ

男女の本質、男女同権だが、同質ではない。


345 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:56:05 ID:y8PBAYyj


346 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:57:31 ID:y8PBAYyj


347 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:58:29 ID:y8PBAYyj

  男性は行動力、心の本質は理性  女性は守備力、心の本質は感情

  この理と情が結ばれるところに、愛する心が芽生え生み、

  育て、働く、営みの成立、これが結婚、夫婦と言うこと。

  この様様な営みから文化が起こり、代々文化遺産を受け継ぎ発展させ、

  人類は今日の文明社会を築き上げてきた。代々の人間の営みを理解し

  先祖からの遺産を子孫に引き継いでこそ、真の意味で文化人と言える。

  このような男女の営みすべてが子孫繁栄に向けられて行われている。

  この大前提のもとに、全ての世の中の仕組みが生じている。


348 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:59:06 ID:y8PBAYyj


349 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 19:59:48 ID:y8PBAYyj


350 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 20:00:17 ID:y8PBAYyj

  子孫を受けることの無い人は、もう少し大きな視野を持って

  生き方を考えるべきだ。世のため、人のためになっているかが問題。

  それが広い意味で人間が子孫を残すのに役立つことになる。


351 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 20:00:56 ID:y8PBAYyj


352 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 20:02:06 ID:y8PBAYyj

人間としての約束事、



健康であること

心を生かすこと

人間としての常識を知ること。

お金を少し持つこと。

世の人のため役立つこと。


353 :以下、宇宙の仕組み:2006/12/30(土) 20:02:45 ID:y8PBAYyj


354 :以下、宇宙の仕組み:2006/12/30(土) 20:03:22 ID:y8PBAYyj


355 :以下、宇宙の仕組み:2006/12/30(土) 20:04:29 ID:y8PBAYyj
宇宙の仕組み


神界 暗黒神の大神  太陽神 何でも出来る。

仏界 安らぎ

宇宙界 うそ偽りない

自然界

霊界 死後

人間界

地獄界

人間の差の問題。  親としての責任問題。子を育てる責任。 
  
男性の生き方。女性の生き方。


356 :以下、宇宙の仕組み:2006/12/30(土) 20:05:20 ID:y8PBAYyj


357 :以下、宇宙の仕組み:2006/12/30(土) 20:05:55 ID:y8PBAYyj
   方位学 風水

   運命を変える、  因果の法則、  運命と占術の意味
 
      六星占術


358 :以下、宇宙の仕組み:2006/12/30(土) 20:07:13 ID:y8PBAYyj


359 :以下、宇宙の仕組み:2006/12/30(土) 20:07:56 ID:y8PBAYyj
宗教は 神教、仏教、キリスト教、イスラム教、ヒンズー教、等

360 :以下、宇宙の仕組み:2006/12/30(土) 20:08:57 ID:y8PBAYyj

  先祖供養を行うのは仏教  

  釈迦の仏教→中国→日本

  神の崇拝と仏教の崇拝の神仏戦争が起きて

  仏教徒が勝って聖徳太子が元祖となった。


361 :以下、宇宙の仕組み:2006/12/30(土) 20:09:53 ID:y8PBAYyj


362 :以下、宇宙の仕組み:2006/12/30(土) 20:11:23 ID:y8PBAYyj
釈迦は神界、菩薩同、正しい心の道、人間の心が

神の位まで高められた人を如来(にょらい)と言った。先祖供養はない。 

孔子は先祖供養の道、「先祖は手厚い霊廟(れいびょう)の祭事を受け

子孫よくこれを保つ。」 本来は、宗教と先祖供養はまったく別だが、

宗教に先祖供養が取り入れられた。宗教と先祖供養の違いを知って、

やっときちんとした先祖供養のあり方、先祖の霊を慰め喜ばせる方法を

理解できる素養を身に付けられたと言うことが出来る

363 :以下、宇宙の仕組み:2006/12/30(土) 20:12:03 ID:y8PBAYyj


364 :以下、宇宙の仕組み:2006/12/30(土) 20:13:35 ID:y8PBAYyj

先祖は、誰がどう祀るべきか  先に亡くなった肉親を先祖と言い、

生きている子孫が祀って、初めて先祖の供養が出来る。  

生者は、先祖とのかかわりを明確にするために自分自身の氏素性と

自分の置かれた立場を知る必要がある。系図に基付く。

正しい仏壇の祭り方。 

開眼供養を行う。 花 線香 ローソク お供えの和菓子 水とお茶、、、等等、、。
  
正しいお墓の立て方。 水子 養子縁組  色々  骨のこと、、など。


365 :以下、宇宙の仕組み:2006/12/30(土) 20:14:07 ID:y8PBAYyj


366 :以下、宇宙の仕組み:2006/12/30(土) 20:15:19 ID:y8PBAYyj
日本の中の神様  自然界の大神 天照大神様   近世人間史の大神様 

367 :以下、宇宙の仕組み:2006/12/30(土) 20:15:59 ID:y8PBAYyj

  とん、 人の物を何でも欲しがる心根の卑しきもの

   じん  真理を見抜く心を失い、正しい生き方の解らない迷いの心根を持つ者。

   ち   無知 世間知らず


368 :以下、宇宙の仕組み:2006/12/30(土) 20:16:39 ID:y8PBAYyj
暦学 安部清明の陰陽道 

369 :以下、宇宙の仕組み:2006/12/30(土) 20:17:20 ID:y8PBAYyj

「人間の生き方」

幸せを得るための生き方の基本

生命を養う 食の意味 常識としての作法→言葉を話す。身だしなみ   仁 義 礼 智 信


370 :以下、宇宙の仕組み:2006/12/30(土) 20:17:52 ID:y8PBAYyj


371 :以下、宇宙の仕組み:2006/12/30(土) 20:19:20 ID:y8PBAYyj

 、

372 :以下、宇宙の仕組み:2006/12/30(土) 20:19:54 ID:y8PBAYyj


373 :以下、宇宙の仕組み:2006/12/30(土) 20:21:18 ID:y8PBAYyj



374 :以下、宇宙の仕組み:2006/12/30(土) 20:22:28 ID:y8PBAYyj
君子とする子の、あり方、 子供は両親の間にあって、

一心に愛情を受けて育ちます。そして、両親をはじめ祖父母や

兄弟姉妹の中で助け合いともに喜び、時には喧嘩をしながら

毎日を送ります。このように家族が大勢いるほど、

人間関係のすばらしさ、難しさが学べ、社会の一員として生活して

いくための基本が実につけられる。 日々接していく中から、

その子の特質を見抜いて、それを伸ばせるような道を与えてあげること。

そして、学問を理解していくための、基礎となる部分を

躾として養ってあげること。
 

375 :以下、宇宙の仕組み:2006/12/30(土) 20:23:01 ID:y8PBAYyj


376 :以下、宇宙の仕組み:2006/12/30(土) 20:23:45 ID:y8PBAYyj
君子とする子の、学問の授け方、 個の人間性を生かせる

仕事に従事させる学びをさせるのが本道。

377 :以下、宇宙の仕組み:2006/12/30(土) 20:24:29 ID:y8PBAYyj


378 :以下、宇宙の仕組み:2006/12/30(土) 20:25:16 ID:y8PBAYyj
家族の中での人間関係、それぞれの役割、助け合い、学び、本能を生かす。  

夫婦とは、「相愛し、相信じ、相敬し、相親しむ


379 :クソ 眠い:2006/12/30(土) 20:26:47 ID:y8PBAYyj
人間の寿命→3百歳まで生きる超人に達する学び 超人の定義 心得



380 :クソ 眠い:2006/12/30(土) 20:27:41 ID:y8PBAYyj


381 :クソ 眠い:2006/12/30(土) 20:28:15 ID:y8PBAYyj
有意義な時間の使い方。

習慣の定義 挨拶や歯磨きお参りお供えなど。

知性と学問 

指導者の資質 教化のこと。包容力や統率力 幅広い知識



382 :クソ 眠い:2006/12/30(土) 20:29:01 ID:y8PBAYyj


383 :クソ 眠い:2006/12/30(土) 20:29:33 ID:y8PBAYyj
社会の仕組み」

社会とは何か  社会は人間の集まり。

国家という社会 カルチャー 伝統、民族   

男性がかかわる社会 経済力を身につけて妻子を養うこと

女性がかかわる社会 男性の補佐


384 :クソ 眠い:2006/12/30(土) 20:30:22 ID:y8PBAYyj
法のあり方 真面目に正しく生きている者が安心して暮らせる

世の中にするため、法が必要      

医学をめぐる法案   女性をめぐる法案、、に関して



385 :クソ 眠い:2006/12/30(土) 20:31:14 ID:y8PBAYyj
経済の根本概念  

必要なものを手に入れるためにお金と物を流通させる社会の仕組みが経済。

386 :クソ 眠い:2006/12/30(土) 20:32:05 ID:y8PBAYyj


387 :クソ 眠い:2006/12/30(土) 20:33:18 ID:y8PBAYyj
仕事をすること。経済の基本は仕事。 

企業は人なり。

不況問題。不況の行方について、、、、。


388 :クソ 眠い:2006/12/30(土) 20:35:13 ID:y8PBAYyj
  バカヤローwww、、マジねむてー、、、。

                _ -‐- 、 _
            ,. r−<、/ ̄`ヽ、   `\_
             ||/         ̄ ヽ  ヽ`\
          , -〉′'     l       \  \ ! ,ハ
        / / , ,′/ ,ィ|', ヽ,  i \  , V ∠ _
        // 1 ,' l  | 」_|∧ '、 i  |ヽ. _, 、 i , 仏ヽ、
        ! / j , |j |´/ ,ゝ、| 、 |ヽ,、<\| |∨ i
   , - 、   j/ 〈 / ∧/ / ! ヒメヽヾT´ヒソ ノ レハ|' i  l
   {  }     { /  八)     r  `     _少′!  |
    l |      !  ,′, \  t- −1   /′i  U |
  , ┤ !、    | ,' / _」ヘ、|  / ,.ィ' l   l  U |
 (      \,、 -‐v'ニ、 ̄ \ くl`ー '´ |\l   l  U |
 |ヽ  い'   _ 、イ \ ヽ   \ \  ´冫 > 、!   !  |
 l\辷 イー ´  | h ) !     >ヘ./∠、   \!  |
  ` ー ' \._   ! ゝ  ト、  〈_i_/ハ\_〉    > |
        |    ̄7    i ヽ   ! /  !|  ,' ,ハ |





389 :クソ 眠い:2006/12/30(土) 20:36:09 ID:y8PBAYyj


390 :クソ 眠い:2006/12/30(土) 20:37:01 ID:y8PBAYyj
政治のあり方。  法律や経済を大局からつかさどる。

政治は国家の全ての業務行事、まつりごと、を治めていく

行政のあり方。政治家の資質 省庁 「省く」

大蔵省 国家の台所 公平に無駄なく予算を算出する。

建設省 国造り

文部省 国家の文化を育てそれを守る。

厚生省 国民の生命にかかわる重要な仕事 食物の検査 医療 社会福祉

法務省 国家の治安を守る仕組み



391 :クソ 眠い:2006/12/30(土) 20:37:49 ID:y8PBAYyj
マスコミ 報道の自由

自由とは、 約束事を守る前提 定めた掟、約束事をきちんと学び、

それを守って生きる人のみ許された権利。

精神の自由  肉体の自由



392 :クソ 眠い:2006/12/30(土) 20:38:31 ID:y8PBAYyj
「国家について」

国家の繁栄  教育指導にあり。



393 :クソ 眠い:2006/12/30(土) 20:39:18 ID:y8PBAYyj
世紀末を迎えた日本のあり方。

日本の未来。


394 :クソ 眠い:2006/12/30(土) 20:39:55 ID:y8PBAYyj
。、

395 :クソ 眠い:2006/12/30(土) 20:41:16 ID:y8PBAYyj
指導者のための宰相学 心得 哲学 資質を見抜く

外交の心得日本の代表者、日本の顔 相互理解 共存共栄

世界の人種の問題。 その国の持つ民族の文化、生活、その民族の本質、

実体を学び互いに敬意をはらう。

世界平和 国連は機能していない。  真心で話す。

国連のあり方。

戦争の持つ意味 戦争の様様な動機  

譲歩しようがない主張  民族の名誉を守るとき。 経済問題に関するとき。

 宗教を守るとき。  国土を守るとき。



396 :クソ 眠い:2006/12/30(土) 20:42:12 ID:y8PBAYyj
「心のあり方。」

青少年、少女のあり方。 青年は鍛える。、躾


397 :クソ 眠い:2006/12/30(土) 20:43:41 ID:y8PBAYyj
活学 学んだことを実践して活かす。

知識とは、欲しい情報を迅速かつ的確に手に入れる能力

見識 見聞を広めること。世の中を出て旅をする。ことが一番

たんしき とは どんな事態が起きても微動だ似せず、正しい精神でことを選び、

切り開くこと 知識と見識をふかめてかのうとなること

中庸道の学び バランス


398 :クソ 眠い:2006/12/30(土) 20:44:18 ID:y8PBAYyj


399 :クソ 眠い:2006/12/30(土) 20:45:25 ID:y8PBAYyj



400 :クソ 眠い:2006/12/30(土) 20:45:58 ID:y8PBAYyj
易変える 変わる (おさめる)易「か」 かえることができるから 
変わるのであって (易)変わればそれをよくおさめる
占いは、人間の持つ運命を予言するものですが、それは、
その人次第で運命が変わる。
人間の運命は転地自然と深いかかわりがある。
生命について 人間が生きることは 生命を維持すること

時間とは、約束、約束事と言うこと 古代中国発祥 天文学 暦 太陰暦から太陽暦

生命の養い方、 ひとそれぞれ、体力同様 強弱がある。 生命の鍛えかた。善悪 健康



401 :クソ 眠い まだ続くのかよww:2006/12/30(土) 20:47:09 ID:y8PBAYyj


402 :クソ 眠い まだ続くのかよww:2006/12/30(土) 20:47:47 ID:y8PBAYyj
真の健康
思考力を養う 健康な身体を持つと 考え方も健康になる。
行動力を養う。心で感じて思考力が働き、それが行動を呼ぶ

金縛りについて 浮幽霊がはいりこんでかさなってくるしいじょうたい
 
供養関係の活動の必要

心と脳の仕組み 頭脳と心は違う



403 :クソ 眠い まだ続くのかよww:2006/12/30(土) 20:48:23 ID:y8PBAYyj


404 :クソ 眠い まだ続くのかよww:2006/12/30(土) 20:49:12 ID:y8PBAYyj
「心を知る方法」


人間の本質と実体 人間の本質、実体は、人間の内面心の奥底のこと

人間の持つ本質 善と悪

人間の持つ実体 善悪がはっきりと表面に現れた人間の姿。

本質実体を養うには 客観的な視点に立つ。

幸と不幸 陰と陽

心の中に棲まうもの  執着 深層心理

節度を保つ 欲を抑える。

意識について  意識は生に直接結びついている 心を養う



405 :クソ 眠い まだ続くのかよww:2006/12/30(土) 20:50:40 ID:y8PBAYyj
夢を見る意味  意識の奥にあるもの

人間の持つパワー 正しく持った心のあり方を 実行する意思のこと

人間の持つ業 その人の人間性を問うようなよくない性質をあらわす言葉。

楽しみとは 楽しむ 喜ぶ 遊ぶ 精神の健全を保つリラックス

度を越さない。不快感をもたらさない。

たましいの実体と本質

霊しいの実体 人魂 燐

たましいの本質 心臓に宿る酸素の塊 人間のエネルギー



406 :クソ 眠い まだ続くのかよww:2006/12/30(土) 20:51:24 ID:y8PBAYyj
たましいの養い方 環境の問題。
心とあらたま たましい あらたまはたましいが上昇した姿。
人間の持つ特について 得 得質生まれながらに備わっている得分

得性 よい面

得力自分自身で学び修行してとくの力をつけていくことで得性特質を

自分の力によって完全にいかせる力



407 :クソ 眠い まだ続くのかよww:2006/12/30(土) 20:52:28 ID:y8PBAYyj
観察力の養いかた 目で読める性格 声でわかる心 

顔でわかる心のありかた

皮膚で読める病気 

相続について 個人の死を悼み、つつしみをもってことにあたり、

個人の生前の志をきちんと受け継いだ上で金品や地位をまもる

相続した財産の使い方 使い方で運命はかわる。


408 :クソ 眠い まだ続くのかよww:2006/12/30(土) 20:54:04 ID:y8PBAYyj
人格について

お金の使い方で解る人格

ひまな時間をどう使うかで解る人格 お酒の飲み方で 約束事を守る。

信用とは、 その人に身についた財産 絶対にうそはつかない 

約束事はきちんと守る。 常に責任を持ってことにあたる。

神経とは、 生 生きていることにつながる。正常異常過敏 無神経衰弱

六星戦術のこと→占い関連板でやってるよ


409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 20:54:53 ID:y8PBAYyj


410 :画像無しの奇形児スレですね  :2006/12/30(土) 20:56:54 ID:y8PBAYyj
奇形児はぶっちゃけ  ここの保護の世界のみの領域では、

細木の六星は破綻している。教養の継承以前の領域であり、

ある意味科学や宗教、芸術より、もっと深い領域の問題なのだ。

ここでは、家計だとか、先祖だとかいうもの以前の問題となる。
  


411 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 20:58:08 ID:y8PBAYyj
  

  ちょっと休む、、m(。。)m

412 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/31(日) 01:56:45 ID:Dxq5drH2
,


413 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/31(日) 01:57:30 ID:Dxq5drH2
,

414 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/31(日) 01:58:04 ID:Dxq5drH2
,


415 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/31(日) 02:58:29 ID:Dxq5drH2
.


416 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/31(日) 03:02:29 ID:Dxq5drH2
.

417 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/31(日) 03:04:11 ID:Dxq5drH2
もう一回、寝まつ  m(..)m

418 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/31(日) 08:15:02 ID:Dxq5drH2
      ここから先は、来年にすることにします。

      ,.-‐''^^'''‐- ...,
    ; '          ヽ  
   .;'           ミ 、、、
    ;    ノ)ノ)ノノ)人ヽ)
    ; .,,  ノ ,.==-    =;   ☆
   ( r|  j.  'uー、  ,,.=f ∠
    ': ヽT     ̄  i  }         ___×
    ノ . i !     .r _ j /         \〜〜/
   彡 | \  'ー-=ゝ/ =ャ =ャ      ノ') |(ヽ
     人、 \   ̄ノ         / /. | |ク
-‐  ̄    ' ーイ ̄ー-- 、     ノ  入.|.|( )





419 :スレ主:2006/12/31(日) 08:33:46 ID:Dxq5drH2
104、107<<既に私が、一通り完了してきた奇形児スレについて知っている人は
お解りいただけるでしょうが、ここから先は、史上最悪スレの内容となります。
ですから、一部の人にしか付いていくことが出来なくても不思議な話ではないですが、
法務関係者、ボランティア関係者、刑事関係者、自衛隊関係者は、必見の領域です。
,..、    /´,!
.      l l ,....、 ! l
_      l/`く ,. V  /
     i' ヽ ヽ、   !         
    l i'    /
.     !       l
      !'´    .!      
      !     i
.      !     .i
.      l        i                ___
      !        i               ,r'´    `ヽ、
      !         i、               j'        ヾヽ、
      !         ヽ          l            ヾヽ
     l.          ヽ          ノ_,... --‐ '''"´ ̄ ̄ ̄`` ー、._
.     !        ヽ  (`ー‐''"´ ̄_,. ---、......____           ヽ
.      i          i  ヽ、    r'_,.   _ー‐  `l ー 、_       ヽ
.        i            l     ヽ、 l-‐r'   ̄` ー  ,!..._,r‐‐、       .!
       l            ヽ      `ー! (  _ i、       r i !      ,!
       !           ヽ     l j jiiiiiiiiiii、       イi     ,..イ
         ヽ             ヽ、   .l jil''""ヾlli. i    `´ ll!..-‐' ´
            ヽ             ` ー、.ヽ" !、__,ノ ゛ !        !
             ヽ            ,..l ,ー‐'  ./       .ト-、
              ヽ          r'´ l´ i  ノ   /     ソ !、
              ヽ        ,r'   _,..ゝ、  _,.-'´     //  `ヽ、_
             ヽ     ,r' _,ィ'´   l -二      ,r',r'       ,r'´ヽ、
               ヽ、 ,r',..-'´/´    、_,.. -    ,r',r'       r'´``ー、 ヽ、




420 :スレ主:2007/01/01(月) 10:49:47 ID:l4WGcLO4
511 :m(。。)m :2007/01/01(月) 07:52:08 ID:e/uhNSU8
皆さん、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
今、朝っぱらから迎え酒をしておりすw。今年の初詣は行くことは
ないですが、元旦から正直忙しい。散りあえず当直の人お疲れさんです。




421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 11:31:36 ID:Xr/4gQSV
なんだこの意味不明なスレは

422 :スレ主:2007/01/02(火) 16:26:37 ID:ZLplHHKw
   ∩___∩
   | ノ      ヽ/⌒) あばばばばばば
  /⌒) (゚)   (゚) | .|
 / /   ( _●_)  ミ/ 奇形児スレとテンプル騎士団スレ、軍事スレ 
.(  ヽ  |∪|  /  福祉スレ、犯罪スレ、ボランティアぶっちゃけスレ   
 \    ヽノ /  奴隷スレ、正攻法で性を扱うスレ、受胎スレ、その他の予定のスレが    
  /      / ございますが、私が去年の5月からスレッドをやってから、7ヶ月が経っています。     
 |       /当時私が予定していたのは、テンプル騎士団スレと奇形児スレ   
 |  /\ \  精神医療関係スレのみの予定だけでした。そのうち精神医療スレは    
 | /    )  )来年にする予定でしたが、少し急ぎすぎたかも知れません。今回、      
 ∪    (  \ウィルスと偶然によるパソコンの破損が重なりすぎました。       
       \_)恐らくスキミングであるていどのデーターはどこかに流れてしまっている
ことであると思われます。自分の余裕が無く忙しすぎて保存する余裕も無く破損した
データーがいくつかございます。従って、私のスレの期間は、そのせいで大幅に延長することになります。
ウィルスの件に関しては、占い板のメンヘラのスレの途中で1回破損していったもの
双葉ちゃんねるのグロ板で1回破損したこと、そして、2次グロ板で2回破損した経験はございます。
ご注意ください。予定としては去年中にスレは完了する予定でしたが、12月に少し予定が
延びるものと判断しましたが、今年に入って更に延びる事になると判断しました。
長すぎても10年、早くて2年の予定です。私は別に法に触れて誰かに罪に問われる
ような覚えは一切ありませんし、今後も注意して進めていく予定です。何か問題が起きても
私は常識的に冷静に対処していくだけのことです。ただ、軍事スレと奇形児スレだけは
一通り、ぶっちゃけると言う形で乱暴ながら、取り敢えず、急いで一発かます予定です。

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 20:05:17 ID:ztnBD264
メーーーーイ!メイメーイ!

424 :てめーコノヤロー:2007/01/03(水) 03:06:47 ID:b/ZRdBuX
503 :鬼丸 ◆ONI/NFl2yg :2006/12/30(土) 08:52:09 ID:0NuFpsbJ
おぅ!めー子!
派手に暴れとるようやのう!
たいがいにしときや!
おてんとう様が許してもワシが許さへんて!


504 :↑ :2006/12/31(日) 07:20:29 ID:GaFYcm0I
かわいいよ、おにまうう、っつかヤクザか警察みたいなことをいうやっちゃなw

わしゃ、警察より、キツイで


505 :鬼丸 ◆ONI/NFl2yg :2006/12/31(日) 08:43:48 ID:SjBx9Vf5
奇形児をネタにして遊ぶんをええ加減やめや!
奇形児とその家族のつらさを思い知れや!!

        クルクル
          _ /lミ ガン
    _, ,_  l /| ̄ l ガン ガン
  ( ゜д゜).. | |. |   | ガン ガン
    ⊂彡☆|_| .|__|))A`)ノ ガン
        .::|/彡 ガン ガン>>504


425 :てめーコノヤロー:2007/01/03(水) 03:07:31 ID:b/ZRdBuX
507 :鬼丸 ◆ONI/NFl2yg :2006/12/31(日) 12:35:01 ID:SjBx9Vf5
ワレ道徳の勉強サボっとったんとちゃうか?

            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::ノ ̄ヘ::::::;―、::::::::::::::::::::::::ヘ
          /:::::::::::;-' ̄     ̄    ̄ヘーァ:::::::::i
          i:::::::::彡              ミ:::::::::::ヘ
          |:::::::メ   ........        ......,   ヾ:::::::::::|
          |:::ノ   /   ヽ    /   ヽ ミ::::::::::|
          |::| /    _       _    ヾ::::::l
          |::|    イ(:::)ヽ     イ(:::)メ    |::::::|
          |ノ i    `ー'ノ i    ヽ` ~    イ::イ
          | j }    ~~  ノ;            い
          ゝ:.:.{: . : .    γ    ,、 )、      i丿
          厶:.:.ヾ : .    ` ''`  ~   ヽ     ノつ
          /i:.:.:.:. : .       ,_    i    /
        /  ヘ:.:.:. : .  i   ハニエ!-!‐ヽ |    ,イゝ、__
      /|     ヘ:.: .  │〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ ノ    /   \:;:- 、 _
    /:;:;:;:;ヽ     ヽ   ! ヾエエEァ´     /      i:;:;:;:;:;:;:;\
  /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ      \  ゝ、:::::::::::  '   ノ       |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヘ
/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ      \        /       /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ       ` ー--― '         /:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ
:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\                    /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;|
:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\                 /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|


426 :てめーコノヤロー:2007/01/03(水) 03:27:57 ID:b/ZRdBuX
82 :鬼丸 ◆ONI/NFl2yg :2007/01/01(月) 19:14:04 ID:9pNt5yf2
お前ら人間たちは死が怖いだろ?
83 :鬼丸 ◆ONI/NFl2yg :2007/01/01(月) 19:17:42 ID:9pNt5yf2
ホントは生まれてくる方がよっぽど怖いんじゃい!
84 :鬼丸 ◆ONI/NFl2yg :2007/01/01(月) 19:25:17 ID:9pNt5yf2
耐えきれぬ苦痛の末に神が用意した褒美が 死 だ
勘違いするなよ
85 :鬼丸 ◆ONI/NFl2yg :2007/01/01(月) 19:29:06 ID:9pNt5yf2
肉体という牢から解放されるんだからな!
87 :鬼丸 ◆ONI/NFl2yg :2007/01/01(月) 19:45:57 ID:9pNt5yf2
めー子よ 奇形児としきりに言ってるが彼らは俺やお前より
数段魂のレベルは上なんだからな
健常でない肉体をもって生まれたという事はそれだけ困難な事に
挑戦してるって事だからな
それだけで尊敬に値する
そしてその人生を全うした時さらに
普通の人より数段上の世界にいけるんだ
そうしてあるところまで成長した魂は生まれなくなる
つまり人間界での修業を終えた事になる
止めじゃ、、、ちなみに、メンヘラは刃物を持ち歩いているそうです。過去ログにあります。
おっぱいもこれには友好的でした。こいつらは、色々と隠していることが
あるにちがいありません。
そして、普段広告代理店の会社のパソコンを使ってスレをしているそうです。
占い板の管理人そのものがメンヘラによって型にはまってしまっています。
もしくは、管理人が犯罪に手を染めている恐れもあります。御注意を。
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1167491722/l50 メンヘラ
423の(恐らく)鬼丸はメンヘラの犬です。 おかしいと思ったら通報ヨロシク
過去ログに50スレ以上残っているはずですから、、、、、。








427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 03:32:02 ID:b/ZRdBuX
426の名前の欄、はあ?423は何を言っているのか、、、のつもりが
入力ミスです。

それと、メンヘラの件では、恐らく、2ちゃんの関係者で逮捕者が出る可能性も
あるのではと思われます。

428 :ミジンコ:2007/01/03(水) 03:48:22 ID:b/ZRdBuX
   初めまして、ミジンコです、、、ピンピンピン、、、、。

おっぱいがメンヘラを踏むのはリスキーだよと理由はそこに

http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1167491722/l50 メンヘラ
の29と44臭うw  暗殺者とか闇系の臭いがプンプンする奴でして、、。

私は、2ちゃんに関してはカタハメの材料は結構ありそうですが、
警察がデクの棒臭いとこもあって下手には動けないのが正直なところです。
なにしろ、仕事があまりにも多すぎて首が回らなくなるんじゃないかと、、、・。
ダット落ちされた奴や削除された奴やあぼーんした奴や、過去ログにあるのが
保存されていることを切に祈るが、、、。
もちろん、このスレを削除しても、スレそのもののコピーはしてあるので
もしものときは、それが色々な意味の物的証拠そのものになるわけです。

  、、、ピンピンピン、、、、、、、それでは失礼します。

429 :426<ミスった。↓これです。:2007/01/03(水) 03:51:29 ID:b/ZRdBuX
普通の人より数段上の世界にいけるんだ
そうしてあるところまで成長した魂は生まれなくなる
つまり人間界での修業を終えた事になる<<

止めじゃ、、、ちなみに、メンヘラは刃物を持ち歩いているそうです。過去ログにあります。
おっぱいもこれには友好的でした。こいつらは、色々と隠していることが
あるにちがいありません。


430 ::2007/01/03(水) 03:53:12 ID:b/ZRdBuX
そのメンヘラは村山氏であるそうです。

431 :FORメンヘラ:2007/01/03(水) 04:16:11 ID:b/ZRdBuX
        、、、お前は更生の余地がまだある、、、、、、。
      )::::::::::::::::::::,  ´    )::::::::::::::===彡::::::テ
       (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
      >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
        て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈
         しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l
         l l  l _L | |ノ  rT´_ | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l
            ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ
            ハ v)       l l | リ /:://   |  |   
            ,' ハ 丶      リ ,| |//´  | |   
            |  〉 、 `    lレ' | h、     |  |
            l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
            ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |
            /'   ノl j/ _ト(  ノ l (   \  |  |





432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 04:41:44 ID:b/ZRdBuX
哲学板のあらゆる文化人をぶったたき、粘着、乾かす、スレ [哲学]が
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1167491722/l50 の
スレにリンクしていたけど、私が以下のスレを書き込むやいなやリンク
が切れちゃったよ。
237 名前:マドモアゼル名無しさん :2007/01/03(水) 04:25:18 ID:G106a+2x
あらゆる文化人をぶったたき、粘着、乾かす、スレ [哲学]
このスレにスレ主がアクセス出来ないのは何故?
管理人が怪しいw
238 名前:マドモアゼル名無しさん :2007/01/03(水) 04:29:10 ID:G106a+2x
下手なことしたら、哲学板の管理人を通報するぜw、、、怪しいw
239 名前:マドモアゼル名無しさん :2007/01/03(水) 04:31:38 ID:G106a+2x
哲学板、どうなってんだ?書き込みできねえぜ、、、。
240 名前:マドモアゼル名無しさん :2007/01/03(水) 04:32:54 ID:G106a+2x
情報操作クサw 何でなんやろか?


241 名前:マドモアゼル名無しさん :2007/01/03(水) 04:34:39 ID:G106a+2x
ひょっとすると、そいつは逮捕かなw

↑哲学板の管理人のことやで、、、。


433 :少し、つつ”き:2007/01/03(水) 06:03:01 ID:b/ZRdBuX
 シュタイナーが言うには前世で牢屋にとじこめられて狂ったまま死んだ人が奇形児として

初めから生まれてくる事がある、という。(精神病の段階問題。)感情的異常から奇形児にいたるまで

を順序立てて言うと、感情の表れ(普通)感情の変化など(不安定)感情と意思と思考の異常

(異常あるいは変体あるいは神経症、ヒステリー、パラノイア関係、危機状態関係)、

狂気(統合失調症、躁鬱病、癲癇、破綻関係)このうち狂気のレベルで死後、

死後の平均的生活が送ることが不可能で、肉体と精神の異常を持って初めから生まれて

くることになるレベルがある。と言うことがいえると思う。

(更に最悪な状態があるかもしれないがここでは突っ込んで

見ることはしないで控えます。)
    


434 :少し、つつ”き:2007/01/03(水) 06:06:13 ID:b/ZRdBuX
別に生まれ変わりの話抜きで、話を進めてもいいけど。この場合は、生まれつき

奇形の肉体で精神にも異常がある人ということで保護と治療を必要とすると

いわねばなるまい。人道的見地に立つかぎりは一人の人格として尊重し援助する

のが当然なのだ。間引きは文明人に相応しくないかもしれないと言わざる

を得ない。      



435 :少し、つつ”き:2007/01/03(水) 06:10:08 ID:b/ZRdBuX
ここで、ブロイアー、フロイト、ユング、ダーウィン、ニーチェ、アインシュタイン

などのこれらの源流うに遡ると、ダビンチ、ゲーテ、ニュートン等にたどり着く。

ダビンチ、ゲーテ、ニュートン等は、フリーメーソンのメンバーであると言われている。

ダビンチがルネッサンス当時ほとんど、現代の科学的世界観を完了してしまった。

ゲーテがダビンチの科学性に付け加え量子力学の領域にまですでに到達していた。

(色彩論)、そして、ニュートンが自然科学の根本的土台を築いた(エネルギー保存則、

運動量保存則)ダビンチ、ゲーテ、ニュートン等は、フリーメーソンのメンバーであると言われている。

436 :少し、つつ”き:2007/01/03(水) 06:14:44 ID:b/ZRdBuX
レオナルド・ダ・ヴィンチ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索

レオナルド・ダ・ヴィンチレオナルド・ダ・ヴィンチ (Leonardo da Vinci,

1452年4月15日 - 1519年5月2日) は今日、イタリアのルネサンス期を代表する

万能の天才として知られている。

絵画、彫刻、建築、土木および種々の技術に通じ、極めて広い分野に足跡を残して

いる。『最後の晩餐』や『モナ・リザ』などの精巧な絵画は盛期ルネサンスを代表する

作品になっている。膨大な手稿(ノート)を残しており、その中には飛行機についての

アイデアも含まれていた。



437 :以下、ダヴィンチ プロフィール:2007/01/03(水) 06:17:13 ID:b/ZRdBuX
[編集] 生涯
レオナルドはイタリアのアンキアーノ村で生まれた。5歳からほど近い隣のヴィンチ村に

移り住んだ。姓のDa Vinciはヴィンチ村出身という意味からきている。ヴィンチ家は

13世紀より続くヴィンチ村では名の通った血筋で、父セル・ピエロ・ダ・ヴィンチ

(Ser Piero da Vinci) も公証人として裕福な家であった。母カテリーナ (Caterina) は

農民あるいは木こりの娘といわれ、詳細は分かっていないがヴィンチ家に頻繁に出入りしていた

とされる。父とカテリーナに婚姻関係は無い。しかし、その名前と、祖父アントーニオの日記に生まれた

様子が詳細に記載されていることから、私生児とはいえ彼が望まれざる子供であった

可能性は低い。カテリーナはレオナルド出産の数ヵ月後にアントーニオ・ディ・

ピエーロ・デル・ヴァッカ・ダ・ヴィンチに嫁いでいる。父セル・ピエロも同時期に

フィレンツェ出身のアルビエーラと結婚した。



438 :以下、ダヴィンチ プロフィール:2007/01/03(水) 06:18:32 ID:b/ZRdBuX
彼のフルネームはLeonardo di Ser Piero da Vinci(ヴィンチ家出身でセル・ピエロの

〔息子の〕レオナルド) である。ダ・ヴィンチという部位はむしろ出身地よりも

ヴィンチ家出身を意味する。尚、レオナルドは彼の作品に「Leonardos」または

「Io, Leonardo」とサインしている。専門家も彼の作品を「da Vincis」ではなく

「Leonardos」と表記する。ヴィンチ(Vinci)はイ草(Vinchi)に由来しレオナルドも

そのモチーフを作中に取り入れている。




439 :以下、ダヴィンチ プロフィール:2007/01/03(水) 06:20:20 ID:b/ZRdBuX
幼少期の彼は、原因は不明だが正当な教育を受けていなかった。又、当時から

左手で鏡文字を書いていたといわれている。これは同時に彼が読み書きの教育を

受けていなかった理由ともされている。当時は自由奔放な性格をしていたとされる

叔父の影響が彼に影響を与えたと、しばしば指摘される。彼の文字の癖は、父の仕事である

公証人を受け継ぐことに大きな障害となった。この時代からの年齢は確証に欠けるが、

レオナルドは14から16歳でフィレンツェに移ったとされ、画家見習いとしてアンドレア・デル・

ヴェロッキオに師事する。このときレオナルドはヴェロッキオのもとでボッティチェッリらと学ぶ。

この工房でヴェロッキオの絵画のキリストの洗礼の一部を描いており、これは師匠であるヴェロッキオ

を驚愕させるものでヴェロッキオは以後いっさい筆をもたなかったという逸話もある。

レオナルドに嫉妬したという説もあるが、むしろ工房の絵画部門は彼に安心して任せて自分は

本業である彫刻に専念した、というのが真相らしい。 1472年(二十歳)にフィレンツェで画家組合

「サン・ルーカ同心会」に登録されている。



440 :以下、ダヴィンチ プロフィール:2007/01/03(水) 06:22:23 ID:b/ZRdBuX
フィレンツェ時代の1476年、当時有名な男娼だった17歳のヤコポ・サルタレリ

(Jacopo Saltarelli) にモデルとして連絡を取ったことで同性愛者として匿名で

告発されている。他の3人の若い男性とともに同性愛者として容疑がかけられたが、

証拠不十分で放免されている。しかし以後、レオナルドと3人の男性はフィレンツェの

"夜の士官"(ルネサンス期の風紀取締り役のようなもの)から監視を受ける。

レオナルドの伝記を書いたロバート・ペインは、レオナルドが男性女性を同様に

愛することができたと確信していたようである(娼婦との付き合いも彼のメモに残されている)。

彼のノートの一部分を抜粋して彼の性的嗜好を断ずるのは容易いが、現時点で確たる結論は

出ていない。 当時は若者の間で同性愛が非常に進んだ考え方とされており、

さほどレオナルドが特異な性的嗜好であったとは言いにくい。だが時代がたつにつれ、

彼の知名度と、そのスキャンダラス性を演出する知識として、そういった時代背景を無視して

盛んに語られることとなった。特に日本において、レオナルドは天才の代名詞として

語られる一方で、その芸術については殆ど語られることが無いため、その傾向が顕著である。



441 :以下、ダヴィンチ プロフィール:2007/01/03(水) 06:23:55 ID:b/ZRdBuX
1482年から1499年の間ミラノ公ルドヴィーコ・スフォルツァ(イル・モーロ)

に仕えながら自らの工房を開いた。レオナルドは巨大なスフォルツァ騎馬像の

制作を依頼され、構想を練っていたが、騎馬像のため用意された17トンの銅は、

1495年、シャルル8世率いるフランスに対抗するため、大砲の製造に転用されてしまった。

そして画家の仕事をするとともにジャコモという非常に美しい少年を引き取る。

ジャコモには盗み癖があったが、レオナルドはサライ(=子悪魔という意味)

の愛称をつけてかわいがったという。



442 :以下、ダヴィンチ プロフィール:2007/01/03(水) 06:25:02 ID:b/ZRdBuX
1499年10月にルイ12世率いるフランス軍が侵攻すると、イル・モーロが逃走し、

ミラノは戦わずに陥落する。そのときレオナルドは残ったが、フランス軍の射手が

騎馬像の粘土原型を練習の的にしているのを知り、ミラノを離れる。弟子のサライ

(Salai) 及び、友人のルカ・パチョーリとともに1500年にマントヴァへ行き、

2か月後にはヴェネツィアへと移る。さらに同年暮れには再びフィレンツェに戻った。



443 :以下、ダヴィンチ プロフィール:2007/01/03(水) 06:26:56 ID:b/ZRdBuX
1502年8月以降、教皇軍総指揮官チェーザレ・ボルジア

(教皇アレクサンデル6世の庶子)の元で軍事顧問兼技術者として働く。

チェーザレの元にいたのは8か月程で、フィレンツェに戻っている。ここでアルノ川水路変更計画や、

ヴェッキオ宮壁画(後出)などの仕事に従う。

1506年にスイスの傭兵がフランス軍を追い払った後、マクシミリアン・スフォルツァが治めていたミラノに戻る。

そこで後に親しくなって死ぬまでの友人、彼の後継者となるフランチェスコ・

メルツィに出会う。1513年と1516年にはローマに住んでいた。

当時ローマではラファエロやミケランジェロが活動していた。ラファエロは

レオナルドの絵を模写し、影響を受けているが、ミケランジェロとの接触は

ほとんどなかったようである。



444 :以下、ダヴィンチ プロフィール:2007/01/03(水) 06:28:05 ID:b/ZRdBuX
1515年、フランス王フランソワ1世が即位すると再びミラノを占領する。

その際ボローニャで行なわれたフランス王とローマ教皇レオ10世の和平交渉の

結決役に任命され、(おそらくこのとき初めて)フランソワ1世に出会う。

1516年にはフランソワ1世の保護を受け、アンボワーズ城近くにあるクルーの

館と年金を与えられて余生を過ごす。

レオナルドは1519年5月2日にフランスのクルーで亡くなった。

彼の希望により60人の乞食とともに棺に入れられた。彼はアンボワーズにある

聖フロランタン教会に埋葬されたが、その後、墓が暴かれてしまい、遺骨の行方はわかっていない。



445 :以下、ダヴィンチ プロフィール:2007/01/03(水) 06:29:15 ID:b/ZRdBuX
レオナルドは生涯女性と親しい関係になることはなく、独身だった。

レオナルドには多数の友人がいた。一例を挙げてみる。

ファッジョ・カルダーノ - ジェロラモ・カルダーノの父親の数学者、法学者

フランチェスコ・メディチ - 画家で教え子

ジェラルモ・メディチ - ミラノ軍の大佐

ジョバンニ・フランチェスコ・ラスティシ

チェーザレ・ボルジア - 軍人

ニッコロ・マキャヴェッリ - 作家

アンドレア・ダ・フェッラーラ

フランチェスコ・ナーニ

ルカ・パチョーリ - 数学者・簿記の発明者


446 :以下、ダヴィンチ プロフィール:2007/01/03(水) 06:30:33 ID:b/ZRdBuX

最後の晩餐
Leonardo da Vinci (1498)
レオナルドの芸術作品は『最後の晩餐』(1498年, Ultima Cena or Cenacolo ミラノ)

や『モナ・リザ』(1503 -1506年, La Gioconda, ルーヴル美術館蔵) のような

精巧な絵画がよく知られている。絵画の特徴はスフマート技法と空気遠近法である。

画家として非常によく知られているが現存する絵画は17点(うち数点は弟子の

手との説もある)、そのうち1点のみ北アメリカ大陸にある。彫像は残っていないが、

小さな馬の彫刻がリマリック(アイルランド)のハント美術館にある。


モナ・リザ

Leonardo da Vinchi (1503-6)

447 :以下、ダヴィンチ プロフィール:2007/01/03(水) 06:32:10 ID:b/ZRdBuX
レオナルドは絵を描くために構想を練り、膨大な数の素描やスケッチを書いたが、

そのままスケッチの山ばかりが残されることも多かった。書き始めても未完成のまま

放置されたり、依頼主に渡さずに終わっているものもある。レオナルドは、遅筆であると

同時に、代表作とされるものでも未完の作品が多い画家である

(モナ・リザも手の部分が未完成ともいわれる)。



448 :以下、ダヴィンチ プロフィール:2007/01/03(水) 06:33:31 ID:b/ZRdBuX
1481年に『東方三博士の礼拝』(The Adoration of Magi, ウフィッツィ美術館蔵、未完)

の作画を請け負うが、膨大なスケッチを残して絵は未完成のまま知人に預け、

レオナルドはミラノへ行ってしまう。

ミラノでは7mもある巨大なスフォルツァ騎馬像の構想を練るのに16年もの時間を

費やした。鋳造を前にしてフランスとの戦争が近づいたため、用意した銅が大砲の

製造に転用されてしまい、この計画は中止された(この計画に基づいて、1999年に

馬(のみ)の像がニューヨークの個人によって作られ、ミラノに寄贈された。

一方、修道院の食堂に描いた『最後の晩餐』は福音書を題材に劇的な場面をリアルに描き、

レオナルドの名声を高めた。

フィレンツェに戻り、市庁舎(ヴェッキオ宮)の会議室に『アンギアリの戦


449 :以下、ダヴィンチ プロフィール:2007/01/03(水) 06:35:12 ID:b/ZRdBuX
フィレンツェに戻り、市庁舎(ヴェッキオ宮)の会議室に『アンギアリの戦い』を

題材に壁画を書くよう依頼された。また、反対側の壁には彼のライバルであったミケランジェロが

絵を描くことになった。この仕事のために準備がなされたが、技術的課題から壁画は失敗し、

未完のままレオナルドはフィレンツェを去る。未完の絵とはいえ、ルーベンスなどが模写しており、

後の画家に与えた影響は大きかったが、世間的にはまったくの失敗であった。

また、ミケランジェロも未完のままフィレンツェを離れてしまい、市庁舎の壁画は

後にジョルジョ・ヴァザーリが異なる絵で仕上げた。

数少ないレオナルドの絵画のうち、『モナリザ』『聖アンナと聖母子』

『洗礼者ヨハネ』がイタリアではなくフランスのルーヴル美術館にあるのは、

フランソワ1世にフランスへと招かれた際にこの3枚をレオナルド自身が持参し、

フランス国内で没したためである。この3枚に関しては死ぬまで筆を入れ続けたとも

言われている。



450 :以下、ダヴィンチ プロフィール:2007/01/03(水) 06:37:29 ID:b/ZRdBuX
[編集] 絵画作品

白貂を抱く貴婦人:チャルトリスキ美術館、クラクフ『受胎告知』ウフィッツィ美術館蔵 1475

『キリストの洗礼』ウフィッツィ美術館蔵 1472 - 1475(ヴェロッキオと共作)

『ジネヴラ・デ・ベンチの肖像』 ナショナル・ギャラリー (ワシントン)蔵 1474 - 1486

『聖母ブノワ』エルミタージュ美術館蔵 1475 - 1480

『東方三博士の礼拝』ウフィッツィ美術館蔵 1481 - 1482(未完)

『聖ヒエロニムス』ヴァチカン美術館蔵 1480 - 1482(未完)

『岩窟の聖母』 ルーヴル美術館蔵 1483 - 1486

『白貂を抱く貴婦人』ポーランド、チャルトリスキ美術館蔵 1483 - 1490

『音楽家の肖像』 アンブロジアーナ美術館 1490頃

『リッタの聖母』 エルミタージュ美術館蔵 1490 - 1491

『最後の晩餐』サンタマリア・デレ・グラツィエ教会壁画 1495 - 1498

『糸車の聖母』1501年 個人蔵 2003年8月27日盗難され行方不明。

『モナ・リザ』(La Gioconda) ルーヴル美術館蔵 1503 - 1506

『岩窟の聖母』 ナショナルギャラリー (ロンドン) 1503 - 1506

『聖アンナと聖母子』ルーヴル美術館蔵 1510

『洗礼者ヨハネ』ルーヴル美術館蔵 1513 - 1516

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 06:43:44 ID:b/ZRdBuX
[編集] 科学と技術

レオナルドが残した膨大なノートは、19〜20世紀になって科学技術の分野での

先駆的な研究を物語るものとして注目を集めてきた。それらは13,000ページに

及ぶノートに芸術的な図とともに記録が残されている。殆どは左手でペンを持ち、

鏡文字で記述されている。彼が鏡文字を用いたのは、左手でペンを持ったときに

ペンを押しながら書くよりも引きながら書くほうが楽であったため、以後鏡文字を

使うことに決めたからともいわれる。また、これには諸説あり、後に印刷しやすくする

ためともある。また、当時の大衆的な考え方からすれば、科学=異端という考え方が

あったため、それよって教会からの批判や弾圧を避けるためという見方もある。

一方で先天的に鏡文字を書く症例も存在しており、結論は出ていない。



452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 06:45:51 ID:b/ZRdBuX
彼の死後、ノートはメルツィへと相続された。彼はそれをイタリアに持ち帰り

厳重に管理したとされるが息子の時代に散逸してしまい、今は3分の1しか残って

いないとされる。 現在、彼のノートは国自体の所有が殆どを占め、一部が富豪に

よってコレクションされている。 彼のノートを時系列にみると、当初、キリスト教影響下の

考え方であった内容が、観察と推測により徐々に事実へと近づく様子が見て取れる。

彼はそれを出版物とする計画を抱いていたようである。


ウィトゥルウィウス的人間
ヴェネツィア・アカデミア美術館蔵
Leonardo da Vinci draws the human bodyレオナルドは、内部を知り絵をより美しく

真実に近づけようとする目的で最初に動物の解剖を行った(馬とされる)。

後に人体の解剖に立ち会うようになり、また自分自身の手でも行い、極めて詳細まで

書き込んだ解剖図を多数作成している。人体及び解剖学に関する成果は、時に工学的に

表現され、最古のロボットの設計との評価も受けている。 また、1490年頃のノートには

Canon of Proportions (プロポーションの法則)が書かれている。このなかの

『ウィトルウィウス的人間』は、当時発見された古代ローマの建築家ウィトルウィウスの

「建築論」にある「人体は円と正方形に内接する」という記述を表現している。

現在、この図はレオナルドの書いた中でも最もよく引用されるものの一つになっており、

イタリアの1.00ユーロ硬貨にも用いられている。



453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 06:46:53 ID:b/ZRdBuX
眼の仕組みに付いても研究を行っており、眼球内で光が屈折し、網膜に届く様子を描いている。

レオナルドは飛行することに興味を持った時期もあり、鳥の飛行する様子について詳細な

研究を行い、それを元にいくつかの飛行用装置を試作したともいわれている。その中には、

実際に動かすことはできなかったが4人の人力で飛ぶヘリコプターやオーニソプター、

ハンググライダーに酷似したものも含まれている。又、落下に備えてパラシュートのようなものを

考案している。1496年1月3日には彼が発明した機械で飛ぼうとして失敗した記録が残っている。

日本でも過去にレオナルドの描いたヘリコプターの図案が

全日空の飛行機にマークとして採用されていた


454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 06:48:28 ID:b/ZRdBuX
1502年、オスマン帝国のバヤズィト2世が行なった国家事業計画で、コンスタンティノープルに

240 mの橋の設計を行なう。これはボスポラス海峡の現在金角湾として知られる場所に架けられるはず

だった。(結局その橋は建設されなかったが、レオナルドの視点が再評価され、2001年にノルウェーに

その設計を元にした少し小さな橋が建設された。※外部リンク参照[1])

ノートには軍事関係のアイディアも多数描かれている。当時、権力者に売り込む

最も良い手段が武力であったことも関連している。マシンガン、馬や人力によって

動く装甲戦車、クラスター爆弾などである。しかし彼は後に戦争は人類が行なう

最も愚かなものと考えるようになる。それ以外にも潜水艦、歯車を用いた史上初めての

機械式の計算機、バネの動力で動く自動車などを構想していた。ヴァティカンにいた頃には、

凹面鏡を用いて太陽光をあつめ、水を暖めることで、太陽光線を

工学的に利用することを考えていた


455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 06:49:49 ID:b/ZRdBuX
天文学分野では、レオナルドは太陽と月は地球の周りを回っており、月の光は地球の

海が太陽光線を反射したものだと考えていたが、後に地球は太陽の周りを回っていると結論付けた。

数学分野では、重要な定数の一つであり、かなり後に発見される

黄金比についても当時発見しており、かなり高度な研究の記録も残されている。

また、ダ・ヴィンチの星などの立体も発見しているということが分かっている。

レオナルドは音楽の演奏及び作曲も行なった。ミラノを最初に訪れたのも、

メディチ家の依頼でスフォルツァ家にリラを献上するためだったともいわれる。

リュートを演奏し、自作のリラを弾きながら歌い、新しい楽器のアイディアや

演劇用にデザインした服装もスケッチに残されている。それを元に紙オルガンやヴィオラ・

オルガニスタなどが再現され、演奏なども行なわれている。


[編集] その他


456 :以下、ゲーテ:2007/01/03(水) 06:53:26 ID:b/ZRdBuX
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe,

1749年8月28日 - 1832年3月22日)はドイツを代表する詩人であり、劇作家、

小説家、科学者、哲学者、政治家でもある。また、当時の学者層の人物と

幅広い交流を持ち、1800年前後(ゲーテ時代とも言う)の名だたる人物と親交が

深かった。当時のドイツで最も影響力のあった学者であり、詩人であった。

現代においても、彼の文学作品・人生観などは広く研究されているところであり、

現在においてもその影響はドイツ国内を飛び出し、全世界中に及んでいる。

ドイツ史上、過去・現在問わず世界的な影響を与えている数少ない文化人である。



457 :以下、ゲーテ:2007/01/03(水) 06:54:49 ID:b/ZRdBuX
[編集] 生涯
[編集] 生い立ち

フランクフルトにあるゲーテの生家父ヨハン・カスパー・ゲーテと母エリーザベト・

ゲーテの長男としてドイツ中部フランクフルト・アム・マインに生まれた。父方は、

葡萄酒の取引と旅館経営で大きな成功を収めた裕福な商人の家柄であった。母方は、

代々法律家でフランクフルトの市長を務めたこともあるなど地元では声望のある

家柄であった。また、ゲーテの生誕した翌年に妹のコルネーリア・ゲーテが生まれた。

(さらに、この下に4人弟妹がいたが、彼らは夭折した)ゲーテ家は明るい家庭的な雰囲気であり、

少年時代のゲーテも裕福かつ快濶な生活を送っていた。


458 :以下、ゲーテ:2007/01/03(水) 06:55:51 ID:b/ZRdBuX
父は地位のある人で、息子の教育に関心を持ち、幼児のときから細心に育てた。

現在のように教育制度が整っていなかったので、専ら自宅に家庭教師を呼び学んでいた。

ゲーテは特に語学に長けており少年時代には、すでに英語・フランス語・イタリア語

・ラテン語・ギリシア語・ヘブライ語を習得していた。また詩作が非常に評判であったのも、

幼少の頃からである。現存する最古の詩はゲーテが8歳の時のものである。


[編集] 少年時代


459 :以下、ゲーテ:2007/01/03(水) 06:57:19 ID:b/ZRdBuX
14歳の時、ゲーテは初恋をする。近所の料理屋の娘の親戚でグレートヒェンという名の

娘である。結局、失恋に終わってしまったが、このグレートヒェンの名前はゲーテの

代表作『ファウスト』の第一部の女主人公の名前であり、ゲーテが初恋の人の名前を使っている

ことも有名である。また、ゲーテは16歳にして、ライプツィヒ大学の法学部に入学することになる。

これは、法学を学ばせ、弁護士にして、将来はフランクフルト市の要職につかせて出世させたいという、

教育家でもあった父親の願いでもあった。(本人は、ゲッティンゲンに行って、

文学研究をしたかったと回顧している。)こうして、ゲーテは生まれて初めて、

故郷フランクフルトを後にする事になる。1765年の事であった。



460 :以下、ゲーテ:2007/01/03(水) 06:59:15 ID:b/ZRdBuX
ライプチヒ大学時代

ケートヒェン1765年にライプチヒに到着した弱冠16歳のゲーテだったが、法律学の学究には

身が入らなかった。また、自身のフランクフルトにおける扱いとの差に愕然とする。

フランクフルトでは良家の出でそこそこ知られていたが、異郷の地ライプチヒでは全く

知られていない存在であったことを、彼は否が応でも痛感しなくてはならなかった。

その反動からか、十代の青春真っ盛りのゲーテは最新のロココ調の服を着て、

解放的でかなり気どった生活を送っていた、と後に自身も回顧している。この頃に、

ゲーテは新たな恋をする。ライプチヒ時代ゲーテが食事をしていたレストランの娘アンナ・

カトリーナ・シェーンコプフ嬢(通称ケートヒェン)である。しかし、都会的で洗練された

彼女の雰囲気へのゲーテの嫉妬が、彼女を苦しめてしまった。結局、彼女を不幸にしてしまい、

失恋に終わる。若きゲーテには、これは苦い経験であった。さらに、ゲーテに不幸が続く。

自身が病魔に襲われてしまい、退学を余儀なくされたことであった。(カルテがなく、

病名は不明であるが、症状から結核と見られている)学士になって雄雄しく帰ってくる

どころか、敗走してきた兵士のように、身も心もボロボロになって、故郷フランクフルトへ

帰ってきた。1768年、ゲーテ19歳の時であった。



461 :以下、ゲーテ:2007/01/03(水) 07:00:58 ID:b/ZRdBuX
この頃のゲーテは療養の傍ら、自身の宗教観を形成する時期でもあった。フランクフルトで

母親の女友達・クレッテンベルク嬢を知る。彼女は、ヘルンフート派の信者であり、

この派は生きた魂の救済こそが真なる信仰であるという主張している派で、ゲーテの宗教観に

大きな影響を与え、後の『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』の第六部「美しい魂の告白」

は彼女との対話と手紙から成っている。また、この頃読んだゴットフリート・アルノルトの

『教会と異端の歴史』を読み、様々な異端と呼ばれてきた説を学び、今までの偏見していた

多くの説を見直す機会となり、深く肝銘した。自分自身の宗教を持つことこそが、

真の信仰であるという汎神論的な考え方に至った。(これは、後のスピノザ・ルネッサンス

というべき、ゲーテのスピノザ研究にもつながる)これらの宗教観の形成は、

ゲーテ作品のバックボーンにもなっている。またこの時期、興味のあった

自然科学の研究にも精を出していた。ゲーテは地質学から植物学、

気象学まで、自然科学にも幅広く成果を残しているが、既にこの頃にはその基礎を作り上げていた。

療養後、改めて勉学へ励むため、父親が選んだシュトラスブルク


462 :以下、ゲーテ:2007/01/03(水) 07:01:46 ID:b/ZRdBuX
療養後、改めて勉学へ励むため、父親が選んだシュトラスブルク大学へ行く事となった。

当地は、フランスとの国境付近にあり、当時先進的だったフランス文化に浸るのにもよく、

今度こそ法律学を成就して、市の要職につかせたいと考えていたからである。

1770年、ゲーテ21歳の時であった。



463 :以下、ゲーテ:2007/01/03(水) 07:02:54 ID:b/ZRdBuX
[編集] シュトラースブルク大学時代--ヘルダーとフリーデリーケとの出会い--

ヘルダーフランクフルトを再び発ったゲーテは、シュトラスブルクへ行った。

当地で学んだ期間は一年少しと短かったが、この地で理性と形式ばかりを重んじていた

ロココ調の文学から生命と自然とに根ざし、自由感情の元に立つシュトルム・ウント・

ドラング(疾風怒濤)という新たな文学に目覚めるという、ドイツ文学史上特筆すべき

変節点が起こったのもこの時期である。この変節点の立役者は当地で療養中であった

文学者・ヨハン・ゴットフリート・ヘルダーに他ならない。ヘルダーは、ゲーテより

5歳年上であったが、既に一流の文芸評論家として著名であった、当時無名の学生であった

ゲーテは、このヘルダーの所へ足繁く通い、ヘルダーから古典ギリシア文学から

聖書に至るまでの様々な新しい文学上の視点を学んだ。



464 :以下、ゲーテ:2007/01/03(水) 07:04:24 ID:b/ZRdBuX
また、この頃ゲーテはフリーデリーケ・ブリオンという女性と恋をする。ゲーテは、

友人と共に、シュトラスブルクから30キロほど離れたゼーゼンハイムという村に遊びにきて

いたのだが、そこの牧師の娘のフリーデリーケと恋に落ちた。ゲーテは、彼女に夢中になり

『野ばら』や『五月の歌』といったとりわけゲーテの抒情詩の中でも、有名かつ傑作と

呼ばれている作品がこの頃いくつも登場しており、また、ドイツ詩の歴史の中でも

屈指の抒情詩である。これらの美しい詩は、現代に生きる人々をも虜にしているほどである。

これらは、『ゼーゼンハイムの歌』というタイトルで出版されている。しかし、

ゲーテは無情にも、ゲーテとの結婚を望む彼女との恋愛を断ち切ってしまった。

理由は勉学に励むためでもあり、また結婚による束縛を嫌ったためでもあると

言われている。しかし、ゲーテも彼女の姿を忘れられず、フリーデリーケは代表作

『ファウスト』の中のグレートヒェンのモデルになっているともいわれている。

465 :以下、ゲーテ:2007/01/03(水) 07:05:01 ID:b/ZRdBuX
1771年に無事、学業を勤め、シュトラスブルクを後に、フランクフルトへ帰って

きた。ゲーテ22歳の時である。


466 :以下、ゲーテ:2007/01/03(水) 07:06:49 ID:b/ZRdBuX
[編集] 疾風怒濤期 『ゲッツ』と『ウェルテル』の誕生
シュトラスブルク大学を無事卒業し、故郷のフランクフルトへ戻ったゲーテだが、

父親の願い通り市政に携わる仕事に就けなかった。そこで、弁護士の資格を経て、

弁護士事務所を開設した。弁護士の仕事も、そこそこ順調でもあったが、実質この頃のゲーテは、

文学活動に専念していた。この頃、ゲーテは『フランクフルト学報』で様々な文芸評論を行った。

この学報の主宰者が作家ヨハン・ハインリヒ・メルクである。後述するが、彼は、

『ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン』の出版の際に大きな援助してくれた、よき理解者であった。

この時期にゲーテは、『ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン』の初稿『戯曲化された鉄の手のゲッツ

・フォン・ベルリヒンゲン』を執筆。しかし、本業そっちのけで文学活動に没頭している息子に、

父親は業を煮やし、法学を再修得させるため、フランクフルトの北方にあるヴェツラールの

最高裁判所へと送られる。1772年4月のことであった。


[編集] ロッテとの出会い


467 :以下、ゲーテ:2007/01/03(水) 07:08:04 ID:b/ZRdBuX
ロッテとの出会い

シャルロッテ・ブッフ(ロッテ)しかし、この地でもゲーテは、法律学ではなく

文学に関心を持ちつづけいた。現在でもゲーテの当地での法学修得を伝える資料はないに

等しい。自分と考えの違う、父親から離れたこの地はゲーテにとって、恰好の文学に

専念できる環境であった。当地では、ゲーテにとって大きな出来事に何度も遭遇する。

一つは、シャルロッテ・ブッフ(通称ロッテ。彼女はシャルロッテ・フォン・

シュタインとは別人)という女性との恋、そしてヨハン・クリスティアン・ケストナーや

カール・イェルーザレムなどとの交友である。後述するが、シャルロッテも、

イェルーザレムも、『若きウェルテル(ヴェルター)の悩み』の成立の直接的な

影響を与えた人物として有名である。



468 :以下、ゲーテ:2007/01/03(水) 07:10:04 ID:b/ZRdBuX
まず、シャルロッテとの馴れ初めは、ゲーテがこの地で友人たちの誘いで参加した

舞踏会によるものである。ゲーテは、まだ若干15歳の彼女の雰囲気に一目惚れし、

毎晩彼女の家を訪問するほど、熱狂的に恋をした。しかし、ほどなく彼女はゲーテの知人

でもあったケストナーという男性のいいなづけであることを知った。しかし、

ゲーテは、彼女の魅力を忘れられず思いが募るばかりで、非常に苦しい思いをしていた。

ロッテは、誰もが一目惚れしてしまうほどの美しさ、それでいて快濶で、嫌らしいところなど

まるでない魅力的な女性であった。ゲーテは、彼女に何度も手紙や詩を送り、ロッテもゲーテが

他の誰よりも自分のことを愛している事を痛いほどよく知っていた。ケストナーも

このような事態に極めて寛大に振舞った。友人のメルクからは、ケストナーから

ロッテを奪い取るべきだという強硬論さえ飛び出したほどだが、ゲーテにはそのようなことは

出来ず、9月11日にロッテに別れを告げず、突然ヴェツラールを去る。ゲーテにしてみれば、

わずか5ヵ月あまりであったが至福なひとときであった。



469 :以下、ゲーテ:2007/01/03(水) 07:11:13 ID:b/ZRdBuX
ヴェツラールを去ったゲーテは、フランクフルトへ戻り再び弁護士稼業(表向きだが)

となったが、ロッテのことは忘れられるばかりが、日を追うごとに想いが募ってくる。

無事ロッテが婚約者のケストナーとゴールインできたという報に接したとき、

その苦しさは頂点に達した。あまりの苦しさに、ベッドの下に短剣をしのばせ、

何度か自分の胸に刺してみようと試みた事さえあった。そんな折、ヴェツラールで

知り合ったイェルーザレムがピストル自殺したという報が届く。原因は、

彼は人妻を猛烈に恋したが、彼女に拒絶されたためそれを悲観しての自殺であった。

これは、ゲーテにとっては他人事ではなかった。しかし、この友人の自殺とロッテとの

恋は、ゲーテにかの『ウェルテルの悩み』を構想させることになるのである。



470 :以下、ゲーテ:2007/01/03(水) 07:12:21 ID:b/ZRdBuX
[編集] 『ゲッツ』と『ウェルテル』

一方で、ヘルダーにも送っていた『戯曲化された鉄の手のゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン』

に対して、ヘルダーから嘲笑めいた返事が返ってきた。ゲーテも、改変を余儀なく

され完成したのが『鋼鉄の腕 ゲッツ・フォン・ベルリッヒンゲン』である。

しかし、無名の青年の作品など、どこの出版社も相手にしてくれない。そこで、

友人・メルクの財政的援助の元、自費出版した。出版されるや全ドイツ中の注目を集めた。

そして翌年、イェルザレムの自殺と自身のロッテとの恋愛を元に、『若きウェルテルの悩み』

が世に出されると、ドイツを飛び出し、全ヨーロッパ中にゲーテの名を轟かすことになった。



471 :以下、ゲーテ:2007/01/03(水) 07:14:42 ID:b/ZRdBuX
上記のような状況において、ゲーテは1773年『鋼鉄の腕 ゲッツ・フォン・ベルリッヒンゲン』を、

翌1774年には『若きウェルテルの悩み』を出版する。この両作の発表によって、

ゲーテはシラー(『群盗』)とともに「シュトルム・ウント・ドラング(疾風怒濤)」

とよばれる文学運動を引き起こすことになる。(作品の詳細・影響など詳しくは当該項目を参照)

『鋼鉄の腕 ゲッツ・フォン・ベルリッヒンゲン』は実在の騎士ゲッツ・フォン・ベルリッヒンゲンを

主人公とする戯曲であり、宮廷時代において中世騎士道精神をつらぬく主人公が、自由を唱えながら死んでゆくというストーリーである。

『ウェルテル(ヴェルター)』は当時流行していた書簡体で書かれた小説であり、婚約者のいる女性シャルロッテに

恋した主人公ヴェルターが失恋のためピストル自殺を図るというストーリーであり、

当時ヨーロッパで爆発的にヒットした。ヴェルターに陶酔し、ヴェルターのマネをして自殺する

青年が続出し、社会的な混乱を巻き起こしたほどである。若きナポレオンも本書を愛読して、

ヴェルターまがいの小説を書こうと試みたこともある(後年、ゲーテを訪問している)。

余談だが、菓子メーカー「ロッテ」は同書のヒロイン、シャルロッテから取ったものだという。


472 :自殺は流行したが、当のゲーテは長生きだった。↑:2007/01/03(水) 07:18:07 ID:b/ZRdBuX
こうして一躍ヨーロッパ中にその名を知られるようになったゲーテは、

この時期に様々な人物との交流も盛んになる。一例をあげると、ヘルダーのほか、

フリードリヒ・ハインリヒ・ヤコービ、兄で詩人のヨハン・ゲオルク・ヤコービ、

ヨハン・カスパー・ラファーター、レッシング、クロップシュトックなど当代一流の

文人たちであった。『ヴェルター』作者に一目会いたいと文学者・神学者・教育学者・

詩人など、中には現在でも知られている有名な人物が、フランクフルトを訪問して、

ゲーテに会うあるいは、上の人にはゲーテから彼らのほうを訪問するなどの、

盛況ぶりであった。知名度があがっても、奢ることなく気軽に振舞う青年ゲーテは、

周囲からも好意的に思われていた。1774年12月には、フランス・パリへ旅行へ行く、

ワイマールの公子カール・アウグスト公が途中フランクフルトを訪問した。

ゲーテは、公をとても親切にもてなし、文学や詩などとても多彩な話題で盛り上がったという。

ただ、この人物がその後のゲーテの一生を大きくかえる人物になるとは、

当時のゲーテも思ってもみなかったと思われる。

この頃から、知見を広げるため、ヨーロッパ各地へと旅行をも活発にした。

74年7月からはラーヴァーターと教育学者バーゼドといった友人たちと、ライン地方へ旅行へ行った。





473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 10:31:41 ID:b/ZRdBuX
[編集] リリー

リリー・シェーネマンまたこの時期一つの恋が生まれた。当地フランクフルトで一番財力が

ある銀行家シェーネマン家の娘リリー・シェーネマンとである。1775年1月ゲーテが招待された

当家で開かれた音楽会でのことだった。リリーも、ロッテやフリーデリーケ並に上品で、

気品がある女性で、しばらく忘れていたゲーテの恋愛感情に再び火がついた。しかし、

この恋の成就は前途多難であった。ゲーテはロッテやフリーデリーケの頃と違い、今や

一世を風靡した文人の身である。リリーは好きであるが、シェーネマン家の人は、ひとりの人間

・詩人としての自分ではなく、名声と将来性のある有用な人間として見られているように思えて

仕方なかった。それに金のない青年ゲーテに、リリーのほかの兄弟はあくまで結婚に反対で、

また、互いの家の宗派も異なっている上、ゲーテの妹コルネリーアとリリーとの馬が合わず、

両者は互いに著しく嫌悪感を抱くようになっていった。


474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 10:33:53 ID:b/ZRdBuX
それでも、リリーの友人でハイデルベルクの実業家デルフ嬢の仲介により、ゲーテは彼女と

婚約をした。同年4月の事で、出会ってから3ヶ月という速さであった。当時のゲーテにしてみれば、

自身の作品で名声は上がったものの『ゲッツ』の時に自費出版した際、メルクや弁護士のヴァーグナーら

ごく親しい友人に莫大な借金をしており、その借金もまだ返済しきれていない。

それに、人気に左右される文学稼業ではとても安定した収入は望めないので、それが財力のある

家の娘とのスピード婚約に至った一因でもある。それでもゲーテとリリーが相思相愛の仲であったのは、

疑い得ない事実であった。しかし、財力に物をいわせて振舞うシェーネマン家の水がやはり合わず、

婚約後ゲーテはスイスへ旅へ出た。リリーが心底好きなだけに、ゲーテにとっては複雑な旅立ちであった。

いざ異境の地へ行くと、リリーに会えない寂しさだけが募ってくる。ゲーテはその気持ちを詩に託した。

この頃のゲーテのリリーに対する抒情詩もはれた作品として知られているものである。

結局、同年秋にはリリーとの婚約は解消された。リリーは他に良縁を見つけたが、シェーネマン家はその後

まもなく破産した。

ゲーテには、落ち込む暇などなかった。同年11月にかつて『ウェルテル』が縁で出会うことが

出来たワイマールのカール・アウグスト公からの招きがあったからだ。ゲーテは、

故郷を離れワイマールへと向かうことになる。



475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 10:35:28 ID:b/ZRdBuX
[編集] ワイマールへ

[編集] ワイマールの宮廷

カール・アウグスト公アウグスト公から招きがあったが、ゲーテがヴァイマール行きを諦めたほど、

なかなか迎えの馬車が来なかった。(あと少し遅かったら、ヴァイマール行きを断りイタリアへ行くつもりで

あったと自身も語っている)それでも、なんとかヴァイマール行きを決意した。

詩人がヴァイマールへ着いたのは、1775年11月7日の早朝の事であった。当時のヴァイマール公国は、

人口6000人程度の小国で、貧しい農民と職人に支えられた国であった。本来アウグスト公らが住んでいるはずの城でさえ、

ゲーテが着く数年前に起きた火災で焼けたのがそのまま廃墟となっている始末である。

早朝の暗がりについたこともあってかなり暗い街にゲーテには見えたと述べているが、

しかし客観的に見てもゲーテのいたフランクフルトと比べれば、ものすごく寂れた場所であった。

それでも、『ウェルテル』執筆以降、フランクフルトの近くを通った際、

慕ってゲーテに何度も会ってくれたカール・アウグスト公の願いだから断るわけにもいかない。

当初はゲーテ自身も、このヴァイマール訪問は数ヶ月程度という短期間のものであると思っていたが、

実際はゲーテ自身この地に永住することになる。



476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 10:43:17 ID:b/ZRdBuX
カール・アウグスト公は当時18歳で、結婚直後であった。父親コンスタンティンは、

ゲーテの着く17年も前に20歳で死亡しており、変わりに皇后アンナ・アマリーア(アウグスト公の

母親)が政務を担当していた。彼女は、人間的にも優れた王妃で着実に政務をこなし、

この貧しい国の復興に力を注いでいた人物であった。彼女は一環として、ドイツ文学・

文化を大いに奨励した。息子のアウグストの教育係に詩人・ヴィーラントをこの国に招いた。

息子も母親にならって、文化復興の担い手に『ヴェルター』の作者でかつてフランクフルトで

会った際に、ユストゥス・メーザーの『愛国的空想』で国家観などを語り合い、

大いに共鳴したゲーテを選んでこの地に招いたのであった。

当時26歳の詩人・ゲーテに政治的実績はない。それを考えれば、

大抜擢といえるかもしれない。しかし、若く初心なカール・

アウグスト公には、芸術・自然・文学を愛する人間・ゲーテが殊のほか輝いていた。

彼は、ゲーテを兄のように慕い、宮廷を飛び出しゲーテと共にでかけて、自然を満喫したり、

演劇を楽しんだり、狩りに出かけたり、時には宮廷の女性を悪戯半分に辱しめる行為をしたり、

おおよそ公子とは思えぬ行動を楽しんだ。ゲーテも、彼に惹かれ、次第にこの地での暮らしは

一時的ではないと感じるようになった。それにこの地では、当代きっての大詩人・

ヴィーラントもいるし、他にも良くも悪くも様々な性格の持ち主の人間がこのワイマールの

宮廷を彩っていた。いずれも、ゲーテの目から見た姿であることに留意されたいが、

まず筆頭に上がるのはアウグスト公の戦闘好きにも関連して、カール・ルートヴィヒ・



477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 10:44:42 ID:b/ZRdBuX
フォン・クネーベル少尉である。彼は、軍人でもあり文学にも長けており、フランクフルトで

最初にゲーテとアウグスト公があったときその仲を取り持った重要な人物であった。

他に、能力には長けていて大の文学愛好家であったが、古参者であることをいいことに、

都合の悪い後輩には、その芽を摘み媚びへつらうというあまり評判がよくないゲルツ伯爵。

優しく、人望、教養も高くヴァイマールの宮廷では欠かせない人物であったが、

性格がとても頑固で保守的で、ゲーテとは馬が合わなく、後にゲーテが大臣になるのを殊のほか

拒んだフォン・フリッチュ大臣。宮廷のムードメーカー的存在のヒルデブランド・

フォン・アイジンテールがいる。彼はあらゆる遊戯、娯楽に長けていて音楽や

戯曲を殊のほか好んだ。しかも、文学能力も高く、多彩な文学活動を行なっていた。

この他にも多く文学愛好家などがいて、ゲーテにはよき理解者に囲まれていると実感していた。

そして、この地に出来るだけ留まりたいと思うようになった。その気持ちに決定打を放ったと

いえるのが、シャルロッテ・フォン・シュタイン夫人との

出会いと言えるだろう。(これは、後節参照)




478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 10:46:22 ID:b/ZRdBuX
[編集] シュタイン夫人

シャルロッテ・フォン・シュタイン(シュタイン夫人)ゲーテとシュタイン夫人との出会いは、

ゲーテがヴァイマールに到着して数日後であった。シュタイン夫人の夫は、ヴァイマールの

主馬頭で宮廷でも重要な人物であった。ゲーテと出会ったとき、既婚者である事はもちろんの事、

既にゲーテよりも7つ年上の33歳で、七人もの子どもがいた。感じはいいがそれでも、

決して男を虜にするほどの美人ともいえない。それでも、この夫人はゲーテの人格・

文学作品に多大な影響を与えた。ゲーテの生涯で最大の影響を与えた女性ともいえる。

ゲーテとの心の交流は、ゲーテがイタリアへ旅立つまでの実に12年近くにも及んだ。

この夫人は清らかで優雅で繊細でそれでいてゲーテの全人格をすべて包み込んでしまう人物で

あった。このようなすべてを包み込んでしまうほどの人物は、ゲーテが過去に出会った女性たちには

なかった性質のものである。ゲーテもこの夫人と出会うことで、人格的には自身の内なる魂が清められ、

激しく野性的で情熱的な人格から純粋かつ節度のある人間性を獲得することができたといわれている。

ゲーテにとって、ギリシア的であらゆるものが調和した人物に映っていた


479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 10:48:46 ID:b/ZRdBuX
これは文学的にはゲーテの古典主義のへの始まりでもあった。宮廷女性シュタイン夫人との出会いは

ゲーテの文学を疾風怒濤から古典主義へと変わらせていく時期でもあった。(この頃は公務で

文学活動に専念できず、本格的にはイタリアから帰ってきた後となる)

ゲーテはシュタイン夫人に向けて無数の詩を作り、さらには後の『イフィゲーニエ』(シュタイン夫人が

モデルとも言われている)や『タッソー』など文学作品にも影響を与えた。ゲーテは足繁く

シュタイン夫人のもとへ通い、彼女を大いに満足させた。ゲーテは夫人宛に送った

詩の一節で「ああ、前世では君は私の妹か妻であった」とまで言っている。このように

人妻へのところへ通うという、現代の感覚で言えば「不倫」に近いものであるが、

一線を越えない限りこの時代のヴァイマールではその点は比較的寛大であった。

しかし、そのような寛大な考えのところでもゲーテの熱中ぶりはあまりに突出していた。

これは宮廷でも話題となり、ゲーテは反感を買ってしまった。

しかし、シュタイン夫人の夫はゲーテが自分の妻のところへ熱心に通っていることに全く

無関心で、宮廷での出来事や馬車のことなど自身の仕事のほうのがよほど重要に映っていたという。

つまり、シュタイン家の夫婦生活は結婚して10数年来、全く冷淡で夫は妻へ充分に愛情を向けず、

彼女自身夫の生活に憂鬱を覚えていた。そこへゲーテがあらわれ、彼女を陽気にし、

ゲーテが自分の宮廷の友達の輪へと誘ってくれたのである。夫は、この事態を咎めるどころか、

ゲーテを妻の生活の良き支援者と捉えており、大いに感謝し二人の間柄を支援さえした。

ゲーテは着実にヴァイマル公国の政務を果たし、公爵の信頼を得て事実上の宰相となった(1783年)。



480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 10:51:24 ID:b/ZRdBuX
[編集] イタリア紀行 古典主義への傾斜
ゲーテは1786年、突如公務をすべて投げ出して、誰にも断りなく(主君カール・

アウグストにも相談なく)イタリアに旅立つが(イタリア紀行)、これは事実上の

「家出」である。
イタリアで2年ほどブラブラと過ごしながら、現地の芸術家とおしゃべりしたり、

石ころを集めたり、(あまり上手とは言えない)絵画の練習に励んだり、ナポリ・ポンペイ

まで物見遊山に出かけたりした。この(お気楽な)家出の最大の文学的収穫は紀行文学

『イタリア紀行』を残したこと、当地で読んだ『チェッリーニ自伝』を帰国後、

自らドイツ語に翻訳したことである。
ゲーテはイタリアからの帰国後(1788年)、公務の任からはずされるが、このころ

女工クリスティアーネ・ヴルピウスと出会い、愛人にする。後にヴァイマル劇場の監督となる(1791年)が、

このころからゲーテの作風は古典主義へと向かうようになり、詩劇『ファウスト』の構想が固まる。

フランス革命(1789年)から続くナポレオン戦争に際しては、ゲーテは当初反フランスの立場を取る。

1792年にヴァルミーの戦いに参加。「ここから、そしてこの日から、世界史の新たな時代が始まる。

("Von hier und heute geht eine neue Epoche der Weltgeschichte aus, und

ihr könnt sagen, ihr seid dabei gewesen.") 」との言葉を残す。後にナポレオンが

ヨーロッパを制覇すると反フランスの立場を引っ込め、皇帝ナポレオンと面会して感激する。






481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 10:52:30 ID:b/ZRdBuX
[編集] 盟友シラー

ワイマールに立つゲーテとシラーの像ゲーテは1788年、フリードリヒ・フォン・シラーを

イェーナ大学の歴史学教授として招聘した。シラーとは1794年の植物学会を機に本格的な親交を結び、

これはシラーの死ぬ1805年まで続いた。二人の間には千通を越える膨大な数の書簡が交わされている。

また、1796年には強烈な文壇風刺詩『クセーニエン』(Xenien)を共同制作し、

当時の文壇を辛辣に批評した。

この当時、色彩論や植物のメタモルフォーゼなどの自然科学研究にのめりこんでいたゲーテを励まし、

その興味を詩作へと向けさせたのはシラーであった。ゲーテはのちに「シラーと出会っていなかったら、

『ファウスト』は完成していなかっただろう」と語っている。



482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 10:53:30 ID:b/ZRdBuX
1805年5月9日、シラーは肺病のため死去する。シラーの死の直前までゲーテはシラーに対して

文学的助言を求める手紙を送付している。それほどまでにゲーテはシラーを必要とし、

信頼し、敬愛していた。周囲の人々はシラーの死が与える精神的衝撃を憂慮し、

ゲーテになかなか訃報を伝えられなかったという。事実、シラーの死を知ってから

しばらくの間、ゲーテは病に伏せっている。 このシラーの死をもって、ゲーテのいわゆる

「古典主義時代」が終わる。






483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 10:54:37 ID:b/ZRdBuX




[編集] 結婚
ゲーテは恋愛遍歴で知られるが、ながく結婚しなかった。しかし1806年に愛人であり子供もいたクリスティアーネ・ヴルピウスと結婚した。1820年頃にはカスパー・マリア・フォン・シュタインベルクと交友関係を結んでいた。
1794年頃からゲーテは主に文学に専念し、その多産な生涯をヴァイマルで終えた。
彼の遺した最期の言葉とされる「もっと光を("Mehr Licht")」はあまりにも有名であるが、これは主治医の診断書にあった記録から広まったものであるとされ、信憑性を疑う説もある。無言のまま死んでいったとする記録もあり、真偽のほどは定かでない。


[編集] 文豪ゲーテ
ゲーテの主要な文学作品には戯曲『鋼鉄の腕 ゲッツ・フォン・ベルリッヒンゲン』

『トルクヮート・タッソー』『タウリス島のイフィゲーニエ』、小説『若きウェルテルの悩み』

『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』『ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代』

『親和力』(散文)、詩劇『ファウスト』(韻文)、詩集『西東詩集』 随筆『イタリア紀行』

『エッカーマンとの対話』がある。理論家としては雑誌『プロピュレーエン』を主催し、

古典主義理論の振興および新人の発掘に努めた。ゲーテは多言語を解し、『チェッリーニ自伝』

やカルデロンの翻訳なども手がけている。




484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 10:55:52 ID:b/ZRdBuX
[編集] 文学活動

ヴァイマルにあるゲーテハウス文学者としてのゲーテの活動は大きく二期に分けられる。

初期のゲーテはシラーとともにシュトルム・ウント・ドラング運動を代表する詩人であり、

シュトラスブルクでゴシック建築の大聖堂に感銘し『ドイツ建築について』を書きドイツ的なもの・

中世的なものへの回帰を広く呼び起こした。

その後ゲーテはヴィンケルマンを読み古典的なものへと回帰し、『ファウスト』に結実する

ドイツ古典主義の代表的作家かつ理論家となる。『ファウスト』はファウスト博士伝説に

題材を取った二部からなる戯曲で、完成に多年を要し、ゲーテが文学者として

最も円熟した時期にかかれたものである。






485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 10:58:36 ID:b/ZRdBuX
[編集] 科学者・思想家
科学者としては人体解剖学・化学・地質学・植物学・光学(『色彩論』)についての

著作および研究がある。ゲーテの植物学や色彩論は形而上学的思弁と密接に関わり、

これを自然哲学とみなす論者もある。

科学史的に注目される研究としては次のものが挙げられる:

動物解剖学:動物ですでに知られていた間顎骨(前顎骨、切歯骨)がヒトにもあることを発見した

(1784年)。また頭蓋骨が脊椎の変形に由来すると考えた。
植物変態論(1790年):植物の形態には大きな違いがあるが基本デザインは

共通であるとし「原植物」の概念を提出した。特に花の各器官は葉の変形であると考えた。

形態学(Morphologie)という用語を最初に用いたのもゲーテとされる。このようにゲーテは

相同性概念による生物形態学の最初期の研究者であり、また進化論的思想を抱いていた

といえる。

色彩論(1810年):ニュートンの光学的色彩論に対する批判は的外れであるが

(あくまで現代科学の常識と照らし合わせた場合において)、色彩論においては光学のみでなく

感覚に関する研究も重要であることを強調した点は評価される。→:ゲーテの色彩論参照

政治家としてのゲーテはヴァイマル公国の宰相として産業の振興を図るとともに、

イェーナ大学にシラー、フィヒテ、シェリングら当時の知識人を多数招聘し、

またヴァイマル劇場の総監督として

シェイクスピア・カルデロンらの戯曲を上演し、文教政策に力を注いだ。





486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 10:59:45 ID:b/ZRdBuX
[編集] ゲーテと音楽
ゲーテの詩や戯曲などには、多くの作曲家が曲を付けたが、ゲーテ自身の音楽観は

保守的なものであった。たとえば歌曲については、ゲーテは民謡を理想としており、

カール・ツェルターやヨハン・ライヒャルトらの曲を好んだ。
一方、フランツ・シューベルトの『魔王』についてはまるで理解できなかった。

シューベルトの友人ヨーゼフ・シュパウンが1816年に『魔王』ほか数曲を手紙とともに

楽譜を送ってきたときには「まったく感動」せず、ろくに見ずに送り返してしまった。

もっとも、シューベルトの死後の1830年4月24日に『魔王』を聴いた時にはこれまでの評価を改め、

「全体のイメージが眼で見る絵のようにはっきりと浮かんでくる」と評価した。



487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 11:03:36 ID:b/ZRdBuX
著作
『アネッテ』(1767)(Annette)詩集。
『新詩集』(1769)(Neue Lieder)詩集。
『鉄手のゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン』(1773)(Götz von Berlichingen
mit der eisernen Hand)。戯曲。単に『ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン』、『ゲッツ』とも。
『若きウェルテルの悩み』(1774} (Die Leiden des jungen Werthers)小説。『若きヴェルターの悩み』
とも。
『タウリス島のイフィゲーニエ』(1787)(Iphigenie auf Tauris)戯曲。単に『イフィゲーニエ』とも。
『エグモント』(1788-89)(Egmont)戯曲。
『雑詩集』(1789)(Vermischte Gedichte)詩集。
『トルクワト・タッソー』(1790)(Torquato Tasso)戯曲。単に『タッソー』とも。
『ライネケ狐』(1794)(Reineke Fuchs)叙事詩。内容から『狐裁判』という邦訳もつけられていた。
『ローマ悲歌』(1795)(Römische Elegien)詩集。
『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』(1796)(Wilhelm Meisters Lehrjahre)小説。
『ヘルマンとドロテーア」(1798)(Hermann und Dorothea)叙事詩。
『ファウスト 悲劇第一部』(1806)(Faust, der Tragödie erster Theil.)戯曲。
『親和力』(1809)(Die Wahlverwandtschaften)小説。
『色彩論』(1810)(Zur Farbenlehre)論文。
『わが生涯より・詩と真実』(1811)(Aus meinem Leben: Dichtung und Wahrheit)自伝。
『イタリア紀行』(1816-17)(Italienische Reise)紀行文。
『西東詩集』(1819)(West-östlicher Divan)詩集。
『ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代』(1821)(Wilhelm Meisters Wanderjahre)小説。
『情熱の三部作』(1827)(Trilogie der Leidenschaft)詩集。
『ファウスト 悲劇第二部』(1831)(Faust, der Tragödie zweyter Theil.) 
モーツァルト歌曲『すみれ』K.476(モーツァルト唯一のゲーテ詩による歌曲)

[編集] 日本におけるゲーテ


488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 11:13:25 ID:b/ZRdBuX
アイザック・ニュートン
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
サー・アイザック・ニュートン(Sir Isaac Newton, ユリウス暦:1642年12月25日

- 1727年3月20日、グレゴリオ暦:1643年1月4日 - 1727年3月31日)は、イングランドの

ウールスソープ生まれ。イギリスの錬金術師・自然哲学者(物理学・天文学)・数学者。

近代の大科学者の一人と評されている。



489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 11:15:34 ID:b/ZRdBuX
[編集] 人物

1672年に王立協会のために作った6インチの反射望遠鏡のレプリカ主著"Philosophiae

Naturalis Principia Mathematica"「自然哲学の数学的諸原理(プリンキピア)」

(1687年7月5日刊)のなかで万有引力の法則と、運動方程式について述べ、古典数学を完成させ、

古典力学(ニュートン力学)を創始。これによって天体の運動を解明した。またゴットフリート・

ライプニッツとは独立に微積分法(流率法)を発明した。光学において光のスペクトル分析などの

業績も残した。ニュートン式反射望遠鏡の製作でも有名である。(なお、反射望遠鏡の発明者だとする

伝記は誤り。)

ニュートンは、地球と天体の運動を初めて実験的に示し、太陽系の構造について言及した。また、

ケプラーの惑星運動法則を力学的に解明した一人であり、天体の軌道が楕円、双曲線、放物線に分かれる

ことを示した。また、光の粒子説を唱えたことでも知られている。また、白色光がプリズム

混合色であるとして色とスペクトルの関係について唱えた。虹の色数を7色だとしたのも彼である。



490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 11:17:22 ID:b/ZRdBuX
他にも、ニュートンの冷却の法則、二項定理の証明、運動量および角運動量の保存の法則の端緒をつけ、

空気中での音速や恒星の起源などについて言及した。(なお現在の視座では多くが不正確なものであり、

正しく完成させたのは後世の学者たちである。)


[編集] 略年表

ウィリアム・ブレイクによるニュートン  万能の幾何学者として描かれている1668年 - (25歳)学位を取得
1669年 - (26歳)ケンブリッジ大学のルーカス教授に就任する。
1672年 - (29歳)王立協会会員になる。
1687年 - (44歳)「自然哲学の数学的諸原理(プリンキピア)」刊行する。
1699年 - (56歳)造幣局長官に就任する。
1701年 - (58歳)国会議員に選出
1703年 - (60歳)王立協会会長に就任される。
1705年 - (62歳)ナイトに叙せられる。
1710年 - (67歳)グリニッジ天文台監察委員長に就任する。
1727年 - (84歳)死去。ウェストミンスター寺院において国葬。
墓碑銘(アレキサンダー・ポープ)

「自然と自然の法則は夜の闇に横たわっていた 神は言い給うた、『ニュートンあれ』、

すべては光の中に現れた」


[編集] 生涯


491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 11:19:29 ID:b/ZRdBuX
[編集] 生涯
以下は簡略したニュートンの人物伝である。より詳細はen:Isaac Newton (in depth)(英語)を参照。

1642年、イギリス、現在のリンカーンシャー州のウールスソープ-カールスターワース

(Woolsthorpe-by-Colsterworth) に産まれた。ニュートンが産まれる3ヶ月前に父親が死去し、

二年後に母親はニュートンを祖母に預けて新しい夫の元へと去ったため、祖母に育てられた。

幼少時は体も小さく、内向的で目立たぬ子で、友人達の格好のいじめの的であったが、

あるとき自分をいじめた少年と喧嘩をして、それに勝つことが出来た。そのことをきっかけに

以後自分に対する自信をもち、勉強においても才能を伸ばしていったとされる。ニュートンは

いわゆる神童であった。

1655年にグランサムのグラマー・スクール入学、1661年には彼の叔父に当たるウィリアム・

アスキューが学んでいたケンブリッジにあるトリニティーカレッジに入学する。

当時の大学での講義はまだアリストテレスの説に基づく物であったが、ニュートンはデカルトやガリレオ、

コペルニクス、ケプラーといった当時のより進んだ物理学者達によるアイディアを好んで学んだ。

1665年に二項定理を発見し、数学の理論の構築を始め微分を発見し後に微分積分学へと発展することになった。

1665年に学位を取った直後、ロンドンでペストが大流行し、予防策として大学が閉鎖されたため、

ニュートンは故郷のウールスソープへと帰り、その後2年間、微分積分学と光学、

重力についての研究を行った。この1665年後半から1666年の一年半でニュートンは彼が生涯に成し遂げたほとんどの

研究の成果を出しているため、驚異の一年半とも呼ばれる。しかしそれぞれの発表は

かなり後のことになる。



492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 11:22:22 ID:b/ZRdBuX
ニュートンがリンゴの木の下に座っているときに、リンゴが木から落ちるのを見て

万有引力を思いついた、という有名な伝記があるが、これはニュートンの家の窓から

リンゴの木が見えることから作られた話である。しかしこれは以後のニュートンを知る人が、

彼が如何に日常に起きることに関心を持ち、そこから理論への着想を得ていたかという

彼の賢さを表すものとして作られたのだと言われている。例えば同時代の作家ウィリアム・

ストゥークリの書いた Memoirs of Sir Isaac Newton's Life に1726年4月15日にニュートンと

会話したことについて述べられている。"when formerly, the notion of gravitation came

into his mind. It was occasioned by the fall of an apple, as he sat in contemplative

mood. Why should that apple always descend perpendicularly to the ground, thought he to

himself. Why should it not go sideways or upwards, but constantly to the earth's centre."

また、後にヴォルテールは彼のエッセイ Essay on Epic Poetry (1727)のなかで彼がニュートンの姪に聞いた

話として「アイザック・ニュートンは庭仕事をしている際に、リンゴの木からリンゴが落ちるのを見て、

彼の重力に関する最初の発想を得た」と言う逸話を紹介しているが、真偽の程は明らかではない。

リンゴの木ではなくトイレで気づいた説がある

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 11:24:49 ID:b/ZRdBuX
1667年にケンブリッジ大学の教授となり、その歳に「無限級数の解析

(De Analysi per Aequationes Numeri Terminorum Infinitas)」を書く。

(刊行1671年)また論文「流率の級数について(De methodis serierum

et fluxionum)」を発表する。

ニュートンとライプニッツはそれぞれ独立に、異なった視点から微分積分法を発見した。

優先権をめぐって四半世紀にも及ぶ熾烈な争いが展開された。ニュートンの発表は

ライプニッツよりも遅かったが、1666年に(ライプニッツより早く)発見していたのだと主張した。

後世、ライプニッツの考案した記号の方が理にかなっているため勝利を収めた。

ニュートン式の記号はもっぱら(力学などで)読みやすくするために利用されることもある。

ニュートンはこのことで自分が考案した微分積分法を、何らかの方法でライプニッツが盗んだと思い込み、

この後25年間の長きに亘ってライプニッツと微分積分学の発見者の名声を争って法廷闘争を行っている。

1669年にケンブリッジ大学のルーカス教授職に就いた。

晩年の彼は、聖書研究や錬金術の実験などに没頭していたことがわかったため、

後世に「神学者」「最後の錬金術師」と呼ばれる場合もある。晩年、「二つの聖句の著しい

変造に関する歴史的記述」を著すが、イギリス国教会からの弾圧を恐れ、生前には発表しなかった。

(1754年刊) 1689年、下院議員になるが、政治には興味が薄いためか殆ど発言をしなかった。

なお、議会での唯一の発言は「議長、窓を閉めて下さい」である。




494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 11:25:59 ID:b/ZRdBuX
1696年には造幣局長官にもなっていた。このとき非常に熱心に職務に当たったらしく、

在職中は偽金造りが激減した。(偽金製造シンジケートの親分を捕らえて裁判にかけ、

死刑にしたというエピソードが残されている。)また銀貨の金貨に対する相対的価値の設定において

市場の銀の金に対する相対価値を見誤り、よりも低く設定したため銀貨が溶かされ金貨と

交換されるという現象が起こり図らずしもイギリスが事実上の金本位制に移行する原因となった。


局に勤めてからは錬金術に没頭し一切の科学的研究を行っていない。彼の業績は96年までの

53年間に発表されたものである。



495 :488からニュートン:2007/01/03(水) 11:28:27 ID:b/ZRdBuX
[編集] ニュートンによる科学革命

ニュートン自身が所有していたプリンピキア第2版 訂正した跡があるニュートン以前の

正統的な科学は、物事の発生する原因を明らかにすることに力点が置かれていた。

たとえば、ルネ・デカルトは惑星の運動や重力の原因を、空間に充満しているエーテルの

圧力差や渦動によるものとする「渦動仮説」で説明を試みている。また、ケプラーは地磁気が惑星の

運動の原因であるとする重力理論を展開している。

これに対し、ニュートンは万有引力の法則を提示するに留め、それをもたらす原因について

論じる必要はないとする、新しい科学的方法論を提示している。神の行いについて、

人間の持つ理性では理解不能であるという思想を背景としたものであったが、このような方法論は

合理的な近代科学の礎となるものであった。



496 :488からニュートン:2007/01/03(水) 11:30:19 ID:b/ZRdBuX
[編集] 科学以外の側面
ニュートンは科学の分野での功績が著しいが、それ以外の分野でも足跡を残していることは

あまり知られていない。


[編集] 宗教家として
アイザック・ニュートンはユニテリアンや古代キリスト教の異端アリウス派の信仰者であった

という。 イエスを父なる神と同一視せず、被造物(人間)とみる同派の教義は理神論にたつ

ニュートンにとって受け入れやすいものであったのであろう。 ニュートンは聖書研究にも

科学研究と同様の情熱をつぎ込んだ。

Isaac Newton's religious views

[編集] 錬金術師として
アイザック・ニュートンは造幣局長官の地位に隠れて、錬金術の研究を行っていた。

近年、ニュートンの錬金術ノートを競売で手に入れた経済学者のケインズは「最後の魔術師」

という表現でニュートンを表している。 20世紀になって、ニュートンの遺髪の分析により

水銀が検出されたことはニュートンの錬金術にかける情熱を実証することとなった。

Isaac Newton's occult studies

[編集] 外部リンク


497 :488からニュートン:2007/01/03(水) 11:47:12 ID:b/ZRdBuX
ダビンチ、ゲーテ、ニュートン等は、フリーメーソンのメンバーであると言われている。

そして、フリーメーソン系の最後にシュタイナーが来ていて、

人智学が誕生していると思われるが、、、。

498 :以下、フリーメーソン:2007/01/03(水) 11:56:33 ID:b/ZRdBuX
フリーメイソン
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(フリーメーソン から転送)
移動: ナビゲーション, 検索

出典の明記:この記事は、執筆の際に参照した文献の出典を明記していないか、あるいは
信頼のおける資料を使用せずに書かれた独自調査になっている可能性があり、内容の信憑性に
疑問が持たれています。ノートで議論を行うか、参照した資料を参考文献の節にて列挙した上で
執筆してください。

フリーメイソン(Freemason、英語表記の場合)とは、会員同士の親睦を目的とした友愛団体。

イギリスで発生し世界中に派生した男性の入社的秘密結社(自身は非公開団体といっている)

である。「フリーメイソン」は厳密には各個人会員の事を指しており、団体名はFreemasonry

(英語表記(フリーメイソンリー)、フランス語表記Franc-maçonnerie(フランマソヌリ)、

ドイツ語表記Freimaurerei(フライマウレライ))である。以下、英語的な発音である

「フリーメイソンリー」と記載する。なお本項目は「フリーメイソン」と記述しているが、

日本グランド・ロッジの記述は「フリーメイスン」となっている。



499 :白カラス黒ヒツジ:2007/01/03(水) 11:59:02 ID:b/ZRdBuX
[編集] 概要

[編集] 特徴
フリーメイソンリーは、原則として国や州を単位とする、グランドロッジと呼ばれる本部があるものの、

全体を統制する総本部はない。グランドロッジはプロビンシャルグランドロッジ(Provincial

Grand Lodge)やディストリクトグランドロッジ(District Grand Lodge)と呼ばれる県・地域支部、

および直轄に管理されるロッジで構成され、県・地域支部はロッジと呼ばれる支部から構成される。

ただし、活動規模の小さい国や地域では、グランドロッジは県・地域支部を置かず、ロッジを直接管理している

場合もある。 ロッジは他のロッジから認証されることで、フリーメイソンのネットワークに加入できる。

あるロッジの振る舞いがフリーメイソンリーとして不適切であった場合、他のロッジはそのロッジへの

認証を取り消すことで排除する。正式名称がFree and Accepted(承認された)

Masonsであるのはそのためである。


[編集] 入会条件


500 :ひまだよ とむ:2007/01/03(水) 12:00:02 ID:Yd2bhk+h
これは 頭の中から導き出して書いているのかい?

501 :入会も儀式は、時代によって異なる。人権は?:2007/01/03(水) 12:02:32 ID:b/ZRdBuX
入会条件
入会資格として何らかの真摯な信仰を要求しており、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教

(以上アブラハムの宗教)の信徒はもちろん、仏教徒などであっても入会できるが、

無神論者は入会できない。また、そのほかの入会資格としては、成年男子で、世間での評判が良く、

高い道徳的品性の持ち主であり、健全な心に恵まれ、ロッジ会員の投票によって

承認されることが必要である。

自分が会員であることを隠す必要はなく、会員であることを公言している人もいる。ただし、

自分以外の会員について、その者が存命中に会員であることを公表することは禁じられている。

入会勧誘も内規で禁じられている為、興味を持った人が自発的に門を叩いてくれるのをひたすら

待っている状態だという。

女性は入会することができないが、第3階級マスター・メイソンの妻、母、姉妹だけが入会できる

外郭団体イースタン・スター(The International Order of Easten Star)が存在する。

女性が入会できない理由は、石工職人団体時代において、女性が男性と同様の作業を行う

ことが困難であったことに起因しているのではないかとされている。


[編集] 誤解


502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 12:04:23 ID:b/ZRdBuX
誤解
よく誤解されることだが、フリーメイソンリーはユダヤ系の団体ではない。確かに旧約聖書が

儀式に用いられ、ソロモン王など古代ユダヤ系の人物が儀式に登場するが、それだけでユダヤ系、

ユダヤ教的とは言えない。また、ユダヤ人の参加も当然あるが、それは団体の理念が

人間の理性や博愛にあり(超宗教的思想)、特に近代以前の社会において、日常における

ポグロムの恐怖からの解放を願うユダヤ人にとっては、積極的に参加する動機が十分にあった

ことによると考えられる。





503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 12:08:29 ID:b/ZRdBuX
起源
中世イギリスの石工職人のギルド説
1360年、イギリス、ウィンザー宮殿の建造の際に徴用された568人の石工職人達が、

数百年に渡るゴシック建築のプロジェクトを遂行しようとしたときに自分たちの権利が他の

職人に渡らないようにギルドで暗号を使用したのが始まりとされる。
テンプル騎士団説
1118年、聖地エルサレムへの巡礼者の保護を目的としてフランスで結成された

テンプル騎士団の生き残りが建てた組織と言われている。元々の設立メンバーは9人の騎士だが、

貿易や金融業で莫大な富と権力を有し、巨大組織となった。しかし14世紀、当時のフランス王フィリップ4世の

奸計により壊滅状態に追い込まれ、スコットランドに逃げ延びた騎士達がその地で新たに作った組織がフリーメイソンリーである。


ソロモン神殿建築家説
ソロモン神殿の建築家を起源とする説はフリーメイソンリーの自称である。
ソロモン神殿建築の際の建築家棟梁ヒラム・アビフが建築家集団を「親方」「職人」「徒弟」
からなる集団に分け、それぞれに秘密の合言葉や符牒を定めて仕事に当たらせた。
神殿伝説を参照。
近代設立説
起源がどこにあるにせよ、現代のフリーメイソンリーの発足を1717年6月24日のロンドン、
グランドロッジの結成とする説。これはこのロッジの結成を転機としてフリーメイソンリー
自体の性格が大きく変貌を遂げるからである。そして1723年、ジェームズ・アンダーソンにより
「フリーメイソン憲章」が制定された。



504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 12:11:32 ID:b/ZRdBuX
[編集] 歴史
ゴシック建築のブームは400年ほどで終わってしまい、石工職人団体としてのフリーメイソンリー
(実務的メイソンリー)は衰えたが、イギリスでは建築に関係のない貴族、紳士、知識人が
フリーメイソンリーに加入し始めた(思索的メイソン)。それと共に、フリーメイソンリーは
職人団体から、友愛団体に変貌した。石工団体であった頃の名残りとして、内部の階位制度には
「徒弟 (Entered Apprentice)、職人 (Fellow Craft)、親方 (Master Mason)」の呼称が残っている。

友愛団体に変貌したフリーメイソンリーはイギリスから、ヨーロッパのフランスやアメリカ大陸に広まった。
国際的な互助組織も無い時代だったので、会員であれば相互に助け合うというフリーメイソンは、
困難を抱えた人間にとって非常にありがたかった。ウィーンのロッジに加入していたモーツァルトは同じフリーメイソンに
借金の無心をしたり、伝を頼っている。フリーメイソンが広まった時期は、絶対王政から啓蒙君主、市民革命へと
政治的な激動が続く時代でもあり、特定の宗教を持たずに理性や自由博愛の思想を掲げるヨーロッパ系フリーメイソンリーは、
フランス革命の当事者達の多くがフリーメイソンであったため、しばしば旧体制側から体制を転覆するための陰謀組織とみなされた。
アメリカにおいても独立戦争にかかわった多くの会員がいたにもかかわらず同様であった。なお、自由の女神像はフランス系
フリーメイソンリーとアメリカ系フリーメイソンリーの間に交わされた贈り物であった。

フリーメイソンに関する歴史やテンプル騎士団との関係については、M.ベイジェント、R.リー
『テンプル騎士団とフリーメーソン』(林和彦訳、三交社刊)に詳説されている。


[編集] 人物
有名なフリーメイソンとして以下のようなメンバーがいる。(生年順)


[編集] 日本


505 :時代によって各々は違うが、これも同じこと:2007/01/03(水) 12:14:02 ID:b/ZRdBuX
[編集] 人物
有名なフリーメイソンとして以下のようなメンバーがいる。(生年順)
[編集] 日本
西周 (1829年生)[1]
津田真道 (1829年生)[1]
林董 (1850年生)[1]
幣原喜重郎 (1872年生)[要出典]
吉田茂 (1878年生)[要出典]
米内光政 (1880年生)[要出典]
鳩山一郎 (1883年生)[1]
東久邇宮稔彦 (1887年生)[1]
沢田教一 (1936年生)[1]
坂本龍馬 (1835年生)が入会していたという説[要出典]もある。
[編集] アメリカ
ベンジャミン・フランクリン (1706年生)[2], [3]
ジョージ・ワシントン (1732年生)[2], [3]
トーマス・ジェファーソン (1743年生)[要出典] - フリーメイソンではなかったという説[4]もある。
ジェームズ・モンロー (1758年生)[3]
アンドリュー・ジャクソン (1767年生)[3]
ジェームズ・ブキャナン (1791年生)[3]
マシュー・ペリー (1794年生)[要出典]
ジェームズ・ポーク (1795年生)[要出典]
アンドリュー・ジョンソン (1808年生)[3]
ジェームズ・ガーフィールド (1831年生)[3]
マーク・トウェイン (1835年生)[2]
ウィリアム・マッキンリー (1843年生)[3]
バッファロー・ビル (1846年生)[要出典]
ジョン・フィリップ・スーザ (1854年生)[要出典]
ロバート・ピアリー (1856年生)[要出典]
ウィリアム・H・タフト (1857年生)[3]
セオドア・ルーズベルト (1858年生)[2], [3]
ヘンリー・フォード (1863年生)[2], [3]
ウオレン・G・ハーディング (1865年生)[3]
ガットスン・ボーグラム (1867年生)[要出典]
ダグラス・マッカーサー (1880年生)[5], [6]
フランクリン・デラノ・ルーズベルト (1882年生)[2], [3]
ハリー・S・トルーマン (1884年生)[3]
タイ・カッブ (1886年生)[要出典]
カーネル・サンダース (1890年生)[3], [7] - 会員を装った非会員という説[要出典]もある。
デューク・エリントン (1899年生)[2]
ルイ・アームストロング (1901年生)[2]
カウント・ベイシー (1904年生)[2]
ジョゼフィン・ベーカー (1906年生)[要出典]
ジェラルド・R・フォード (1913年生)[2], [3]
ナット・キング・コール (1919年生)[要出典]
[編集] ハワイ
カメハメハ4世 (1830年生)[5]
カメハメハ5世 (1834年生)[5]
カラカウア (1836年生)[5]
[編集] カナダ
ジェームズ・ネイスミス (1861年生)[3]
[編集] フランス
ヴォルテール (1694年生)[2]


506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 12:18:02 ID:b/ZRdBuX
[編集] フランス
ヴォルテール (1694年生)[2]
ドゥニ・ディドロ (1713年生)[要出典]
ジャン・ル・ロン・ダランベール (1717年生)[要出典]
ラファイエット (1757年生)[2]
アンリ・ド・サン=シモン (1760年生)[要出典]
ナポレオン・ボナパルト (1769年生)[要出典]
ルイ・ブラウン (1811年生)[要出典]
フレデリク・バルトルディ (1834年生)[2]
[編集] ドイツ
ゴットホールト・エフライム・レッシング (1729年生)[2]
ヨハン・クリスティアン・バッハ (1735年生)[3]
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ (1749年生)[2]
ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ (1762年生)[要出典]
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン (1770年生)[2]
ルイ・シュポーア (1784年生)[要出典]
ジャーコモ・マイアーベーア (1791年生)[要出典]
フェリクス・フォン・ルックナー (1881年生)[要出典]
[編集] イタリア
ジャコモ・カサノヴァ (1725年生)[2]
フィリッポ・ブオナロッティ (1761年生)[要出典]
ジュゼッペ・マッツィーニ (1805年生)[要出典]
ジュゼッペ・ガリバルディ (1807年生)[2]
ロベルト・カルヴィ (1920年生)[要出典]
[編集] オーストリア
フランツ・ヨーゼフ・ハイドン (1732年生)[2]
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト (1756年生)[2]
[編集] イギリス
ジョージ4世 (1762年生)[2]
エドワード7世 (1841年生)[2]
アーサー・サリヴァン (1842年生)[3]
アーサー・コナン・ドイル (1859年生)[2], [3] - 『シャーロック・ホームズの冒険』の
「赤毛組合」において、ホームズが依頼人をフリーメイソンだと言い当てるシーンがある。
ウィンストン・チャーチル (1874年生)[2]
エドワード8世 (1894年生)[2]
ジョージ6世 (1895年生)[2]
ジェームズ・ゴールドスミス (1933年生)[要出典]


507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 12:19:05 ID:b/ZRdBuX
[編集] スコットランド
トーマス・ブレーク・グラバー (1838年生)[要出典]
[編集] アイルランド
ウェリントン公アーサー・ウェルズリー (1769年生)[要出典]
[編集] ベルギー
アドルフ・サックス (1814年生)[要出典]
[編集] チェコ
アルフォンス・ミュシャ (1860年生)[要出典]
エドヴァルド・ベネシュ (1884年生)[要出典]
[編集] プロイセン
フリードリヒ2世 (1712年生)[2]
[編集] ルーマニア
ディミトリエ・カンテミール (1673年生)[要出典]
[編集] ハンガリー
フランツ・リスト (1811年生)[2]
[編集] フィンランド
ジャン・シベリウス (1865年生)[2]
[編集] ロシア
アレクサンドル・ケレンスキー (1881年生)[要出典]
[編集] 中国(中華民国)
蒋介石 (1887年生)[要出典]:パコダ結社
宋美齢 (1897年生)[要出典]:イースタン・スター結社(アメリカ系女性の結社)
周恩来 (1898年生)[要出典]:大東社系
張学良 (1901年生)[要出典]:奉天結社
[編集] フィリピン
ホセ・リサール (1861年生)[要出典]
マニュエル・ケソン (1878年生)[要出典]
コラソン・アキノ (1933年生)[要出典]
[編集] ブラジル
ペドロ1世 (1798年生)[要出典]

[編集] チリ
サルバドール・アジェンデ (1908年生)[2]
[編集] その他


508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 12:23:15 ID:b/ZRdBuX
会員数はアメリカが世界最大である。アメリカの建国にたずさわったベンジャミン・フランクリンも

ジョージ・ワシントンもフリーメイソンであり、歴代アメリカ合衆国大統領のうち、

ワシントンを含めて14人が会員となっている(吉村正昭『フリーメイソン』講談社)。

吉村は、アメリカの本質を「道徳国家」ととらえ、フリーメイソンの理念との共通点を示唆している。

フリーメイソンのアメリカ合衆国大統領は15人であったとする説もある[4]。

インターネットの理念とフリーメイソンのそれには共通点がある[要出典]。

ネットワーク型構造・リンク型構造(Accepted)、アメリカを中心とする国際的ネットワーク、

(時に)強大な影響力、個人の自由、技工・技術者中心からパブリック化、などである。

また、マスメディア(第四権力などと呼ばれる)、各国情報機関(第二の政府などと呼ばれる)

と合わせ世界の情報四大権力とも解釈できる[要出典]。これらは負の側面にもある種共通点が

あるように見受けられる[要出典]。


509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 12:24:32 ID:b/ZRdBuX
日本では市販の書籍で陰謀論のみが目につくが、欧米では会員である事は一種のステータスでもあ[要出典]。

フランス革命と同様に日本でもフリーメイソンの影響がみられる。薩長同盟が坂本竜馬の海援隊から

入手した武器は、フリーメイソンのイギリス人武器商人トーマス・グラバーが仲介していた[要出典]。

連合国軍最高司令官総司令部はマッカーサーをはじめ多くのメンバーがフリーメイソンであり、

日本国憲法のGHQ草案の作成にあたった総司令部民政局の25人も多くがフリーメイソンであったとされ

[要出典]、日本国憲法第21条は集会の自由、結社の自由、言論の自由とフリーメイソンの

理想が並んでいる。フランス革命の自由、平等、博愛もフリーメイソンの理念である。


510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 12:25:32 ID:b/ZRdBuX
[編集] フリーメイソンをテーマにした作品

[編集] 映画
『フロム・ヘル』2001年/アメリカ
『ナショナル・トレジャー』2004年/アメリカ

[編集] 小説
『天使と悪魔』-ダン・ブラウン 2000年/アメリカ
『東京タブロイド』-水城正太郎 2001年/日本

[編集] ゲーム
『メタルギアソリッド2』2001年/日本


511 :白カラス黒ヒツジ:2007/01/03(水) 12:27:53 ID:b/ZRdBuX
  、、、、あれ、、、?  以外に情報が少ないな、、、。



512 :白カラス黒ヒツジ:2007/01/03(水) 12:34:50 ID:b/ZRdBuX
フリーメーソンについては、カリオストロからシュタイナーにいたるまで切っても切れない

関係の連中は沢山いるはずなんですがね、、、。 わざと、ウィキは敢えて伏せている臭いw

よく、調べてみると、フリーメーソンの根本を生まれ変わりの思想が貫いていることが

解るはずであると思われますが、、。

 

513 :いつのまにか、私のとメンヘラのスレが一体化してしまってるw:2007/01/03(水) 12:41:47 ID:b/ZRdBuX
よく、調べてみると、フリーメーソンの根本を生まれ変わりの思想が貫いていることが
解るはずであると思われますが、、。
242 KB [ 2ちゃんねる 3億PV/日をささえる レンタルサーバー \877/2TB/100Mbps]
--------------------------------------------------------------------------------
■ おすすめ2ちゃんねる 開発中。。。 by FOX ★
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
めいちゃん [占い]
ボランティア ぶっちゃけスレッド [ボランティア]
メンヘラ【にしこり】55 [占い]
AAぶっちゃけ何でも保管スレ [AA長編]
あらゆる文化人をぶったたき、粘着、乾かす、スレ [哲学]
--------------------------------------------------------------------------------
247 :K-た ◆rkR5fAFJQg :2007/01/03(水) 12:28:47 ID:wP2nf4zc
>>243
それって、迂闊にエロ系の板に出入りできないってことじゃ。。
いや。いいんですけどね。
わたしは変態だーといえる開放感はそれはそれで。
73 KB [ 2ちゃんねる 3億PV/日をささえる レンタルサーバー \877/2TB/100Mbps]
--------------------------------------------------------------------------------
■ おすすめ2ちゃんねる 開発中。。。 by FOX ★
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
あらゆる文化人をぶったたき、粘着、乾かす、スレ [哲学]
正規の奇形児スレッド [ハンディキャップ]
任意整理中でもローン組む方法 [借金生活]
■ (vip931あらため) 「おすすめ2ちゃんねる」 その5 [2ch運用情報]


514 :白カラス黒ヒツジ:2007/01/03(水) 12:48:11 ID:b/ZRdBuX
 生まれ変わりの認識は、キリストのカタリ派や、バラ十字、

  フリーメーソンの基本であると思われる



515 :白カラス黒ヒツジ:2007/01/03(水) 12:53:45 ID:b/ZRdBuX
ここで生まれ変わりの問題を扱ってみると、インドの仏教 フリーメーソン系 

キリスト教のカタリ派、など、恐らく聖杯による永遠の生命の意味や、

カリオストロの長寿の意味は生まれ変わりの象徴を示しているとおもわれる。

516 :516<読み飛ばせ:2007/01/03(水) 13:20:56 ID:b/ZRdBuX
シュタイナーのカルマ認識論の著作、ノンフィクションではやはり、

コリンウィルソンの来世体験などにいくつもの報告がある。(ここで、

シュタイナーの認識観を記述しておきたいのですが時間が無いので今は割愛して、

後回しに参考として記述しておくことにします。とにかく、死後の認識に関しては

やはり、シュタイナーが一番説得力があると主張しておきますが、彼の進化論の認識が

色々な意味で致命的であると指摘せざるを得ない、。)



517 :517<読み飛ばせ:2007/01/03(水) 13:46:04 ID:b/ZRdBuX
そして、次に触れるが、シュタイナーの盲点は他にもある。

518 :解るかなw?↓読み飛ばすことをすすめる。:2007/01/03(水) 13:49:35 ID:b/ZRdBuX
基本的にはシュタイナーが転生の認識については、進化の方向性を与えたと言われている。

しかし、人間進化の彼の未来像は、あくまで予言に過ぎず未定ではないが未来では無いは

ずのものである。しかし、その時点で、起こっても無い事を予言して、現実の人様のこと

を一時のこととして限定してきたり、逆に、はるか未来にいたるまで拡大してきたりして

くるのだ。しかも、人様について、はるか未来の運命の事を始めから言及して、カルマだ

とか道徳だとかわめき散らすことをするのだ。

彼みたいに、始めから、完全な、善の人種や悪の人種が出現するだとか、起きても無いの

に言うこと事態がおかしいし、こんな、現実の人様の運命を漠然と脅かすようなことをさ

れてしまっては、たまったものではない。(それは、彼の黙示禄の秘密の講義を読めばわか

る。)このことは、根本的にシュタイナーの人智学の致命的盲点と指摘しておくしかない。

シュタイナーは犯罪学の認識において、彼は弱点をさらけ出していると主張できる。





519 :解るかなw?↓読み飛ばすことをすすめる。:2007/01/03(水) 14:24:32 ID:b/ZRdBuX
同じ様な事は、ユングにも特に当てはまると言えそうだ。根本的にその発想が漠然として

野放図でまずい。ある意味、悪徳商法やネズミ構やマルチに近い体制の発生源となりうる

発想法と言わざるを得ないのだ。(シュタイナーにましてユングは支離滅裂だった。

一言で言って、彼の「ヨブへの答え」のちょさくは、怪しい。成長すると言うことは

要するに、自分や周囲の世界をコントロールする力を身につけてゆくことである。

うまく、自分や周囲の世界をコントロールできるようになるにつれ、我々は単なる

恐怖と不安の塊から脱して、「固体」になっていく。ユングはこの過程を「固体化」

と呼んだ、、、。奇妙なことに、ユング自身は固体化に抵抗するタイプの人間だった。

彼の死後に出版された友人知人たちの回想は、彼が、いかに短気で、神経症的で、自分に

自身が無かったかを暴露した。かねてより、ユングは現代の偉大な賢者の一人教えられていたから

彼の結婚生活が実は平穏ではなく、患者の一人だったトニ・ヴォルフとの長年の愛人関係をはじめ、

いくつ者不倫があったことを知って、世間は驚愕した。秘書のアニエラ・ヤッフェによれば、

晩年のユングに厭世、自信喪失、苛立ちが暗い影を落とし、「固体化」を達成した人間の特徴は

ほとんど見られなかったと言う。「私を怒らせると大変なことが起きる」と威張り

散したりしていたと言われている。)



520 :解るかなw?↓読み飛ばすことをすすめる。:2007/01/03(水) 14:50:18 ID:b/ZRdBuX
410、433、497、512に関して、、、。

話の焦点を奇形児に戻すと、、、、、、

    、、、、、、、、、、、、、、、ゲッ

  _, ._
(;゜ Д゜) ・・・・・・データーがここでも消失してるwww、、、、


、、、、、、、、、、、、、、、、m(。。)m、少し時間がかかります。


   、、思い出しながらで、話がつぎはぎになっていきますが、申し訳ございません。















521 :やっほうwww:2007/01/03(水) 15:01:05 ID:b/ZRdBuX
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
めいちゃん [占い]
メンヘラ【にしこり】55 [占い]
ボランティア ぶっちゃけスレッド [ボランティア]
(∂。∂)<激しく叫びながら雑談するスレ40 [占い]
AAぶっちゃけ何でも保管スレ [AA長編]

--------------------------------------------------------------------------------



522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 15:25:05 ID:NhPpzENH
パッチギ! についての動画
http://www.youtube.com/watch?v=TIz9yZmbNGg


523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 15:44:12 ID:b/ZRdBuX


    、、、、、、、、、



  _, ._
(;゜ Д゜) ・・・・・・こんなところにあった、、、、。



524 :時間を大幅にロスったw:2007/01/03(水) 15:59:26 ID:b/ZRdBuX
           人
        ノ⌒ 丿
     _/   ::(
    /     :::::::\
    (     :::::::;;;;;;;)_      ┌┴┐ - ./  ─┐   ..┃
    \_―― ̄ ̄::::::::::\        ノ ___ノ  ..─┘ ̄ ̄ ・
\  ノ ̄     ::::::::::::::::::::::)  /
 \(     ::::::::::::::;;;;;;;;;;;;人/
  / ̄――――― ̄ ̄::::::::\
 (    ● \__/::●:::::::::::::)
  \__::::::::::\/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ


525 :時間を大幅にロスったw:2007/01/03(水) 16:02:20 ID:b/ZRdBuX
  :::         ,.- ..,                  :
.   :        ,゙   ゙ ' ‐ ‐ ‐/⌒ヽ' ' ゙ ',    ..:::..
.     ∧     :          .! ,.γ⌒ヽ ;    ::
    <  '7   ,'゙        ゙'‐-ヘ,   ノ.,⌒)
     レt-! . ,’            ~ ^ヾ_ノ
       !‐‐┼-                  ;
       !‐┼-   ●       ●  ー┼-
         !.‐十     (_●_)     ‐┼-
        ,.!- ヽ、     |∪|      ゙メ、
        ',.と   ゙ ッ‐,-..ヽノ,,:n‐ッ, ‐ ' ゙
.          ` !、  ./  ゙' -∠ィ^'゙    ゙ヽ、
           `.7 .,‐^- 、  ゙ヽ、    i
   ..::..      ノ   ι、r'     ヽ、,._ノ
.     ::       ,∠..,,_     ゙         >   .:.
          ` ''! ゙ヽ.,, _ _     , イ   ...:: ::...
                ヽ、  ヽ、  ̄  ,ノ    :: ::
               ゙ ' ' ゙   ゙ ' ' ゙     :

572 :タッハー ◆ELSeyuKumA :2006/10/04(水) 17:26:47 ID:4vjNr49X
   __ _,, -ー ,,
      (/   "つ`..,:
   :/       :::::i: 
   :i        ─::!,,   
     ヽ.....:::::::::  ::::ij(_::●  
    r "     .r ミノ~   煽るなら
  :|::|    ::::| :::i ゚。  パオすけを・・・w
  :|::|    ::::| :::|:
  :`.|    ::::| :::|_:
   :.,'    ::(  :::}:
   :i      `.-‐"


526 :あ”あ”あ”rrrr、572の関係ないのがある。↑:2007/01/03(水) 16:06:10 ID:b/ZRdBuX
             __,,,,,,,,_
            /    ヽ    まあ、一発目のぶっちゃけ
           , '       ヽ
           i        } と言うことでざっくばらんな感じ
           {  r'"ー_-‐;= } __,、 -‐、  
           }r'、}て“}´f“,} ''´    }なんです。
            ヾi{i    冫'i.      イ 
           />i┌---、,_!      i 
         / / |ヾ、  "r'ヽ       |
       /  / |、`'>ー''rヾ|      'i
       /    /  |ヽ' Y'~'/-、       ヽ
     r‐'   、. /   |   〉〈  ヽ      '.
    ヽ  \ } ,,ゝ |   i i   {   i`、  l
     ヽ  ヽi |  |   !  i  i   iヾ、  i
      /   ,i i.  |   |   i  }  | ヾ、  i
       >   i i、 |   |   ! |  .i ))   i
        i   |  | |  !  !}   { 〉)   i


527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 16:08:56 ID:b/ZRdBuX
                ./" ̄ ̄"''ヽ       _,, -‐- ,,_
        ./ ̄"ヽ    i        |     /
     / ̄'',!-、bi |   ./¨ヽ {0}   .|    /
     ,!-、bヽニ   .',  i_,.ノ      .|   /¨`ヽ  {0}
    ヽニ,  ,'  /´ \ `‐-    _,,,,..|  i__,,.ノ
     l´  >、_/    \__,>、,r'''"   |   `ー-
    . l   l /      /〈 ー'      ヽ   |
     l   ノ l .l    / /        l,r‐';"´〉  ,r'",r''"
    l,--、l / l     ,l     /     / 〈 /'-'フ" <
_,r=='  ノ`〉 l   / /    /      l   ヽl/"''''''''"
_,r‐'"  / 〈  l''''''フ´ l    /      ノ   l/ /
‐‐''''フ"  ,r''l_,.ノ/  .(    ./     /   / /
‐<ニ--‐‐''" /   /   /`''ヽ、,_ ノ   / /
_r=ニ>-==‐'フ   /  ,..ノ     >'   ,-ム、'
/;'/`>=`ヽ'  ,r'" >-'"  _,..r―-'´`ヽ /  /



528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 16:10:36 ID:b/ZRdBuX
                 ./" ̄ ̄"''ヽ       _,, -‐- ,,_
        ./ ̄"ヽ     i        |     /
     / ̄''i6,-、6i |   . | {0}/¨ヽ{0} .|    /
     i6,-、6iヽニ  .',   |  i_,.ノ    .|    .i  {0}/¨`ヽ {0}
     ヽニ,  ,'  /´ \  \`‐- _,,,,...|   |   i__,,.ノ
     l´  >、_/    \__,>、,r'''"   |   ミ   `ー-
    . l   l /      /〈 ー'      ヽ   |
     l   ノ l .l    / /        l,r‐';"´〉  ,r'",r''"
    l,--、l / l     ,l     /     / 〈 /'-'フ" <
_,r=='  ノ`〉 l   / /    /      l   ヽl/"''''''''"
_,r‐'"  / 〈  l''''''フ´ l    /      ノ   l/ /
‐‐''''フ"  ,r''l_,.ノ/  .(    ./     /   / /
‐<ニ--‐‐''" /   /   /`''ヽ、,_ ノ   / /
_r=ニ>-==‐'フ   /  ,..ノ     >'   ,-ム、'
/;'/`>=`ヽ'  ,r'" >-'"  _,..r―-'´`ヽ /  /
l、/lc'`‐'`l__,.r'",r'"  ,rーl", 、     ヽ'ー''



529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 16:11:36 ID:b/ZRdBuX
  , - ー-、
 (_,・  ヽ
  `ー-、::::....`r'⌒ゝ
   (,ゝ、:::::..`~´ヽ、
     (:rーイ ノヘ `ー-、
      _)ゝ,ハ ヽ、 _ノ
       ^'^'´
  , - ー-、
 (_,α ヽ
  `ー-、::::....`r'⌒ゝ
   (,ゝ、:::::..`~´、_
     (:rーイ ノヘ ` ー-、
      _)ゝ,ハ ヽ、_.ノ
       ^'^'´
  , - ー-、
 (_,Ο ヽ
  `ー-、::::....`r'⌒ゝ
   (,ゝ、:::::..`~´、_
     (:rーイ ノヘ ` ー-、
      _)ゝ,ハ ヽ、_.ノ



530 :、、、、、、。:2007/01/03(水) 16:16:30 ID:b/ZRdBuX

'  l | !_/イl |,   l ',  | ヘ.   l     / |  ;i  ,    | l
  ,l/,r‐'´!.| ',|ヽ | ヽ  l ヽ |     l l /l  l,     l| 
 / /   ',| 十' 寸 二マT´ ヽ.|!    / ┼/-l、_,|    /! !  
,/ /l    | 丶 \ _\   '|l  / ‐ナ'´ |/lj  / /'゙ 
. / |'、    ', ‐、―r┬ャ、`     i/  ‐/_‐__/ /-‐'i / 
/  ! ヽ.   ヘ ≧=一' ´          ゝ'-彡マ´ /      /'ヽ
   ! l \   ヽ                  〃  /!    /  | 
  l | l   \  \        /      / /i|    /  / 
 l  l|   | ト ̄´   、_, _,  - '´-‐イ   l|.   /  /
ー 、 l l   | /\\     ´ 二´   /  |   l  /  /__, --ー
:::::::::::| l   |:::::: \ ゙  、   _ ィ ´|    l   , -:/ , ィ;:::::::::::::::::::::::
::::::::::::l|   !:::: ::::::::−_天    !   |   l/´::::::/ /´ |ー-、------
:::::::::::::', l   |: ::::::::/´:|:::/「l\   !   !   l__:://  /   \::::::::::
:::::::::::::::',    l ::::::/::::::l:/ l|::、 〉_;-:::|   !::::::::::;'/  ,:'  ∨ ./\::::
:\:::::::::∧  l、:::::::!:::::::l;'   l!::∧>:::::::::l   l::::::::::i/   」 ヽ/  /  /ヽ
::::::ヽ:::/:::::ト  V\:l__」|  lY、::l>|\::l   /:::::::::/  |   ! 、/___/ ノ1
::::::::::V:::::::::l\ ヽ‐ト、:::/|   ヽ\!>ーl| /l::::::::::l     、 l!_/ー'-イ /
:::::::::::ヘ:::::::::l/ \ヽL.V‖    ヽ 


531 :、、、、、、。:2007/01/03(水) 16:17:13 ID:b/ZRdBuX
_..                ,,.-'ヽ
ヽ "゙ー-、、         /
 i 、 :. ヽヽ_,,.....、,,,....._;/ ,;'   ;,.!
  i.,  ..;;;ヽ       ヾ ,,;_ , /
  ヾ_:::,:'           -,ノ
  ヾ;.   ,         , 、;,
    ;;   (:::) , ... 、, (:::);:
    `;.       C)   ,; '
    ,;'     '.、 -‐-ノ ,;'、
   ;'            ;:
    ;:            ';;


532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 16:23:28 ID:b/ZRdBuX
               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               | ちょっとまって、話を元に戻しましょう、、、。
     , ,-;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,.ヽ─y──────────────     ,-v-、
    /;:;:;:;:;:;:ミミ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`、          __ -──‐-、,.._       ./ _ノ_ノ:^)
    /;:;:;:;:彡―ー-、_;:;:;:;:;:;:;:;|        i:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::ヽ     / _ノ_ノ_ノ /)
    |;:;:;:ノ、     `、;;:;:;:;:;:i        /::::::::|  -─‐-   |::::::ヽ    / ノ ノノ//
    |;:/_ヽ ,,,,,,,,,,  |;:;:;:;:;:;!       .|:::::::/ ,-‐ Ll ‐-、ヾ::::::l ____/  ______ ノ
    | ' ゚ ''/ ┌。-、  |;:;:;:;:/        .ヽ;;/ ,━   ━、 _.. r("  `ー" 、 ノ
    |` ノ(  ヽ  ソ  |ノ|/         (((    ./ \_. -‐ '"´l l-、    ゙ ノ
_,-ー| /_` ”'  \  ノ   __       . -‐ ' "´  ̄       l ヽ`ー''"ー'" 
 | :  | )ヾ三ニヽ   /ヽ ' "´/`゙ ーァ' "´  ‐'"´          ヽ、`ー /ノ
 ヽ  `、___,.-ー' |   /   /                __.. -'-'"
  |    | \   / |   l   /            . -‐ '" |::\
  \   |___>< / ヽ



533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 16:25:42 ID:b/ZRdBuX
                  
       / ̄ ̄ ヽ,
      /        ',
      {0}  /¨`ヽ {0},
 ・ 。  ||.l   ヽ._.ノ   ', i 
  \. ||リ   `ー'′   ', | i
 ゚ヽ | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  ダンッ
。 ゚ _(,,)  そろそろ、、  (,,)_ / ゚  
 ・/ヽ|             |て ─ ・。 :
/  .ノ|________.|(  \ ゚ 。 
 ̄。゚ ⌒)/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヽ\  ̄ 。



534 :ふーうwww:2007/01/03(水) 16:26:48 ID:b/ZRdBuX
                   _,,  -―=ミx,,_
             _,,, -‐ '"´          `"':.、
         、 ''"                     ヾ.
      , '"                           ミ、
    , '...:.:                          .::彡'
  、メ.:::::                        .:::ミ_
  ,ミ::.: .              ..:.::::               .:::ミ⌒
  ミ:.   ..::::..,      ..::.:::..:                 .:::ミ
  ミ::.  .:(●ノ      ..::.::;     .:.:.:,;     .::::ミ
  j、;, ::::...        ...::.:.::;:'       .:.::::ミ     ..:::ツ⌒
  | ノ x≦ミ、.....::.::.::.::.:;,ツ      ..:.::::ミ:..   ..:::/
  {_/     ヾ、"゙'''"´      .::::;;ツ ..:.:::;;ミ^
            ゙' 、     ..,,::  '゙´ }、,,,
             `゙""ノ'''"{ゝ   / /
              =ニ二´/.::;ハ〈   ,/ /
               //⌒ヾ、 ノ.::〈
             ´    ー=≠.:::.:: ヽ、
                 // ̄ヽ、 \
                     ̄      ̄



535 :白カラス黒ヒツジ:2007/01/03(水) 16:33:09 ID:b/ZRdBuX
410、433、497、512に関して、、、。

話の焦点を奇形児に戻すと、、、、、、

現実には細木を例に取るのがいい手本だと思われる。

遺産相続と継承に関して言えることそれは、親が死後、子供に働きかけて、

従わせたいからだ。そして、実際、生者と死者の関係はそのような側面も含まれる。

ここで明らかになるのは、すなわち権力の作用である。細木の六星、教養、しきたり、

伝統、それは、ある視点からは権力によって人を動かすため、ということができるとといっていい。

536 :、、、、、、、、。:2007/01/03(水) 16:35:58 ID:b/ZRdBuX

            __,. -──‐-   ljノ|
          /          \ |厶
        /             \く
     >\/        | :;ハトl、   ,ハ
    └ー'ラ       i∧ トi/   _メ:: jハ:ハ      _
        |  i  L|-ヘ|〜′  ,r≠く |:|     (   ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       |  |  ト|,r,≠く     [i  }∨ |      匸_      ノ\
   .     i   |  |_{ [i  }    `'='′|: |     />=-‐──イ,-─\
          | :r|  | :::`'=′   i   |: |    / /    >、  /-r─-、〉
         | |ri  |        _,  /  i    | |  ,イ  } }  {  L__ノ }
       ノr个|   ト.._   こ__丿 / | :/   | ゝく ー  /   ゝ、  .,イ
       /\ ヘ: :| \=- .__/   |/\    |     ー‐ '       ̄ |
       _ト、 \\|   \ i| :/  j/  \__/ゝ     ___ -‐r′
      { `ヽ\ `ー┬---辷|/ ̄]rヘ、 ──/  \ ̄ ̄       丿
      ,ノ ̄  } __,ヘ  /∧\ノ|  \      / /ーr─r‐r¬ ̄
      /    /  ̄ └く__,/! </    \__r─ァ /  }─{ |
    /    /|       _|:|  /           /./  /  |ノ
   /    / /        {:{ r久        〈人   \/
  /===/ ∧  ___    j::|  ∧        // ̄7/
∠__/  〈/\└‐┘__/ヘー/ :j〉         //  //
つ_/    〈   /丁  |  |   ̄ヽ/       〈フ └′
        >L__|__| | __」-|
           |    厂 ̄ i.  |
.             ',  ,′   ゝ__}
           }__ノ      ::::|
             |::::|        i:::|
            ',:::ト、      辷}
           匕rヘ、   └┘



537 :、、、、、、。:2007/01/03(水) 16:37:23 ID:b/ZRdBuX
        /´  〃三=、      \三二 ヽ
    /    l|    \\ 、、`Y 二ミ ヽ
   ./      i|  ̄``ヽ、 \ヽ }} jj ! ー ヽ ',
   l    / |l|、二._  \ヽl j〃ノ  二ミ、ハ
   | i i|i  i i|三二= 二.__ヽY∠ 彡 Z彡ハ^ヽ
   | l 川 { l l_l」=ニ三二ン´_,Y⌒ヾ三乙 ,彡jヾ l '、
   ヽヽ\ >'´ _,   川 〈 j. |l || ト三Z 彡/ l l | !
    `┴ヘ yぐ゙   {lリ Y ノj || ト三 彡/  l l | |
         } ヾ〉    ヽ! T´(l || ドミ,/シ′   | l | |
         /           川 l|`Y夭     | l | |!
       `ヽ        ,  | | l| !  )   | | | l|
        `';=‐       / ||l| l     川|l|!
         `、     ,ィ'   | | l|__」..-─-、lj | l|l|
            ー ´ l __,」 l  l|      ヽ||| l|
              /´ / /   リ       Vl|l|
           ,∠二二./ /   〃          Vl|!
          ,∠二二二./ /   /          Vl_」
          ,イ'´     //  /、         , -ヘ
       /| __∠∠ ___ /ヽ\   , -‐ '´ , -ヘ
        / レ'´     `ヽ、\\\>'´ , -‐ '´ , - >
      /   !         ヽ \\>'´ , -‐ '´ ,イ
      !   ハ          l  \>'´ , -‐ '´  |



538 :白カラス黒ヒツジ 少し躊躇www:2007/01/03(水) 16:48:20 ID:b/ZRdBuX

535<< そう、これが先祖の正体、この世の中、神に関係した権力と先祖に関係した権力がある。

先祖の力が時には地上に働きかけて根本的に国全体の意識を動かしたり、

時には、物質すらも動かしたり、時には神すらも倒すことが

ある力を振るうことはこれで解ることになることにつながるはずなのだが、、、。

(例えて言うなら、青木雄二が神はいないと言うときや、ニーチェが神は死んだと言うとき

結局、地上の支配権を先祖が握る為に、まず、神の存在を意識から排除しようと

する試みである可能性があるかも知れないと思われる。)

539 :白カラス黒ヒツジ :2007/01/03(水) 16:56:13 ID:b/ZRdBuX
シュタイナーは20世紀はじめごろに奇形児も社会生活を送れることを教えた。

シュタイナーの予言は、ベルリンの壁崩壊にしても、人智学の連中には定評があるが、

シュタイナーの死後、50年位、そこそこで、今度は、障害者を積極的に作り出す

事態が起きてしまったのである。

540 :白カラス黒ヒツジ :2007/01/03(水) 16:57:37 ID:b/ZRdBuX
   それは、




                       スリーマイル島事件

541 :白カラス黒ヒツジ 、、、、やはりねw :2007/01/03(水) 17:01:16 ID:b/ZRdBuX
検索
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
問い合わせ: "スリーマイル島事件"

移動: ナビゲーション, 検索
ウィキペディアの検索についての詳しい情報は、Wikipedia:検索をご覧下さい。



検索した名称のページは存在しませんでした。全文検索を試みます。

該当するページが見つかりませんでした。(Googleで検索)


--------------------------------------------------------------------------------



542 :白カラス黒ヒツジ 、、ありましたか、、。:2007/01/03(水) 17:04:18 ID:b/ZRdBuX
原子力事故
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(原発事故 から転送)
移動: ナビゲーション, 検索
原子力事故(げんしりょくじこ)とは、原子力関連施設の事故のこと。

特に、核燃料・計測・医療のために使う放射性物質が漏れ出すと、大気や土壌、

水が汚染され、環境、人体ともに多大な被害をもたらす。

目次 [非表示]
1 国際原子力事象評価尺度(INES)
2 主な原子力事故
2.1 海外
2.1.1 旧ソ連原子力潜水艦
2.2 日本
3 外部リンク
4 関連項目



543 :白カラス黒ヒツジ 、、ありましたか、、。:2007/01/03(水) 17:06:04 ID:b/ZRdBuX
[編集] 国際原子力事象評価尺度(INES)
原子力発電所の事故・故障の事象報告の標準化を行うため、

IAEAとOECD/NEAが策定した尺度。 1990年より試験的運用。

1992年に各国の正式採用を勧告。同年に日本でも採用。

レベル 影響の範囲(最も高いレベルが当該事象の評価結果となる) 参考事例
基準1 基準2 基準3
事業所外への影響 事業所内への影響 深層防護の劣化
7
深刻な事故 放射性物質の重大な外部放出:ヨウ素131等価で数万

テラベクレル以上の放射性物質の外部放出 チェルノブイリ原子力発電所爆発事故
(1986年)
6
大事故 放射性物質のかなりの外部放出:ヨウ素131等価で数千から

数万テラベクレル相当の放射性物質の外部放出 ウラル核惨事(1957年)
5
事業所外へリスクを伴う事故 放射性物質の限定的な外部放出:ヨウ素131等価で数百から

数千テラベクレル相当の放射性物質の外部放出 原子炉の炉心や放射性物質障壁の

重大な損傷 スリーマイル島原子力発電所事故(1979年)
ウィンズケール火災事故(1957年)



544 :ものさし:2007/01/03(水) 17:06:14 ID:l0d2BOgB
         ,-、            ,.-、
        ./:::::\          /::::::ヽ
       /::::::::::::;ゝ--──-- 、._/::::::::::::::|
       /,.-‐''"´         \:::::::::::::|
     /                ヽ、::::|
    /                   ヽ|
     l     /        \      l
    .|                     |
     l                     l
    ` 、     / ̄\_/       /
      `ー 、__              /
         /`'''ー‐‐──‐‐‐┬'''""´
        ./        ___ l __
         l   ./    /  |/ |
         `ー-<    /  ./  ./
           `ー‐--{___/ゝ、,ノ


545 :白カラス黒ヒツジ 、、ありましたか、、。:2007/01/03(水) 17:08:22 ID:b/ZRdBuX
4
事業所外への大きなリスクを伴わない事故 放射性物質の少量の外部放出:

法定限度を超える程度(数ミリシーベルト)の公衆被ばく 原子炉の炉心や

放射性物質障壁のかなりの損傷/従業員の致死量被ばく 東海村JCO臨界事故

(1999年)
サンローラン・デゾー原子力発電所(1980年)
3
重大な異常事象 放射性物質の極めて少量の外部放出:法定限度の10分の1を

超える程度(10分の数ミリシーベルト)の公衆被ばく 重大な放射性物質による

汚染/急性の放射性障害を生じる従業員被ばく 深層防護の喪失 旧動燃東海事業所・

アスファルト固化処理施設火災爆発事故
(1997年)
2
異常事象 かなりの放射性物質による汚染/法定の年間線量当量限度を超える

従業員被ばく 深層防護のかなりの劣化 関西電力美浜発電所2号機・蒸気発生器伝熱管損傷
(1991年)
1
逸脱 運転制限範囲からの逸脱 「もんじゅ」ナトリウム漏えい
(1995年)
0
尺度以下 安全上重要ではない事象
評価対象外 安全性に関係しない事象


シーベルト(Sv):放射線が人体に与える影響を表す単位(ミリは1000分の1)
ベクレル(Bq):放射性物質の量を表す単位(テラは1012=1兆)
深層防護の劣化の基準:安全上重要な設備の損傷の度合い
上表は、文部科学省(科学技術・学術政策局原子力安全課)の公文書1 、
en:International_Nuclear_Event_Scaleより引用。



546 :白カラス黒ヒツジ 、、ありましたか、、。:2007/01/03(水) 17:12:16 ID:b/ZRdBuX
主な原子力事故

[編集] 海外
1957年9月29日 ウラル核惨事 ソ連ウラル地方カスリ市の北100kmにある

クイツシム町にある「チェリヤビンスク65」という施設で起こった事故。

200万キュリーの放射能を持つ放射性物質が飛散した。放射性物質の大量貯蔵に

伴う事故の危険性を知らせた事故。
1957年10月10日 ウィンズケール火災事故 世界初の原子炉重大事故。英国北西部の

軍事用プルトニウムを生産するウィンズケール原子力工場(現セラフィールド核燃料再処理

プラント)の原子炉2基の炉心で黒鉛(炭素製)減速材の過熱により火災が発生、

16時間燃え続け多量の放射性物質を外部に放出した。避難命令が出なかったため、

地元住民は一生許容線量の10倍の放射線を受け、数十人がその後白血病で死亡した。

現在の所白血病発生率は全国平均の3倍である。当時のマクミラン政権が極秘にしていたが、

30年後に公開された。なお、現在でも危険な状態にある。ヨード131 2万キュリーが

工場周辺500平方キロを汚染し、ヨードの危険性を知らせたことで有名である。

また水蒸気爆発のおそれから注水に手間取った。これはスリーマイル島でも繰り返される。
1979年3月28日 スリーマイル島原子力発電所事故:アメリカ・スリーマイル島原発

の炉心溶融事故。レベル5の事故であり、不完全な設備保全,人間工学を重視

していない制御盤配置,そして中央制御室運転員の誤判断等が重なって発生した。

当初は外部へ放射性物質が大量に放出されたとの報道もあった。この事故の影響により、

アメリカ政府は新規原発建設中止に追い込まれた。アメリカではこの事故を契機にトラブルや

運転等の情報を共有する組織としてINPOが結成され,その後の原子力発電所の安全性向上に

寄与することとなった。
1986年4月26日 チェルノブイリ原子力発電所事故:ウクライナ共和国チェルノブイリ

原発4号機が火災を起こし、多量の放射性物質が大気中に放出されたレベル7の

深刻重大な事件。無許可での発電実験中、安全装置を切り制御棒をほとんど引き抜いたために

出力が急上昇して起こった。放射性物質は気流に乗って世界規模で被ばくを齎した。

直接の死亡者は作業員・救助隊員の数十名だけであるが、がんなどの疾病を含めると、

数万から数十万にのぼるとされていた。しかし2005年に発表されたWHO等の複数組織による

国際共同調査結果では、この事故による直接的な死者は最終的に9000人との評価もある。

この事故を契機に国際的な原子力情報交換の重要性が認識され、WANOが結成された。

[編集] 旧ソ連原子力潜水艦


547 :白カラス黒ヒツジ 、、ありましたか、、。:2007/01/03(水) 17:15:09 ID:b/ZRdBuX
[編集] 旧ソ連原子力潜水艦
(級の名前はNATOが命名。本当の名前は最高機密事項なので、旧ソ連海軍もNATO名を使用)

1961年7月 ホテル級「K-19」(ソ連海軍初の原潜) 一次冷却回路の圧力低下。

10名死亡(2002年ハリソン・フォード主演・総指揮で映画化。艦番号249、

艦長ボストリコフ大佐。直接死亡7名、間接死亡20名。原因は一次冷却回路の蒸気漏れ)。
1968年3月 ハワイ沖で「ゴルフII級」沈没。核ミサイル3発搭載(ハワード・ヒューズの会社所有に

偽装したCIAのグローマー・エキスプローラー号が先頭部を回収)。
1968年5月 ノヴェンバー級実験艦 液体金属冷却剤の硬化。9名死亡。燃料の20%損傷

(この艦は前年の処女航海時にも凝固を経験)。

1979年7月 太平洋艦隊で冷却水漏れ(2005年現在ズベズダ造船所で解体中)。

1981年8月 沖縄沖で「エコーI級」火災。9人以上が死亡(反乱との説もある)。

1985年8月10日正午頃 エコーII級 ウラジオストック近郊チャジマ湾の船舶修理工場で

燃料棒交換中に、

原子炉の誤操作で炉心の核反応が高まり原子炉が爆発。10人即死。290人被爆。

500万キュリーの放射能を持つ放射性物質、200万キュリーの放射能を持つ放射性希ガスが流出し、

北西30kmに渡り拡散(ウラジオストック南東50kmのパブロフスク湾海軍基地に係留中)。(日本では検出できなかった)

1985年12月 ウラジオストック近郊で冷却水漏れとメルトダウン。
1986年夏 エコーII級 一次冷却回路に別の元素が混入。
1986年夏 ヴィクター級 メルトダウンか?
1986年10月 バーミューダ沖で「ヤンキー級」K-219 米国沖で火災で沈没。

核ミサイル搭載。「敵対水域」(イゴール・クルジン副長著、文藝春秋、1988)
1989年4月 ノルウェー沖で「マイク級」火災で沈没。40数人が死亡。
1993年3月 バレンツ海で「デルタIII級」が米原潜と衝突。
1993年?  燃料棒交換の際に使用済み核燃料を入れてしまったため被曝者数名。
2000年8月 バレンツ海で「オスカーII級」の「クルスク」が沈没。118人全員死亡。
2003年8月 バレンツ海でクラス不明退役艦が沈没。9人死亡。


548 :白カラス黒ヒツジ 、、ありましたか、、。:2007/01/03(水) 17:16:39 ID:b/ZRdBuX
なお、旧ソ連原潜は、ミハイル・ゴルバチョフがペレストロイカ、グラスノスチで

それらの情報の公開を軍組織に迫ったことや、潜水艦自体ほとんどが退役か、

書類上は現役であってもほとんど稼動できない状態にあるため、こうした情報が外部に出ている。

アメリカ合衆国をはじめとする他の国家での原潜事故は、各国がその動き自体を第一級の軍事機密としているために、

ほとんど明るみにでていない。 米海軍の名誉のために付記すると、原子力潜水艦の父ハイマン・G・リコバー大将

(海軍省原子力局長であり、原子力委員会海軍局長でもある2重権力)が原子炉の安全性を至上の命題として、

徹底的に追求したために、米海軍の原子力事故はほとんど無かったと言える。

(指揮能力不足ではなく、原子炉安全試験不合格が艦長や機関長交代の理由になっていたといい、

リコ−バー大将の面接は人格破壊を伴う厳しい面接だという)



549 :白カラス黒ヒツジ 、、ありましたか、、。:2007/01/03(水) 17:17:33 ID:b/ZRdBuX
[編集] 日本
1974年9月1日 原子力船むつ 放射線もれ事故
1999年9月30日 東海村JCO核燃料加工施設臨界事故:日本で初めて起こった臨界事故。レベル4。
2004年8月9日 関西電力美浜発電所3号機2次系配管破損事故:2次冷却系からの

蒸気漏れ事故で作業員が死亡。レベル0+


550 :以下、スリーマイル島原子力発電所事故:2007/01/03(水) 17:21:03 ID:b/ZRdBuX
スリーマイル島原子力発電所事故
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索

スリーマイル島原子力発電所。真ん中手前の二つのドームが原子炉建屋で、

その隣の白い建物が制御室を含むタービン建屋である。奥に見える二基の塔状構造物は放熱塔。

スリーマイル島原子力発電所事故(スリーマイルとうげんしりょくはつでんしょじこ)は、

1979年3月28日、アメリカ合衆国東北部ペンシルバニア州で起こった重大な原子力事故。

原子炉冷却材喪失事故(Loss Of Coolant Accident、LOCA)に分類され、想定された

事故の規模を上回る過酷事故(Severe Accident)である。



551 :以下、スリーマイル島原子力発電所事故:2007/01/03(水) 17:22:37 ID:b/ZRdBuX
スリーマイル島及び同原子力発電所について
メトロポリタン・エジソン社(所有はGPUニュクリア社)のスリーマイル島原子力発電は州都

ハリスバーグ郊外のサスケハナ川(ちなみにペリー提督の蒸気船がサスケハナ号)

のスリーマイル島(Three Mile Island)と呼ばれる中州にある。

周囲約3マイル。ただし、島の呼称はMileであって、Milesではない。

スリーマイルアイランド原子力発電所は二つの原子炉を有し、そのうち2号炉

(TMI-2)はバブコック&ウィルコックス社(B&W社)が設計した加圧水型原子炉

(PWR)で電気出力は96万kWであった。事故当日、TMI-2は営業運転開始から三ヶ月を経過しており、

定格出力の97%で営業運転中だった。



552 :以下、スリーマイル島原子力発電所事故:2007/01/03(水) 17:24:55 ID:b/ZRdBuX
[編集] 事故の概要
事故は1979年3月28日午前4時すぎから起こった。

初め二次冷却水の給水ポンプが故障で停まり蒸気発生器への二次冷却水の供給が滞ったため

除熱が出来ないことになり、一次冷却系を含む炉心の圧力が上昇し加圧器逃し安全弁が開いた。

このとき弁が開いたまま固着し圧力が下がってもなお弁が開いたままとなり、

蒸気の形で大量の原子炉冷却材が失われていった。原子炉は自動的にスクラム

(緊急時に制御棒を炉心に全部入れ、核反応を停止させる)し非常用炉心冷却装置

(ECCS)が動作したが、すでに原子炉内の圧力が低下していて冷却水が沸騰しておりボイド

(蒸気泡)が水位計に流入して水位を押し上げたため加圧器水位計が正しい水位を示さなかった。

このため運転員が冷却水過剰と勘違いし、ECCSは手動で停止されてしまう。

このあと一次系の給水ポンプも停止されてしまったため結局2時間20分も

開きっぱなしになっていた安全弁から500トンの冷却水が流出し炉心上部三分の

二が蒸気中にむき出しとなり、崩壊熱によって燃料棒が破損した。

結局、炉心溶融(メルトダウン)で、燃料の45%、62トンが

原子炉圧力容器の底にたまった(当時、炉心溶融はないとされた)。

環境への影響・健康被害は事故の規模の割には多くはないが、放出された放射性物質は希ガス

(ヘリウム、アルゴン、キセノン等)92.5 PBq(250万キュリー)、ヨウ素555GBq

(15キュリー)、周辺住民の被爆は1mSv程度とされる。

21世紀初頭現在もなお原子炉内には広島型原爆数百個分のストロンチウム、

セシウム、ヨウ素が残っている。



553 :以下、スリーマイル島原子力発電所事故:2007/01/03(水) 17:36:47 ID:b/ZRdBuX
スリーマイル島事件は、偶発的事故と報告のある一方で、大規模な人体実験が目的だと言われている。

実際、それが事実であろうが無かろうが、積極的に事故を引き起こし障害者を作り出すことは不可能なことではない

しかし、それはなぜ積極的に事故によって遺伝的障害を引き起こすことを積極的にするかと言えば、

権力者には、無防備な奇形児や障害者は都合よく好ましいからであると思われるとしか言い様が無い。

このことの詳細に関しては私としては軍事スレで扱いたいのだが、この事件は人類進化に関して

自分は重大な事件と見なしたい、、、これは軍事スレでしっかりと論ずる予定である。

554 :白カラス黒ヒツジ  :2007/01/03(水) 17:43:18 ID:b/ZRdBuX
    

     この事件にあたった指揮者の黒幕は不明。

  

   障害者、特に奇形児の存在の新しい意味の一つとは?


アメリカのヤミ組織がやりたかったのは、まず人を障害者にしてどうにでも出来る状態にしたかったからである。

ナチスドイツ、731部隊も真っ青のスリーマイル島事件と言えるだろう。



555 :白カラス黒ヒツジ  :2007/01/03(水) 17:54:58 ID:b/ZRdBuX
奴隷はリンカーン、産業革命と市民革命によって開放されたが、ヤミの権力は、今度は

全く新しい奴隷を作り出すことを敢行した。ミドリ製薬、薬害エイズ、間違えなくHIVは

スリーマイル島事件の流れに乗っている。日本でも身近な問題だ。
   


556 :もう一発、  :2007/01/03(水) 18:03:42 ID:b/ZRdBuX
第十一回「情報」の正体!
スリーマイル島の事故を知ったのは一九七九年三月二九日の朝だった。

「放射性蒸気漏れる米の原発 冷却水ポンプが壊れ」という見出しの短い記事が

朝日新聞朝刊の第一面にあった。記事は小さかったが第一面にあることで異例であり,

最大級の深刻さを意味していた。私たちが日本でこの朝刊を読んでいる時刻は,

ペンシルバニアの現地では事故発生一日目,三月二八日の午後だった。現地では晩になって

家にかえってはじめて事故のことを知る人たちも少なくなかったのだから,奇妙な感じにとらわれてしまう。

その日の夕刊で,ということは現地は二八日の夜中という時刻なのだが,各紙とも最大級の扱いをはじめた。

朝日は「炉心破損の疑い 五百人汚染の恐れ 安全装置作動せず 十キロ先でも放射能」,

毎日は「史上最悪の原発事故に 冷却水漏れで拡大 従業員が放射能汚染か」,

読売は「核燃料とけ出す」という大きな見出しをのせた。多くの人たちが

事故三日間の三月三〇日になるまで事故の深刻さをまったく知らなかったという

現地の状況とかさねあわせると,報道の奇妙なかたよりがみえてくる。

大事件を期待しながら新聞を手にとる読者の貪欲と,自分は安全圏にいるという

思いこみという,私たちの例の皮肉な二重構造が顕在化しただけのことではない。原子力発電という,

まるで巨大な機械装置のような社会制度に最初から組みこまれているかたよりではないのかと私は思う。

たしかにこれはただの直感だといえばそれまでなのだけれど,この制度では人間が主人かどうかはまったく

疑わしい。

中尾ハジメ『スリーマイル島』(野草社,1981年)

◆ 関連記事:2001年4月16日,京都精華大学でベラルーシから4人のゲスト

を迎えひらかれたシンポジウム「原発事故から15年...チェルノブイリからの報告」


--------------------------------------------------------------------------------

■「情報が劣化す

557 :もう一発、  :2007/01/03(水) 18:06:53 ID:b/ZRdBuX
■「情報が劣化する世界」の原発事故
中尾ハジメ:来週までの宿題覚えてるよね。分かってない人は,分かっている人に聞いておいてね。

今日は,先週の続きです。情報の話をしましたね。1950年代にはすでに,

「情報理論」というものがありました。そのころ考えられていた「情報」というのは,

先週しゃべったとおり,「劣化」ってことだね。

その「劣化」するという問題についてもうすこし考えてみたいと思います。

先週は先回りをして,「情報は劣化するんじゃなくて,創造される」ということを言いました。

どこで創造されるのか,という問題もありますが,人間の間で情報が伝わっていくっていうことが,

もともとの「情報」っていう言葉の意味なんですね。そして,人から人へと伝わっていくうちにどんどん

「劣化」していっちゃうっていう考え方があったんです。しかし,それではすこし具合が悪いのではないか。

本当にそうなのだろうか? そもそも知識や情報が「伝わる」ということは,

「劣化」ということで説明ができるだろうか。

先週,話したように,みなさんには「知識」があって,その「知識」とは,

たとえば中尾ハジメの中にあったものが,話されることによって,みなさんの中に蓄えられる,

というように考えている人がいるでしょう。もしそうだとしたら,これは「劣化」するしかないですね。

まあ,まだ納得できていないかもしれないと思うんですが,この問題はおいておきましょう。

しかしそういうことが言われたなあ,ということは覚えておきましょう。



558 :もう一発、  :2007/01/03(水) 18:08:41 ID:b/ZRdBuX
,20年ほど昔に戻りましょう。「情報」ということが問題になったひとつの事件があります。

これは環境汚染の事件でもありました。原子力発電所の事故のひとつの実例があります。

今は「情報」とか「情報社会」あるいは「情報化社会」とか,いいますね。

みなさんのおっしゃるとおり,いまは印刷だけじゃなくて,

テレビとかインターネットがあったりします。この「情報化社会」というのは,

どういう問題を抱えているのかを考えてみたいと思います。

今日の資料は,私の書きました『スリーマイル島』の最初と最後のほうの部分です。

6〜12ページまでと,195〜203ページまでです。みなさんにとってはとても昔かもしれませんが,

1979年。生まれてた人いる? スリーマイル島の事件は79年の出来事です。そのころはすでにコンピュータという

ものが,産業界では使われていました。とりあえず,お読み下さい。

読んだね。さて,コントロール・ルームというものがあります。たとえばNASAがスペースシャトルをとばしますね。

で,シャトルの中で起こっていることとか


559 :もう一発、  :2007/01/03(水) 18:11:16 ID:b/ZRdBuX
あるいはシャトルがどういう軌道を飛んでいるのか,というようなことをコンピュータを使って,

画面に表示をしたりしますね。原子力発電所もそういうふうになっています。

ではそういうふうになっているのになぜ事故が起きるのでしょうか。なぜだとおもいますか? 

結局は必要な情報をとらえきれていないんでしょうね。

あるいはとらえるようにできていても間に合わないんでしょうね。

実際に,例えば放射線の強さが,原子力発電所の内部においてどの地点ではどのくらい

だということがモニタによって分かりますね。しかしよく考えてみたら,隈無く

モニタがおいてあるわけじゃないですね。隈無くはできないんですよ。しかしですね,

すべての情報をとらえようと思ったら──そのすべての情報というのは,たとえば放射線の

強さを測定するモニタがあるとしたら,それを隙間なく並べなければとらえられないですね。

あるいは水漏れを検知するということについても,原子力発電所のパイプは大変長いです,

その長いパイプのどこから漏れているのかが分かるようにつくらなければならない。

しかし,仮にそれがつくられたとしても,「情報理論」にしたがうなら,「劣化」がおきますね。

つまり,もともと不可能なんですね。まあ,こういう問題があるということを分かった上で,

次に進んで,実際の事故がどういうふうにして伝わったのか,とりわけ発電所の周辺の人たちには

どういうふうに伝わったのかを見ていきましょう。



560 :もう一発、  :2007/01/03(水) 18:13:30 ID:b/ZRdBuX
ものすごく不思議なんですが,日本で新聞を読んだ僕は,「これは,大事故だ」と思いました。

新聞の第一面に載ったんだよ。第一面に載るって事は大変なことですね。僕が新聞を読んでいたとき,

現地の人たちはなにをしていたか。それが後になって分かります。なにもしてないんです。

これはどういうことでしょうか。情報の伝わりかたが特別なんだよね。で,仮にこれを,

「中央集権的な情報の伝わり方」といってもいいかもしれません。とうぜん時間が経つに連れて,

現地の人たちも事故を知り,腹が立ちました。

■「ひと」はただの電話線のようなものだろうか?

中尾ハジメ:こんどは,発電所ということじゃなくて,わが身を振り返ってみましょう。

僕たちが手に入れている「情報」はいったいどこから来るんでしょう。いろいろありますよね。

隣の人間が,ものすごく意味のあることを話しかけるだとか。

いったい自分たちは,どこから来る情報に意味があると思っているのか。

あるいは,隣の人間が自分に伝える情報は,「ああそれは,隣の人間がつくりだしたものじゃなくて,

隣の人間がどこかで手に入れた価値のある情報を自分に流しているんだ」というように考えているんでしょうか?

 みなさんが「情報」という言葉を聞くときには,あるいは使うときには,

自分の体験上,どういうことを指して「情報」という言葉を使っているか。あるいは

「情報」という言葉でなにを説明しようとしているか。みなさんが自分の中に持っていると思います。

それを振り返って考えてみましょう。いったい自分はなにを指して「情報」

といっていたのか? いろいろあるよね。



561 :もう一発、  :2007/01/03(水) 18:20:27 ID:b/ZRdBuX
■「中央集権的な情報のありかた」
中尾ハジメ:原子力発電所の事故に戻ってみると,ものすごくはっきりとよく分かる。

この場合「情報」とは「困ったこと」でした。すごくね。場合によったら,逃げ出さなければ

ならないような「情報」でしたが,その「情報」に困ったことが起きたんだね。



562 :もう一発、  :2007/01/03(水) 18:22:39 ID:b/ZRdBuX
でも「情報」の中には,逃げ出すんじゃなくて,自分がそこに行きたい,とか,

あるいはこれを買いたいっていうような「情報」もあります。

それらの「情報」はどこから来るんでしょうか? あるいはみなさんが,

自分たちの仲間うちの流行だと思っているような

こと──服装などでかまいません──そういう「情報」はどこから来るんでしょうか?

さて,この原子力発電所の事故で分かったことは,ただ単に原子力発電所内部の

「情報」の伝達が問題なのではなくて,さらに原子力を担当しているお役所だとか,

消防署,警察だとか,そういうところの情報関係だけが問題なのではなくて,

なぁんで日本にいる我々に大変な事故が起こったって事が分かっているのに,

すぐそばの人たちにはそういうふうに伝わらないか,という問題があるということで。


チェルノブイリ原発事故で大破した4号炉で,こう考える人もいるかもしれません。

「アメリカだから,そんなことが起こるんだ」というようにいる人もいるかもしれません。

「日本じゃそんなことは起こんないよ」とかね。でも,ついこのあいだの東海村でありましたね。

中性子が大量に漏れてしまった,いわゆる「臨界事故」がありましたね。で,その事故が

やっぱり僕らには早く伝わりましたね。東京にも早く伝わりましたね。

首相官邸にも早く伝わりましたね,一応。ただ,意味が分かってなかったんですよ。



563 :もう一発、  :2007/01/03(水) 18:23:17 ID:b/ZRdBuX
それがどれくらい深刻なのかをね。当時は小渕内閣でしたね。官房長官は野中さんでした。

これが国家的規模の事件であると

認識できなかったんです。結局は,そうやって中央が認識できないときには,

東海村周辺の人たちはやっぱり認識できなかったんですね。同じ事はどこでも起こります。

チェルノブイリだってそうでした。チェルノブイリの時は,このときは情報のための

技術が発達してますから,事故の次の日の午前中,衛星写真であの辺が全部写るんです。

するとね,発電所のすぐそばでサッカーしてるのが見えるんですよ。上から見えるんですよ。

そういうふうに上から見えるのを,僕たちは新聞なんか見るんですよ。そのときに

チェルノブイリ周辺の人たちはなにも知らない。そうなっちゃうんですね。

こういう事態をさしてですね,

「集権的科学技術」とかね,情報ということで言うと,

「中央集権的な情報のありかた」

というふうに言います。でも,ただの中央集権じゃないですね。

だって,僕たちには分かっちゃうんですもん。

遠く離れた僕らに分かってしまうんです。で,

「僕ら」っていうのはいわば

「下々」だよね(笑い)。で,分かってもなにもできない。

こうなるんです。

不思議だね〜。何でこういうことが起こるんでしょうか?

(下記関連リンク参照)



564 :もう一発、  :2007/01/03(水) 18:26:04 ID:b/ZRdBuX
チェルノブイリ原発事故被災者の京都精華大学での講演会のレポート

これはまったく分からないではないですね。例えば,この中で新聞を読んでいる人はどのくらいいるのか?

 自分の胸に手を当ててたずねてみてください。ほとんどの人は新聞読みません。で,テレビはどうでしょう。

ニュースを見るでしょうか。見ませんね。そうしたら伝わりません。そういう問題もあります。

しかし困ったもんですね。ニュースを四六時中聞いてなくてはならないんでしょうか? 

みなさんはテレビで警察物やスパイものを見るでしょ? 警察のおじさん達はいつも

イヤフォンつけて,しょっちゅう情報が入って来るんだよね。しかも,尾行したり

とかいろいろ仕事しながら聞かなきゃいけないんですね。でも,僕たちはそういうわけには

いかないですね。そうすると,どのへんでバランスをとったらいいのかを考えた方がいい

ということだろうかな。さて,さらに5分間,残りのページにも目を通してください。

読んだね。「報道」がいけないんだってね(笑い)。どうしたらいいだろう。・・・。

「報道」はいけません。本当にだめです。どうしてだめなんだろう。

情報が作られないんだね。スリーマイル島事故の場合は,加工はされるかもしれません。

報道で流される情報は劣化してしまうんです。しかし,劣化するというふうに思われない。



565 :もう一発、  :2007/01/03(水) 18:28:43 ID:b/ZRdBuX
むかし「大本営発表」ってのがありましたね。で,「大本営発表」はそのまま記事になります。

新聞屋はそのまま記事にし,印刷屋はそのまま印刷したんです。それが我々の所に届きます。

それを私たちどういうふうに考えて読むか。かしこい人は──ここが味噌ですね──かしこい人は

信じない。でも,かしこくない人は信じる。それから,かしこい人であっても,その時代は,

疑ったところでどうにもならないですね。今でも,新聞に書かれたことを多くの人は鵜呑みにします。

そして,テレビや新聞の記者は自分で直接調べて,考えて,疑いを持って,記事を書くことがなくなってしまいました。

で,とりわけ原子力発電所の事故のような問題は,書けないんです。理解できないんです。すると,

理解しているふりをしているような人から話を聞くしかない。こういうのを「間接取材」といいます。

人の話を記事にするんですね。しかもこの「間接取材」はぐるぐるまわりをします。

決して誰かによって疑われたりしないんです。「決して」っていうのはちょっと言い過ぎかもしれませんが。

そして読者である我々も疑おうとしない。

こういうのを「報道」というふうに言っていますが,はたして「報道」と言っていいのだろうか,

といういささかおかしな問題提起をしたいと思います。「報道」は「報道」と言ってよいのか? 

な〜に言ってるんでしょうね(笑い)。で,そのことを考えると,「情報」ってのは,

情報を伝える本人──例えば,新聞・テレビの記者──その人が,自分にとって意味のある,

あるいは分かること,またあるいは,なにが分からないかということを伝えるのでなければ意味がない。

「劣化」がおこります。そういう問題がありますね。「情報」を伝える側の問題というよりは,

「情報」を受け取る側の問題,とりわけ「環境問題」なんていうことを気にしている人たちの問題

というべきかもしれませんね。あるいは「原子力」に関心を持っている人たちが報道記事にどういう

関心を持っているかという問題ですね。



566 :もう一発、  :2007/01/03(水) 18:30:57 ID:b/ZRdBuX
■「情報」は便利?
中尾ハジメ:それで,また今度はちょっと違う点を具体的な例で紹介しますね。生活,

というか,みなさんが生きるということとか,勉強することも含めて,どんな活動をしようと

思っているか,そういうことと,「情報」という言葉をみなさんがどういうふうに捉えてみなさんが

使っているか,合わせて考えてみたいと思います。「生きること」と「情報」が関係があるようにみなさんは

思っています。で,どういう「情報」をさして関係があるのでしょうか。インターネットがものすごく便利だ,

と思う人は手をあげてみて下さい(結構な数の手があがる)はいはい,そうだね,

たいへん便利なものですね。「どういうふうに便利なのか」ともし聞かれたら,

どう答えますか。非常にはやく情報が手にはいるという言い方をしても間違いはないでしょう。

わざわざ本屋に行かなくても,座ってるだけで,ぴっぴっと情報が手に入るもんね。


「感動する本」の検索結果ある人にね,インターネットはどのように便利かをたずねたんだよ,

そうしたら「感動する本を探したければ,“感動する本”と入力して検索したら

“感動する本”がずら〜っとでてくる」っていうんだよね。で,「図書館みたいなところに行って

“感動する本”を探すのは難しい。なぜなら図書館の分類の中には“感動する本”という分類はない」

んですね。しかし,その人によると,「感動する本」がずら〜っとでてきて,

しかも読んだ人の感想まで読めるんだそうです。まあ,その人にとってはそのように

便利なんですね。・・・。これは反論するのが非常に難しい。けれども,なんと馬鹿げたことか,

と思います。そういうもんなんかねえ,「情報」ってのは。



567 :もう一発、  :2007/01/03(水) 18:33:26 ID:b/ZRdBuX
■「情報の創造」には手間ひまがかかる?
中尾ハジメ:さて,次の資料を見てください。これは『80年代』というけったいな

タイトルの雑誌に1984年に3号連続して連載をされた記事です。現地の住人たちの

体験を伝えるものです。じつはスリーマイル島の事故が世の中にどう伝わったかという

問題だけじゃなくて,そのあと,事故の後に誰も──「誰も」といってしまってぼくは

言い過ぎじゃないと思うんですが──誰も,現地の人たちがどういう恐ろしい体験をしたか

ということを,調べにいった人は皆無に等しい。新聞記者だけじゃなく,反原発の人たちの中にも

そんなことをしに行った人はいなかった。なぜしなかったのか? だって情報は手に入っちゃいますからね。

分かっちゃってるんですからね。で,すばやく手に入った情報と,

現地までいってそこで得た世界はまったく

違う世界です。

『80年代』という雑誌は,吹けば飛ぶような雑誌で,いまはもうありません。

なぜか? この世の中では,ちゃんと採算が合わなければ成り立たなくなるんだね。

したがってなくなりました。そういうもんです。印刷技術とかインターネットとか

いろいろありますね。そういう技術を使って,いわゆる「報道」であるとか

「ジャーナリズム」という活動をしようと思ったら,自分が死なないように,

飯が食えるようにしなければならない。大変だよ。「インターネット」ってのはあんまり

お金がかかんないように思われてるかもしれませんが,もしそこにずっとはりついて仕事を

するとしたら,誰が飯を食わせてくれるのか(笑い)。これは非常に重要な問題です。

そのためには記事が売れなければならない。あるいは,ものすごく寛大な誰かが,

君たちがやってることはすばらしいことだ,なんて言ってさドカーンと寄付をくれるとか。

でも,そうでないとしたら ──というより,そんなこと起こるはずがないんですが・・・。

「情報」とかいうふうにみなさんが考えているものが,あるいは「報道」と呼ばれるものさえも,

お金と無関係では存在できない。すごいよー,これは。



568 :もう一発、  :2007/01/03(水) 18:36:29 ID:b/ZRdBuX
さて,次の資料。これは今日のテーマに直接はつながらないかもしれないけども,

中味的にはスリーマイル島の事故とは要するにこういうことだよということが簡略に

書かれているものです。これは,弘中奈都子さんと小椋美恵子さんが編集をした

『放射線の流れた町』という本です。1988年,阿吽社というところから出ています。

じつはですね,正直に言いますが,私はこれくらいで挫折をしました。10年経たないで

──事故が起きたのは1979年です──,79年にみんながさっき読んでくれたようなこと

を考えたんです。そして,その問題と取り組まなければいけないと思ったんです。

取り組んだんですが,いろいろなことがあって,簡単まとめて言ってしまうと,

10年間で,もうできなくなってしまったんです。生きなきゃいけないからね(笑い)。

だけど,そこでちょっと考えて欲しいんですが,何でたった1回の事故のことを,

10年間も──もっとがんばれば,今だってやってるかもしれない──続けたのか。

ひとつは,放射性物質が漏れだしたことで起こる被害の結果が,一瞬のこととして

起こるわけでない──こういうのを「後発性」とか「遅発性」とかいいますが,

あるいは「潜伏期」っていうとちょっと違うかな。即,病気が発生するわけではない。

ガンなんてそういう病気だよね。被曝してから15年くらい経って,ガンになるということが多く

あります。しかも,その被曝のせいだ,といえないという大問題です。人間にとって

事故そのものがどういう問題だったかということを,新聞記者でも誰でもかまわないですが,

本当に分かったというふうになるまで,一瞬にはできないんです。なぜか? 

ちょっと飛躍して聞こえるかもしれませんが,情報をつかむのは,あるいは情報を作るのは,

ほかならぬ我々なのだから,そのたくさんの時間は,情報をつかんだり,

作ったりするための時間なんですよ。原子力発電所の事故が起こったということは

すぐに分かる。場合によっては,それがたいへんな事故だったということもすぐに

分かるかもしれない。しかしスリーマイル島の事故みたいに,本当は大変な事故

だったんだと思うんですが,それは分からなかった。分かろうとおもったら,

何十年もかかるんだよね。こういうのは「情報」っていうかんじですか? 

「情報」っていうのは,流れてくるか,飛んでくるかして,それをキャッチ

しさえすれば役に立つはずのものでしょ,たぶん。

だけどそういうふうにはなっていない。



569 :もう一発、  :2007/01/03(水) 18:38:13 ID:b/ZRdBuX
多くの人たちがスリーマイル島の原子力発電所の事故は,

大事にならなくてよかったなあって言ってるんですよ。

ひどいことにならなくてよかったってね。で,それとは違う世界があると,

何でか信じてしまったので──違う世界をねつ造したりはしませんが──しかし,

こういう事実があるということを突き止めなければいけないと思ったんですね。

いずれにしても,そのことをやろうと思ったら,時間がかかったんです。

たくさんの人でよってたかってやったら,早くできただろうか? そうとも思えません。

それも問題ですね。どんなことをしたかっていうことは,今日の資料からうかがう

こともできるかもしれません。「ああ,こんなバカなコトしてたのか」とかね(笑い)。

まあ,それは後ほどお考えください。



570 :もう一発、  :2007/01/03(水) 18:43:26 ID:b/ZRdBuX
■ジャーナリズムに立ちはだかる科学技術
中尾ハジメ:多分みなさんの中には,こういう考えがあるかも知れない。いわゆる実験室的な世界だけ

でなくて,日常の中でも,科学という世界があって──たとえばみなさんの使う

コンピュータなんてのも科学ですね──その中味がどうなっているかを理解する必要はない。

アイコンをクリックしたら何かでてくるから,そういうことだけを分かれば,あれは使いこなせます。

そういうことをしている自分は決して,科学者だとは思わないだが,しかし科学というのがあると

思っているでしょう。科学技術というのはそういうふうにして世の中に存在しますが,

その科学技術の内部ではすべてが整合性を持って存在していると思いたいんでしょうね。

それで自分は,科学技術は分からないから,科学技術の話をされたら,だまっておくか,

あるいはその話の物まねをして何かをしゃべるかというふうになってしまう。

環境問題はものすごく大きい部分が,科学技術的な言葉で語られています。

典型的な例は,「地球温暖化問題」ですね。で,しかしみなさんがもし,

環境問題に少し関心があるという程度でも,地球温暖化問題について,

自分の言葉で──という表現はぼくは不十分だと思いますが──

自分の言葉説明をしたりして,人に伝えることが出来なかったら,どうするんですか,

とおもいませんか? そして,みなさんはそろそろそういう壁にぶつかってるんじゃないかな,

と僕は憶測します。「地球温暖化問題」について,「なぜ炭酸ガスが増えると

地球の温度が上がるのかを説明してくれ」といわれて,「できる」っていう人はいるかい?

 「わたしにはちょっとむつかしい」っていうひとは手をあげてくれる?

(何人か手があがる)手をあげない人は,できるんかいな? 聞いてみようか(笑い)。

だけどね,ここでたじろいだらダメなんですよ。で,これは科学の問題ではないんです(笑い)。

いや科学の問題なんですが,みなさんは「自分は科学者じゃないからこの問題には挑戦できない」

と考えるのが間違いなんです。そうしたらね,まず正直に「わかんない」と言うべきです。

そうして,人に聞きなさい。おしえてもらいなさい。で,本当の話,原子力発電所の事故について

「大変だ」というのは,比較的ラクでした。それでも大変だよ。ほとんどの人は信用しないしね。



571 :もう一発、  :2007/01/03(水) 18:43:55 ID:b/ZRdBuX
しかし,みなさんの問題はもっと大変です。地球温暖化問題。これは自分が取り組む問題だと

思うんであったら,がんばらなければならないし,もしがんばらないんであれば,

環境社会学科でなにをやっているのっていう問題です(笑い)。これは大変です。

環境社会学科でなにをやるのか。で,ジャーナリズムというのは,

とりあえずこういうふうに考えて欲しい。ジャーナリズムっていうのは学問だじゃない。

ここでいう学問はね,厳密な方法論にしたがって,あるいは科学的手続きに従って,

実験を繰り返す人たち,またあるいは現実の社会の運動,いまなにをするべきかという

ところから,すこし距離をおいて,私はいまの世の中がどういう流行を持っているか,

あるいは地球温暖化について,大騒ぎをしているかしていないかに関わらず,

「ドライアイスの研究をしています」というような人たち,そういう学問をする必要はないです。

ないけれども,みなさんは地球温暖化が何であるかを,普通の人たちに説明できる程度の

言葉を持たなかったら,やってられないですよ。どうしたら説明できるようになるか? 

簡単です。勉強してください。で,分からないことは人に聞きなさい。ものよっては教えて

くれるかもしれないです。それはそれでかまいません。しかしね,おおくの事は自力でしか

勉強できません。だから勉強するんだよ。分からないことは分からないでいいからね,

でも,分かるように勉強するんだよ。人に聞いたことを,よく分からないままにつぎはぎして

レポートを書いて,できあがりってのだめだよ。自分が分かったこと,

分からなかったことを書くんだよ。



572 :もう一発、  :2007/01/03(水) 18:49:07 ID:b/ZRdBuX
■ジャーナリズムは厳密である必要はないが・・・

中尾ハジメ:それから,ジャーナリズムは厳密主義ではない。けれども,うそを付いたらダメ。

論理性がなければダメです。かっこの良さそうな言葉を並べるだけではダメ。あれをしてはいけない,

これをしてはいけない,ということはありますが,厳密である必要はありません。科学なら求められる,

絶対しゃべってはいけないこと──「こうかもしれない」とか「ああかもしれない」とか,

「そうにちがいない」とか──そういう言い方をジャーナリズムはできるんです。

ただし責任を持って言わなければいけませんよ。科学ならば厳密に言えることしか言えない,

っていう世界があるんですね。原子力事故で,何かの被害が起こったと言うことを科学的に

言うことはほとんど不可能です。むつかしいです。僕がガンになって死ぬとするでしょ? 

それは仮に僕が放射線にあたったから死ぬとしても,「いつあたったんですか」

とかいわれちゃう。そしてこれはいまの科学ではたどることは不可能です。しかし,

ジャーナリズムはその厳密性にとらわれずに──でたらめは言っちゃいけないけど

──自分が記事を作るんだったらできるんです。間接的な取材はダメだよ。

覚えておいてください。自分はわかってもいないのに,分かったふりをして書くのはダメです。

たしかにここでまた厳密に言えば,どこで線を引いていいのか分からない,ということになるかもしれません。

その問題は,あまりに自信がないときには,「わたしには自信がないのですけれども,Aという人が

このように言っていました」というように書くことができます。で,Aというひとと,

Bという人の言明がまったく違うときには,取材をしている私は,どちらだか分からない

ということを言うことができる。政府の役人であるとか,科学者であるとかのなかに,

矛盾があることをジャーナリズムは表現をすることができます。しかしそれもみなさんが


573 :もう一発、  :2007/01/03(水) 18:49:51 ID:b/ZRdBuX

そういう「矛盾」に関心がなければできないですね。でね,情報ってのはね,答えではないんです。

みなさんが流す情報も答えである必要はありません。しかし,責任は持たなければならない。

一生懸命やらなければならない。責任を持つっていうことは,これはたとえば,

「長澤智行が書いた記事だよ」って堂々と書けるっていうことだね。当然のことでしょうけども,

ある記者は,「優れた記事を書く」という評価を受けます。またある記者は「こんなくだらない

記事を書く」という評価を受けます。それは仕方がない。だけども決定的な問題は,

みなさんが受け売りをしたり,あるいは誰かが言ったことをそのまま書き写したりするのは

ダメ。失格。でね,みなさんがもし仮にジャーナリストじゃないとしても,このジャーナリストの

基準を持つとしたら,みなさんは立派な人間だと思います。まとまりがある。ああ,

これは誰が書いた文章だか分かる。そういうふうにしてください。

というわけで1600字。この1600字という制限をあまりバカにしないように。

実際の社会活動の中では,限られたスペースにまとまったことを書かなければいけないんです。

でね,それは「私が書いたものだ」と誇りを持って言えるようにしてください。

来週までだからね。で,みなさんは何となくこういう約束をバカにして,

一週間くらい待ってくれるだろうと思っているでしょうけど,

まちませんからね。来週はまた次の課題がでるんだからね。



574 :もう一発、  :2007/01/03(水) 18:54:34 ID:b/ZRdBuX
これは、権力について、突っ込んでおく必要がある。歴史で、根本的に世界を変えた

権力体制は、イギリス議会制民主主義の権力体制である。それまでの権力体制は聖職者、

国王が握っていた。それ以前は、原始の時代ではシャーマンと言えるはずだ。その後、

ブルジョアジーが世界の主流をなす時がきた。そして、産業革命と共に、二つの世界大戦に発展した。

そもそも、市民革命と産業革命は何を意味するか?



575 :574から奇形児 白カラス黒ヒツジ :2007/01/03(水) 18:58:45 ID:b/ZRdBuX
それは、ニュートンとゲーテの光の論争を例にとるとわかりやすい。ニュートンは、

光は七色。ゲーテは、「色彩は光と闇の調和として無限に生ずる」と主張。

もちろん厳密にはゲーテが正しい。しかし、当時は、ニュートンが支持された。

議会制民主主義は、本人がいくら正しくても支持されなければ役に立たない事を示している。

根本的に世界観を変えたのは科学による産業革命、ブルジョアは、単に権力が市民に移っただけ。

本当の意味で世界観を変えたのは、産業革命と言える。これによって、奴隷を単純な労働から解放した

はずだった。

576 :574から奇形児 白カラス黒ヒツジ :2007/01/03(水) 19:03:07 ID:b/ZRdBuX
産業革命の科学とある意味宗教的と言える議会制民主主義と言う事とは、

基本的には魔術の領域の話なのだ(特に量子力学の論争はいい例だと思う)。

科学は良い事にも悪い事にも役に立つ。議会制は支持を得さえすればいい。

つまり、科学を、個人的利益を引き出すために利用し、議会において支持を得るための

教養を身に付け権力を握る事が本質であると言う事もありうることになる。

そこで、中世や近世の国王や、聖職者よりもっと、身の毛のよだつ事態が起きた。

プロパガンダやマインドコントロール、催眠など、意識誘導や操作をする自体が起こった。

二つの革命後、現在にいたるまで、権力はどのような流れに乗っているのか?

権力者が考えることは、死後も来世も権力を握る事である。そして、突き詰めると、

他方で死後にいたるまで無防備な奴隷状態の者を作り出すことも意味し、

人間の進化を思いのままにすることである可能性がある恐れがある。

これが2つの大戦を生じた帝国主義の本当の正体である。  
     


577 :574から奇形児 白カラス黒ヒツジ :2007/01/03(水) 19:10:46 ID:b/ZRdBuX
http://society4.2ch.net/test/read.cgi/court/1156631083/101-200  
    人権問題戦慄の地獄スレ

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 13:21:34 ID:7nKK16Pn0
19 :名無し調教中。:2006/11/08(水) 11:03:07 ID:MfyK/gVa
これは?人工こうもんになった三咲天使
ぱす amgt
Http://25.xmbs.Jp/onlygood/





62 :61:2006/11/10(金) 23:49:46 ID:lXcgpbb90
普通精神鑑定に関係者をかけるのが当たり前のはずである。


63 :61:2006/11/12(日) 07:22:33 ID:/M1rdY1S0
そうすることなく、放置するような事をしたら、社会は成り立たないからだ。


578 :574から奇形児 白カラス黒ヒツジ :2007/01/03(水) 19:12:26 ID:b/ZRdBuX
↑本当かどうかは、知らないが、こういう情報が放置されていること事態が危険すぎる。

579 :574から奇形児 白カラス黒ヒツジ :2007/01/03(水) 19:13:21 ID:b/ZRdBuX
シャーマン、支配者、国王、聖職者。市民、産業、単純労働、公害。
    
世界大戦、ナチ、731部隊、原爆、冷戦、スリーマイル島、

ロボトミー、障害者、暗殺、HIV、ジェノサイド、、、、、、、、。


580 :574から奇形児 白カラス黒ヒツジ :2007/01/03(水) 19:30:27 ID:b/ZRdBuX
 現在でも学会の根底にそのような性質の働きが潜んでいる可能性の恐れはあると思われるし、

日本の初代の心臓移植手術の失敗の件にしても、精神医療のロボトミー ――通称、西瓜割と言って、

70年位まで、日本でも、大脳を切開して、殺して捨てる事をやっていた――

は本当に学界関係は怖い。元気な老人を薬代を稼ぎ出す為に過剰の薬物を投与して短期間で殺していった件。

恐らく電気ショック療法の悪用による苛めや暴力なども氷山の一角なのかも知れない。

現在でもHIVの問題もある。



581 :574から奇形児 白カラス黒ヒツジ :2007/01/03(水) 19:33:19 ID:b/ZRdBuX
貧乏、公正証書、印鑑、手形、倒産、夜逃、破産宣告、不況、恐慌、

世界大恐慌、世界大戦、大恐竜、人類滅亡、、、、、、、w。

582 :ガンダルフがイワされたw:2007/01/03(水) 19:36:25 ID:b/ZRdBuX
振り返って見ると、お気付きいただけると思いますが、かつての国王や聖職にまして、

現在は知られざる恐ろしい権力の支配体制が出来上がってしまっているとかんがえるのは間違ってない。

日本で何が起きている?引き起こした当のイギリスは?戦後、アメリカの原爆にビビッて

福祉政策を進めた。でも、アメリカとイギリスはグルになっている。

(イギリスは現在でもダイアナも問題に関しても曰くつきの国である。)

583 :白カラス黒ヒツジ:2007/01/03(水) 19:49:49 ID:b/ZRdBuX
580<あっ、学会はこんな機能もあったっけ、、、。↓


学会のその根底は古来からあった呪いの体制なんです。

そのような働きの存在を否定してなおかつその力を行使することが可能です。

権力体制は、先ず、意識操作は学会からはじめるものだ。

584 :白カラス黒ヒツジ:2007/01/03(水) 20:12:36 ID:b/ZRdBuX
現在、日本で何が起きている?ヒント、宅間、バスジャック、精神鑑定の境界例の問題がある。

今でも西欧では触法精神障害者の問題で頭を抱えているが、私スレの筋がわかれば

精神鑑定が何を意味するかお解りいただけるとおもわれますが、   
          
つまり、病気に先だって社会を操作するために鑑定医が配置されるとしか

言い様がないのが大きなウエイトを占めていると主張せざるをえない

ということです。と言うか、よく考えてみると、普通、国王にしても、天皇や政治家にしても、

医療にしても、それぞれの省庁にしても、本来、普通、そういうものである

と考えるのが自然なことのように判断することになると思われるのだが、、、。

しかし、それが、民主主義なのか?  ここで、任意に日本の精神化医を例に取ってみると

一時、単に会ってその医者が何者か様子をみるだけでは、その本性が解らないのが精神科医であり、

鬼にも仏にもころころ変わったりして助けたり殺したりするのが精神科医の実際のありさまである。

精神鑑定も同じ事である。、、、、、、???

585 :白カラス黒ヒツジ:2007/01/03(水) 20:19:22 ID:b/ZRdBuX
日本では障害者を守る精神保健福祉法がありますが、指定医制度を逆手にとって患者の主治医替えの要求を

拒否し、主治医が患者を悪化させたり、操作したりして問題を引き起こして社会問題を

作り出して、操作したりする事態は起きたりしている可能性もありうると思われます。

医者として診察すると称して呪い代行を兼ねて患者に働きかけたり、患者を催眠にかけて

自殺を誘発することは可能なわけです。

なぜそれが可能であり、起き得るかといえば、日本の法律は、入院している障害者に対して

だけは精神保健福祉センターの審査課が主治医に指示する強制力を持っているだけで

(これでも、医者が患者を催眠にかけて操作し誘導し洗脳したり、自殺させたりすること

は可能であり、実際、見逃されていると思われる。実際、スウェーデンでテュルネマンと言う

医師のカルト犯罪の報告は存在する。)入院患者以外の患者には、福祉センターは医者に

強制力を持たないし、法務局は患者のことで医者にに対して交渉は出来るが強制力そのものは無いのだ。

586 :白カラス黒ヒツジ:2007/01/03(水) 20:47:58 ID:b/ZRdBuX
ここで、病人にするまでの手順が重大となっている事が解る。精神そのものを消耗させ、

曇らせれば、呪いや催眠にかかりやすくなり、コントロールしたり、洗脳しやすくなるし、

操作しやすいし、そうでなくとも病人として扱えるし、どちらにしても、何らかの仕方で操作できる。

そして、これがどうどうとまかりとうれば、思うままに国民全体を操作して、思うままに

事を進められるわけである。根本的に、意識や判断力を失う事を法に触れぬ罪に問われぬように

しでかせばいいのだ。

587 :白カラス黒ヒツジ:2007/01/03(水) 20:51:19 ID:b/ZRdBuX
呪いは、ぶっ殺すなどの発言のような脅迫罪に触れない限り、罪に問われないので

利用するほどにその効果と本領を発揮するはずだ。更に、一般人に、

どうにもならないと思われている障害者を操作し従えることを可能にすることが出来れば

国民を攻略したことになる訳だ。巧妙な誘導や暗殺のマニュアルがあると言うことが出来る

と言うことになるかもしれない、、、、、、、。

588 :白カラス黒ヒツジ:2007/01/03(水) 21:01:42 ID:b/ZRdBuX
恐らく、このままでは、宅間守の類の犯罪は今後、悪化は更に進行して発生する

おそれがあるものと予測される。実際はこの社会制度を利用して悪用し、人を陥れたり、

冤罪をしでかしたりして利益を引き出したりすような者は一般人にもいるのだ。

そして、時と場合によって大多数はそれに反対したり支持したりする風潮があることによって、

触法障害者の問題は埒が開かないわけである。これは、産業革命と議会制民主主義の現状でもある。



589 :白カラス黒ヒツジ:2007/01/03(水) 21:49:59 ID:b/ZRdBuX
マジれす

議会制民主主義と言うのは人が人に対する関係の問題。

産業革命は人同士のみならず自然などの世界との関係の問題も含まれる。

人同士の関係も時と共に変わる様に、人と自然や世界との関係もおそらく

時と共に変わるに違いないと見なすことが可能に違いないと思われる。

そして、自分は、現実に、支持を得た人は主導者、支持を得られた世界観は常識となる

(力学も量子論も実用として役に立つが、実際は現在に至るまで何一つ完全な世界観は

存在していない。)といえると考える。そして、常識で解らず、仮説でも解らない様な

出来事も存在していると言うことも出来る。

590 :589<勝手に書き込みの入力になっちったよw:2007/01/03(水) 21:53:20 ID:b/ZRdBuX
マジレスすると、二つの革命が何を意味するかはいまだに未知数。

議会制民主主義と言うのは人が人に対する関係の問題。

産業革命は人同士のみならず自然などの世界との関係の問題も含まれる。

人同士の関係も時と共に変わる様に、人と自然や世界との関係もおそらく

時と共に変わるに違いないと見なすことが可能に違いないと思われる。

そして、自分は、現実に、支持を得た人は主導者、支持を得られた世界観は常識となる

(力学も量子論も実用として役に立つが、実際は現在に至るまで何一つ完全な世界観は

存在していない。)といえると考える。そして、常識で解らず、仮説でも解らない様な

出来事も存在していると言うことも出来る。




591 :白カラス黒ヒツジ :2007/01/03(水) 21:59:56 ID:b/ZRdBuX
日本はアメリカに逆らえない、医者を配置して社会を操作する。

その背後に政治家と天皇関係者がいるかも知れない。そして、天皇と政治家の背後に

本物の黒幕か権力者が居て彼らの人権を脅かしている可能性のおそれもあると思われる。

それは国内に居るかも知れないし国外にいるかもしれない。

そいつは、相当の影響力と教養と財産がある奴に違いない。

ただ、ニュートンやゲーテ、ダビンチなどのフリーメーソン系かどうかまでは

断言しないし出来ない。テンプル騎士団でも触れるが宗教上の

全知全能の神でも通用しない不可避の根本的な決定的仕組みの世界の造りの働き

であると言わざるを得ない。((ギリシア時代では悲劇、日本では無常、

ゲーテのロマン主義の時代では永遠に反芻する怪物、

と表現される不可避の地獄のゾーンのこと。))


592 :白カラス黒ヒツジ :2007/01/03(水) 22:19:15 ID:b/ZRdBuX
大富豪は死後、財産を管理する為にオカルトに興味を持ちやすい。

大富豪が自動書記などで死者とコンタクトをとることは良く聞く事がある話である。

死後にまで影響し、来世も権力を手中にして維持するためのことでである。

593 :白カラス黒ヒツジ :2007/01/03(水) 22:25:29 ID:b/ZRdBuX
所で、ここで、権力者と奇形児について考える。仮に世の中で色々な事情によってどんどん

適応できなくなっていく奴が居るとする。一方で権力者は、うまい具合に、教養、霊感、

超能力の類、を身につけ進化して人の上で発達を遂げて、ヒエラルキーを一歩ずつ

上がっていき、人間大氏神の類となっていくとする。オカルトの教養を身につけた権力者と

言えることになるだろう。根本的に権力と奇形児との関係の間においてヒエラルキーは

全く機能せず意味を持たないことを突き止めることが出来ることになる。まして、

権力がエゴイスティックなものであれば、それどころではないと言わざるを得ない。 

それは、以下の説明によってお解り頂けることになるはずである。 



594 :白カラス黒ヒツジ :2007/01/03(水) 22:46:17 ID:b/ZRdBuX
仮に、権力が、現実には奴隷の究極として奇形児を利用する傾向をもつようなことがあれば、

権力の存在が、奇形児の存在に依存する事を意味する性質のものであることが決定的なものとなる。

奇形児を理解する権力がそのようなものでない時には、人道に基付いた対処によって、

放置することなく 奇形児を保護するよう世界創りは成り立っているはずである。

そうでなければ文明は、間違え無く滅ぶ。こうして、奇形児の意味、奇形児の謎の答えが導き出される。

奇形児を見ると、一回の人生で捉えるのではなく、長い運命で把握した上で、

分別と節度をわきまえ、ことに当たるべきである。奇形児の存在そのものが、

権力の限界を根拠付けていて、制限することを意味する。

権力者が奇形児の存在に依存するようになった時点で、

――つまり、スリーマイル島事件のような―― なおかつ、人間が奇形児を人間から切り離そうとしたらば

人間としてのつながりの根拠が失われ、権力が存在する意味の根拠そのものが

根本的に破綻を来たすことを意味するし、その時点で人間の根拠そのものも失われ、

結局、人間存在の共通の人間の意味そのものが破綻を来たすことを意味することを決定付けるからだ。

その時点で、奇形児のふさわしい環境の工夫の知恵を全てに迫る必然も、そこから生じるし、

それが、万人共通の認識となりえることになることが解る事になるべきであるはずである。

奇形児は人間の進化と文明の方向の軸をなしていると言えることも、そこからわかるのである。

595 :594<<白カラス黒ヒツジ :2007/01/03(水) 23:09:43 ID:b/ZRdBuX
これで先祖の正体も把握されて、例えて言えば、この世の中、

神に関係した権力と先祖に関係した権力がある見解は信憑性をもつが、

先祖の力が時には地上に働きかけて根本的に国全体の意識を動かしたり、時には、

物質すらも動かしたり、時には神すらも倒すことがある力を振るうことはこれで納得がいくと言える。

これと同時に、特に奇形児によって、神は居たり居なかったりするあれか?という実在も決定的となる。

ここで、人間は地上において、神や先祖の世話をしなければならないけれども、

それ以上に、人間が人間のためにしなければならないこともあると言うことなのです。

これが究極の人権の基本と言う事になる。人権は善と悪の前にに何よりも先だって機能する

べきものであることをも証明したことになる。神だの先祖だのという事は、あくまで

仮説の域を出ないにしても、奇形児によって人権の根本的定義が発見されたことは

確実であると主張できるのであります。

596 :白カラス黒ヒツジ :2007/01/03(水) 23:29:03 ID:b/ZRdBuX
受胎の中に人生全ての多くのことが含まれるなら、奇形児の中にはもっと

多くのことが含まれていると言うことは出来る。世界のほとんどの問題は奇形児に結びつくし

関係していと言えることが解る。人権に基付いて次のような出発点と結論も得られると思われる。

奇形児や障害を持った子供には、普通の教育や継承の形を取らず、特別で丁寧な愛情で接する

事を必要とする。そして、文明の最も高度な肉体と精神の治療によって異常から回復することを

意味する。ノーマライゼーションに関しても、更なる、今後の医療技術の進歩と、

社会的変革は期待される、ものであると主張されるのである。
 


597 :白カラス黒ヒツジ :2007/01/03(水) 23:31:34 ID:b/ZRdBuX
            、、、、、ふーうwww
                   _,,  -―=ミx,,_
             _,,, -‐ '"´          `"':.、
         、 ''"                     ヾ.
      , '"                           ミ、
    , '...:.:                          .::彡'
  、メ.:::::                        .:::ミ_
  ,ミ::.: .              ..:.::::               .:::ミ⌒
  ミ:.   ..::::..,      ..::.:::..:                 .:::ミ
  ミ::.  .:(●ノ      ..::.::;     .:.:.:,;     .::::ミ
  j、;, ::::...        ...::.:.::;:'       .:.::::ミ     ..:::ツ⌒
  | ノ x≦ミ、.....::.::.::.::.:;,ツ      ..:.::::ミ:..   ..:::/
  {_/     ヾ、"゙'''"´      .::::;;ツ ..:.:::;;ミ^
            ゙' 、     ..,,::  '゙´ }、,,,
             `゙""ノ'''"{ゝ   / /
              =ニ二´/.::;ハ〈   ,/ /
               //⌒ヾ、 ノ.::〈
             ´    ー=≠.:::.:: ヽ、
                 // ̄ヽ、 \
                     ̄      ̄




598 :、、、、、、、。:2007/01/03(水) 23:33:26 ID:b/ZRdBuX


                , -'"´  ̄`丶、_
               ,.∩         `ヽ
             〃∪'´ ̄`二二人\  ヽ
             | ツ´ ̄ ̄ ̄ ̄´ ヾ ヽ. ',
             |ノ{ ,ニ、   , - 、 | | | l |
             | ハ ィハ     ,二ヽ. | | | | |
             | | | }ト'}    {トヽ〉 /)} l |
             | ハ"´、'_, ,,ヾノ 厶イ川|      
               ァへ/\     , ィ´ ̄`ヾ、||ヽ、__ノ
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/   ヽヽ__ノ
             / _L.__/__   V- 、     ! }`ー
          ,′  ̄ ` ー 、 __ ``'′  \ /
           l           `ヽ、  ,/  |
            ` ー┬─ ァ- 、  、 トJ,ィ<     l
               /j.  /    `ヽ_y'^'´ l ヽ  /
            / ハ__/     /     l  '、 !
             ,' l. l/ `ヽ、_/     l.  l'′
           l  |,/     ,イ       |  l
          l,/{   /! l      |  /
           / <ヽ` ーチニ′ |     ,ノ! /
          /   `′/−'´  |─− ´ 〃
       {     /ヾ     !    /
        ` − ´   ヽ _ ,ノ__ - ´





599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 23:41:04 ID:b/ZRdBuX
自分のはじめの問題提示のぶっちゃけはここまでです。ここから、実際にどうやって

更なる問題をみんなで話し合うかを問うことにしましょう。このスレはそういうスレです

とぶちゃけてひとまず段落をつけることにします。

12−25<<これが、繋ぎw

権力とエゴイズムのヤミ、暗部、盲点と限界と奇形児、→奴隷問題。ヒエラルキー問題。
奇形児認識長い眼と人生認識、福祉と精神肉体治療ノーマライゼーション問題。
福祉と法務省問題、教育、宗教、文部省、厚生省。

権力と食人問題、共同体支配問題と所有特権占領問題。と奇形児、精神医療問題。
原始人のそれ、犯罪のそれ、現在の中国のそれ、病気のそれ、革命のそれ、との関連
軍事問題、芸術問題、科学問題、宗教問題、医療問題、追求 叩きの必然 奴隷と受胎と性の問題こと









600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 23:44:42 ID:b/ZRdBuX
             __,,,,,,,,_ これを軍事スレにつなぎたくてさ、、、。
            /    ヽ    
           , '       ヽ
           i        }
           {  r'"ー_-‐;= } __,、 -‐、  
           }r'、}て“}´f“,} ''´    }
            ヾi{i    冫'i.      イ 
           />i┌---、,_!      i 
         / / |ヾ、  "r'ヽ       |
       /  / |、`'>ー''rヾ|      'i
       /    /  |ヽ' Y'~'/-、       ヽ
     r‐'   、. /   |   〉〈  ヽ      '.
    ヽ  \ } ,,ゝ |   i i   {   i`、  l
     ヽ  ヽi |  |   !  i  i   iヾ、  i
      /   ,i i.  |   |   i  }  | ヾ、  i
       >   i i、 |   |   ! |  .i ))   i
        i   |  | |  !  !}   { 〉)   i





601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 23:51:59 ID:b/ZRdBuX
>> 福祉はぶっちゃけ不運に対して、、、 Name めいちゃん
06/12/01(金)20:25 No.1296063 、、、眠い、、、、寝る。
>> 詳しくは大戦後から、振り返ってみる事をします Name 恐らく本当の
世界大戦の引き金は 06/12/01(金)07:24 No.2277270 市民革命と産業革命であると
思われる。市民革命と産業革命が何を意味するか考えてみる必要がある。
市民革命は主張して説得し大多数から支持を得たものが主張を押し通して
その主張の実行を許される社会体制である。そして、産業革命は、
科学に基付いた自然法則を利用し生活に役立てる事を本質としている。
これは、個人的な見解だが、市民革命は、基本的に資本主義、社会主義、
共産主義の体制をとるものであるが、支持をうけるための説得力は、その主張者の教養、
そして、説得力、権謀術中の洞察力と行動力、、、、そして、運のツキ、つまり、
魔術に通じている面も見逃してはならない。その力は死後にまで影響しうるものもある
と言える。つまり、大多数が何を支持するかを知る事によって、その大多数の本性と
運命的傾向を知る事が出来るということなのだ。 そして、産業革命は自然法則の







602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 23:52:39 ID:b/ZRdBuX
そして、産業革命は自然法則の見極めと世界像の把握こそが全てであり、
アインシュタインに至るまでのニュートン主義を境に量子論と言う未知の
領域に突入した。これはデカルトからアインシュタインまでは心身の二元論
を意味するのだが、量子論の本質は現在のところ、心身一元論を根拠付けている
のは現代科学の常識である。(これは、原子の動きの実験で解った事。まだ、
科学者は断言は出来ないものの実験では人間の思考と原子の動きが対応していることが
繰り返し観測されている)。科学の本質は、世界は人の意識状態に応じて姿を変える
ということを証明している。これは時と共に、世界の自然法則も変わっていくことの
証拠でもあるといえる。そのまま、自然界は人間の精神に対応しているという結論
にもなる。(東洋医学はこの見解に基付いている。)
奴隷を単調な労働から解放したのは科学である。そして、市民革命によって本当の平等は実現されたと言われる。





603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 23:54:03 ID:b/ZRdBuX
ところが、奇形児スレでも言った通り、今度は、人が人を利用して利益を引き出す事態が
生じた。世界大戦の本当の原因の一つはこの事である。帝国主義は、少数の高度な教養を
身につけた権力者とそれに従う大多数で成り立ち、産業革命の科学技術を除けは、
中世の教皇の宗教の支配と大差なかった。そして、破壊活動のための科学技術は
極度に発達した。毒ガス等。、、、、、、、、。
この対戦時は大方の国は世界制覇の野心に満ちていたと言えるだろう。
史上、前代未聞の局面にある種の熱狂に駆られ、獰猛な野獣と化していたと言える。これは、
有史以来、最も凄まじいものであるのは確かであるのは間違えないと思われる。
>> 始めの大戦後、連盟国側は、有利な立場を確保した。 Name しかし、
次の対戦で世界制覇の 06/12/01(金)08:55 No.2277406



604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 23:54:47 ID:b/ZRdBuX
もくろみは、あきらめざるを得なかった。ナチスの件で
人は何処までも凶暴になることが解ったのだ。
まず、世界全体が損害を被った。そして、何度もこんな事を繰り返す訳にはいかない。
そして、決定的なのは、核兵器の出現である。
アメリカの広島への原爆投下で一番震え上がったのは
二つの革命を起こした当のイギリスだった。その時点で
人類滅亡の危機感を抱いた。イギリスは二つの革命後
帝国主義の傍ら、社会主義の福祉国家を急いだが世界大戦によって中断を迫られていたが、
上記の危機感によって、大戦後は社会主義政策は、促進された。
>> アメリカの原爆投下に関しては、色々な理由があった。 Name イギリスはそれを知っていたが、
06/12/01(金)09:10 No.2277434
アメリカを支持なければならなかった。アメリカにはまだ、
世界制覇の前代未聞の野心的目的が
残っていた。



605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 23:55:23 ID:b/ZRdBuX
そのまま、ロシアとアメリカのイデオロギーの冷戦に突入した。これは、90年代で終わりを遂げる事になる。
20世紀の戦争は有史上始めての事態だと言える。
戦争兵器にしても、特に恐るべきは、思想の次元に色濃く現れている。
それは、唯物論、人種差別のダーウィニズム、ベトコン、キューバ危機、
朝鮮戦争、に見出すことができると言える。 イデオログーが人類の存在の根底を
支配し突き動かしていたのは、、ロシアとアメリカの決定的違いは、 Name
スリーマイル島事件で解ることになる。 06/12/01(金)09:31 No.2277452
[返信] アメリカは冷戦の時、もし、人類が滅亡を避けて存続する事を志すなら、
戦争による情熱のはけ口を失う事を意味するし、兵士のトラウマの問題にも
文明崩壊の危機感を抱かざるを得なかった。こうして戦争の限界を感じるようになった。
このあたりでスリーマイル島事件が起きている。これは、当時、事故によるものとされているが
放射能による人体実験のために意図的に積極的に起こされた事故である事が最近解った。



606 :↑↓、これは、ぶっちゃけの軍事スレによる奇形児スレの補足です。:2007/01/03(水) 23:57:10 ID:b/ZRdBuX
これは、一部の権力者が情報や特権を駆使して、人を操作する事の究極の姿であると言える。
命令によって、兵隊は、何も知らずに原発事故の事に当たって実験台となるのである。
>> これは、何を意味するか? Name 名無し 06/12/01(金)09:45 No.2277472
それは、アメリカは、有史上初の、民主主義、軍国主義、経済大国、尚且つ殉教国家である
ことを意味する。スリーマイル島事件によって人間の進化の方向付けが起きてしまった
と解釈せざるを得ない。戦争の限界を悟ると同時に、国民を障害者にしてまで従わす事を
敢行する決断をとり、情報操作の手段をとる事を決定したのだ。このことによって、
つまり、進化の方向付けを行うことによって、同時にその世紀に何万年先の事態がなだれ込む事になり、
それに対処せざるを得なくなることになる。





607 :↑↓、これは、ぶっちゃけの軍事スレによる奇形児スレの補足です。:2007/01/03(水) 23:57:48 ID:b/ZRdBuX
そこで、アメリカは警察や、軍事にサイキックつまり超能力者を従わす事を敢行した。
ワトソンやマクモニーグルの類である。傍ら、大多数は、スポーツやテレビ、セックスなど、
情熱を共有させて操作しやすくさせる、情報操作の体制をとった。見てみれば解るが、
大方のスポーツには思想や魔術、暴力が潜行している。しかし、これは、情熱のはけ口として
不可避である。それは、数千年先の血統が意味を持たない時代。ここで生じる新しい事態とは何か?
まず、世界大戦が終わった時点で、決定的なのは遺伝子の優劣はいみを持たなくなるということ
そして、人口爆発がおきたからといって戦争を起こしても良いという大義名分は許されないということ、
つまり、ここで精神医療と福祉、そして、教育の根本的変革の事態に対処しなければならなくなったのだ。





608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 23:58:18 ID:b/ZRdBuX
精神医療の結論は、ぶっちゃけると環境の問題から警察、自衛隊、そして、軍によって
国民の衝動が規制されないと文明が成り立たないという必要の必然に行き着くことになる。
デュルケームは平和な時期には精神病、犯罪、自殺は増加して、戦争がおきる、
それが減少する、宗教では、厳しいユダヤ教の方がキリスト教より自殺者が少なく、
プロテスタントより厳しいカトリックのほうが自殺が少ないと統計によって見出したが、
平和な時期が来るとそれまで古代には生贄によって制御されていた
カニバリズムのしょうどうを持つようになり、これは精神医療では対処し
きれないことが後でわかる事になるはずである。そこでベレーボウの様な
軍の秘密警察を配置するひつようが生じるのだ。軍は情熱の方向付け、
自衛隊は危機管理、警察は捜査、という風に。



609 :↑↓、これは、ぶっちゃけの軍事スレによる奇形児スレの補足です。:2007/01/04(木) 00:02:10 ID:b/ZRdBuX
>> ここで生じる新しい事態とは何か?それは、 Name それは、数千年先の血統が
意味を持たない時代。 06/12/01(金)10:35 No.2277585 まず、世界大戦が終わった時点で、決定的なのは
遺伝子の優劣はいみを持たなくなるということそして、人口爆発がおきたからといって
戦争を起こしても良いという大義名分は許されないということ、
つまり、ここで精神医療と福祉、そして、教育の根本的変革の事態に対処しなければ
ならなくなったのだ。精神医療の結論は、ぶっちゃけると環境の問題から警察、
自衛隊、そして、軍によって国民の衝動が規制されないと文明が成り立たないという
必要の必然に行き着くことになる。戦争の目的ではなく必要とすることになると言うのだ。
デュルケームは平和な時期には精神病、犯罪、自殺は増加して、戦争がおきる、
それが減少する、宗教では、厳しいユダヤ教の方がキリスト教より自殺者が少なく、
プロテスタントより厳しいカトリックのほうが自殺が少ないと統計によって見出したが、
。平和な時期が来るとそれまで古代には生贄によって制御されていた





610 :↑↓、これは、ぶっちゃけの軍事スレによる奇形児スレの補足です。:2007/01/04(木) 00:05:04 ID:QvcYVOZk
カニバリズムのしょうどうを持つようになり、これは精神医療では対処しきれないことが後で
わかる事になるはずである。そこでベレーボウの様な軍の秘密警察を配置する
ひつようが生じるのだ。軍は情熱の方向付け、自衛隊は危機管理、警察は捜査、という風に。
>> ここでいったん軍事スレ終わります。 Name 今後の問題はやはり、憲法とか
後は日本の社会体制の全体的な変革のことと教育や医療や経済的関連の問題で
議論を重ねるひつようがあると申すことは出来ます。
福祉は文明における人間存在の不可避の成り行きとしか言いようが無い
それは、軍事の本質をよく表しており、そのことによって決定付けられる。
諸葛孔明は自然について精通し、敵を知り抜き最も状況に応じた適切な対処に
必要な手段の技術と知恵と知識と独創性を備えていた人物であり、ダビンチ
(ダビンチははじめから王そのものに忠誠を誓うようなことはしなかった)
に近い万能の人物である。オカルトの天の気と地の利に敏感で科学性や、宗教性、
政治性にもつうじたのだ。それほどの人物にもかかわらず、戦争の荒波によって、
短命に終わった。戦争を通じて本当の意味での人間の限界を知る事になるといっていい。
スパルタや、世界大戦によっても、諸葛孔明によっても検証できる事が解る。





611 :↑↓、これは、ぶっちゃけの軍事スレによる奇形児スレの補足です。:2007/01/04(木) 00:10:02 ID:QvcYVOZk
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1167836432/l50
             __,,,,,,,,_
            /    ヽ    
           , '       ヽこれで、一段落付くぜy
           i        }
           {  r'"ー_-‐;= } __,、 -‐、  
           }r'、}て“}´f“,} ''´    }
            ヾi{i    冫'i.      イ 
           />i┌---、,_!      i 
         / / |ヾ、  "r'ヽ       |
       /  / |、`'>ー''rヾ|      'i
       /    /  |ヽ' Y'~'/-、       ヽ
     r‐'   、. /   |   〉〈  ヽ      '.
    ヽ  \ } ,,ゝ |   i i   {   i`、  l
     ヽ  ヽi |  |   !  i  i   iヾ、  i
      /   ,i i.  |   |   i  }  | ヾ、  i
       >   i i、 |   |   ! |  .i ))   i
        i   |  | |  !  !}   { 〉)   i




612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 00:12:05 ID:QvcYVOZk
  、、、、はい、ここから先は奇形児スレ再開です。スレ主は受身に回ります。

///      ////  // ,、-‐ヽ'、  ヽ',
 / / /  / //,/_``   / /´ -- ハ|  , lヽ
 i/ /   / //シ'rーt.ヽ / i´,彳'。) )ミ/ / ,|||
 |! | / l. | |/ゝ,.'、.ソ '  | i  ゝ-rrシ//;イj!!
  ! | :ト || ハ|  ^'' ´`    l!    /'/ /
  ', |:;|ヽト! ト|:ト        ´    イ´
  ヽヽヽ|ヽト、:ヽ    ー---'    /   
       ヽ ` ヽ、   `  .  /     
         _ 」,`ヽ、._  _/:',
     、-''/ / ',    ̄   'ヽ、



613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 00:36:34 ID:QvcYVOZk








フロに入ろうっとw

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 00:37:21 ID:QvcYVOZk


6 :ご参加を :2006/12/30(土) 01:27:04 ID:y8PBAYyj
三|三
  イ `<             ,..-──- 、         _|_
   ̄             /. : : : : : : : : : \        |_ ヽ
   ∧           /.: : : : : : : : : : : : : : ヽ      (j  )
   /  \        ,!::: : : :,-…-…-ミ: : : : :',
              {:: : : : :i '⌒'  '⌒' i: : : : :}     _ヽ_∠
  └┼┘          {:: : : : | ェェ  ェェ |: : : : :}       lニl l |
.   |_|_|  , 、      { : : : :|   ,.、   |:: : : :;!      l─| l 亅
   __   ヽ ヽ.  _ .ヾ: :: :i r‐-ニ-┐ | : : :ノ        _
    /     }  >'´.-!、 ゞイ! ヽ 二゙ノ イゞ‐′      l  `ヽ
   ´⌒)    |    −!   \` ー一'´丿 \       l/⌒ヽ
    -'    ノ    ,二!\   \___/   /`丶、      _ノ
        /\  /    \   /~ト、   /    l \
       / 、 `ソ!      \/l::::|ハ/     l-7 _ヽ
      /\  ,へi    ⊂ニ''ー-ゝ_`ヽ、    |_厂 _゙:、
      ∧   ̄ ,ト|    >‐- ̄`    \.  | .r'´  ヽ、
     ,ヘ \_,. ' | |    丁二_     7\、|イ _/ ̄ \
     i   \   ハ       |::::|`''ー-、,_/  /\_  _/⌒ヽ







615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 00:38:23 ID:QvcYVOZk
   、、、、まあ、ゆっくり待つさ、、、、、。
         , : ‐ : ̄: ̄:`ー: 、――:<:. :. \
       _/:. :. :.‐-、:. :.\:. :. :. \:. :..ヽ:. :. :.\
     /:. :|:. :|:. 、:. :. ヽ:. :.:ヽ:. :. :.:ヽ:. ∧::::. |:.|
    /:. :. :.:}:|:.:ヽ:. \:斗―‐-|:. :. :. :V/∧:::: :|:.|
   //: :. :.i:|:ハ:. \く ァテテミ:ハ: :. :. :.レ: :. |:::ヽ:\
   |.|:. |:. :|:レ',ニミヽミ_>ト-ソ.}_./ |:. :. :.:|:: :. :|::::::ヽ:.:\
   |:|:. |:. :|:V トrヘ.   " ̄  /: :.:/イ }:: .:|:::::|:ハト、_:>
   |:ハ:.|:..:.ト:|. ゞ'^、      /_:.イ:. :レ::::: :. |V|::| |
     ヾ>、::>   ィ  }     |:. :.:|:::::::: ∧:∨ 
     /ハ:|:. :ト、   ヽノ    /|:. : ハ::::::. :∧:.\__ 
     VV|:. :V ヽ、     / /:. :./::∧::::: :∧ー'´
       |:. :|: :. :::::|`::ーr'´  /. :.:/:::::::∧::::: :.\
     ヽ、_」:. :.`ー‐::::|::::::」   /イ/ ̄ ̄ ̄ヽ: :. : :.\
        ゝ:. .>--ァく|L_/  /       ヽ:. ).:. :\
       /:.:/  / 辷シ'   /         ∨:. : :. :.ハ
       /:./ /   ノ _,, -へ、  へ.      ',:.: :. :./: |
       |/, へ===" ̄    \.  \    ∨:./:. :.|
      //       .:::::::::...   :.ヽ  ∧    ∨:. :. }
     / {.............   .::::::::::::::::::::::.  ::::V:.::∧    ヽ: :/.|
    /  ':,::::::::::::::    ::::::::::::::::    /:. :/:.∧    ∨: |
   /    ,へ_.--======-、  /:. :/: /:. :\    ∨|
 /ー-、 /  |            `/:. :/:. /: :. :. :.}    V



616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 18:28:44 ID:kCkZqM3N
,

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 04:39:21 ID:V0n9kpBV
レベル0
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1161514700/l50 めいちゃん
http://society4.2ch.net/test/read.cgi/court/1156631083/l50 人権問題戦慄の地獄スレ
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1160177251/l50 テンプル騎士団スレ
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/body/1160213311/ 正規の運命スレ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1156634105/
あらゆる文化人をぶったたき、粘着、乾かす、スレ
http://society4.2ch.net/test/read.cgi/bio/1156635354/ 医療関係裏話ぶっちゃけスレ
http://human6.2ch.net/test/read.cgi/handicap/1167408327/l50
3度目の奇形児スレ(詳しくは4度目)人間改革スレッド、又は、
正攻法の正規の元祖人権スレッド  半年だが、長い道のりだった
レベル1
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1167836432/l50 軍事スレ
レベル2
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1160100092/l50 異常心理スレ
http://society4.2ch.net/test/read.cgi/welfare/1158107831/l50
世界各国の福祉の歴史と問題事件、現状を報告汁
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/youth/1160099882/1-100
犯罪スレ→もうずっと人大杉
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/mental/1163041756/l50x 正攻法の正規の精神医療スレ
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/utu/1160097370/l50 史上初、THE 奴隷スレ
http://society4.2ch.net/test/read.cgi/volunteer/1162851821/l50 ボランティア ぶっちゃけスレッド


618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 04:41:22 ID:V0n9kpBV
レベル3
http://pie.bbspink.com/test/read.cgi/eromog2/1160174191/l50 正攻法で性を扱うスレ 
→子供はだめ! そのうちBBS  PINK板以外の板に立てる予定のこと
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/baby/1160213159/l50 受胎スレ
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/edu/1160098720/ 正規の教育スレ
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1158112520/ 正規の宗教スレ
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/kampo/1160177679/ 医療スレ
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1160177875/ 科学関係ぶっちゃけスレ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1168066844/ THE 歴史スレ
レベル4
http://society4.2ch.net/test/read.cgi/jsdf/1156634720/
正攻法の自衛、軍、つまり、危機管理スレ
http://society4.2ch.net/test/read.cgi/police/1162856514/
正攻法で立ち上げる警察応援スレ
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/uranai/1155259024/
鑑定依頼者必見、戦慄の占い地獄スレ
http://tv9.2ch.net/test/read.cgi/geino/1162862119/
一般芸能人叩きスレ(海外、ハリウッドも含む)
http://society4.2ch.net/test/read.cgi/soc/1162863381/
何でも、内部告発関係、ぶっちゃけ叩きスレ
http://society4.2ch.net/test/read.cgi/atom/1160230399/
THE 環境スレ


619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 04:42:24 ID:V0n9kpBV
レベル5
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/drama/1160213678/
アフリカ舞踊(けにあいんそら???)スレ
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lifework/1162854167/
究極のさばいばるすれっど
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1162864433/
何か、あるんじゃないか、、、?、、スレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1162852977/
正攻法で正規の文学をぶっちゃけるスレッド
http://society4.2ch.net/test/read.cgi/ruins/1168062447/
醜学、美学、実態学
http://aa5.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1163900538/
AAぶっちゃけ何でも保管スレ
http://society4.2ch.net/test/read.cgi/mass/1168065774/
ほんまかいな !?  事実検証スレッド
正攻法の正規の立法 → 管理人のケチ 







620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 18:16:10 ID:0LfDIhiq
*:;;;:*ぉまじなぃ*:;;;:*
告られたぃ!!告られたぃ!!告られたぃ!!
・・・この文をそのまんまコピーして違ぅスレに3つ貼り付けると一週間以内に好きな人に告白されます☆
好きな人に告白されたぃなら今すぐ実行しましょぅ★


621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 18:25:47 ID:el7j2Xjz
,

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 21:44:50 ID:jWMsloEj
おなら天国へ行こう〜

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 02:22:58 ID:NeE/6/ks
,

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 05:43:14 ID:FYyMKvwR
mixi総合医療センターのドキュソの奴ら
ttp://mixi.jp/view_community.pl?id=474924

トピ主叩きで退会者まで出たトピック
ttp://mixi.jp/view_bbs.pl?id=14067872&comm_id=474924&page=all

ttp://mixi.jp/view_bbs.pl?id=14107385&comm_id=474924&page=all

ttp://mixi.jp/view_bbs.pl?id=14067872&comm_id=474924&page=all

ドキュソ一覧

やすたか ttp://mixi.jp/show_friend.pl?id=2976914
くるむほるん ttp://mixi.jp/show_friend.pl?id=272273
番長 ttp://mixi.jp/show_friend.pl?id=157190
麻紀様 @ はぐみ  ttp://mixi.jp/show_friend.pl?id=24682
たかぼ  ttp://mixi.jp/show_friend.pl?id=4024464
Syakal  ttp://mixi.jp/show_friend.pl?id=566554
ゆきおば  ttp://mixi.jp/show_friend.pl?id=1870717
悠くんパパ ttp://mixi.jp/show_friend.pl?id=2711547
たつやん ttp://mixi.jp/show_friend.pl?id=7768412
やすらぎ ttp://mixi.jp/show_friend.pl?id=8458128
みち ttp://mixi.jp/show_friend.pl?id=3641180
へんなおじさん ttp://mixi.jp/show_friend.pl?id=2631122



625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 11:18:07 ID:bzpdhPGG
人口が爆発したら、どうするんですか?
うまいこと理由つけて間引きしないと。

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 11:53:22 ID:0IYnVGd5
お前は通報前だ。ヴォケ、糞ダボ
── =≡∧_∧ =!! イィィヤッッッッホオォォォー
── =≡( ・∀・)  ≡         ∧_∧
─ =≡○_   ⊂)_=_  \ 从/-=≡ r(    )
── =≡ >   __ ノ ))<   >  -= 〉#  つ
─ =≡  ( / ≡    /VV\-=≡⊂ 、<625 
── .=≡( ノ =≡           -=  し'
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                  |
                  |
                  | 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 11:59:21 ID:0IYnVGd5
間引きすることを前提に生むやつは、、、、
何度も中絶連発するやつはいるが、、、、


625 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/01/10(水) 11:18:07 ID:bzpdhPGG
人口が爆発したら、どうするんですか?
うまいこと理由つけて間引きしないと。 、、、、、

、、、って感じのやつはいるが、、、。





628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 22:30:19 ID:iJ8pYZD1
上げてから1日で過去ログに落ちることってあるの?↓ 占い板ってなんかあるんじゃない?
実は占い板の管理人がおかしいところがある。
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

--------------------------------------------------------------------------------

IE等普通のブラウザで見る場合 http://tubo.80.kg/tubo_and_maru.html
専用のブラウザで見る場合 http://www.monazilla.org/

2ちゃんねる Viewerを使うと、すぐに読めます。 http://2ch.tora3.net/
この Viewer(通称●) の売上で、2ちゃんねるは設備を増強しています。
●が売れたら、新しいサーバを投入できるという事です。

よくわからない場合はソフトウェア板へGo http://pc8.2ch.net/software/

モリタポを持っていれば、50モリタポで表示できます。


--------------------------------------------------------------------------------
めいちゃん
1 :めいちゃん :2006/10/22(日) 19:58:20 ID:ZX4Ub3xO
レス数が950を超えています。1000を超えると表示できなくなるよ。 <<


、、、ハイな、、、、。




629 :↓↑おかしい、やっぱり、、。:2007/01/11(木) 23:01:43 ID:iJ8pYZD1
25 名前:マドモアゼル名無しさん :2007/01/11(木) 22:58:30 ID:RSljAjij
>>24
そうそう
ABにはドキドキするよ。
Aは他血との交流が多いのでABと会うと新鮮で不思議な感じになる。


名前: E-mail:

全部読む 最新50 1-100 関連ページ 板のトップ リロード

■▲▼
【3:634】めいちゃん
1 名前:めいちゃん 2006/10/22(日) 19:58:20 ID:ZX4Ub3xO
レス数が950を超えています。1000を超えると表示できなくなるよ。 <<


、、、ハイな、、、、。




630 ::2007/01/11(木) 23:03:28 ID:iJ8pYZD1


633 名前:↓白からす黒ひつじ :2007/01/11(木) 22:45:53 ID:dZikQHeF
2ちゃんが持たないというなら正直言ってもらいたい。
私もその気になれば、各業界の人たちにできるだけ利用するように
働きかけるという手も考えられなくはない。


634 名前:マドモアゼル名無しさん :2007/01/11(木) 22:57:25 ID:dZikQHeF



631 :↓こういうことってあるんだ、、。:2007/01/11(木) 23:09:14 ID:iJ8pYZD1


635 名前:マドモアゼル名無しさん :2007/01/11(木) 23:08:22 ID:dZikQHeF
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1161514700/l50
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1161514700/l50 めいちゃん
、、、、、、、、何で?、、、、、、、、、。




632 :↓こういうことってあるんだ、、。:2007/01/11(木) 23:27:55 ID:iJ8pYZD1
http://academy5.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1160100092/l50
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1160100092/l50 異常心理スレ





633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 23:30:34 ID:iJ8pYZD1
http://academy5.2ch.net/test/read.cgi/philo/1156634105/l50

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/12(金) 00:21:13 ID:kGz0KjYM
http://aa6.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1163900538/l50
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/book/1162852977/l50
http://science5.2ch.net/test/read.cgi/kampo/1160177679/l50
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/uranai/1155259024/l50
http://academy5.2ch.net/test/read.cgi/whis/1168066844/l50
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/drama/1160213678/l50
http://science5.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1160177875/l50

635 :レイコBO処女1979/7/16東京9:30:2007/01/15(月) 02:22:47 ID:iqwiCxJo
一週間も待たせておいて何が「遠い話じゃない」だ。


397 :BO処女1979/7/16東京9:30分裂 [晒しage] :2007/01/12(金) 00:52:51 ID:C2DreNel
そういえば、楽しみにしてたんだけど、まだ?
メンヘラ【にしこり】55
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1167491722/
702 :K-た ◆rkR5fAFJQg [sage] :2007/01/07(日) 00:54:05 ID:Rwkh2dD1
ほんものの精神障害だが。なにか?

>>BO処女1968/7/16東京9:30分裂

運がなかったな。こっちはすこしイライラしてるんだ。
お仕置きの時間だ。少し実験台になってもらう。
本物の使徒なら、これが解除できるよな?

Gredd form thus aran.
Dluc kerun fon jstes.
Guiksra gadem sokea tohth hilden.
Routes aride hell thea solow.

Hejack hilden govanesu hurudens.
Korea tesutea karede simeon.
Salkome dryuker hyper jackin se.
Bull seagon drass kisites jammers.

Werks torot arubaros kerudorihhi muton.

dea dea dea thesu. targot>>ebidelhturakeruzorun678 200701070025

esta.

症状に気がつくのはそんな遠い話じゃない。
ここで精神障害者の方ごめんなさいの謝罪レポートを提したら言解除してやるよw。
なにが起こるかはおきてからのお楽しみ♪なに。簡単に死んだりはしないから安心して
楽しみにしていてくれ。では。

636 ::2007/01/16(火) 05:20:48 ID:yD3vVb/k
www土足で踏み込んできやがった。www門外漢が、、、、、www、、つか、論外が、、。




637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 09:32:06 ID:6ZnsIsoe
よう!めー子!
お前さん相変わらず暴れ回っとるようやのぅ!
おてんとう様が許してもワシが許さんぜよ!
たいがいにしときや!

638 ::2007/01/17(水) 16:05:25 ID:4hAnXPqj
君らのスレ参加者大方通報前、論外失せろ
── =≡∧_∧ =!! イィィヤッッッッホオォォォー
── =≡( ・∀・)  ≡         ∧_∧
─ =≡○_   ⊂)_=_  \ 从/-=≡ r(    )
── =≡ >   __ ノ ))<   >  -= 〉#  つ
─ =≡  ( / ≡    /VV\-=≡⊂ 、<637鬼丸 
── .=≡( ノ =≡           -=  し'
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1168703659/l50
                  | ↑ヤミの枢軸スレ過去ログに注意
                  |
                  | 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 16:37:00 ID:4hAnXPqj
マジレスすると、人生ただもくそもない。

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 02:53:21 ID:HFXsYeiC
村山メンヘラは刃物持ち歩いているとかそういうレスがあるんですよね、、、。

それが放置されているということは、占い板の管理人や2ちゃんに何かあるんじゃないか

と思われるわけです。反省の意思表示も無かったし、、、。

刃物を持ち歩いているというレスが大体30スレ前だから、それ以前にはもっと凄い

違法のレスがあるようにおもわれます。一通りは、都と付の本部あたりに通報しておいて

署の出方次第で署そのものをカタにはめる材料にしてしまう必要もあるかも知れない。

通報はもちろん文書の形にしておいて残しておく必要がある。カタハメだけにね、、、。


641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 03:17:06 ID:4DHfuZcq


642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 20:17:09 ID:2vfsyuMc
,

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 19:19:14 ID:TmVIkDVb
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/volunteer/1162851821/l50

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 19:38:09 ID:TmVIkDVb
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/court/1156631083/l50
人権問題戦慄の地獄スレ [裁判・司法]


645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 19:41:25 ID:TmVIkDVb
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/bio/1156635354/l50
医療関係裏話ぶっちゃけスレ

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 19:59:30 ID:TmVIkDVb
http://school6.2ch.net/test/read.cgi/edu/1160098720/l50
正規の教育スレ

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 20:17:49 ID:TmVIkDVb
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/jsdf/1156634720/l50
正攻法の自衛、軍、つまり、危機管理スレ

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 20:31:02 ID:TmVIkDVb
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/police/1162856514/l50
正攻法で立ち上げる警察応援スレ

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 20:34:39 ID:TmVIkDVb
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/soc/1162863381/l50
何でも、内部告発関係、ぶっちゃけ叩きスレ [社会・世評]


650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 20:40:46 ID:TmVIkDVb
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/atom/1160230399/l50
THE 環境スレ

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 20:44:59 ID:TmVIkDVb
http://school6.2ch.net/test/read.cgi/lifework/1162854167/l50
究極のさばいばるすれっど

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 20:49:03 ID:TmVIkDVb
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/ruins/1168062447/l50
醜学、美学、実態学

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 20:52:40 ID:TmVIkDVb
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/mass/1168065774/l50
ほんまかいな !?  事実検証スレッド


654 :レヴェル0:2007/01/27(土) 02:07:41 ID:0UdUitLc
レベル0
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1161514700/l50 めいちゃん
http://society4.2ch.net/test/read.cgi/court/1156631083/l50 人権問題戦慄の地獄スレ
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1160177251/l50 テンプル騎士団スレ
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/body/1160213311/ 正規の運命スレ
http://academy5.2ch.net/test/read.cgi/philo/1156634105/l50
あらゆる文化人をぶったたき、粘着、乾かす、スレ
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/bio/1156635354/l50
医療関係裏話ぶっちゃけスレ
http://human6.2ch.net/test/read.cgi/handicap/1167408327/l50
3度目の奇形児スレ(詳しくは4度目)人間改革スレッド、又は、
正攻法の正規の元祖人権スレッド  半年だが、長い道のりだった
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1169534026/
め  い  ち  ゃ  ん



655 :レヴェル2:2007/01/27(土) 02:53:13 ID:0UdUitLc
レベル1
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1167836432/l50 軍事スレ
レベル2
http://academy5.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1160100092/l50 異常心理スレ
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/welfare/1158107831/l50
世界各国の福祉の歴史と問題事件、現状を報告汁
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/youth/1160099882/1-100
犯罪スレ→もうずっと人大杉
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/mental/1163041756/l50x 正攻法の正規の精神医療スレ
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/utu/1160097370/l50 史上初、THE 奴隷スレ
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/volunteer/1162851821/l50 ボランティア ぶっちゃけスレッド





656 :レヴェル3:2007/01/27(土) 03:03:02 ID:0UdUitLc
レベル3
http://pie.bbspink.com/test/read.cgi/eromog2/1160174191/l50 正攻法で性を扱うスレ 
→子供はだめ! そのうちBBS  PINK板以外の板に立てる予定のこと
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/baby/1160213159/l50 受胎スレ
http://school6.2ch.net/test/read.cgi/edu/1160098720/l50 正規の教育スレ
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1158112520/ 正規の宗教スレ
http://science5.2ch.net/test/read.cgi/kampo/1160177679/l50医療スレ
http://science5.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1160177875/l50科学関係ぶっちゃけスレ
http://academy5.2ch.net/test/read.cgi/whis/1168066844/l50THE 歴史スレ


657 :レヴェル3:2007/01/27(土) 03:08:43 ID:0UdUitLc
レベル4
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/jsdf/1156634720/l50
正攻法の自衛、軍、つまり、危機管理スレ
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/police/1162856514/l50
正攻法で立ち上げる警察応援スレ
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/uranai/1155259024/l50
鑑定依頼者必見、戦慄の占い地獄スレ
http://tv9.2ch.net/test/read.cgi/geino/1162862119/
一般芸能人叩きスレ(海外、ハリウッドも含む)
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/soc/1162863381/l50
何でも、内部告発関係、ぶっちゃけ叩きスレ [社会・世評]
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/atom/1160230399/l50
THE 環境スレ



658 :レヴェル5:2007/01/27(土) 03:18:35 ID:0UdUitLc
レベル5
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/drama/1160213678/
アフリカ舞踊(けにあいんそら???)スレ
http://school6.2ch.net/test/read.cgi/lifework/1162854167/l50
究極のさばいばるすれっど
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1162864433/
何か、あるんじゃないか、、、?、、スレ
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/book/1162852977/l50
正攻法で正規の文学をぶっちゃけるスレッド
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/ruins/1168062447/l50
醜学、美学、実態学
http://aa6.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1163900538/l50
AAぶっちゃけ何でも保管スレ
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/mass/1168065774/l50
ほんまかいな !?  事実検証スレッド
正攻法の正規の立法 → 管理人のケチ 



659 :3時間で電源8度も切れやがった。:2007/01/27(土) 03:39:39 ID:0UdUitLc
レベル0
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1161514700/l50 めいちゃん
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/court/1156631083/l50 人権問題戦慄の地獄スレ
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1160177251/l50 テンプル騎士団スレ
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/body/1160213311/ 正規の運命スレ
http://academy5.2ch.net/test/read.cgi/philo/1156634105/l50
あらゆる文化人をぶったたき、粘着、乾かす、スレ
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/bio/1156635354/l50
医療関係裏話ぶっちゃけスレ
http://human6.2ch.net/test/read.cgi/handicap/1167408327/l50
3度目の奇形児スレ(詳しくは4度目)人間改革スレッド、又は、
正攻法の正規の元祖人権スレッド  半年だが、長い道のりだった
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1169534026/
め  い  ち  ゃ  ん



660 :3時間で電源8度も切れやがった。:2007/01/27(土) 04:21:17 ID:0UdUitLc
658 :レヴェル5:2007/01/27(土) 03:18:35 ID:0UdUitLc
レベル5
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/drama/1160213678/
アフリカ舞踊(けにあいんそら???)スレ
http://school6.2ch.net/test/read.cgi/lifework/1162854167/l50
究極のさばいばるすれっど
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1162864433/
何か、あるんじゃないか、、、?、、スレ
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/book/1162852977/l50
正攻法で正規の文学をぶっちゃけるスレッド
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/ruins/1168062447/l50
醜学、美学、実態学
http://aa6.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1163900538/l50
AAぶっちゃけ何でも保管スレ
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/mass/1168065774/l50
ほんまかいな !?  事実検証スレッド
正攻法の正規の立法 → 管理人のケチ 




661 :私も限界を超えています。:2007/01/27(土) 04:24:51 ID:0UdUitLc
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/drama/1160213678/l50
アフリカ舞踊(けにあいんそら???)スレ
http://school6.2ch.net/test/read.cgi/lifework/1162854167/l50
究極のさばいばるすれっど
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1162864433/
何か、あるんじゃないか、、、?、、スレ
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/book/1162852977/l50
正攻法で正規の文学をぶっちゃけるスレッド
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/ruins/1168062447/l50
醜学、美学、実態学
http://aa6.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1163900538/l50
AAぶっちゃけ何でも保管スレ
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/mass/1168065774/l50
ほんまかいな !?  事実検証スレッド
正攻法の正規の立法 → 管理人のケチ 





662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 02:53:15 ID:ceOWsL74


655 :レヴェル2:2007/01/27(土) 02:53:13 ID:0UdUitLc
レベル1
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1167836432/l50 軍事スレ
レベル2
http://academy5.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1160100092/l50 異常心理スレ
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/welfare/1158107831/l50
世界各国の福祉の歴史と問題事件、現状を報告汁
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/youth/1160099882/1-100
犯罪スレ→もうずっと人大杉
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/mental/1163041756/l50x 正攻法の正規の精神医療スレ
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/utu/1160097370/l50 史上初、THE 奴隷スレ
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/volunteer/1162851821/l50 ボランティア ぶっちゃけスレッド



663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 08:41:01 ID:4pugN+fa
┌───────────────────
│あ、どうもスイマセン、めーがお騒がせしました・・・
└───v───────────────
     /⌒\ っ   /\
    /'⌒'ヽ \ っ/\  |
    (●.●) )/   |: | すぐ連れて逝きますんで・・・
     >冊/  ./     |: /
   /⌒   ミミ \   〆
   /   / |::|λ|    |
   |√7ミ   |::|  ト、   |
   |:/    V_ハ   |
  /| i         | ∧|∧
   и .i      N /⌒ ヽ) >>姪
    λヘ、| i .NV  |   | |
      V\W   ( 、 ∪
              || |
              ∪∪



664 :限界を超えたので大丈夫、、、かなw:2007/01/31(水) 05:47:06 ID:csyFEYmK
┌───────────────────
│あ、どうもスイマセン、お騒がせしました・・・
└───v───────────────
     /⌒\ っ   /\
    /'⌒'ヽ \ っ/\  |
    (●.●) )/   |: | すぐ連れて逝きますんで・・・
     >冊/  ./     |: /
   /⌒   ミミ \   〆
   /   / |::|λ|    |
   |√7ミ   |::|  ト、   |
   |:/    V_ハ   |
  /| i         | ∧|∧
   и .i      N /⌒ ヽ) >>響鬼
    λヘ、| i .NV  |   | |
      V\W   ( 、 ∪
              || |
              ∪∪



665 :人大杉でみれね:2007/01/31(水) 10:45:33 ID:csyFEYmK
http://academy5.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1160100092/l50 異常心理スレ
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/welfare/1158107831/l50
世界各国の福祉の歴史と問題事件、現状を報告汁
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/volunteer/1162851821/l50 ボランティア ぶっちゃけスレッド
レベル4
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/jsdf/1156634720/l50
正攻法の自衛、軍、つまり、危機管理スレ
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/police/1162856514/l50
正攻法で立ち上げる警察応援スレ
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/soc/1162863381/l50
何でも、内部告発関係、ぶっちゃけ叩きスレ [社会・世評]
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/atom/1160230399/l50
THE 環境スレ
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/ruins/1168062447/l50
醜学、美学、実態学
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/mass/1168065774/l50
ほんまかいな !?  事実検証スレッド
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/court/1156631083/l50 人権問題戦慄の地獄スレ
http://academy5.2ch.net/test/read.cgi/philo/1156634105/l50
あらゆる文化人をぶったたき、粘着、乾かす、スレ
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/bio/1156635354/l50
医療関係裏話ぶっちゃけスレ





666 :665<<:2007/02/02(金) 02:33:26 ID:GNe9Bzd9
もうずっと人大杉

携帯 でのアクセスについて

■とりあえずスレッドを読むには■



お願い。
くれぐれもメールで問い合わせ無いようにして下さい。

<<差し押さえによるものであるらしい、、、。




667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 03:35:05 ID:2XKR3FKx
,

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 08:56:34 ID:/3XaJM3l
,

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 21:14:58 ID:Wjqz9+h1
,

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 09:18:14 ID:sCTLoaqZ
,

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 21:31:43 ID:EJ5NLj+M
,

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 08:59:32 ID:WVt+Qq5R
,

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 23:22:39 ID:mcR4p8Ny
うんちぶりぼり

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 23:25:03 ID:mcR4p8Ny
こんな人権侵害しまくりのスレ消えればいいのに

こんなこと人としてやっちゃだめだとおもう

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 07:04:40 ID:VMvCVT92
,

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 18:27:36 ID:tFpfwL6Y

   w w  ''w/w,,,  公公  ,,..`ww、_ノwリww}j;
  _)        〃///, ,;彡'rffッ、ィ彡'ノ从iノ彡
  >';;,,       ノ丿川j !川|;  :.`7ラb公'>了
 _く彡川f゙ノ'ノノ ノ_ノノノイシノ| }.: '〈八ミ、、;.)
  ヽ.:.:.:.:.:.;=、彡/‐-ニ''_ー<、{_,ノ -一ヾ`~;.;.;)  
  く .:.:.:.:.:!ハ.Yイ  ぇ'のテ,`ヽ}}}ィt于 `|ィ"~   
   ):.:.:.:.:|.Y }: :!    `二´/' ; |丶ニ  ノノ            >>78
    ) :.: ト、リ: :!ヾ:、   丶 ; | ゙  イ:}         逆に考えるんだ
   { .:.: l {: : }  `    ,.__(__,}   /ノ    
    ヽ !  `'゙!       ,.,,.`三'゙、,_  /´        我々がPS3を買ってやったんだ
    ,/´{  ミ l    /゙,:-…-〜、 ) |
  ,r{   \ ミ  \   `' '≡≡' " ノ
__ノ  ヽ   \  ヽ\    彡  ,イ_
      \   \ ヽ 丶.     ノ!|ヽ`ヽ、
         \   \ヽ `¨¨¨¨´/ |l ト、 `'ー-、__
            \  `'ー-、  // /:.:.}       `'ー、_
          `、\   /⌒ヽ  /!:.:.|         へ
          `、 \ /ヽLf___ハ/  {





677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 22:50:03 ID:h813qfCu
673,674,676<<何か変な奴キトルなぁー、、、、www。

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 03:17:51 ID:9r+D8mE7
,

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 05:01:44 ID:CeOM6ytb
,

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 10:55:04 ID:D3aIiZ7Q
('A`)

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 22:09:38 ID:Z04lmg1+
さ。

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 08:16:22 ID:7SeSr5u1
('A`)

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 10:41:03 ID:BdmUmsTF
イヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒ

684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 15:06:22 ID:+sIsEqik
,

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 21:51:22 ID:gvvU+WKl
何でここってこんなに荒らされてるの…?

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 08:58:47 ID:h9NQX+bn
685<<  423〜431の占い板のアンチハンディキャップの連中ヤ、


でも、今度は、よほど勘違いを起こさない限りは、それ以上のことは無いと思うが

、、、、。

687 :683関係も怪しいな:2007/02/24(土) 10:27:53 ID:hBa5gi3x
128 名前:バリアフリーな名無しさん :2007/02/24(土) 10:16:18 ID:HnGwUDoP
112 :おさかなくわえた名無しさん :2007/02/24(土) 10:11:32 ID:LB1CNy/3
http://academy5.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1160100092/l50 異常心理スレ
この板訳あり板かも、、、落ちても無いのに、過去ログに格納されちったよw
ひょっとすると、あの板の管理人はヤバイことをやっている可能性が出てきた
ひょっとすると逮捕の可能性も、、、、。

129 名前:バリアフリーな名無しさん :2007/02/24(土) 10:23:51 ID:HnGwUDoP
ええ、勿論、スレッドそのものは、スレッド一覧からも消えてますよ

アメリカの兵士の人体実験の話の件がらみなんでしょうね、、、。

情報公開を阻止して何を考えているんだろうか、あの板の管理人は、、、。



688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/24(土) 10:56:56 ID:hBa5gi3x
これは、心理学板管理人の犯罪みなすべきである可能性が極めて高いです。

挙動不審過ぎる、、、、。ひょっとすると管理人のバックの何者か

による働きかけの可能性もあるかも知れないが、、、、。



689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/24(土) 21:10:41 ID:tDZTjEW3
私とhydeってつくづくよく似ていると思う。
彫りの深い顔立ちも、神秘的なまなざしも。
私のそんな魅力に、ダアも惚れたのかもしれない。
http://id27.fm-p.jp/album/pub_view.php?dir=24&uid=iamprincess1&target=16&pub_num=10&user=0


690 :689<:2007/02/24(土) 23:33:42 ID:hBa5gi3x
689<666のhydeですか、、、脱胎させたといううわさがある
自称ホラー映画大好きの曰くつきのラルクの、、。何でそれがこのスレと関係あるの?
┌───────────────────
│あーっ、忙しい、忙しい、、、、、、。
└───v───────────────
     /⌒\ っ   /\
    /'⌒'ヽ \ っ/\  |
    (●.●) )/   |: | すぐ連れて逝きますんで・・・
     >冊/  ./     |: /
   /⌒   ミミ \   〆
   /   / |::|λ|    |
   |√7ミ   |::|  ト、   |
   |:/    V_ハ   |
  /| i         | ∧|∧
   и .i      N /⌒ ヽ)<<689
    λヘ、| i .NV  |   | |
      V\W   ( 、 ∪
              || |
              ∪∪



691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 00:31:55 ID:TQy7CQsW
ちみは正規のチン体障害者なんだな。チン体障害者は失敗して排出された失敗人間、出来損ない、不良品、ポンコツ、ゴミ屑なんじゃい。
おみゃあ達は生恥晒して存在しとる妖怪、化け物、害虫、汚物だきゃ。
悔しかったら次はまともな姿に生まれ直してきやがれっ!

692 :691<:2007/02/25(日) 02:04:57 ID:/mB4R5+9
お気の毒に、、、、、、。

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 03:29:58 ID:TQy7CQsW
>>692
おみゃあはまだ起きてやがんのか、害虫野郎がっ!もう寝ろ!永久に寝ろや!

694 :687は一体何で起きたの?:2007/02/25(日) 08:15:00 ID:/mB4R5+9
180 :没個性化されたレス↓ :2007/02/19(月) 12:21:16
静岡県藤枝市稲川での異常なスケープゴートの事をこの異常スレに
投稿したら2チャンから規制を受ける事になってしまいました。
2チャンも裏社会から何か言われれば、こういう事をするのだろう。
【もうずっと人大杉
携帯 でのアクセスについて
■とりあえずスレッドを読むには■
お願い。
 くれぐれもメールで問い合わせ無いようにして下さい。】

181 :没個性化されたレス↓ :2007/02/21(水) 14:56:31
恐らく、差し押さえかと、、、、。
182 :没個性化されたレス↓ :2007/02/24(土) 19:07:05
何故か、規制が無くなりました。
静岡県藤枝市稲川、異常レス
183 :没個性化されたレス↓ :2007/02/25(日) 08:06:57
,


695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 08:20:13 ID:/mB4R5+9
私が、報告をしなかったら、このまま、どうなっていったか解りませんよ、、、非常にいやらしいです、、、。
2ちゃん職員関係者にストーカーの類がいるようで、これじゃますます、過去ログの深入りが難しくなるぜ、。
              ー7;;i|、;;;;;;r、ミr'";;;;;;;;;;;;;;;~~' リヽ|i";;;;;;;;;;;;;;;シi;;;;;;、i|)
               リ;;;;||t;;;;〈 ミ 彡=モ丐ァ、r;;; "リ、zモチテzー' リ;;;;ii|j   
              (;;|;;;ヽ、;;;;i    `~ '''' ":::  |~::''- ̄ー  リ; イ
                フ;;;;;ヽ;;;i,     ""    |      ,'r';;;i
  ,r''ヽ           `(;;;;;;;;i~t       ,,,,, j ,,     /"彡|、
.  ii  i             t;|;;;;;i ::t      ヽ:::`"     / {{ヽt ヽ            ,,, 、 --ー '
.  i  リ             't;;;;i :ヽ     ,,、-_~-,,   /::  j ノ ;;リ''ヽ、    ,, 、- '' "~:::::::::::::::::::::
  i  '"|  r'~ヽ,         ヽ、i  ::ヽ    "''ニニ"   ,'::  y"  "ノノ フンゝ'":::::::::::::::::::::::::"""""
 リ   i ,,/   i''''"" ̄ ̄ ̄>'''"~t |i ::ヽ,  ''~~~""" /:::::、-'"  ,r"/zr'":::::::::::::::::"""" "





696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 08:58:16 ID:2phUoTSV
なんじゃ このクソスレ
趣旨がわからん

697 ::2007/02/25(日) 09:27:34 ID:/mB4R5+9

      )::::::::::::::::::::,  ´    )::::::::::::::===彡::::::テ
       (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
      >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
        て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈
         しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l
         l l  l _L | |ノ  rT´_ | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l
            ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ
            ハ v)       l l | リ /:://   |  |      <解れヨw 
            ,' ハ 丶      リ ,| |//´  | |   
            |  〉 、 `    lレ' | h、     |  |
            l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
            ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |
            /'   ノl j/ _ト(  ノ l (   \  |  |




698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 12:49:16 ID:2phUoTSV
ここのスレ主、何考えとんや 
ダボが

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 12:53:40 ID:TQy7CQsW
失敗して排出された失敗人間は、出来損ない、不良品、ポンコツ、ゴミ屑。
おみゃあ達はこの人生はまじめに生きて次はまともな姿に生まれ直してきやがれ。

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 12:58:13 ID:2phUoTSV
>>699
お前さ、こんなスレ立ててなにしたいわけ?
言いたいことはそんな事なのか?バカか?

お前こそ人生やりなおせ

こんなスレ削除対象だからな

701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 13:09:24 ID:2phUoTSV
なにが正規だ
こんな人権侵害スレに正規も偽もへったくれもない!
おい!スレ主!お前責任持って削除依頼出してこい!!
それでもお前の罪は償われるわけではないが、せめてそのくらいはやれ!
マジで!

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 13:28:03 ID:AxpFmxzp
性器の間違いじゃないのか?
よーく見るとグロテスクだからなぁ〜
でも性欲があると萌えるんだけどね

703 :698〜701<:2007/02/25(日) 13:28:09 ID:/mB4R5+9
  、、、、、くすくす、、、、、、  アッヒャッヒャッヒャッヒャ、、、、、、、、、、、。

                , -'"´  ̄`丶、_
               ,.∩         `ヽ
             〃∪'´ ̄`二二人\  ヽ
             | ツ´ ̄ ̄ ̄ ̄´ ヾ ヽ. ',
             |ノ{ ,ニ、   , - 、 | | | l |
             | ハ ィハ     ,二ヽ. | | | | |
             | | | }ト'}    {トヽ〉 /)} l |
             | ハ"´、'_, ,,ヾノ 厶イ川|      
               ァへ/\     , ィ´ ̄`ヾ、||ヽ、__ノ
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/   ヽヽ__ノ
             / _L.__/__   V- 、     ! }`ー
          ,′  ̄ ` ー 、 __ ``'′  \ /
           l           `ヽ、  ,/  |
            ` ー┬─ ァ- 、  、 トJ,ィ<     l
               /j.  /    `ヽ_y'^'´ l ヽ  /
            / ハ__/     /     l  '、 !
             ,' l. l/ `ヽ、_/     l.  l'′
           l  |,/     ,イ       |  l
          l,/{   /! l      |  /
           / <ヽ` ーチニ′ |     ,ノ! /
          /   `′/−'´  |─− ´ 〃
       {     /ヾ     !    /
        ` − ´   ヽ _ ,ノ__ - ´




704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 13:29:43 ID:/mB4R5+9
 )::::::::::::::::::::,  ´    )::::::::::::::===彡::::::テ
       (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
      >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
        て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈
         しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l
         l l  l _L | |ノ  rT´_ | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l
            ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ
            ハ v)       l l | リ /:://   |  |   <<解るんだヨw 
            ,' ハ 丶      リ ,| |//´  | |   
            |  〉 、 `    lレ' | h、     |  |
            l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
            ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |
            /'   ノl j/ _ト(  ノ l (   \  |  |


705 :698〜701<:2007/02/25(日) 13:33:25 ID:/mB4R5+9
             ,r'  ̄`   ` ー 、_
         _, '"           `丶、
       , -' "                  ヽ <<、、、、、、、。
       f       ,-ィi  ,. -‐ 'ヘ     i、
       {   , ' ⌒/'{{ ヾ;、       ヽ     ヽ
.      丿  /'   〈 ヽ   `_,,. _  ヽ!       }
.     〈  イ ,.-‐ 、     ,.-‐、`  l  ,_  ヽ
     〉  |  '⌒r'       :::::   ヽ .f ,.、i   | 
      { i. | ::::: ヾ >        | k. }|  ノ
     ヽヽ,l    `_ ,.. --- ァ    / ノ´//
       ヾi   <´    /   ゞ_/-´ j
        l    ヽ __/      , | <
          !     -      / ! ノ
           ' ,          /   |
           ヽ、__ ,,..  -'"      |
                」,-、___r=‐―--- ┴i
           |┌┐| ┌‐┤       |
           | |. | | |  |        |





706 :698〜702<:2007/02/25(日) 13:40:20 ID:/mB4R5+9
      )::::::::::::::::::::,  ´    )::::::::::::::===彡::::::テ
       (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
      >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
        て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈
         しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l
         l l  l _L | |ノ  rT´_ | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l
            ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ
            ハ v)       l l | リ /:://   |  |   <<解れと言ってる 
            ,' ハ 丶      リ ,| |//´  | |       だろ?
            |  〉 、 `    lレ' | h、     |  |
            l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
            ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |
            /'   ノl j/ _ト(  ノ l (   \  |  |



707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 17:24:56 ID:TQy7CQsW
>>700バカャタレめっ、俺がスレ立てたんじゃねえよ、粗大ゴミがっ!
とっとと永久に寝てろ、黴菌生物の妖怪がっ!

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 17:57:39 ID:7SZdHEdh
でも、もう君がスレ主だと みんな思っているぞ

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 19:02:02 ID:TQy7CQsW
勝手に思ってやがれい。キチャマは人生諦めて次はまともな姿に生まれ直すことだけ考えろ、つぅーのぉー。
おみゃあは小便すらまともにできずに零すだろ。間に合わないときには小便やクソを頻繁に漏らして。アーッ、キッチャネェー。

710 :707〜709<:2007/02/25(日) 21:30:56 ID:/mB4R5+9
              ー7;;i|、;;;;;;r、ミr'";;;;;;;;;;;;;;;~~' リヽ|i";;;;;;;;;;;;;;;シi;;;;;;、i|)
               リ;;;;||t;;;;〈 ミ 彡=モ丐ァ、r;;; "リ、zモチテzー' リ;;;;ii|j   
              (;;|;;;ヽ、;;;;i    `~ '''' ":::  |~::''- ̄ー  リ; イ     ば
                フ;;;;;ヽ;;;i,     ""    |      ,'r';;;i
  ,r''ヽ           `(;;;;;;;;i~t       ,,,,, j ,,     /"彡|、
.  ii  i             t;|;;;;;i ::t      ヽ:::`"     / {{ヽt ヽ    か        ,,, 、 --ー '
.  i  リ             't;;;;i :ヽ     ,,、-_~-,,   /::  j ノ ;;リ''ヽ、    ,, 、- '' "~:::::::::::::::::::::
  i  '"|  r'~ヽ,         ヽ、i  ::ヽ    "''ニニ"   ,'::  y"  "ノノ フンゝ'":::::::::::::::::::::::::"""""
 リ   i ,,/   i''''"" ̄ ̄ ̄>'''"~t |i ::ヽ,  ''~~~""" /:::::、-'"  ,r"/zr'":::::::::::::::::"""" "




711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 21:34:37 ID:/mB4R5+9
                 ,r'"´丿ヽ ̄`ヽ、
                 / ,r;:;:、 ⌒   ,ィ;:!
               /  ,イ;:;:;;:;::ゞ、 i ,r;:;:;:,、j
               _」 ,′'´r ェェ-、  j;:イェェ、l、
             / ゝ,イ j `ヽ`"´.::;;  ト、"´ ヾi
             ! ,イl〈〈    ,ィjハノ。 。,j、、,,.  l
                |  Y」 i; ,r'´r-、ニニニ = i! ,/
             !  ,'  / ,イ,ゞ-j!ーi!ーl-{ i! |
               ,>,イ  ,!  i/       ,! il,!
            /.:.:/ i .,'  / -‐' "´ ̄ ̄``、ハヽ
           /.:.:/  | ,' /  ‐'´ ̄ ̄``ヽ `j ,!
         _/.:.:.:.:i  l  ゝ、_      ,:;' ヽ ー' /ヽ
    _,,,/.:i|.:.:.:.:.:.:|  ゙、        ,:'    /.:.:.:\_
_,ィ´.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|   `ゝ、. : . : . : . : . : . : ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ___
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|    i  ``ー 、.:.:.:.,、-‐,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|    l      ̄  //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/26(月) 19:21:35 ID:Hux60JJe
マジレスすると、奇形について真剣に語り合いたい人はどうすれば良いの?

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/26(月) 19:59:43 ID:DrFfK38d
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/operate/1166527393/l50
526〜554

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/26(月) 20:04:05 ID:DrFfK38d
     ∧_∧        |
     ( ´_ゝ`) 奇形児スレで何を言うか、ヴォケ、糞ダボがw||
   /⌒    ⌒ヽ     |||
  / _イ    /⌒\    ||||
  (___つ/     \   |||||
    / /   イ\   \  /\
    |     /|   \  \∧ │ ☆
    \_/  |     \<  >/
       │  |    ☆ \∨⌒ヽ    
       /  ノ     ヾ/ ´_ゝ`)ノ
      /  /        |    / <712        | /| |
    (  (__        // | |
     ヽ_ノ       U  .U




715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/28(水) 04:48:02 ID:omF6wqJO
,


716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/01(木) 21:50:31 ID:koV9jc8j
,

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/03(土) 22:28:34 ID:nMlX4eHT
激しく、法務省関係の話、小さな問題であれば、単に民事で、大きな問題であれば、2ちゃん関係者の誰かが
国会に行くことになると言えると思われる。ただ、裁判所のあり方は変わるんじゃないかな?
法律感も変わるし、簡易裁判所がかなり重大みを帯びてくることになると思われる。
、 !: ::,! : ./:::: i′!::::|     ,!    ./  l:: :  :    ヽ  :   l. : : : .゙L: : :|
    ":,!::/: :::/. - __:゙‐::l    : ,!:   : ./ : :/..,、: : ::   : ::ヽ : : : ヽ: : : ::
     ヽ:l :::/ :::::::: _,,,゙':::| :  ::::|: :  .i____` ̄.l..┐    ::::.l : :::::  !:
      !│ :::l,:::  .i:`゚i l,: ::::::!::: / _.. --  ̄'ー... l,   ::::::| ::::::  l:
       .|:: : ::ヽ、 .ヽ-‐ ゝ::::/: :'":   ./゚ ̄ト;;.: ::,!  :: ::::::ヽ : ::::  l.::::
       .|:: ::::::: .ヽ ./         .`''ー-‐'" : :./   : : ::::::.l: : :::  :.!::::
       !: ::::::''';;-. .′               _/::  :  :::::::: ,!:: :::::  |::::::
       ヽ: : ::: ヽ              '';;y.: : ::::: ::::::::::/:::::::::::::::.!:
        ヽ :::::_ ヽ  .''ヽ       : <,゙:::::: : : : :.:::::::: : !:::::::::::::::
         . \ ヽ::゙!、           ,,, ‐''´: : :::: ./ :::::: :,i|::::::::::::::::::
           ヽ ヽ_ヽ,       _..`-'ッ.: ::::::,/::::::::::,//:::::::::::::,i::
            ゙'-、゙ヽ\.._..-‐{´::::::'/.: .:_./ ::::::,..彡゙:::::::::./



718 ::2007/03/03(土) 22:31:29 ID:nMlX4eHT
書き込むスレを間違えました。m(。。)m

↑は、このスレのリンクスレッドの め い ち ゃ ん のレスであう。

719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/04(日) 01:50:28 ID:RwH4HysX
チン体障害者は人間失格、駄目物体、使えない生物、役立たず症候群、圏外軍団、ゴミ屑の塊、地球のお荷物、生きる価値がない、人間やめろ、死に損ない
チン体障害者は失敗して排出された失敗人間、出来損ない、不良品、ポンコツゴミ屑

720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/04(日) 02:03:20 ID:RwH4HysX
チン体障害者は首ククレカレー、腹刺っしぃー、ビルからバンジィージャンプゥー、
♪チチンチチンチンチンッ「首括ったかぁー」
♪チチンチチンチンチンッ「腹刺したかぁー」
♪チチンチチンチンチンッ「ビルからバンジィージャンブゥーしたかぁ」
♪チチンチチンチンチンッ「また来世ぇー(^O^)/」

721 :719,720<お気の毒に、、、。:2007/03/04(日) 19:53:49 ID:rnXSmbst
              ー7;;i|、;;;;;;r、ミr'";;;;;;;;;;;;;;;~~' リヽ|i";;;;;;;;;;;;;;;シi;;;;;;、i|)
               リ;;;;||t;;;;〈 ミ 彡=モ丐ァ、r;;; "リ、zモチテzー' リ;;;;ii|j   
              (;;|;;;ヽ、;;;;i    `~ '''' ":::  |~::''- ̄ー  リ; イ
                フ;;;;;ヽ;;;i,     ""    |      ,'r';;;i
  ,r''ヽ           `(;;;;;;;;i~t       ,,,,, j ,,     /"彡|、
.  ii  i             t;|;;;;;i ::t      ヽ:::`"     / {{ヽt ヽ            ,,, 、 --ー '
.  i  リ             't;;;;i :ヽ     ,,、-_~-,,   /::  j ノ ;;リ''ヽ、    ,, 、- '' "~:::::::::::::::::::::
  i  '"|  r'~ヽ,         ヽ、i  ::ヽ    "''ニニ"   ,'::  y"  "ノノ フンゝ'":::::::::::::::::::::::::"""""
 リ   i ,,/   i''''"" ̄ ̄ ̄>'''"~t |i ::ヽ,  ''~~~""" /:::::、-'"  ,r"/zr'":::::::::::::::::"""" "








722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/07(水) 00:51:15 ID:H+5ScaqL


723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/07(水) 07:25:44 ID:H+5ScaqL


    マジレスすると、このスレは、3分の1も進んでいない。

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/07(水) 20:36:20 ID:H+5ScaqL
http://food7.2ch.net/test/read.cgi/food/1168123252/

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/07(水) 20:39:22 ID:H+5ScaqL
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/geino/1162862119/1-100

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/07(水) 21:25:43 ID:2NIsmpLI
>>719
>>720
お前が目の前にいたら殴りたい。本気で心情を害したので管理人に通報します。

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/07(水) 22:48:37 ID:H+5ScaqL
726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/07(水) 21:25:43 ID:2NIsmpLI
>>719
>>720
お前が目の前にいたら殴りたい。本気で心情を害したので管理人に通報します。 <<

殴る価値も無いゴミクズだよ、本当に気の毒な奴で、今後、恐らく、破産する。福祉関係を敵に

回して、つるし上げにされて、完全に、型にハマッて、人生を棒にふっとる。恐らく、マスコミに

取り上げられるレベルの発言や、、、。  ロボトミー見ても解るように、ヤバイ奴は、

どの業界に行っても、それなりに居るから、気をつけなw 

お前が目の前にいたら殴りたい。<<言葉は、慎重にしなw、あんたが憤って、

言うまでも無く、そいつは、詰んどる。裁判所が許さない。その種類のは、間違えなく、、、、。




728 ::2007/03/07(水) 23:28:30 ID:H+5ScaqL


   連合弛緩、名誉毀損、荒し、スレ違い、、、、、脈絡なし、、、、。

   正当な大義名分があれば、和解の可能性もあるが、全く、脈絡無く大義名分が無い。

   こんな、損なことする奴、、、、、ORZ、、、、、w、

    どうしちゃったんだろうね、、、、。これは、気の毒ですよ 、

  確かに、裏で虐待する事件の報告はよく聞くにしても、表で、堂々と

  やってのけるというのは、大胆ですよねw 

729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/07(水) 23:39:03 ID:H+5ScaqL


  もし、あぼーんで削除される前に、コピーして、保管されることを

  お勧めするが、、、、。

730 :白カラス黒ヒツジ:2007/03/08(木) 19:59:06 ID:dsFmm30V
障害者を虐待したり、つけ込んだり侮辱するようなものは、どの業界にもいると言った。
それは、ノーマライゼーションが解ってない人間の場合と、ノーマライゼーションを
解っていても、阻止しようとする、アンチノーマライゼーションの反人権主義の
人間の場合がある。勿論、ノーマライゼーションを唱えながら、ノーマライゼーションを
覆すことも可能。どの業界にもいると言うことは、福祉や医療業界にも、政治家にも、
聖職者や教師にもそして、障害者の中にも、いたとしても、別に、不思議な話ではない。
///      ////  // ,、-‐ヽ'、  ヽ',
 / / /  / //,/_``   / /´ -- ハ|  , lヽ
 i/ /   / //シ'rーt.ヽ / i´,彳'。) )ミ/ / ,|||
 |! | / l. | |/ゝ,.'、.ソ '  | i  ゝ-rrシ//;イj!!
  ! | :ト || ハ|  ^'' ´`    l!    /'/ /
  ', |:;|ヽト! ト|:ト        ´    イ´
  ヽヽヽ|ヽト、:ヽ    ー---'    /   
       ヽ ` ヽ、   `  .  /     
         _ 」,`ヽ、._  _/:',
     、-''/ / ',    ̄   'ヽ、



731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/08(木) 20:51:38 ID:BqrEEKth
>>730
normalizationはいいけど、君めちゃくちゃなこと言ってるよね?

732 :白カラス黒ヒツジ:2007/03/08(木) 21:27:25 ID:dsFmm30V


731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/08(木) 20:51:38 ID:BqrEEKth
>>730
normalizationはいいけど、君めちゃくちゃなこと言ってるよね? <<


   ワシに?  、、、、オンドレ度胸あるな?  719、720の関係者やろ?





733 :白カラス黒ヒツジ:2007/03/08(木) 21:32:11 ID:dsFmm30V
779 :匿名番人:2007/03/08(木) 20:45:53 ID:LObnjpq2
11 :匿名番人:2007/03/08(木) 20:41:38 ID:LObnjpq2
719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/04(日) 01:50:28 ID:RwH4HysX
チン体障害者は人間失格、駄目物体、使えない生物、役立たず症候群、圏外軍団、ゴミ屑の塊、地球のお荷物、生きる価値がない、人間やめろ、死に損ない
チン体障害者は失敗して排出された失敗人間、出来損ない、不良品、ポンコツゴミ屑
720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/04(日) 02:03:20 ID:RwH4HysX
チン体障害者は首ククレカレー、腹刺っしぃー、ビルからバンジィージャンプゥー、
♪チチンチチンチンチンッ「首括ったかぁー」
♪チチンチチンチンチンッ「腹刺したかぁー」
♪チチンチチンチンチンッ「ビルからバンジィージャンブゥーしたかぁ」
♪チチンチチンチンチンッ「また来世ぇー(^O^)/」           <<

これは、メンヘラ村山関係者、あるいは、村山のスレのコテのモノ
なのか確認したいのだが、、。


734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/08(木) 21:35:15 ID:BqrEEKth
>>731
俺は726の書き込みした者ですが?

735 :白カラス黒ヒツジ:2007/03/08(木) 21:35:25 ID:dsFmm30V
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1172656047/l50xめん坊(「・∀・)「63 [占い]

780 :匿名番人:2007/03/08(木) 20:47:06 ID:LObnjpq2
12 :匿名番人:2007/03/08(木) 20:44:05 ID:LObnjpq2
障害者を悪化させたら、やはり、これは、相当の慰謝料を要求されるはず。

しかも、何人から請求されることになるやら、、、、。

781 :匿名番人:2007/03/08(木) 20:50:11 ID:LObnjpq2
13 :匿名番人:2007/03/08(木) 20:49:12 ID:LObnjpq2

  まして、それが、2ちゃん職員関係者のレスだったら、スゲーよなw

782 :ミジンコ :2007/03/08(木) 20:55:36 ID:LObnjpq2

   正直に答えておいたほうがいいと思います、、、、よよよよよよよ

    、、、、、、、、、、、、、、よ




736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/08(木) 21:37:09 ID:BqrEEKth
は、ミスった!>>732

737 :白カラス黒ヒツジ:2007/03/08(木) 21:40:07 ID:dsFmm30V


   734<日本語通じんから、アカンヮ、コリャ、、、、

   水銀灯か?、、、あのズッコケ、でっち上げの、、、、、。オドレ誰や?

   名無し以外じゃどんなネームを使う奴や?

738 :白カラス黒ヒツジ:2007/03/08(木) 21:43:51 ID:dsFmm30V


783 :フレディ・マキューリ :2007/03/08(木) 20:56:46 ID:rCoP4Bgx
俺より変態のメイちゃんか


784 :水銀燈 ◆Lb.nc17Jro :2007/03/08(木) 20:59:22 ID:ZUOTJs0P
フレディという言葉を聞くと、レディという言葉を思い出す。
そして最近、水銀灯の日記にレディ?という言葉を使用した人物は
一人だけいるなぁ。


785 :ミジンコ :2007/03/08(木) 21:00:36 ID:LObnjpq2


   YESかNOで答える、単純なことや、、、、。


786 :ミジンコ :2007/03/08(木) 21:04:14 ID:LObnjpq2


  あのレスした奴は、謝罪することになるが、私に謝罪するという

  問題ではないから、やっかいだぜ、、、、ピンピンピン、、、、。


739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/08(木) 21:46:11 ID:BqrEEKth
>>737
名無し以外使ったことないが?(笑)

ちょっと難しい日本語を使って優越感に浸ってるとこ悪いが、単語並べただけで内容はめちゃくちゃ、かつ稚幼。以上。スレ違いの内容をこれ以上話す必要ないね

740 :白カラス黒ヒツジ:2007/03/08(木) 21:51:44 ID:dsFmm30V


  739<やっぱり、日本語、通じてないね、関係者かどうかについては答えていない。

  ひょっとすると、大規模な、犯罪的つながりのにおいもしない訳ではないが、、、、。

  あんまり、このスレでは突っ込む気は無いけどなw
  


741 :白カラス黒ヒツジ:2007/03/08(木) 21:59:27 ID:dsFmm30V


789 :フレディ・マキューリ :2007/03/08(木) 21:13:49 ID:rCoP4Bgx
メイちゃんって
なにがきっかけで
このスレに粘着してるんだ?

特に理由もなく
寂しがりやなだけに見えるが


790 :788<マズッタ:2007/03/08(木) 21:15:03 ID:LObnjpq2


   、


791 :フレディ・マキューリ :2007/03/08(木) 21:17:14 ID:rCoP4Bgx
メイちゃん何食ってるんだ



742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/08(木) 22:00:14 ID:BqrEEKth
>>740
で、君は何が言いたいのかな?(笑)
日本語通じてないとか言ってかわして勝手な妄想を語っているようだが?>>730のめちゃくちゃな文章指摘をしてるのに随分と論点がずれて訳のわからない方向に逸れたようだが?(笑)

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/08(木) 22:01:16 ID:BqrEEKth
>>741
そうか君は荒らしなのか。納得したよ。

744 :↑マズッタ:2007/03/08(木) 22:02:28 ID:dsFmm30V

    7時ごろから酒がはいってるからねw

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/08(木) 22:08:53 ID:BqrEEKth
>>744
で?(笑)荒らし迷惑だからやめてね

746 :白からす黒ひつじ:2007/03/08(木) 22:09:41 ID:dsFmm30V


789 :フレディ・マキューリ :2007/03/08(木) 21:13:49 ID:rCoP4Bgx
メイちゃんって
なにがきっかけで
このスレに粘着してるんだ?

特に理由もなく
寂しがりやなだけに見えるが


790 :788<マズッタ:2007/03/08(木) 21:15:03 ID:LObnjpq2


   、


791 :フレディ・マキューリ :2007/03/08(木) 21:17:14 ID:rCoP4Bgx
メイちゃん何食ってるんだ


792 :マドモアゼル名無しさん :2007/03/08(木) 21:17:19 ID:LObnjpq2


   スペルメン、メンヘラ、村山、フレディー  は同一人物?


793 :フレディ・マキューリ :2007/03/08(木) 21:24:42 ID:rCoP4Bgx
>>792
それが同一に見えるとは
どんな感性してるんだ


747 :白からす黒ひつじ:2007/03/08(木) 22:10:26 ID:dsFmm30V


794 :BO女蟹蟹 ◆.lfIYLeACA :2007/03/08(木) 21:25:15 ID:QBW3eDsZ
フレディー以外同じ


795 :マドモアゼル名無しさん :2007/03/08(木) 21:27:34 ID:w4xw9rHc
>>792
どうやってメンヘラの苗字を調べたの?
ネットで本人が言わないのに本名を調べるなんて違法行為をして
やったとしか考えられないんだけど、、、、、、、、ピンピンピン、、、、。


796 :BO女蟹蟹 ◆.lfIYLeACA :2007/03/08(木) 21:29:14 ID:QBW3eDsZ
マジで言うと、>>790=めいこが適当にメンヘラを村山と呼んでたからだ


797 :795< :2007/03/08(木) 21:29:57 ID:LObnjpq2


    疑わしかったら、君、通報してみなw

    アッヒャッヒャッヒャッヒャ、、、、、、。




748 :白からす黒ひつじ:2007/03/08(木) 22:13:59 ID:dsFmm30V


798 :マドモアゼル名無しさん :2007/03/08(木) 21:32:45 ID:w4xw9rHc
>>797
方法を述べよ!!


799 :フレディ・マキューリ :2007/03/08(木) 21:40:43 ID:rCoP4Bgx
サムバディ ラヴ トゥ ユー


800 :マドモアゼル名無しさん :2007/03/08(木) 21:41:17 ID:w4xw9rHc
通報しますた。
あとは当事者同士の問題です。
メンヘラが被害届けを出さない限り>>797の悪事は見逃されるでしょう。

いや、、、、、、まてよ、、、、、  メンヘラを銃刀法違反者扱いにしたり
その他様々な犯罪をしたかのように祭り上げてるところから
これらの犯罪行為はすべて>>797が犯した事である可能性が高くなるのでは、、、、、、

おそろしい あぁ おそろしい、、、、、 世の中の様々な違法行為は>>797のような
手口で無実の人間が犯罪者にされてしまっているという事実は誰も否定できない、、、、、




801 :フレディ・マキューリ :2007/03/08(木) 21:43:16 ID:rCoP4Bgx
>>800
なんでメンちゃんのこと
そんなに嫌ってるの?



749 :白からす黒ひつじ:2007/03/08(木) 22:14:58 ID:dsFmm30V


802 :そして決定的なのは、、、、、、、、:2007/03/08(木) 21:43:24 ID:w4xw9rHc
788 ミジンコ sage New! 2007/03/08(木) 21:09:15 ID:LObnjpq2
782 :ミジンコ :2007/03/08(木) 20:55:36 ID:LObnjpq2

正直に答えておいたほうがいいと思います、、、、よよよよよよよ

   
 、、、、、、、、、、、、、、よ


   785 :ミジンコ :2007/03/08(木) 21:00:36 ID:LObnjpq2


   YESかNOで答える、単純なことや、、、、。


786 :ミジンコ :2007/03/08(木) 21:04:14 ID:LObnjpq2


  あのレスした奴は、謝罪することになるが、私に謝罪するという

  問題ではないから、やっかいだぜ、、、、ピンピンピン、、、、。


この発言から『あのレスした奴』ってのも>>797が発言したものを他人に
なすりつけてるようにしかみえない、、、、、、、、






750 :白からす黒ひつじ:2007/03/08(木) 22:15:38 ID:dsFmm30V


803 :そしてさらに決定的なのは、、、、、、、、:2007/03/08(木) 21:44:24 ID:w4xw9rHc
797 795< sage New! 2007/03/08(木) 21:29:57 ID:LObnjpq2


    疑わしかったら、君、通報してみなw

    アッヒャッヒャッヒャッヒャ、、、、、、。
   

         ↑
この挑戦的な発言は特に捜査をしている警察関係者をあざ笑うかのように
またゲームを楽しんでいる犯罪者のようだ、、、、、、
おそろしい、、、、ピンピンピン、、、、。


804 :白からす黒ひつじ :2007/03/08(木) 21:46:56 ID:LObnjpq2


  802<はい、おつかれさん、、、。

  君は、村山の関係者かな?  2ちゃん職員関係者かい?


805 :どういうことだ・・・・:2007/03/08(木) 21:50:16 ID:w4xw9rHc
804 白からす黒ひつじ sage New! 2007/03/08(木) 21:46:56 ID:LObnjpq2


  802<はい、おつかれさん、、、。

  君は、村山の関係者かな?  2ちゃん職員関係者かい?


806 :フレディ・マキューリ :2007/03/08(木) 21:51:43 ID:rCoP4Bgx
>>803>>804は別の人?


807 :どういうことだ・・・・:2007/03/08(木) 21:54:11 ID:w4xw9rHc
804 白からす黒ひつじ sage New! 2007/03/08(木) 21:46:56 ID:LObnjpq2


  802<はい、おつかれさん、、、。

  君は、村山の関係者かな?  2ちゃん職員関係者かい?

  ↑
こうやってまた他人の本名を晒してなんになるんや、、、、、
傷口に塩を塗りこむのと同じ行為なんやで。。。。
これ以上罪を重ねる事はお勧めしませんよよよよよよよよよよよ




751 :白からす黒ひつじ:2007/03/08(木) 22:16:34 ID:dsFmm30V


808 :スペルメン ◆PYmoeLOVEU :2007/03/08(木) 21:54:32 ID:7HA7iSvj
▼ΘωΘ▼ ばうばう!


809 :フレディ・マキューリ :2007/03/08(木) 21:56:19 ID:rCoP4Bgx
>>808
メンちゃん待ってました
俺眠いけどメンちゃんと話したいから
待ってる


752 :白からす黒ひつじ:2007/03/08(木) 22:17:07 ID:dsFmm30V
810 :白からす黒ひつじ :2007/03/08(木) 21:56:40 ID:LObnjpq2

  、、、、、くすくす、、、、、、  アッヒャッヒャッヒャッヒャ、、、、、、、、、、、。

                , -'"´  ̄`丶、_
               ,.∩         `ヽ
             〃∪'´ ̄`二二人\  ヽ
             | ツ´ ̄ ̄ ̄ ̄´ ヾ ヽ. ',
             |ノ{ ,ニ、   , - 、 | | | l |
             | ハ ィハ     ,二ヽ. | | | | |
             | | | }ト'}    {トヽ〉 /)} l |
             | ハ"´、'_, ,,ヾノ 厶イ川|      
               ァへ/\     , ィ´ ̄`ヾ、||ヽ、__ノ
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/   ヽヽ__ノ
             / _L.__/__   V- 、     ! }`ー
          ,′  ̄ ` ー 、 __ ``'′  \ /
           l           `ヽ、  ,/  |
            ` ー┬─ ァ- 、  、 トJ,ィ<     l
               /j.  /    `ヽ_y'^'´ l ヽ  /
            / ハ__/     /     l  '、 !
             ,' l. l/ `ヽ、_/     l.  l'′
           l  |,/     ,イ       |  l
          l,/{   /! l      |  /
           / <ヽ` ーチニ′ |     ,ノ! /
          /   `′/−'´  |─− ´ 〃
       {     /ヾ     !    /
        ` − ´   ヽ _ ,ノ__ - ´
何にも知らんのやなw、村山本人からきいてみりゃ、直ぐにわかる。お前は、恐らく巻き込まれた





753 :白からす黒ひつじ:2007/03/08(木) 22:17:45 ID:dsFmm30V


811 :スペルメン ◆PYmoeLOVEU :2007/03/08(木) 21:58:02 ID:7HA7iSvj
▼ΘωΘ▼ ぽれも眠いど!


812 :マドモアゼル名無しさん :2007/03/08(木) 22:02:51 ID:w4xw9rHc
■ おすすめ2ちゃんねる 開発中。。。 by FOX ★
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
■ (vip931あらため) 「おすすめ2ちゃんねる」 2 [2ch運用情報]
正規の奇形児スレッド [ハンディキャップ]
■ (vip931あらため) 「おすすめ2ちゃんねる」 その8 [2ch運用情報]」」



この『正規の奇形児スレッド』は間違いなく違法行為なんやで、、、、



813 :フレディ・マキューリ :2007/03/08(木) 22:03:09 ID:rCoP4Bgx
>>811
メンちゃんを俺の腕枕で寝かしつけたい
俺はメンちゃんの寝顔を見つめていたい
もちろんHなことなんてしないよ


814 :水銀燈 ◆Lb.nc17Jro :2007/03/08(木) 22:04:04 ID:ZUOTJs0P
>>787
不定期で日記を書いているが、ネット上では読めない。
自分の手元にある。


815 :BO女蟹蟹 ◆.lfIYLeACA :2007/03/08(木) 22:05:15 ID:QBW3eDsZ
通話終わり。
良かった、ちゃんと本人の声で出た。
もしかしたら本人は既に居なくて、何らかの形で本人を消して携帯を乗っ取ったんじゃないかと思ってたからなw


816 :白からす黒ひつじ :2007/03/08(木) 22:05:45 ID:LObnjpq2


785 :ミジンコ :2007/03/08(木) 21:00:36 ID:LObnjpq2


   YESかNOで答える、単純なことや、、、、。 <<

   YESかNOで答えれば、直ぐ済むことやろ、

  オドレ等、なんかやましい事、あるんちゃうのんけ?
  



754 :白からす黒ひつじ:2007/03/09(金) 00:06:55 ID:RNMJIHTw
410 KB [ 2ちゃんねる 3億PV/日をささえる レンタルサーバー \877/2TB/100Mbps]

--------------------------------------------------------------------------------
■ おすすめ2ちゃんねる 開発中。。。 by FOX ★
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
   め  い  ち  ゃ  ん [占い]
■ (vip931あらため) 「おすすめ2ちゃんねる」 その9 [2ch運用情報]
めん坊(「・∀・)「63 [占い]
■ (vip931あらため) 「おすすめ2ちゃんねる」 2 [2ch運用情報]
( `・ω・)つξη<激しく叫びながら雑談するスレ43 [占い]

--------------------------------------------------------------------------------
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1172656047/l50xめん坊(「・∀・)「63 [占い]


755 :白カラス黒ヒツジ  :2007/03/09(金) 01:05:27 ID:RNMJIHTw
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1172656047/l50x
812 :マドモアゼル名無しさん :2007/03/08(木) 22:02:51 ID:w4xw9rHc
■ おすすめ2ちゃんねる 開発中。。。 by FOX ★
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
■ (vip931あらため) 「おすすめ2ちゃんねる」 2 [2ch運用情報]
正規の奇形児スレッド [ハンディキャップ]
■ (vip931あらため) 「おすすめ2ちゃんねる」 その8 [2ch運用情報]」」


この『正規の奇形児スレッド』は間違いなく違法行為なんやで、、、、 <<

やはり、こいつも、通りがかりと見せかけて、このスレッドの荒しが目的だったな。



  セコイやっちゃなー、、、、マジでコイツ等、、、、、。

756 :白カラス黒ヒツジ  :2007/03/09(金) 01:13:06 ID:RNMJIHTw


   745は、結局、740でヘコんだようだが、、、、、。


 セコイやっちゃなー、、、、マジでコイツ等、、、、、。


  
  

757 :白カラス黒ヒツジ  :2007/03/09(金) 01:18:52 ID:RNMJIHTw
     

  730は史上初の発言だが、恐らく今後も、挑発されて、乱入してくる奴が

  出てくるだろうな、、、。しかし、私に太刀打ちできる奴は、今は、世界中の

  どこにも居ないと言っておこう。触らぬ神に祟り無しや、、、。

  アホな乱入は止めとけ、時間の無駄だし、荒立てるものではない。

758 :全くどいつもこいつも、、。  :2007/03/09(金) 01:21:25 ID:RNMJIHTw
      )::::::::::::::::::::,  ´    )::::::::::::::===彡::::::テ
       (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
      >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
        て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈
         しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l
         l l  l _L | |ノ  rT´_ | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l
            ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ
            ハ v)       l l | リ /:://   |  |   <<解るんだヨw 
            ,' ハ 丶      リ ,| |//´  | |   
            |  〉 、 `    lレ' | h、     |  |
            l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
            ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |
            /'   ノl j/ _ト(  ノ l (   \  |  |



759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/09(金) 13:18:45 ID:RNMJIHTw
,

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/09(金) 14:51:21 ID:RNMJIHTw

「proxyに繋がんない。。」時には、


--------------------------------------------------------------------------------
■2006/09/01
携帯から●・beが使えるうらメニュー「べっかんこ」が始まりました。

--------------------------------------------------------------------------------
■2004/6/吉日
増え続ける携帯からのアクセスに備えて、2ちゃんねるでは携帯専用のサーバを増設しました。それに伴いアクセス方法が変更されています。吉日
1. 携帯からのご利用は c.2ch.net からです
2. 従来の i.2ch.net は廃止されます
3. 従来の p.i , r.i は廃止されます


Top 2ちゃんねる


--------------------------------------------------------------------------------
FOX ★

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/09(金) 14:52:25 ID:RNMJIHTw
http://c.2ch.net/

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/11(日) 15:19:44 ID:Et7JNtbO
http://aa6.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1173268309/l50

763 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/12(月) 11:09:10 ID:IR32HJrC
,

764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/12(月) 12:23:02 ID:IR32HJrC
--------------------------------------------------------------------------------
■ おすすめ2ちゃんねる 開発中。。。 by FOX ★
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
めん坊(「・∀・)「63 [占い]
   め  い  ち  ゃ  ん [占い]
( `・ω・)つξη<激しく叫びながら雑談するスレ43 [占い]
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1171887280/l50x
AAぶっちゃけ何でも保管スレ [AA長編]
ただ飯情報 何でもぶっちゃけスレ [食べ物]


765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/12(月) 12:45:31 ID:IR32HJrC
http://c-others.2ch.net/test/-/kampo/1160177679/i

766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/12(月) 13:30:44 ID:LKR+0DXs
http://www.youtube.com/watch?v=DY70HHXy7ts

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/14(水) 23:32:45 ID:Dx1fbRW8
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/drama/1160213678/l50
アフリカ舞踊(けにあいんそら???)スレ

■掲示板に戻る■
LoadAverage = 23.03 (16.00以上は人大杉)

人大杉

このスレを見る方法http://www2.2ch.net/live.html


read.cgi ver 05.0.4.4 2006/12/08
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)


768 :今日は、大杉が多いなw:2007/03/15(木) 00:29:37 ID:Bnngis1m
■掲示板に戻る■
LoadAverage = 20.73 (4.00以上は人大杉)

人大杉

このスレを見る方法http://www2.2ch.net/live.html


read.cgi ver 05.0.4.4 2006/12/08
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)

http://pie.bbspink.com/test/read.cgi/eromog2/1160174191/l50
正攻法で性を扱うスレ 



769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/16(金) 02:22:38 ID:SKASA4Xp
奇形児は生まれてきて幸せなんでしょうか?

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/16(金) 06:48:39 ID:lGWijet5
>>769
少なくともお前よりは

771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/16(金) 22:17:43 ID:4bMm3L9g
,


772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 21:31:15 ID:rF6f9ige
「性器の奇形児スレッド」はここか。

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 19:22:58 ID:J/l24tIh


774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 23:36:12 ID:aGFe2e1h
772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 21:31:15 ID:rF6f9ige
「性器の奇形児スレッド」はここか。              <<

7 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 01:09:51 ID:E28r2Vf3
現代の性器のこすれ!
・・・おなにーのこと・・・かな? <<


 こういう、言うことの訳の解らない奴は、いるけど、、、なんなんでしょうねぇ、、。








775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 12:45:05 ID:qcdnNH4w
奇形児の話をキケーイッ

※何点か採点頼むよ、妖怪、汚物諸君共よ。

776 ::2007/03/19(月) 13:22:06 ID:jWGk9vMq
全く、最良スレッドなだけに、ハナクソ付けよる奴が絶えんなぁ、、、、。

777 :775<:2007/03/19(月) 13:40:13 ID:jWGk9vMq


775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 12:45:05 ID:qcdnNH4w
奇形児の話をキケーイッ

※何点か採点頼むよ、妖怪、汚物諸君共よ。   <<


  ついでに、お前は、基地外ではなく、気違いのゲスw、、ORZ、、、お気の毒に、、。

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 16:48:13 ID:qcdnNH4w
もしもーし、採点を頼むよー化け物諸君共よ
座布団何枚かな妖怪諸君共よ

779 :778<:2007/03/19(月) 20:11:39 ID:jWGk9vMq
  

    薬か手錠か、何もあげるものがないかのどちらか、、、、。

   親切でも、岡板やメンヘル板に行って来いと言う気すら起きない。

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 22:34:37 ID:P2cfdedl


781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 22:36:15 ID:P2cfdedl


782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 22:37:20 ID:P2cfdedl


783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 22:38:27 ID:P2cfdedl


784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 22:40:33 ID:P2cfdedl
,

785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/21(水) 23:54:55 ID:Jtui2+Io
        , -=-‐〜--へ__,,- 、
      <        ヽ   ゝ
       ノ    二、___ゝ,/_/ヘ  |
      |    ヲ          | |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |    ┤  ===、 , ==|  | <  ピンチをチャンスに変えるw!
     ノ   彳  ―ェ 〈‐ェ〈  ゝ  \_________
    ゝ、  イ6|ゝ    / \ |‐"     
      く   .^|        - ゝ
       ヒi_,| \l  [ ――.|
        ,,, -/\  \____,|
     ―'|  \  \    |\_
       |   \  \.  / 〉 \ ̄
        |__,\  / ̄〕/ 、/

786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/22(木) 00:05:38 ID:qrFxrd7x

        /. : : : : : : : : : \   
       /.: : : : : : : : : : : : : : ヽ  
  .ni 7  .,!::: : : :,-…-…-ミ: : : : :', <<もう、解っている奴は
l^l | | l ,/) {:: : : : :i '⌒'  '⌒' i: : : : :} 解っていると思うが、、。
', U ! レ' / {:: : : : | ェェ  ェェ |: : : : :}   
/    〈  { : : : |   ,.、   |:: : : :;!   .n
ヽ    ヽ-っ::: ::i r‐-ニ-┐ | : : :ノ  l^l.| | /)
 >'´ ̄ ̄´ ゞイ! ヽ 二゙ノ イゞ‐'    | U レ'//)
/ヽ、_ィ-r―‐< \` ー一'´_|      ノ    /
.\ 丁‐イ   ヽ、  ヽ=/  ヽ  rニ     |
  レ' ̄7     ヽィ'.ト、  / ̄ヽ、  `ヽ   l
. !/ ̄7      /::::/ `'´    /_>、匸ニ/|
/厂~/      /::::/   __、  .∧__厂 !jlヽ,/ |
 .l'〃     /::::/ . /   ヽ /ヽ、 l‐"_ lヽ、_/|
 .|      /::::/   ! 抜  | l、 |/ ∧--/ヽ
 !      /::::/   ヽ、___ン .j  ア!、,r' /レ---┤
./     /::::/         !/'    ヽ_ハー─ノ


787 ::2007/03/22(木) 00:13:37 ID:qrFxrd7x
ギャー、上の2スレめいちゃんと間違えた、、、。メチャクチャだ。


もう容量が少ないと言うのに、、、、wwwwwwww、、、、、。

788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/22(木) 12:34:31 ID:YbV7+d+y
奇形児の悪口、中傷ネタを…キケェーイッ!

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/23(金) 08:16:59 ID:dQMRByqD

( `・ω・)つξη<激しく叫びながら雑談するスレ43 [占い]
   め  い  ち  ゃ  ん [占い]
正攻法の正規の精神医療スレ [メンタルヘルス]
奇形児は天使じゃないよ [オカルト]
正規の運命スレ [身体・健康]


790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/23(金) 09:43:04 ID:dQMRByqD
  
  奇形児は天使じゃないよ [オカルト]
  http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1172769054/l50x<<

  そのとおり、奇形児は、精神と、肉体に障害を持った人間だ。

  そだてるかどうかは、その親の運命の意思決定の問題。

   普通の健康な人間とは、違って、単なる受胎の認識では、奇形児が扱えない

   ところが、やっかいと言うことなのだが、、、、、。

   運命、色々、、、、まして、人生色々、、や、、。

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 00:22:02 ID:z/ttzWXL
>>790
とっとと消滅しろくたばり損ない

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 11:11:06 ID:MTHPSdwa


   791、岡板の大方、<<コンプレックスの塊の勘違いも程々にしとけヤ

793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 12:14:34 ID:z/ttzWXL
>>792
おまいこそ逝きくされ、外道乞食野郎が!貴様が逝っても世の中変わらんし、貴様みたいなクソ漏らしの出来損ないは生きる価値ないんじゃ、ゴキブリが。

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 13:33:24 ID:Hk+kXmM/
>>790
肉体は障害があっても精神まで障害があるとは限らないよ

失礼だよ あなたの発言取り消してほしい



795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 13:42:58 ID:z/ttzWXL
>>790
そうだっ!詫び入れろやっ!貴様何様のつもりじゃタコッ!あんまし世の中舐めんなよこの野郎!舐めるなら手前の足の裏一日中舐めてくされっ!この死に損ないの外道がっ!悔しかったら反論カモーンッ!(\o/)

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 19:50:06 ID:MTHPSdwa
,

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 20:25:07 ID:z/ttzWXL
★臭い性器の奇形児スレッド

798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 22:41:42 ID:MTHPSdwa


  793、795、797<<だからさぁー、、、、、、。、、、バカ、、。


  794<<でも、精神まで、障害が無いとは限らないだろうがw

  肉体だけでなく、精神まで、障害があるのもあるだろう?

  

799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 22:57:40 ID:z/ttzWXL
>>796>>798
だからさあ貴様が精神病んでるクズだろが、タコッ!文字打ちに何時間も掛かるダニだからなテメェはよっ!もう寝ろや!永遠に寝とれやっ、この失敗人間、出来損ない、不良品、ポンコツ、ゴミ屑、生きる価値ないクソ漏らし野郎!

800 :ミジンコ:2007/03/24(土) 23:57:54 ID:MTHPSdwa
何が情報が変だだと?マジ、占い板管理人氏ね、、、。お前、2ちゃん職員辞めろ

それと、お前、自首しろw、、、マジで、、、。
       ∧_∧  
      ( ・∀・)∩
     /    //    ドガァッ!!!        アイゴー
    ⊂/ ) ..//つ  \从            ∧_∧
       (_/      ・、'ニ ;::::::,.,:;,;:;:;、  <;;`;Д;*;;><<占い板 
        ).ノ      /W (つ  )   ~~∵∴∵             管理人

何かいうことあるんだったら、書き込んでみ? 57のレスみたいに、、、、ん?

   、、、、と言うことになりますよ、、、、あんまり過ぎてると、、、。


  、、、ピンピンピンピン、、、、、。

801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 23:58:58 ID:MTHPSdwa
間違えなく、占い板管理人は、一線を踏み越えてるとしか思えんが、、、、、。

802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 00:10:01 ID:nCQuMUOz
ちなみに、800のコピベは、始、占い板のスレで 情報がへんですと言うことで

書き込みが、拒絶されました。

私が、そのコピベ以前に書き込もうとしして拒絶されたレスは、、、↓

803 :こんな、感じのレスです、、。:2007/03/25(日) 00:20:40 ID:nCQuMUOz
68:11/19(日) 09:57 iwobvJto0
このスレで私流の、世界初の人権の定義をすることを約束する、、、、。
それは、今後、本当に世界中に通用する事になるだろう、、、、、、。
例え、大方の予想に反したとしてもである。            <<
  ミミ彡ミミミ彡彡ミミミミ
,,彡彡彡ミミミ彡彡彡彡彡彡
ミミ彡彡゙゙゙゙゙""""""""ヾ彡彡彡
ミミ彡゙         ミミ彡彡
ミミ彡゙ _    _   ミミミ彡
ミミ彡 '´ ̄ヽ  '´ ̄` ,|ミミ彡
ミミ彡  ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ彡
 彡|     |       |ミ彡   私は、人権問題戦慄の地獄スレ で  
 彡|   ´-し`)  /|ミ|ミ  約束したように、奇形児スレで、それは、 
  ゞ|     、,!     |ソ <<証明できたように思われる。
   ヽ '´ ̄ ̄ ̄`ノ /     次は、、、、。  
    ,.|\、    ' /|、       
 ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
    \ ~\,,/~  /
     \/▽\/


804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 00:24:45 ID:nCQuMUOz
話が、途中で、阻止されて、スレッドの根本的、レスの意図が、伝えられなかったら

誤解されるのは、書き込んだ、私ですからね、、、、、。(#^ω^)

805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 00:29:22 ID:nCQuMUOz



  ハンディキャップ板の皆様、お騒がせしましたm(。。)m、、、。

806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 00:30:16 ID:nCQuMUOz


  FOHOOーーーー、、、、。やれやれ、、、、。

807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 03:16:01 ID:+1CI+QZN
>>806
お前一体何をやりたいの?訳わからんな。お前は障害者でも(中度の)頭お菓子屋バージョンか?重度の頭お菓子屋君はテメェーが醜い肉片晒して生恥の塊として存在しとる事もわからんからな。文章打てるだけお前はまだ軽い方だわな。でも頭お菓子屋君だ。

808 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 18:25:30 ID:Abc69+cO
障害者を安楽死させよう
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/rights/1170329439/
障害者は抹殺されるべきである
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/welfare/1153728859/

809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 09:40:38 ID:oIpWTfKh
ERROR:referer情報が変です。
(ref1)http://www.dd.iij4u.or.jp/~cap/iyan.html <<

  占い板は まだ出るわけ?  変の基準ってなんや?


            <<


  ↑それも情報が変ですで書き込めない、、、。

  まだ、やってるんだよなぁ、、あそこの管理人は、、、、。

  あの人は、精神鑑定にかかって問題になる人ではないんです、、。

  ただし、犯罪者とリンクしていて、逮捕されるべき人であるのは、確かです。




810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 12:47:26 ID:GO9ZqVQ+
チン体障害者はオムツをするべきでR
お前等なぁ臭い、汚い、気持ち悪い、形悪い、格好悪い、5Kなんだぞ、わがるがなー?
存在自体が生き恥晒してっからな。
その種類にもよるが、マッヒヒ連中はグロテ。

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 23:53:54 ID:oIpWTfKh
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1174920756/
何でもスレッド保管スレ

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 22:10:37 ID:dDOdW5dM
,

813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/29(木) 00:05:30 ID:RuTiwWMZ
>>812

貴様は何度もも能書きくれてくる超重度の生恥晒しの出来損ないだな。
まだくたばらずに生きてやがったのか。この使えない死に損ないがっ!
何が
「そいつは詰んどる。間違いなく」
だ、クソヤロー。
貴様が運がねぇから失敗して排出されたんだろが、粗大ゴミ!

814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/29(木) 17:21:15 ID:O3/jDvuM
脳味噌グロテスクなんだよ、アマパーが

429 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>77-83
  ◆各論/Tips
    ノウハウ>>84〜  (←ここが、このスレのメインなので皆様宜しく!!) =984471602&st=84&to=98" target="_blank">>>84-98 Q;
%2@v200o5q1s18r1YYY$[8r4c4];%5@3@v220o4s16,-10q1r1YYY$[8r4c4];%5@3@v250s18,-6q0o3r1l8ZZZ$[8ccrc];

{この面、背景の夕陽がたまらんっす。MML読みにくくてスミマセン}; gt;>547をちゃんと作ってみた。後半フレーズは入れてない}                                      `( 彡)彡) \ノヾ\/\\    .し'               
 ̄  ̄ |/ヽ.............. \              /test/read.cgi/handicap/1167408327/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)