5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

正規の奇形児スレッド

1 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 01:05:27 ID:y8PBAYyj
3度目の奇形児スレ(詳しくは4度目)人間改革スレッド、又は、
正攻法の正規の元祖人権スレッド  半年だが、長い道のりだった。

///      ////  // ,、-‐ヽ'、  ヽ',
 / / /  / //,/_``   / /´ -- ハ|  , lヽ
 i/ /   / //シ'rーt.ヽ / i´,彳'。) )ミ/ / ,|||
 |! | / l. | |/ゝ,.'、.ソ '  | i  ゝ-rrシ//;イj!!
  ! | :ト || ハ|  ^'' ´`    l!    /'/ /
  ', |:;|ヽト! ト|:ト        ´    イ´
  ヽヽヽ|ヽト、:ヽ    ー---'    /   
       ヽ ` ヽ、   `  .  /     
         _ 」,`ヽ、._  _/:',
     、-''/ / ',    ̄   'ヽ、



2 :一人でさせられるとちとつらいw:2006/12/30(土) 01:20:33 ID:y8PBAYyj

      )::::::::::::::::::::,  ´    )::::::::::::::===彡::::::テ
       (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
      >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
        て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈
         しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l
         l l  l _L | |ノ  rT´_ | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l
            ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ
            ハ v)       l l | リ /:://   |  |   
            ,' ハ 丶      リ ,| |//´  | |   
            |  〉 、 `    lレ' | h、     |  |
            l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
            ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |
            /'   ノl j/ _ト(  ノ l (   \  |  |





3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 01:22:36 ID:y8PBAYyj
         , : ‐ : ̄: ̄:`ー: 、――:<:. :. \
       _/:. :. :.‐-、:. :.\:. :. :. \:. :..ヽ:. :. :.\
     /:. :|:. :|:. 、:. :. ヽ:. :.:ヽ:. :. :.:ヽ:. ∧::::. |:.|
    /:. :. :.:}:|:.:ヽ:. \:斗―‐-|:. :. :. :V/∧:::: :|:.|
   //: :. :.i:|:ハ:. \く ァテテミ:ハ: :. :. :.レ: :. |:::ヽ:\
   |.|:. |:. :|:レ',ニミヽミ_>ト-ソ.}_./ |:. :. :.:|:: :. :|::::::ヽ:.:\
   |:|:. |:. :|:V トrヘ.   " ̄  /: :.:/イ }:: .:|:::::|:ハト、_:>
   |:ハ:.|:..:.ト:|. ゞ'^、      /_:.イ:. :レ::::: :. |V|::| |
     ヾ>、::>   ィ  }     |:. :.:|:::::::: ∧:∨ 
     /ハ:|:. :ト、   ヽノ    /|:. : ハ::::::. :∧:.\__ 
     VV|:. :V ヽ、     / /:. :./::∧::::: :∧ー'´
       |:. :|: :. :::::|`::ーr'´  /. :.:/:::::::∧::::: :.\
     ヽ、_」:. :.`ー‐::::|::::::」   /イ/ ̄ ̄ ̄ヽ: :. : :.\
        ゝ:. .>--ァく|L_/  /       ヽ:. ).:. :\
       /:.:/  / 辷シ'   /         ∨:. : :. :.ハ
       /:./ /   ノ _,, -へ、  へ.      ',:.: :. :./: |
       |/, へ===" ̄    \.  \    ∨:./:. :.|
      //       .:::::::::...   :.ヽ  ∧    ∨:. :. }
     / {.............   .::::::::::::::::::::::.  ::::V:.::∧    ヽ: :/.|
    /  ':,::::::::::::::    ::::::::::::::::    /:. :/:.∧    ∨: |
   /    ,へ_.--======-、  /:. :/: /:. :\    ∨|
 /ー-、 /  |            `/:. :/:. /: :. :. :.}    V






4 :ご参加を:2006/12/30(土) 01:23:55 ID:y8PBAYyj
`'、 !: ::,! : ./:::: i′!::::|     ,!    ./  l:: :  :    ヽ  :   l. : : : .゙L: : :|
    ":,!::/: :::/. - __:゙‐::l    : ,!:   : ./ : :/..,、: : ::   : ::ヽ : : : ヽ: : : ::
     ヽ:l :::/ :::::::: _,,,゙':::| :  ::::|: :  .i____` ̄.l..┐    ::::.l : :::::  !:
      !│ :::l,:::  .i:`゚i l,: ::::::!::: / _.. --  ̄'ー... l,   ::::::| ::::::  l:
       .|:: : ::ヽ、 .ヽ-‐ ゝ::::/: :'":   ./゚ ̄ト;;.: ::,!  :: ::::::ヽ : ::::  l.::::
       .|:: ::::::: .ヽ ./         .`''ー-‐'" : :./   : : ::::::.l: : :::  :.!::::
       !: ::::::''';;-. .′               _/::  :  :::::::: ,!:: :::::  |::::::
       ヽ: : ::: ヽ              '';;y.: : ::::: ::::::::::/:::::::::::::::.!:
        ヽ :::::_ ヽ  .''ヽ       : <,゙:::::: : : : :.:::::::: : !:::::::::::::::
         . \ ヽ::゙!、           ,,, ‐''´: : :::: ./ :::::: :,i|::::::::::::::::::
           ヽ ヽ_ヽ,       _..`-'ッ.: ::::::,/::::::::::,//:::::::::::::,i::
            ゙'-、゙ヽ\.._..-‐{´::::::'/.: .:_./ ::::::,..彡゙:::::::::./



5 :ご参加を:2006/12/30(土) 01:25:11 ID:y8PBAYyj
     , - ' ゙    `` ‐ 、_,,,,,
   ,r'          /=ミ
  /           彡ll',''´
. /             彡lll
 !-- .、    ,、、、、,,,   彡lノ
 l,,,,,__ /   ___     'r''゙ヽ
. |`゙'' ./   `'゙'''"    .〉,l |
 |.   ,'           //
. ',. ,'           , r'
.  ゙, ゙'ー ‐`      l  |
   ゙、''゙ ,,、二''‐    ノ  l、
''''''''7'ヽ  '''    /   /`〉`゙T''''''''''
  l  ` 、,,,,、- ' "    / /.|  |



6 :ご参加を:2006/12/30(土) 01:27:04 ID:y8PBAYyj
三|三
  イ `<             ,..-──- 、         _|_
   ̄             /. : : : : : : : : : \        |_ ヽ
   ∧           /.: : : : : : : : : : : : : : ヽ      (j  )
   /  \        ,!::: : : :,-…-…-ミ: : : : :',
              {:: : : : :i '⌒'  '⌒' i: : : : :}     _ヽ_∠
  └┼┘          {:: : : : | ェェ  ェェ |: : : : :}       lニl l |
.   |_|_|  , 、      { : : : :|   ,.、   |:: : : :;!      l─| l 亅
   __   ヽ ヽ.  _ .ヾ: :: :i r‐-ニ-┐ | : : :ノ        _
    /     }  >'´.-!、 ゞイ! ヽ 二゙ノ イゞ‐′      l  `ヽ
   ´⌒)    |    −!   \` ー一'´丿 \       l/⌒ヽ
    -'    ノ    ,二!\   \___/   /`丶、      _ノ
        /\  /    \   /~ト、   /    l \
       / 、 `ソ!      \/l::::|ハ/     l-7 _ヽ
      /\  ,へi    ⊂ニ''ー-ゝ_`ヽ、    |_厂 _゙:、
      ∧   ̄ ,ト|    >‐- ̄`    \.  | .r'´  ヽ、
     ,ヘ \_,. ' | |    丁二_     7\、|イ _/ ̄ \
     i   \   ハ       |::::|`''ー-、,_/  /\_  _/⌒ヽ




7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 01:38:14 ID:y8PBAYyj
                   _,,  -―=ミx,,_
             _,,, -‐ '"´          `"':.、
         、 ''"                     ヾ.
      , '"                           ミ、
    , '...:.:                          .::彡'
  、メ.:::::                        .:::ミ_
  ,ミ::.: .              ..:.::::               .:::ミ⌒
  ミ:.   ..::::..,      ..::.:::..:                 .:::ミ
  ミ::.  .:(●ノ      ..::.::;     .:.:.:,;     .::::ミ
  j、;, ::::...        ...::.:.::;:'       .:.::::ミ     ..:::ツ⌒
  | ノ x≦ミ、.....::.::.::.::.:;,ツ      ..:.::::ミ:..   ..:::/
  {_/     ヾ、"゙'''"´      .::::;;ツ ..:.:::;;ミ^
            ゙' 、     ..,,::  '゙´ }、,,,
             `゙""ノ'''"{ゝ   / /
              =ニ二´/.::;ハ〈   ,/ /
               //⌒ヾ、 ノ.::〈
             ´    ー=≠.:::.:: ヽ、
                 // ̄ヽ、 \
                     ̄      ̄



8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 01:42:26 ID:y8PBAYyj
   ご参加を、、、、、。
:.,' . : : ; .::i'劼,_  i.::l ';:.: l '、:.:::! l::! : :'、:i'、: : !, : : : : : :l:.'、: :
'! ,' . : i .;'l;' _,,ニ';、,iソ  '; :l ,';.::! i:.!  : '、!:';:. :!:. : : : :.; i : :'、:
i:.i、: :。:!.i.:',r'゙,rf"`'iミ,`'' ゙ ';.i `N,_i;i___,,_,'、-';‐l'i'':':':':‐!: i : : '、
i:.!:'、: :.:!l :'゙ i゙:;i{igil};:;l'   ヾ!  'i : l',r',テr'‐ミ;‐ミ';i:'i::. : i i i : : :i
:!!゚:i.'、o:'、 泙::゙''".::ノ        i゙:;:li,__,ノ;:'.、'、 :'i:::. i. !! : : !:
.' :,'. :゙>;::'、⊂‐ニ;;'´          '、';{|llll!: :;ノ ! : !::i. : : : : i :
: :,' /. :iヾ、   `        、._. ミ;;--‐'´.  /.:i;!o: : : :i :
: ; : ,' : : i.:      <_       ` ' ' ``'‐⊃./. :,: : : O: i. :
: i ,'. . : :',      、,,_            ,.:': ,r'. : , : : !: :            
:,'/. : : . :;::'、     ゙|llllllllllllF':-.、       ,r';、r': . : :,i. : ;i : :     
i,': : : :.::;.'.:::;`、    |llllH". : : : :`、    ,rシイ...: : ; : :/:i : i:!::i:
;'. : :..:::;':::::;':::::`.、  |ソ/. : : : : : : ;,! ,/'゙. /.:::: :,:': :./',:!: j:;:i;!;
i. : .:::;:'i::::;':::::::::i::`:.、;泙';‐ 、,;__;,/ノ  . :,/.:::: :/. : :/.:::i. j:;;;;;;;;
l .:::;:'::;':::;':::::::::::i::::i::`:,`'-二'‐-‐''゙_,、-.':゙/.:::: ;ィ': : :/.:::::i: j、;;;



9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 01:44:29 ID:y8PBAYyj


194 :改革は徐々に退きながら進みつつある。:2006/11/24(金) 08:36:42 ID:2aTPRtka
           人
        ノ⌒ 丿
     _/   ::(
    /     :::::::\
    (     :::::::;;;;;;;)_      ┌┴┐ - ./  ─┐   ..┃
    \_―― ̄ ̄::::::::::\        ノ ___ノ  ..─┘ ̄ ̄ ・
\  ノ ̄     ::::::::::::::::::::::)  /
 \(     ::::::::::::::;;;;;;;;;;;;人/
  / ̄――――― ̄ ̄::::::::\
 (    ● \__/::●:::::::::::::)
  \__::::::::::\/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ
   ((彡ミミミミ))彡彡)))彡)
   彡彡゙゙゙゙゙"゙゙""""""ヾ彡彡)
   ミ彡゙ .._    _   ミミミ彡
  ((ミ彡 '´ ̄ヽ>>!/` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/     
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/




10 :めいちゃん:2006/12/30(土) 01:48:07 ID:y8PBAYyj
参考、ルポ精神病棟、シュタイナーの治療教育講義 画箱、
双葉ちゃんねるグロ板、世界最強の危険リンク、正攻法正規の精神医療スレ、
鑑定依頼者必見戦慄の地獄スレ、テンプル騎士団スレ、
現代の正規の宗教スレ、世界各国の福祉の現状事件問題を報告汁スレ、
めいちゃん 人権問題戦慄の地獄スレ
                
       / ̄ ̄ ヽ,
      /        ',
      {0}  /¨`ヽ {0},
 ・ 。  ||.l   ヽ._.ノ   ', i 
  \. ||リ   `ー'′   ', | i
 ゚ヽ | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  ダンッ
。 ゚ _(,,)  メイちゃん  (,,)_ / ゚  
 ・/ヽ|             |て ─ ・。 :
/  .ノ|________.|(  \ ゚ 。 
 ̄。゚ ⌒)/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヽ\  ̄ 。




11 :正直、躊躇するねw:2006/12/30(土) 01:50:19 ID:y8PBAYyj


12 :目的:2006/12/30(土) 01:51:21 ID:y8PBAYyj
人権問題に終止符を打つ。人権の定義の詳細は奴隷スレでやる。


13 :目的:2006/12/30(土) 01:52:05 ID:y8PBAYyj

医療の頂点、文明の頂点としての奇形児の精神と肉体との異常の治療の課題   


14 :目的:2006/12/30(土) 01:53:09 ID:y8PBAYyj
   
奇形児は、善悪、民族、血統以前の人間の問題。軍事や宗教より更に
上の根本現象次元の高度な領域の問題。等の主張



15 :11<:2006/12/30(土) 01:54:47 ID:y8PBAYyj
いやいや、誰であっても無理も無い。

16 :対策:2006/12/30(土) 01:57:00 ID:y8PBAYyj
権力とエゴイズムの暗部、盲点と限界と奇形児、→奴隷問題。ヒエラルキー問題

17 :対策:2006/12/30(土) 01:57:45 ID:y8PBAYyj
奇形児認識長い眼と人生認識、福祉と精神肉体治療ノーマライゼーション問題。

18 :対策:2006/12/30(土) 01:58:18 ID:y8PBAYyj
福祉と法務省問題、教育、宗教へ、文部省、厚生省

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:00:02 ID:y8PBAYyj
                                        _ _,_、
               _,._,._ _                   r'::::::::::::::::::-::
              r':::::i',:     ヽ                ノ::::;:i'⌒ヾ::::::::
    /!        イ::::::::i'  :' _,   l!                );_,''、=,._ ヽ:::
   .//         l:::::::::j!::'、=タ': i'=l!、                ,!l ヽ  /::::
   ! 'ニヽ       /:::::::::i;, ヽ.  ,._」」:::;!                  /::''";、;r':
  l  ' ' フ       イ:::::::::r;r ,:r 〃--ヾ::ミ、                j::::::::::::::::
  i   /       r':::::::;:':::::::::::;:;'"  ヾj;:;ミ            _,. r'/ヾ''t;;
 .!  イ     r'Tヽ''"');;_r'li:::;::;, ;,.;,  ;i'   ` ‐、      /    l l   ヽ、    
 l:::.  l   r ´   ヾ ヽ、  'il' ;r il' ィ ;l     .:  ヽ、  r',r  - l l  ソ  
 l:::::.  l / ‐-   ヽ ヽ、 ''rソ'' '"ィ:::    '      ヽ     :. !l     _,.      
 l:::::::  ヽ  - 、  :;i   \ _` ー-‐ '_ノ::::  '´    '´;:/  _, - 、_  ` = =-‐     
 .!::::::..   lヽ   l: :.   フ ィ ! ´ ! :.  ;     :/7‐'    ヽ :.  ヽ     
  l:::::::::.   l l   l:; :::.   `└'  ;l  :._;      l./  r:、∩∩ ヽ::.             
  .ト、::..   ! l  /::  ::.      .::l    ;i'      i' ⊂` _ , `ーつ :::.  、            
.  ヾヽ 、_/ ,! /:::.   ::.     .:::::l:.    :!     l::.::::::ヽ:.._:::._;:-:'
   i:. .:::!  l r:':l:::::   :::.    ''::::l:.   i::.      l:::::::::::::::::
    l::::::/ /:::::: l:::::..   ::.     ::':i.;: r Tヾ      ヽ --‐ ´:':/ '     


20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:01:33 ID:y8PBAYyj
    、、、、、、、、、。


ノ::::゙、 ヽヽヽヽ ゙、
ヘ:::::::::;;: -‐''''""( )1
 ゙、::::::::-‐''""" ̄"'i
  :V;;||:::: '~ニ=ッ, r='|
  i!f !:::::      ゙、i
  i!ゝ!::::     ‐/リ
  i::/:、 :::、  /''ii'V
  ̄ハ:::::\ "''il|バ''





21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:02:12 ID:y8PBAYyj
  , - ー-、
 (_,・  ヽ
  `ー-、::::....`r'⌒ゝ
   (,ゝ、:::::..`~´ヽ、
     (:rーイ ノヘ `ー-、
      _)ゝ,ハ ヽ、 _ノ
       ^'^'´
  , - ー-、
 (_,α ヽ
  `ー-、::::....`r'⌒ゝ
   (,ゝ、:::::..`~´、_
     (:rーイ ノヘ ` ー-、 <私がスレ主だ。
      _)ゝ,ハ ヽ、_.ノ
       ^'^'´
  , - ー-、
 (_,Ο ヽ
  `ー-、::::....`r'⌒ゝ
   (,ゝ、:::::..`~´、_
     (:rーイ ノヘ ` ー-、
      _)ゝ,ハ ヽ、_.ノ




22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:03:34 ID:y8PBAYyj
         ___
      ,r '´r     ` ‐、
     r' ,. .:         ミ
    / ;r i,..          iヽ
   .lji;  jr,ナi':::_;: --  ,.::、 - l:' i
   .l:' i ,.イ',r';:::::',.r__ーj:.=_,r_‐ヾ.ミ
    i ;li'/!r';三:‐'`ナ`;::i i`ナ;゛i゛i
   ノ; 人/j;,ji::::'´::. ´ ., _ l` _;! ミ
   r/'´rj' ィ 彡::::::. / ー、_ノヽ ,ミ.、i
  'i/ i' r'/ij,r'''r';, , ,:-―,.-、 ミ ヾ
  i.l li. l lrィi::i' '";i' "'"""゛ヾ゛、  ,,j
  'i:ヽj i 乂ヾli. il il!r    i' j li!il;!
  '´rr' ;ノ i川li ミi、li::.j!  ; ,; !l ,!/"ヽ
 /,! ji' ,r';r'彡ノノ,l!,i:.j, i! ,i! !    `il
 !  ヾil jllill!ii'r'r''イi'i / , , i !i  ,ノ
 ヾ_ ;:'' ;! )::.lヾ.ヾヾ:j!i :( i;.  '/  イヾ
  .r'´r'r' /' ',ri/;il イ, li j  i r  ;  ,!,!
     ヾ:.  !i:i' li' i' .Y  ,.;   j
      ` ii'ヾヽヽヾ ヽ`,イi
         '' ヾr'r''



23 :敷衍:2006/12/30(土) 02:04:58 ID:y8PBAYyj
権力と人食い問題、共同体支配問題と所有特権占領問題。と奇形児、精神医療問題。

24 :敷衍:2006/12/30(土) 02:05:38 ID:y8PBAYyj
原始人のそれ、犯罪のそれ、現在の中国のそれ、病気のそれ、革命のそれ、との関連

25 :敷衍:2006/12/30(土) 02:06:16 ID:y8PBAYyj
軍事問題、芸術問題、科学問題、宗教問題、医療問題、
追求 叩きの必然 奴隷と受胎と性のこと



26 ::2006/12/30(土) 02:09:16 ID:y8PBAYyj
そこにあがっていることは、このスレだけではわかりにくいはず、、、。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:12:02 ID:y8PBAYyj
705 :スレ主より :2006/10/19(木) 17:38:09 ID:ASS+bnHN
レヴェルゼロ→メイちゃん、テンプル騎士団スレ、奇形児スレ、正規の運命スレ、
あらゆる文化人、、、。人権問題戦慄の地獄スレ

レヴェル1→軍事スレ(→アボン)

レヴェル2→世界各国の、、、。ボランテイア、、、。異常心理スレ、犯罪スレ、奴隷スレ

レヴェル3→正攻法で性を扱うスレ、受胎スレ、正規の教育スレ、正規の歴史スレ、医療スレ、
科学関係ぶっちゃけスレ、

レヴェル4→自衛隊つまり、、、。警察(落ち)医療関係裏話ぶっちゃけスレ、
戦慄の占い地獄スレ、芸能、、(?)。アフリカ舞踊、環境スレ

レヴェル5→醜学、美学、実態学、、、、。サバイバル、、、(予定)。
何かあるんじゃないか?スレ(予定)



28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:12:52 ID:y8PBAYyj
        ,/   ,..:::=ー,..:-=-::、
        (( 、、_/ i'´ / _....,_ `ヽ
     、ヽ ミゞ ゝ ヽ/ ; r','"⌒~^'ー::、
      ''=,ミ -- ' ^ ~ ^ ニ _ ^ヾー-:、 ミ:、
     ∠./,:=ニニ - 二 =ー::、 ^ ミ 、 ー
  ,.::-=ニ'レ,.:--‐   ー--:: 、ヽ ヽ ミ ヾヽ
 / , ,.-‐i ;::::::-、  !  .;:::::;;;::;、 ; ヽ  ミ  、ヽ、
  〃 ./'i ,,:=:, 、   _ ,:=::.、  .;   ニ  ヾミ、_
  ,!  i l,γ @> ゙:.  .: k @ ミ:、 .i ,:-'   、^ミ=-
  ノ.  !,tゞニ彡'ノ : . ^ミ=ニイ、、  彡ソヘ ヾヽヽ、
/   . レ   /  :. '-、     :,  / ,ソミ:、 〉 )
     | / /ゝ、_ノ..,)ヽ   、 l  i /ヽヾ j λ
     ! ヘノ/ノ川 !.ヘヾ、ミ、 i  :l  ハノ .)ノ人 ヽ、
      !.i^'=ァ〜'T''⌒ナヾヘ !  i /`´
      ヽ、`l  ;  /,/ / ./ノ
        ヾ、i. ;  〃゙  / ,.ノ'´
         ヾゝi_,ノ   ノ/
         ヽ、_,,../゙






29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:15:50 ID:y8PBAYyj
このスレ、恐らく万能スレでしょう、、、っていうかそのはずなんですがね。

      、、、、ilr, ,. _,, ,
   ,;r-ミヾ、iヾヾヾ-'、r '彡,r
  ;rニヾミ`       :ヾ ミ_,
  彡,= 'i':         ::ミ ミ,
  r'i'´ .,r!::.        ::i .ミ
. ヾ ' ,r' ;:!::::. _,;;;;;;,  ,,;;;;;;;,_ヾ ミ
 ミ=-'ィ;' 、_r'て!." :.r'て! :!ヾ'
 ヾ;::r'l il!.  - ´' '  ::..、 .:::l,:j!
  ヽl.'ヾ!    ,r  :::、  l;!
  ヾ::ヽj     '   ー' '::.  l
    r'ヽ   :. ' ニニニ ;: : l: ヽ
    7 .:::i'!        ,::;:イ::. ヽ
   l  ::::lヽ  ` ―‐_'r' :l:::  ヽ_
  i   :l i  ` ― '´   'l::   :l::.





30 :こういうスレもございましてね、、。:2006/12/30(土) 02:19:00 ID:y8PBAYyj
ボランティア ぶっちゃけスレッド
1 :匿名獅子:2006/11/07(火) 07:23:41 ID:pJsZOp8I
ボランティアの核心は肝っ玉の問題です。思いついたこと
したこと、してること、ここで、告白してください。


31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:20:36 ID:y8PBAYyj
16 :バリアフリーな名無しさん :2006/11/19(日) 10:13:32 ID:O/3mLzg2
アマレカは既に1000年後の社会体制を20世紀で完了してしまった。
日本やその他の先進国は、それを後200年かけてアメリカを追わねばならない。
このことに気がつく者は現在皆無に等しい。
何故、今のうちに1000年後の活動の下地を完了せねばならないかは、
20世紀のある事件によって引き起こされた事態によって、取り組まざるを得なく
なってしまったのだ。当然、社会体制は、急激な変動にみまわれることに
なるが、今世紀は、NPOが中心に活躍することになる世紀だと告げている
ということなのである。軍事、教育、福祉や医療、政治や経済、化学に精通した者が
NPOで主に働くと言うのである。




32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:23:44 ID:y8PBAYyj
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  テレビ○○です。
| ちょ、ちょっと待って!
| え?CM?、、、ここでいったんCM入ります
|  何?ニュースがある?
| 
ヽ─v────────────────────────  
     , ,-;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
    /;:;:;:;:;:;:ミミ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`、                          / ^ノ^ノ:^)
    /;:;:;:;:彡―ー-、_;:;:;:;:;:;:;:;|                           / _ノ_ノ_ノ /)
    |;:;:;:ノ、     `、;;:;:;:;:;:i                        / ノ ノノ//
    |;:/_ヽ ,,,,,,,,,,  |;:;:;:;:;:;!                      ____/  ______ ノ
    | ' ゚ ''/ ┌。-、  |;:;:;:;:/                     _.. r("  `ー" 、 ノ
    |` ノ(  ヽ  ソ  |ノ|/               _. -‐ '"´  l l-、    ゙ ノ
_,-ー| /_` ”'  \  ノ   __       . -‐ ' "´        l ヽ`ー''"ー'"
 | :  | )ヾ三ニヽ   /ヽ ' "´/`゙ ーァ' "´  ‐'"´         ヽ、`ー /ノ
 ヽ  `、___,.-ー' |   /   /                __.. -'-'"
  |    | \   / |   l   /            . -‐ '"´
  \   |___>< / ヽ



33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:24:52 ID:y8PBAYyj


22 :バリアフリーな名無しさん :2006/11/28(火) 09:08:55 ID:WFUI1Br4
じーくのGUROの部屋
投稿日:2006/11/13(Mon) 20:09 No.771 のスレッド
こういうのは、現実と接点を失った孤立したサディストの自慰行為と見なすことになる、
真性のサドは疎外されると本性が外に行動として向かうことなく、自身の肉体に向かい傷つけることをする、サドのメンヘラ。
時代と文明に適応できず空回りして、何かの理由で人生の出発点が狂っているため出発点がずれていて、何をやってもなかなか抜け出せない状態。
こういうのは普通の変態にもまして更に多くの条件を設定してヒネリとズラシ
を入れて工夫を凝らして初めて普通に生きる事が出来る。かなりの努力が必要
と言える。大きな人生の試練。

Re: 無題 - O、 2006/11/27(Mon) 19:38 No.1187
↑障害者だからノーマライゼーションの意味で一般人の理解と協力も必要とするのは当然。

Re: 無題 - じーく 2006/11/27(Mon) 19:46 No.1188
O、さん、こんばんは。
なかなか難しいですね。(;^_^A






34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:26:13 ID:y8PBAYyj


23 :バリアフリーな名無しさん :2006/11/28(火) 09:09:52 ID:WFUI1Br4
Re: 無題 - O、 2006/11/27(Mon) 20:39 No.1192
確かに障害問題は確かに深刻です。世界大戦後、アメリカがベトナム戦争で
活躍した優秀な兵士が万引きで射殺されたとき、トラウマの深刻さについて
重大視することになって精神医療が発達することになった。福祉や精神医療
が発達することになったのは、人類滅亡と文明崩壊の危機感から発したものである
のを知っている人は、医療や福祉関係者ですら意外に少ない。
核兵器で世界大戦が終わり戦争による情熱のはけ口を失った時点で
人類史上初めて、精神病が本当の意味で深刻なものとなった事に、
アメリカやイギリス先進国は早くから悟った。特に北欧は福祉国家として
有名。日本は現在福祉は発展途上で医療ミス
暗殺関係、情報操作のマインドコントロール等で百鬼夜行している状態。
精神医療の歴史を見るとロボトミーにしても結構怖いです。
大熊一夫のルポ精神病棟1,2を参考にされればいいですが、
彼自身ですら見落とした致命的な盲点があると私は主張する。

Re: 無題 - O、 2006/11/27(Mon) 20:53 No.1194
1192を読まれれば、
障害者だからノーマライゼーションの意味で一般人の理解と協力も必要とする
のは当然と主張する理由がお解かり頂けると思う。
障害者に対して一般人の理解と協力がなければ、文明崩壊や人類滅亡は避け
られないが社会が対処しきれないのが現状。






35 :私の主張がまかり通る根拠です。:2006/12/30(土) 02:27:45 ID:y8PBAYyj


24 :バリアフリーな名無しさん :2006/11/28(火) 09:10:47 ID:WFUI1Br4
Re: 無題 - O、 2006/11/27(Mon) 21:26 No.1195
世界大戦は有史以来人類史上初の事態、人間の進化に重大な決定的影響を
及ぼしている事を自覚している人は今のところ皆無に等しい。
つまり、人間の進化に決定的影響を及ぼし方向付けをするということは、
進化と言う事ですから、それは何百万年後に直結する訳ですから、
20世紀にははるか未来の事態が紛れ込んでいると言う事が出来るのです。
当然、誰もが対処しきれるわけが無い。20世紀は軍事、21世紀は福祉、
22世紀は教育が主流をなすことになると私は主張します。
この20世紀から22世紀の間に、世界大戦によって紛れ込んだはるか
未来の事態に、人間の維持のために、出来うる可能な最低限の対処を
施さねばならない。つまり、22世紀までは、大変忙しい時代であり、
私たちはその中に生まれたと思われます。恐らく25世紀あたりから、
かなり穏やかな時代が数千年にわたり続くことになるのではとも
思われるのですが、、、、、。アメリカだけはすでに千年後までの対処は
殆ど完了していると指摘しておきます。

Re: 無題 - おそろしや… 2006/11/27(Mon) 22:03 No.1196
人間の社会生活という進化が進みつつあるということなのかも知れないですねぇ。
かつて単細胞がよりそって多細胞という社会生活を営むようになったのと同様に…

Re: 無題 - ↑ 2006/11/27(Mon) 22:17 No.1197
脈絡なく怖がるなよw



36 :私の主張がまかり通る根拠です。:2006/12/30(土) 02:30:48 ID:y8PBAYyj
人間改革スレッド と徹底的、医療、軍事、宗教、叩きとわきまえの問題。

37 :これで解るでしょう、、。:2006/12/30(土) 02:31:32 ID:y8PBAYyj
なぜ今やらねばならないかは軍事スレに答えがある。

38 :これで解るでしょう、、。:2006/12/30(土) 02:32:55 ID:y8PBAYyj
福祉スレでこれからの世界を巻き込むことになる説明と局絡みの報告
近い将来、どの分野の業界も深く火傷を負うことになる予測。


39 :これで解るでしょう、、。:2006/12/30(土) 02:34:02 ID:y8PBAYyj
それでも、今後100年後に来る教育や宗教問題の波乱は
先進国は、それで幾分緩和されるはず。



40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:36:29 ID:y8PBAYyj
     、、、、、ちいいいいいいーーーーーんんんんん、、、、。
                   _,.. -‐ 、
                 , <´     . . . `ヽ、
              /:.:.:/ ./ . : :.:.:.::.:.      ヽ
            {ミ,/ ..:/:.:. . : :.:.:.::.:./  :.:. ヽ ヽ
           ∨:: .:,'    . :.:.:.::.ミ゙仗爻:.:.:乂:.)::`,
           /::. .:i::.   .:.:.:ミミミ匕爻爻乂ノミミ;',
           .'::.: .:i::. : : . . 彡彡彡刄丕ィ乂r'ヾミ;;l
              l .: .: ::i:: : l::. :.i:.:.ヽ彡彡彡爪川|iトfrj };ト、__
              |i.:.:.i:. i:. : i:. : :l:.:. :iヽ彡マンソソ"" vノ `ヽ、`ヽ
              li:.:.:li.:.li.:.:.ii. :.:.li.:.:.:i:;:>―      ` 丶. i:.:.:.`、
           '.: :.|i:.|i.:.:.|i:.:.:.i '´ r弋’ソ`         j:.:.:. : .ヽ
           \|i:.|i: ::lk::,、   `¨´     ,'    /:.:.:. : : .`.
             /.    '"´)         /   ,/:.:.:. : : : : : . `.
         / .    rf`ヘ、ー-  _ノ    , '<´:.: . 、_*'゚: : : : : : .`、
         /       ,'`r i l lレヾ_`¨ー- イ:.:.: : : : : : :. :.i`Yて: :,*・゚: . \
       〈      `y' ./ i i i l<+フ※’:.:.:,.。: : : : : : : < ※ マ k'゚::>´`ヽ、
         '.     / ./ / l .l l:.:レ'ヾ、j、_*': : : : : : : : : : :iノ∨`*,´    Y/
         ヽ     / ./ "ー' |`ヽ、:.: : : :*゚・..: : : :,* : : : : ,/       }
         `、 ソ  l     l1  ヽ: : : : : : : :`゙∨: :,*゚・:7        /
           \.  !      リ   ヽ: : : : : : :ヽi: :Y : /        X




41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:37:15 ID:y8PBAYyj
____________
||_(((((((((_ ) ||       ||
|| _ 《 _  | .||       ||
||(_//_)-(_//_)-|) ¶|      .||
||   厶、    |  ||       ||
|| |||||||||||| /  ||       ||   
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:39:20 ID:y8PBAYyj
           _,ノ‐''''''^^^¨¨¨⌒ ̄⌒^^''¬-、,_
        ._v-''¨`   .,,vー─-、    .,,vー─-、 .¨'ーu_
      _ノ'″     ./′    ¨┐ ./     ゙┐  .゙'┐
     ,/′      ./ ̄''''-¬,,,,__.ミ .i |,,,,___ ..)   ゙\
    ,/′     λ  |     ( ・ )| } .¨'ーu,,  |     \
   ./′      八,、-ミ.ノ‐''''''^^ ̄./¨レ       .人,_     ミ
  .,ノ′     ._ノU'   \_   ._,rlト冖へy   _/  ¨'‐u   .゙lr
 .,i′     /ー-v、.,,_   ¨^^¨´〔    〕.¨^^¨′  __.,、 ゙\.  {
 〕      ./′    .⌒'''''    \,,,,,,ノ′  v-ー'''¨ .λ  ゙┐ }  
 |      ノ  .λ───ー      }      __,,.,、v;(_)ー''  {..]  
 |     :|   | |            .!      `         .}}  
 }     .|   .U-:;:冖^ ̄       .|      ¨¨¨¨¨ ̄¨¨′ ミ}  
 .|     .}       _,,,,,vvl''''¨¨|^^⌒|¨¨''''lvv,_        
  ). .   〕    ,,、-v~|   .|   |   |   |''T^i-,,_      
  .{     ). ., r'z::''''~゙(~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~~`^^^^''''¬;;;_   ノ    
   ミ.    `i,                         , `'' /
   ゙).    `i,                           .,ノ  λ
    \    },     ′               .  /   | |
     . \  \                   .  ,/     ∪
       (¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨゙ソ冖干ア^^^^^^^^^^^^^r'′
      /~~~~~~~~i¬冖'''''7′   ∨¬ーーz─-―「\
     /     _ノ     厂¨丁¨¨フ    .ミ、    ゙\




43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:40:30 ID:y8PBAYyj
主な犠牲者は、資本主義者、知識人等であった・・・ この犠牲者の中には
飢餓により食べられたものがいるが、恐ろしいことに、他の理由でも
食べられていたものも居ると言われる。 ¥その理由とは・・・
階級の敵を打倒したと言う事の誇りであり光栄という思想で人肉を食う
敵と思われないために人肉を食う 健康のため薬として人肉を食う <<

     ... ,             _,,,::r''^`ヽ、    
    ,i'             _,,ニ-ー'"s   ,べヽ.へ.   
   ,i'          ,、,r''"  _,,ィ   i ト、`.り ,人ヽ   
  ,i'           ,,r<ゝ`''ー''"  /,l ,!,!ss゙lリ,ィ'^ヾi゙  
  ,i'       _,,-'' s`sー-_,,,ンン,ノ/レ'   |  ゙lい   
  ,i' 、,,, ,,,,ニ-;フ' zニ彡 ,,ノ`ーラ-=フン'ノ     |   ゙リ   
   !〃,ィ,;ツ'' -ニZ彡ン 三三ミ`ー        ..|, 、、s/   
  彳〃;;  ,;ッ''「T7"~ ''"f'}}}l;i`'':    ,r;'ニミトゝヾsッ'   
  .|:::...;i' ィ'"  | l!'   'ー`='      i .i'}}}゙)ゞ,i'ss;"   
   |::::;! i':| ss!ヽ{             l `ー´‐' ,i's,リ
   l,:::|;;|;;i゙!、`ヽ`:、         _.゙    ,l〃ノ    
   ゙いs::|:|;l`:、_,r、         `ー '゙ .  |_リ'     
    `ヽ! ゙い,::!| `、      `く===ア  / ゲーテが自殺の流行を引き起こした
      siiい:゙|  ヽ、     `二´   / 本当の原因はこれですよ
      i ハsノ  .| `ー,,_        / 若きウェルテルの悩み「永遠に反芻する怪物」
           | 、  ゙''ー、_   ,,..'"
          /  ゙i.  ,- `''''"|
        /.へ\    `'i'´ ...|へ____
       /__,..‐-\\ハ    ''/-‐....,,..\_
 

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:41:14 ID:y8PBAYyj
   w w  ''w/w,,,  公公  ,,..`ww、_ノwリww}j;
  _)        〃///, ,;彡'rffッ、ィ彡'ノ从iノ彡
  >';;,,       ノ丿川j !川|;  :.`7ラb公'>了
 _く彡川f゙ノ'ノノ ノ_ノノノイシノ| }.: '〈八ミ、、;.)
  ヽ.:.:.:.:.:.;=、彡/‐-ニ''_ー<、{_,ノ -一ヾ`~;.;.;)  
  く .:.:.:.:.:!ハ.Yイ  ぇ'のテ,`ヽ}}}ィt于 `|ィ"~   
   ):.:.:.:.:|.Y }: :!    `二´/' ; |丶ニ  ノノ   
    ) :.: ト、リ: :!ヾ:、   丶 ; | ゙  イ:}   
   { .:.: l {: : }  `    ,.__(__,}   /ノ    
    ヽ !  `'゙!       ,.,,.`三'゙、,_  /´   
    ,/´{  ミ l    /゙,:-…-〜、 ) |
  ,r{   \ ミ  \   `' '≡≡' " ノ
__ノ  ヽ   \  ヽ\    彡  ,イ_
      \   \ ヽ 丶.     ノ!|ヽ`ヽ、
         \   \ヽ `¨¨¨¨´/ |l ト、 `'ー-、__
            \  `'ー-、  // /:.:.}       `'ー、_
          `、\   /⌒ヽ  /!:.:.|         へ
          `、 \ /ヽLf___ハ/  {



45 :これは、シュタイナーより私のほうが正確なはずである:2006/12/30(土) 02:45:01 ID:y8PBAYyj
68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 09:57:34 ID:iwobvJto0
このスレで私流の、世界初の人権の定義をすることを約束する、、、、。
それは、今後、本当に世界中に通用する事になるだろう、、、、、、。
例え、大方の予想に反したとしてもである。




46 :地獄の盗人:2006/12/30(土) 02:46:25 ID:y8PBAYyj
                 _,.. ---- .._   チーーーーン、、。
              ,. '"       `丶、
              /            ` 、
            ,..-‐/    ...:  ,ィ  ,.i .∧ ,   ヽ.
.         ,:'  .l .::;',. :::;/..://:: /,':/  ', l、 .i  ヽ
.          ,'  ..::| .::;',' :;:','フ'7フ''7/   ',.ト',_|, , ',.',
       ,'   .::::::!'''l/!:;'/ /'゙  /     '! ゙;:|:、.|、| 'l
.         ,'.  .:::::::{ l'.l/  、_  _,.      'l/',|.';|
       l  :::::::::::';、ヾ      ̄     `‐-‐'/! ';. '
.         ! :::::::::::/ `‐、        ゝ   |'゙ |
       | ::::::::/   \    、_, _.,.,_ ノ::: !   
       |::::/.     _rl`': 、_     ///;ト,゙;:::::./
..      `´      /\\  `i;┬:////゙l゙l ヾ/   
                ,.:く::::::::`:、\ 〉l゙:l  / !.|
.            /:.:.:.:\:.:.:.:.`:、ソ/:.:|    | |
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:У:.:;l   /./
.          /:.:.:.:.:.:.:.r'´`‐,`、:/.,.:‐{   | !`:、



47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:51:51 ID:y8PBAYyj


48 :、、、。:2006/12/30(土) 02:53:33 ID:y8PBAYyj

いやいや、7月ごろこのチャンネルで奇形児に関するまとまった内容をのせる予定を
していたんだけど、ちんたらやっていても仕方が無いから、一通りでっち上げていく
ことにしたが、長い道のりだった。このスレさえ完成すれば、自分としては他の
スレなんかどうでもいいって感じもする。実際、現時点で奇形児スレ立ては一回
拒否されて、2回はスレを途中で削除されている。ただ、そういうことや、奇形児を
けなす内容が多い意が、けしからんが、仕方が無く、無理も無いことも、内容を構成
するうちに解ってきた。正直これ以上の地獄を自分は垣間見たことはない。



49 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 02:54:24 ID:y8PBAYyj

遅れました、奇形児スレやりましょうか、。

50 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 02:55:20 ID:y8PBAYyj
正直、画像があるとたすかるんですがね、、。

51 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 02:56:32 ID:y8PBAYyj
あなたがたは、奇形児はどう思われるでようかねw?

52 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 02:59:31 ID:y8PBAYyj
よく、グロ画像には、事故以前、事故後、事故後の治療後画像があるもの
なんです。

53 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:01:33 ID:y8PBAYyj
       、、、、これは、有名でしょう、、、。
       /             \
       /                ヽ
      /                 〕
      /     ∧            |
     〔巛巛《/;::;;\_,,,,.-巛巛巛ヽ   |
     〕 く.◎ノ:::;;;;;;;;〆;;;::\◎...ゝ__ 〕
     /  /;;二::::;;;ゝ::;;;;;;/;;::::~;;~;;;;;;::::ヽ\⌒)
     |  /::;:::::/;;;;;;;;;;;;;;::;;ヽ;::;;:::;;:::;:::::::::ノ ) /
     | ノ:::;;;;:::|:::;;;;::::;;::::::。;;;;;;;;;:;::ヽヽ/  |/──
     | |::::;ヽ;;;\;;;;::::ミ:;;:::;;;;;;;;;;::∬:<__  |
   /|/:::;;;;;;;;ゞ;;;#:::《;;ソ;;:::;;::;;;《;::::::::;::;:;::〕/
  / /:::::§;;:::;;;::;;::;;ヽ;;_;_;鬱::;;O:::ノ:::;:::::ヽく |
/  ノ::::;;;;;:;;:;;;;ヽ;:/:;::~;;::~::::ヽ;;;く::::;;;:::;:;::;:ヽ
   /::::;;;::::::〔ヽヽ;|::::;::::::::::::::::ヾ;::;:::;;:ソ::;;::::/
   ヾ::;;ゞ::::;;;~''ソ|:::::;;;;:;::::;;;;ミミ:::::::;;;巛ヾ<〔
    ~/::;;ヽ;/ヾ〔:::::;;;;::::::;;;:::;ミノ:::::;;;;::::ソ《ゝ;:\
     ヽ:;;;;ノ  〉|:::;;:::::;;;::;;;;:;ミ《ミ;;::;;;:;;;;ヽ;;;;;;::::ノ
      υ   \::::::;;;:::::;∧;::::::∬;::::::)〕::;::/
            `ヽ;/~~ ~∪⌒ι/ υ
               |:|
             ||
             ||
             U




54 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:03:34 ID:y8PBAYyj
奇形児の治療前と治療後のビフォアとアフターについて知っている方は
おられますかね、、?

55 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:05:03 ID:y8PBAYyj
恐らく、あったとしても、実際には守秘義務の問題で公にならないと
思われもします、、、。

56 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:06:12 ID:y8PBAYyj
   、、、、どれくらいの寿命かお解りになられますでしょうか?

57 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:10:06 ID:y8PBAYyj
     奇形児がおかしいのは見かけの問題かなw?

58 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:11:19 ID:y8PBAYyj
    、、、体だけがおかしいと言うことなのか?

59 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:12:08 ID:y8PBAYyj
   


      、、、、どのように育つのか?

60 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:14:08 ID:y8PBAYyj


  まあ、世の中の人間、最後までどのような一生になるか解らないし
   
  人生絶対は無いから、それはよろしいとして、、、、。

61 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:18:20 ID:y8PBAYyj



  奇形児画像が見れるホームページは、 画箱  世界最強の危険リンク

  じーくのGUROの部屋   たまに、双葉ちゃんねるのグロ板にも出てるかな、、。  

62 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:24:26 ID:y8PBAYyj
   
    画箱や世界最強の危険リンクつい最近まで会ったんですが、
  
    私が奇形児スレの予定を1月前あたりから報告し始めたら
  
    急に無くなっていっちゃったり閉鎖したような気がして、、。
  
     全部目を通すことなく少ししかみれなかったけど、
      
     話はかなりしっかりまとまっていた、、、特に危険リンクのは。
      
    今後のさらなる発展を期待したい。現在も公開していれば、
      
         コピベで載せたんですが残念です。


63 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:28:36 ID:y8PBAYyj
        
       危険リンクで扱っていたのは  

    ダルマ、見世物小屋、カニバリズムや、人食い、 単眼症や先天性の皮膚病や像皮病、

    ハンセン氏病、無脳症、ベトちゃんドクちゃん、

     水頭症、無いはずのものがある病気、性的異常関係、

    犯罪関係、特に偏見、精神異常と、肉体の異常の問題。

      異常とそれに伴う制約と条件のこと。

    、、、だったと思います。

64 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:30:39 ID:y8PBAYyj
   
   ダルマ、見世物小屋、カニバリズムや、人食い、関係は

   異常心理の分野の管轄に入りそうですが、、。

65 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:32:00 ID:y8PBAYyj


     ハンセン氏病、  ベトちゃんドクちゃん、等は

   紛れも無く社会問題ですね、、、。


66 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:36:25 ID:y8PBAYyj
     
      水頭症は治療と教育次第で通常の人と大差なくなりますから
 
      ある意味それほど深刻ではないと言えそうですが、、、、。

       皮膚病や像皮病、は外科的治療の問題でしょうから、、、。


67 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:37:57 ID:y8PBAYyj
 

   皮膚病や像皮病、は外科的治療の問題でしょうから、、、。>>

   ただ、これは、偏見の前で引っかかることになるがちでしょう



68 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:47:17 ID:y8PBAYyj
    
     無いはずのものがある病気、

   これは、本当にありえないはずの肉体が備わっていると言う話らしいんですが、、。

  癌や腫瘍とかとはちょっと違う話で、UFOとかそういう匂いや雰囲気が

  漂っている感じがありました。

  同時に世の中の見せかけフェイクも奇形児の肉体の現れとして

  起こりうるという戦慄させるような現象の問題であるという内容

  を扱ったものであるようにも思われました。

  これ自体に色々な意味が含まれているのは間違えなさそうです。

69 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:51:49 ID:y8PBAYyj
       

     無脳症、単眼症は物凄く深刻な話です。

   無能症は始めから死んでいるのがほとんどらしいですが

   中には、生まれてから数時間は生きている赤ん坊も

  居るそうです。普通に生きられない意味で非常に深刻です。  

  

70 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 03:55:47 ID:y8PBAYyj
      単眼症は、始めから、生命は無いと言われているような

  気はしましたが、しっかり覚えておりません。脳の異常であるらしく

  脳が発達しないことで、顔も未完成のままで生まれた状態だと言われていた

  ようなきがしますが、、、、。

71 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 04:08:59 ID:y8PBAYyj
       

    ハンセン氏病は、確か黒死病又はらい病の事だと思いますが 

   確かに、見かけは誰が見てもびっくりします。顔もミイラみたいに

  なってしまってますから、、。怪盗ルパンの小説でも、覆面の男として

  登場してた人物がいたような気がします。見かけの問題というのは

  以外に根が深いことが解ってくる。結核と同じ伝染病の扱いをされて

  閉じ込められて、雪の寒い日も裸で放置されて凍死していったそうな、、。

  千葉大学の腸チフス事件関係の冤罪の臭いも漂っていて、問題の核心は

  偏見ということになりますが、偏見と言うことは、これは、恐ろしい

  内容を含んでいます。 、、、ダーウィニズム、、、、。


72 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 04:11:33 ID:y8PBAYyj
      
     放射能や環境汚染などによる新型の奇形児と

     昔からあった奇形児もいると思うのですが、、。

73 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 04:13:43 ID:y8PBAYyj
    
    しかし、こういう偏見の問題は別としても、奇形児の存在そのものは

    何を意味するのかは大切であると思われます。

74 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 04:15:02 ID:y8PBAYyj

  そして、奇形児はどういうことなのか?と言うことです。

75 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 04:16:06 ID:y8PBAYyj

  10分だけ入浴タイム  m(。。)m

76 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 04:45:21 ID:y8PBAYyj
  
    まず、奇形児がどういうことか洞察するべきである。

  人間から生まれたので奇形児が人間であることは説明するまでも無い。

  従って、奇形児は、見かけによって肉体的に異常であることがわかる。

  そして、奇形児に対しての働きかけや影響によって精神が異常であるか

  どうかを確かめることが出来る。この時点で、奇形児が肉体か肉体

  と精神の両方かに支障をきたした者であることがわかることになる。

  そこで、生まれつきの病人であるか、病気にかかったものかのどちらか

  の先天性か後天性の病気のどちらかである、と言えることになる。

77 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 04:47:27 ID:y8PBAYyj
    
    これを更に突っ込むと、どの程度の肉体的異常か?

    どの程度の精神的異常か?ということが尋ねられるはずだ。

78 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 04:53:23 ID:y8PBAYyj
  

  肉体的異常としては、究極的には受精した時点で排卵した状態の

  ことのはずである。無脳症や単眼症から肌の異常に過ぎないものまで

  いろいろあるが、大方、それがわかればいいだろう。

79 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 04:58:14 ID:y8PBAYyj
  
  では、精神的異常はどうだろうか?肌の異常だけで精神には異常のない
 
  奇形児から、知恵遅れや、無脳症や単眼症のように生まれつき、大方完全に

  精神が停止している奇形児まである。

80 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 05:07:23 ID:y8PBAYyj
 

   厄介なのは精神が停止した奇形児である。そもそも、精神が停止

  した人間を扱うのは現代医療の領域では物凄く科学的に哲学的に

  きわどく、にがてなはである。ただ、脳を傷めて植物状態になった人は

  昔は、助からなかったと思われるが、近年は、回復し意識が戻り

  リハビリで復帰出来る者も少なくなさそうである。そう、奇形児は

  肉体と精神が異常なので肉体と精神の治療を必要とすると言うことになる。

  ただし、それがやっかいなのは、その異常が生まれつきということなのだ。

81 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 05:23:13 ID:y8PBAYyj

  生まれつき異常と言う事は何を意味するかと言えば、

  人間が持って生まれた先天的才能と能力の問題と言うことになる。

  それは、現実には生存競争の問題なら、適者生存や、自然淘汰という

  発想をするだろう。また、能力の差は気にすることなく協力して

  生きるのは、常識的問題である。究極的には能力は相対的な問題である。

  しかし、奇形児の中には、医療を施し続けないとろくに生きることも

  出来ないものが居るのである。それと、奇形児はめったに生まれないので

  普通、奇形児の問題そのものが根本的に通じないことが解る。

  それが、わかるためには、大規模な何らかの工夫と努力を必要と

  することが解るのである。根本的に普通の人と異質であることによってだ。

82 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 05:32:59 ID:y8PBAYyj

  特に困るのは、能力の問題は、権力等の力関係にも関係してくるし

  このことが、全人類の存在をおびやかしさえしかねないところなのだ。

  一般的社会規範は、大方、個人の人生観そのものまでも左右しうる

  力がある。そんなときに、根本的に普通の人と異質であるものに

  大規模な何らかの工夫と努力をするのは難しいことだろう。

 普通でも他人を解ろうとすること自体が難しいと言うのに、、。。




83 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 05:37:14 ID:y8PBAYyj


  ぶちゃけると、大多数にとって、精神の異常や知恵遅れや奇形児のことは、

   大多数だけに解りにくいと言う事が解ることになる。

84 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 05:38:54 ID:y8PBAYyj
    

   m(。。)m  少しお休みタイム、今日中にスレは段落をつけたい。


85 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 08:20:09 ID:y8PBAYyj


   競争的環境に生きる人間には、極めて奇形児や障害者については

   解りにくいし、一番解りにくくしているのは、そのような経験そのもの

   が無いことによってなのである。それを理解するには、高い感受性と道徳

   そして、高度な教養を必要とすることを意味するのに他ならない。

   さもなければ、解りにくいどころか、奇怪で滑稽か、不快なものに見えかねないのだ。

86 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 08:22:36 ID:y8PBAYyj

    しかし、それがわかると同時に、奇形児が理解されにくいことに

     ついては、それ以上のことはあるまい。

87 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 08:25:44 ID:y8PBAYyj
  

   74の奇形児がどういうことなのかについては、

  そういうことなのが明らかになったと言えるだろう。

88 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 08:44:27 ID:y8PBAYyj
     

   次に問題なのは、奇形児の存在が何を意味するか?

       と言うことを問う必要がある。 

89 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 08:53:13 ID:y8PBAYyj

  これは、もちろん解る範囲でのはなしであるが、、。

  何の問題であろうが、存在の意味そのものについて

  客観的に考えようと試みるのは、以外に物凄く難しい

  作業であることは、おわかりになられるでしょうか?

  何か?までは解るが、何を意味するか?と言うと、極端に

  言えば、万物は、どのような変容を遂げるかは、未知である

  と言えるので、結局全くの未知数と答えざるを得ないはずである。

  しかし、常識的に何を意味するかどのような検討をつけることができるか?

90 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 09:03:50 ID:y8PBAYyj
     
    人間人生は目覚め行動し眠り目覚めるという繰り返しは

    万人共通のはずである。その意味では、生命維持装置を

   必要とするような奇形児も共通であると言うことが言える。

   しかし、意識が持てない奇形児もいることと思われます。

   そういう奇形児は、夢のない眠りの状態を続けている状態

  と言う事を意味すると、判断することになります。

   つまり、人間の人生は、眠り続ける人から、ほとんど

  眠ることなく、世界を駆けずり回る人まで様々であると言うことが

  出来ると言うことです。

91 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 09:11:42 ID:y8PBAYyj
  90↑書き込みクッキー確認って、そこだけなんでだろうねw??

  
  人間の人生は、眠り続ける人から、ほとんど

  眠ることなく、世界を駆けずり回る人まで様々であると言うことが

  出来ると言うことです。 <<

  つまり、人生色々と言う事は、こういうことを意味すると思われる。

  しかし、これが、人生色々、だけで済む問題なのだろうか?

  社会や人間の道徳にはやはり、最低限のルールはあるし、誰もが、

  眠り続けたら人間の存在がありえないのは直にわかるはずである。

  




  




92 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 09:23:19 ID:y8PBAYyj

  精神障害者や犯罪者は、現実に社会に害を成しうることが

  可能であると言う意味においてルールに基付いて働きかけることはある

  ことによって、隔たった性質のもの同士の関連の作用と繋がりがあることは

  解ると言える。しかし、一生眠ったままの奇形児の場合は、そのような

  ことなく、大多数のおくる一生とは全く関係なく大方、放置されるものといっていい。

  その時点で大多数が万人共通の認識があると思っている一方で、

  それとは全く関係のない運命を送る人が存在していることがわかる。

  

  

93 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 09:32:19 ID:y8PBAYyj

  もし、これが本当なら、普通の人には全く未知の、全く次元の異なる領域に

  大多数とは本当の意味で無関係に留まっている、閉ざされた人間の

  存在を認めることになりそうだ。無人島に迷いこんだ人や、幽閉されたり

  監禁された人以上に、凄まじい不運といわざるを得ないと言うことになる。

  

 

94 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 09:36:29 ID:y8PBAYyj

 これは当然人道的対処によって、普通の人と同じ人生を歩めるような

 治療をする方針に基付いて働きかけて当然である。

  それと同時に、人間は、凍て付くような世界の創りの現実を認めざる

  を得なくなることになるが、、、。

95 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 09:45:35 ID:y8PBAYyj

  これは、現時点で、宗教や教育関係にとっては間違えなく大打撃

  であるに違いない。特に、これは、哲学の領域にも、法律の領域にも

  政治の領域にも大変動をもたらすことになりうると予測される。


  もしそうだとすると、本当は、86>>の記述にまして、奇形児が輪をかけて

  理解されがたい存在であることまでわかってしまうことになる。





96 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 09:59:14 ID:y8PBAYyj

   特にこれまでの社会体制や、世界観、人生観、のような判断基準や

   感受性等がどういう性質のものであるか再認識させれることになる。

  92から94の事に関して、凄まじいカルチャーショックを受けることに

  なるはずである。それは、20世紀に二つの世界大戦を作り出した、フロム曰くの

  自由からの逃走以上の事態が起こることになっても不思議なことではない恐れがある

  ということも出来る。

97 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 10:15:43 ID:y8PBAYyj

  ここで、断っておくが、20世紀の2つの世界大戦の詳しい意味については

  軍事スレで扱いたいと思う。20世紀の核心は、軍事スレで触れることにします。

  ここで、自分は、20世紀に起きた動乱が、今後、21世紀と22世紀に一回ずつ

  あわせて、20世紀から22世紀の間に、3回巨大な動乱があると予告する

  事を告げておきます。前世紀は、軍事の領域によって、今世紀は、福祉の領域によって

  次世紀は、教育や、宗教、法律、政治関係によって、大動乱が起きると

  予測されることによってであると言うことなのです。

98 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 10:32:33 ID:y8PBAYyj
  その3世紀にわたる大動乱の決定的根拠となりうることが

  92から94の事に関して、凄まじいカルチャーショックを受けることに

  関係したことであることは間違えないと言うことが解ってきたからなのです。

  (20世紀の大動乱は、リスカや統合失調症の問題等で、福祉の領域で静かに

  起こっていて、世界大戦のような派手な現われはにはならないといえるが

  人類滅亡の危険性をはらんだ時代であるのは間違えない。)



99 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 10:36:16 ID:y8PBAYyj


   ↑は、私が、30から35の間で、述べたとおりのことである。

100 :白カラス黒ヒツジ:2006/12/30(土) 10:40:35 ID:y8PBAYyj

  これが奇形児が何か? そしてその存在が何を意味するか?

  と言う事に対する一通りの回答になっていると思う。

429 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)