5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

エロエロこの前した気持ち良いセックスを語るエロエロ

1 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 17:15:24 ID:BOWfP/tU
とにかくものすごくムラムラしてる時に絶妙なタイミングで始まったセクロス。
ブラジャーを取って薄着一枚でいるときに部屋が少し寒くて乳首が立っている。
それを薄い下着の上からいじられるとたまんねぇーーーーーー!!!!

2 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 17:19:03 ID:BOWfP/tU
部屋は静かで自分の吐息と男の興奮している呼吸音しか聞こえない
男は執拗に私の乳首を指先で転がし続ける
自分のあそこがジンジンしてくるのが分る


3 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 17:22:39 ID:aiKH3X2Y
アッー!

4 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 17:23:17 ID:BOWfP/tU
男の指先が止まったかと思ったら今度は男の顔が私の胸に近づいた
男が舌を出して下着の上から私の乳首をなめる
優しく噛む
舌先でもてあそぶ
私の吐息は小さい声になる

5 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 17:25:01 ID:BOWfP/tU
衣類の上から吸われたり優しく噛まれた乳首はコロコロに固まる
薄い色の下着が乳首の部分だけ男の唾液を含んで濃い色をしている


6 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 17:28:33 ID:BOWfP/tU
下着はまだ脱がされない
その滑らかな生地の上から男の手が私の胸を優しく撫でる
時に乳首を転がしながら優しく胸を揉みしだく
男は両手で私の両胸を包み込み、そして寄せ上げる
できた谷間に自分の顔をうずめて心地よさそうな溜め息を漏らす


7 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 17:31:48 ID:BOWfP/tU
男の手が私のわき腹を通って下着の中に侵入してくる
私の胴体を大きな手で撫で回す
撫で回す手によって捲り上げられた下着
寒い室内の空気に触れた私の肌に鳥肌が立つ


8 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 17:38:12 ID:BOWfP/tU
鳥肌が立って敏感になる全身
男が私の耳を舐め始める
手は相変わらず私の胸や腰を優しくさすっている
男の舌が私の耳の裏を突付き、口全体で耳を包み込む
耳がぬるぬると温かい
男の口の中の唾液と舌の動きがピチャピチャといやらしい音を立てて聞こえる

9 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 17:41:04 ID:BOWfP/tU
男は私の耳から口を離すとそのまま首筋を濡らした
私の首を噛むように口で包ぬと、その口の中ではぬるぬるとあたたかい舌が動いている。
すこしづつ移動しながらそれは私の鎖骨に届いた

10 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 17:42:32 ID:aiKH3X2Y
アッー!

11 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 17:45:02 ID:BOWfP/tU
男は私をうつ伏せに寝かせる
むずむずしている私のアソコは早くいじって欲しくて腰が勝手にヒクヒク動いてしまう。
知ってか知らずか男は私のおしりを撫で回す。
優しい手が右へ行ったり左へ行ったりゆっくりゆっくり動く
右から左渡る時に男の指が優しく私の敏感な部分に触れる
でもそれは触れたのか触れていないのか分らないくらいの微妙な力で

12 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 17:47:24 ID:BOWfP/tU
何度も通り過ぎられてしまう私の敏感なところは早く触ってほしくて
もうきっとグチョグチョになっていると思う
男の手が右へ左へ動くのに
肝心な真ん中では止まらない


13 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 17:48:48 ID:BOWfP/tU
我慢できなくて
「ううん・・・!」
と自らおしりを彼に突き出す私
真ん中をいじって欲しいの
男がやっと私のいやらしい割れ目に指を置いた

14 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 18:46:43 ID:rarmMDVL
アッー!


15 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 19:35:15 ID:BOWfP/tU
チョロチョロと指先だけで私の割れ目の入り口をいじる
焦らされてアソコがキュゥンとなる私
男の指は意地悪に動く
奥まで入ってくるという期待を持たせるのに
すぐ指を抜いてしまう
奥まで入れてもらえない私のアソコは期待でいっそうヌルヌルになる
男の指の感触で私自身の濡れ具合が分る

16 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 19:38:08 ID:BOWfP/tU
男との指が今度こそズブリズブリと侵入してきた
ゆっくり焦らしながら奥まで入れられて、
それが切なくてお尻を突き出して喜ぶ私
男の中指の根元までくわえ込んで私のお尻は踊り狂う
男の指の動きに合わせて腰をふる私

17 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 19:43:04 ID:BOWfP/tU
奥の気持ちよいところを刺激してもらって声を我慢できなくなってきた頃に
今度は私のクリトリスをいじりだす
私自身のヌルヌルとした液体によって濡れた男の指に
私のクリトリスは擦られる
指をギュっと押し当てられて皮の中で核をクリクリと動かされる
おしっこをもらしたような快感に身悶えしながら男の手によって
私は仰向けになって両足を開く


18 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 19:46:14 ID:BOWfP/tU
男は私のヒダを開いて皮の中からクリトリスを剥き出す
ジンジンと熱いあそこにさらに熱い男の舌を感じる
男は舌先でそれを舐め上げて私の反応を見て笑う
無抵抗に剥き出されたクリトリスを男は
口に含んだ
そして吸う。


19 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 19:49:06 ID:PeXQCYRZ
栗と栗鼠の話し?

20 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 19:53:48 ID:PeXQCYRZ
文書うまいね。
もう少し頑張れば秀作になるよ。

・・・コロコロに固まる
・・・ピチャピチャといやらしい音を立てて聞こえる
・・・ぬるぬるとあたたかい舌が動いている。
・・・勝手にヒクヒク動いてしまう。
・・・いっそうヌルヌルになる
・・・ズブリズブリと侵入してきた




21 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 19:57:00 ID:BOWfP/tU
キィンと貫かれたような痺れるような快感が体を通り抜ける
同時に尿意を感じるのだがそれが尿ではないことは分っている
我慢できなくて声が次第に大きくなる私
そろそろ入れて欲しい
だが男は執拗に攻め続ける
中指でアソコをかき回されて舌と歯でクリトリスを刺激される
快感に力む私の体力が尽きてきた私は懇願する
「もうゃぁ・・入れて欲しいよぅ ああん! ダメ もうだめぇ・・」


22 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 19:59:40 ID:BOWfP/tU
男の体が一瞬私から離れた
その隙に私は力んでいて全身を弛緩させる
ヒクヒクと勝手に動く腰に恥じらいを感じながらも
大きく深呼吸をする
男が私を呼ぶ

23 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 20:03:18 ID:0k64V7ew
屁をするな!

24 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 20:03:41 ID:BOWfP/tU
「自分で動いてみる?」
男は胡坐をかいて壁に寄りかかって座った
男のそれはこちらがドキンとするくらいしっかりと力強くせり立っている
私は男の上にまたいで乗る
男が私の腰を支えて私は男の肩につかまって
腰を下ろす


25 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 20:08:52 ID:BOWfP/tU
「・・・ん・・  はぁ・・・ 」
男のそれを自分の体の真ん中に突き立てて
そして自分自身で貫かれるようにくわえ込む
ゆっくりゆっくりと異物が体内に侵入される最初の感覚を楽しむ
そして男の先が私の奥を捉えたら、
私は一度そのまま止まる
動かなくても私の奥がそれを感じているから。
ドクンドクンと自分の膣の中にある異物を感じる

26 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 20:16:23 ID:BOWfP/tU
その感覚にもう少し浸っていたいと思っていると
男が思い切り突き上げた
私のヌルヌルの中をヌルヌルの棒がヌルっとこすれて快感がほとばしる
男は動かない私に一度刺激を与えて私の腰に火を点けた
私は男の肩にギュっと抱きかかえてつかまり、腰を回す
グリグリと中の硬い棒をいじめるようにまわす

27 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 20:21:10 ID:BOWfP/tU
グチャグチャと自分の肉と男の棒といやらしい液体が絡まる
ぐぃっと腰を前に持ってくる
男のそれを斜めにこすり上げるように恥骨をギュゥっと男の腹の方へ持ってくる
そしてゆっくり後ろに振る
また恥骨を前にもってくる
私はこのヘコヘコとした動きがとてもいやらしくて嫌でもあり好きでもある


28 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 20:26:00 ID:BOWfP/tU
男が快感からか私を抱く力をいっそう強めた
それに喜びを感じて男を抱く私の力も強くなる
そして同時に膣の中も力を入れて締め上げる
「はぁぁ・・・・」
深いため息を吐いて一度動くの止める
余韻で十分に気持ちが良い
すると男が私にキスをして体を倒す
私が騎上位になる

29 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 20:40:35 ID:BOWfP/tU
男の胸に手を置いてまたいだ足をさらに広げる
これでもっともっと男の固いそれが奥に入ってくる
私の中で私のせいでヌルヌルになった男の棒を
私の中の肉は擦り上げる
私は上体を後ろに反らせる
男の亀頭が私の中の気持ちよいところに当たる
前の壁に擦りつけて私はよがる

30 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 20:43:24 ID:5JS55ENU
やだ、読んでたらアソコがむずむずしてきちゃった・・・
早く続きを頂戴・・・

31 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 20:47:31 ID:BOWfP/tU
快感が続いて体を動かすのがダルくなってきたころ
私は男の胸に倒れこんだ
男の胸と自分の胸の温度差を楽しみながら心地よい快感に浸る
挿入したまま倒れこんで動かない私の背中を優しく擦る男
男の平らな胸に自分の胸を押し付ける気持ち良さと
膣の中でピクピク動く男のもの、そしてその刺激で絶えずカクカクヒクヒクと
動く私の腰
これからまだまだ続く快感の予感に私のあそこは熱くなる

32 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 20:51:37 ID:BOWfP/tU
しばらく休む二人 
チュッチュとお互いにキスを見詰め合ったりして笑う
でもいつもそうだ
私が弛緩して油断して笑っていると
ズンと突き上げる男
力まずに緩んでいた私の体はダイレクトに男の刺激を受け取って
「っは!  んんんぁぁあ!」
高い声が漏れてしまう。
そこから主導権が男へと移る。
私はこの瞬間もたまらなく好きだ

33 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 20:51:54 ID:PJaVE9pS
あそこって何処ですか?
吉祥寺あたり?

34 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 20:57:04 ID:BOWfP/tU
男は今までの私主体だったぬるい緩慢なセックスに仕返しをするように
激しく私を突き上げる
私は男の胸に寝ていられなくなり体を起こしてそれに耐える
胸が大きく揺れる
今までの前後の刺激ではなくて上下の刺激で
私の膣はグジョグジョとひどい音を立てはじめる
溜まらず私は彼の胸に手を置いて
「ぁん ダメ  すごい・・・  ぁん! ・・もっとぉ・・・」
小さく叫ぶ
男は私の尻を鷲掴みにして下から腰を何度も何度も激しく突きたてる

35 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 21:02:06 ID:BOWfP/tU
私がグッタリして限界が近づいてくると男はその動きをやめた
一度男のものを抜いて私を後ろに倒して寝かせた
私に覆いかぶさって
「そろそろイっちゃうの?」にやにやしながら私の顔を見ている
私の足はまた無防備に広げられた


36 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 21:06:58 ID:BOWfP/tU
男は私を焦らす
男の生温かい亀頭が私の入り口をなぞる
異物が入っていたばかりの膣は敏感になっていて
すぐさままたここに入れて欲しくなっている
入れて欲しいのだが男は簡単には入れてくれない
黙って私の割れ目の上から下へ行ったりきたりしている
私のヌルヌルの液体が男の亀頭に絡んでニチニチといやらしい感覚を与える
入れて欲しくて溜まらない私はお願いをするように
「んっんっ・・んん ・・・ん」と腰を突き出す


37 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 21:11:38 ID:BOWfP/tU
男は笑ってそれを無視して今度は私のクリトリスを刺激する
ヌラヌラしている亀頭でグリグリと意地悪く擦られるクリトリス
私がその気持ち良さと焦らされる切なさで涙目で喘ぎだすと
男はようやく亀頭を膣の中に挿入した
しかしそれもゆっくりとだ
亀頭だけスッポリと私の中に入ったがもっと奥へ入れて欲しい私は
腰をさらに突き出すが、
男はそれを察して腰を引く
抜けそうになってしまう男のものを私はまたグィっと腰を突き出して
捕まえる

38 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 21:54:40 ID:+ceqoBZ1
質問です。
これは、ナマですか?ゴムつきですか?


39 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 23:21:59 ID:mk+9A/7Y
入れて欲しいのに入れてくれないその切なさがようやく理解されたのか
男は一気に奥まで突き刺した
ヌルリと入る
奥に当たる
待っていた快感が膣の奥から下の腹へジュワワと伝わる
私は喜んで腰をヒクつかせる

40 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 23:25:58 ID:mk+9A/7Y
男は優しく棒を引いて
思い切り突き刺す
その度に私の声は漏れる
そのうちに男は私の足を持ち上げる
胸の前でピタリと閉じられた私の太ももを男は抱きしめて
ズンズンと攻めてくる
男のそれはいつまでも硬く熱い
私は激しく胸を揺らして呼吸する

41 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 23:29:23 ID:mk+9A/7Y
男の息がさらに荒くなる
男がそろそろイクのかもしれないと私は膣の中をギュゥと締め付ける
しかし男はまた動きを止めて私の体勢を変える
私はさきほどからイキそうになる度に動きを止められていて
爆破寸前だった
男はそれをわかっている

42 :Miss名無しさん:2007/03/21(水) 23:36:26 ID:mk+9A/7Y
男はそのものを抜いて私はまたうつ伏せにされた
私はうつ伏せになって足を閉じてピンと伸ばすだけで
ヒクヒクと腰が動いてしまうほどの快感がある
男が何も触れてなくてもだ
余韻と力んだ太ももからくる刺激で声まで漏れる


43 :1:2007/03/21(水) 23:37:54 ID:mk+9A/7Y
>>38
もちのろん生ですよ

そして途中からIDが変わったのは使ってるパソコンが
変わったからです

続けます

44 :1:2007/03/21(水) 23:48:15 ID:mk+9A/7Y
一人でうつ伏せになってアフアフ言って腰をヒクヒクさせている
そんな私を見て男は「気持ちいいの?かわいいね」と笑う
そして私の上に乗って背中に優しくキスをする
背中やお腹の両手で優しく擦る男
その手が胸に伸びた時
うつ伏せで潰れている胸を私はしっかり掴んで欲しくて
軽く上体を反らす
男の両手がうまく侵入して
後ろから両胸を鷲掴みされる

45 :1:2007/03/21(水) 23:54:51 ID:mk+9A/7Y
物理的な快感よりもいつも優しいこの男に
後ろから胸を少し乱暴に鷲掴みにされ
揉みしだかれるという状況に興奮する私。
そして同時に私の割れ目もヒクヒクと泣いている
男のものが私の閉じた太ももの間から侵入する
閉じた割れ目をヌルヌルといやらしい棒が割って入ってくる
男の右手が私の右肩を掴む
今度は焦らされずにグィっと一気に入ってきた
男の熱い棒と私の熱い中の肉がヌタヌタと絡み合いながら
ジュクジュクと音を立てる

46 :Miss名無しさん:2007/03/22(木) 00:02:09 ID:/EIXAqx0
私はその快感をさらに感じられるように
ぐっと腰だけを上げて男の恥骨にぶつける
そして太ももから足先までピンと閉じて伸ばす
「んぁぁ・・ ダメ  気持ちいいよぅ・・・  はぁ」
尿意を感じる
そこに男の亀頭があたるといつも尿意を感じてしまう
「もダメ・・ そこダメ オシッコ出ちゃうの・・ ぁぁん・・・」
ダメと言ったからって止めてくれるわけはない

47 :Miss名無しさん:2007/03/22(木) 00:06:13 ID:/EIXAqx0
男はこれでもかとそこに硬いものを当ててくる
私のお尻が男とぶつかり合ってパチンパチンと卑猥な音を鳴らす
その音が徐々に早くなってきてさらに激しさを増した時
「もう・・・ダ・・メ・・・  ああん! ダメ! あふっ・・イッ」
私は止まらない男のその動きに負けて先にイッてしまう

48 :Miss名無しさん:2007/03/22(木) 00:12:42 ID:/EIXAqx0
私は全身でブルブルと震える
下腹の快感を伴った痺れが
伸ばした下半身の足先から頭のてっぺんまでかけまわる
男は動きを止めてそんな私をじっと見ている
それを背後で感じながら、
精神がおかしくなったように腰をガクガク震わせる私

49 :Miss名無しさん:2007/03/22(木) 03:41:33 ID:/EIXAqx0
age

50 :Miss名無しさん:2007/03/22(木) 06:19:36 ID:YpcWcUTO
膣の中が痙攣している
一緒に下腹から腰もビクビクしてしまって止まらない
一人でその快感をじっくり味わいたい私は
腰を引いて男のものを抜く
体を横にしてくの字に曲げてキュンキュンいっている下半身を抱き込む
イッたばかりで恐ろしく敏感になっている私の膣の中は
簡単にはいつもの感覚は戻らない
「大丈夫?」少し心配そうな顔を作って男は私に触れる
そしてそのまま私を抱きしめる
私まだガクガクしながらも男の胸に顔を埋めて幸福感を貪る
「ごめんね」男は言いながら私の足を優しく掴んだ


51 :Miss名無しさん:2007/03/22(木) 06:20:54 ID:YpcWcUTO
そして私はビクビク震える膣内に再び異物感を感じる
男ががむしゃらに動き出す
擦れて熱い
敏感になり過ぎている私の膣の肉はジュクジュクに熟しきっていて
その異物に対して悲鳴をあげる
痺れるようで蕩けるような強い刺激が私を襲う
男は動きを止めない
今度は自分だけのために動いている
それでも私は感じてしまう

52 :Miss名無しさん:2007/03/22(木) 06:23:28 ID:YpcWcUTO
熱くてはちきれそうなその硬いものが私を容赦なく突き上げる
私の肉の中でその塊が怒張して膨らむ
男が少し喘ぐ
男が果てる
私の肩を力強く抱きながら荒い息を吐く
私の肉は男の吐き出した液体を飲み込むように
ギュウと絞り込みながら痙攣を続ける


53 :Miss名無しさん:2007/03/22(木) 06:24:28 ID:YpcWcUTO
男は私を抱きしめる
全てを出し切って心臓がドキドキなっているのを私の胸が感じている。
しばらくして私達は離れる

54 :Miss名無しさん:2007/03/22(木) 06:25:42 ID:YpcWcUTO
男は私の濡れて汚れた敏感な場所を優しく拭う
中の方までは拭けないけれども恥ずかしいほどにグショグショになっている回りを
丁寧に優しくティッシュで拭いてくれる
私はまだ腰が止まらずにヒクヒクさせ続けている
余韻がなかなか収まらないのはいつもそう
男は少しい笑いながらティッシュでキレイにしてくれる
しかしそれは逆効果になる

55 :Miss名無しさん:2007/03/22(木) 08:26:07 ID:nttAEC9j
なぜ逆効果なのだ?

56 :Miss名無しさん:2007/03/22(木) 16:45:35 ID:YpcWcUTO
男の優しい手の動きとランダムさが私をまた感じさせる。
男にその気は無くても私はまた喘ぎ出す。
周りは乾いても中はまだヌルヌルしている
男が確かめるように人差し指の先を少し私の割れ目に入れる
「また濡れちゃったの?」
優しく言って笑う。
それから私達は眠る。
激しいセックスのあとの睡眠は快楽だ
体を寄せ合って今度は性的な感情を持たずにただ抱きしめて眠る


57 :Miss名無しさん:2007/03/22(木) 16:47:14 ID:YpcWcUTO
数十分が経ったのだろうか
私は寝ぼけながら目を覚ます
抱きしめあって眠ったはずが私は寝返りをうったのか男に背中を向けている
そして男は最初から眠っていなかったのか途中で目が覚めたのかはわからないが
私の体をまさぐっていた
私はまだ半分しか覚醒しておらず今の状況が把握できない
ただなんだか体が気持ち良いことになっている

58 :Miss名無しさん:2007/03/22(木) 16:48:48 ID:YpcWcUTO
背中にぴったりとっくっついた男の熱い息が私の頭と耳をくすぐる
男の手は私の体を優しく撫で続ける
私の肌の感触を楽しむ様に体の線をなぞる 
腰からウエストにかけてのラインを手のひらで撫でたあと
今度は力を抜いた指先で軽くひっかく


59 :Miss名無しさん:2007/03/22(木) 16:50:11 ID:YpcWcUTO
寒い部屋に裸で眠ってしまった私は男のその優しい刺激によって
全身にまた鳥肌を立てる
乳首がムクムクと固まりだす
男は背後から私の体を弄ぶ
腰まわりに付いた私の脂肪を軽くつまんだりヘソに指を入れている
手が私の胸に移動したときに、男は私の乳首に気が付く
胸を大きなその手でソッと包みながら人差し指で硬い乳首を弾く
私は夢うつつでそれを感じる
目覚めたばかりのこの体は全身敏感で鳥肌がまた立つ
私の吐息のような小さい喘ぎ声を男は確認する
男の熱い呼吸が荒くなる

60 :Miss名無しさん:2007/03/22(木) 16:52:36 ID:YpcWcUTO
そして男は自分の固くなったそれを私の尻に当ててくる
寝ぼけながらも私は男の固い何かを感じる
男の手は徐々に下へ移動していく
私の恥骨の毛を可愛がるように触る
私は体を仰向けにして男の手を動き易くする
男は迷わず私の割れ目に指を差し込む

61 :Miss名無しさん:2007/03/22(木) 17:18:53 ID:WvBoIWw2
200本のキャンドルを
部屋中に飾って、シーツ一枚の中で
絡み合って
始まった
メイクラブ
満たされた瞬間だった。

62 :Miss名無しさん:2007/03/22(木) 17:23:22 ID:bqb3N0jY
200本のキャンドルが
倒れて引火した
ファイヤー
逃げ遅れた瞬間だった。


63 :Miss名無しさん:2007/03/22(木) 17:56:15 ID:YpcWcUTO
私の膣は数十分程前の情事のあと微妙な快楽を維持しつづけていた
脳は眠っていたが体の奥深くではまだ熱は冷めていなかった
それもでしばらく刺激の無かったそこに、寝ぼけていた体の内側に、突如入り込んだその刺激に
驚いてしまう
そしてすぐさま感じ出す

64 :Miss名無しさん:2007/03/22(木) 17:57:00 ID:YpcWcUTO
男の指から私の膣のなかはもうヌラヌラと艶かしく濡れていたこを知る
寝ている間に男に触られて体が感じていたのか
寝る前に完全に中を乾かせなかったその名残なのかはわからないが
とにかく私の中はドロドロに蕩けていた

65 :Miss名無しさん:2007/03/22(木) 17:57:41 ID:YpcWcUTO
男の指がヌルヌルと動く
私の湿り気を楽しむように指を出したり抜いたりを繰り返す
私の体はそんな刺激じゃもう足りなくなっている
中を掻き回して欲しい
それを知っている男は中指の先で私の中をグジョグジョと動き出す
男の指は私の快楽の場所を探り当てる
今日何度目かの尿意
「ダメ・・ そこ・・・出ちゃうの  オシッコ出ちゃう・・  ん・・・ 気持ちいいの・・・」
私は溜まらず声に出す

66 :Miss名無しさん:2007/03/22(木) 17:58:23 ID:YpcWcUTO
「ほんとにオシッコ?じゃぁ出してもいいよ ほら」
耳元でいやらしい言葉を並べる男
男は意地悪く私の膣の中を掻き回す
私は体を大きく仰け反らして腰を浮かす
男の指が私の膣の中の前の壁に当たるように
「ぁぁんっ・・・・ イヤ・・ 出ちゃうよぅ  ダメなの・・・ イジワルしないでぇ・・」
「でも腰自分で動かしてるよ  気持ちいいの?エッチだね 腰の動きいやらしいよ」
男は笑いながら私をいじめる

67 :Miss名無しさん:2007/03/22(木) 17:59:27 ID:YpcWcUTO
そこで私は自分から男の上に乗ることにした
男の腕をグイっとひっぱり仰向けに寝かせてその上をまたぐ
男にキスをする
舌先でチロチロと男の唇をくすぐる
男はその舌を捕まえようと唇で追いかける
男の口の中に侵入した私の舌は熱を持って男の舌と絡み合う
お互いの唾液でヌルヌルになった唇を今度は男の首筋に這わす

68 :Miss名無しさん:2007/03/22(木) 21:07:36 ID:YpcWcUTO
男の体はピクッと反応する
男の首を私の唾液でヌルヌルにして優しくいやらしく舐め上げる
そして私の下半身は男の硬い棒を割れ目で擦り上げている
男が固くなったそれを私の敏感な場所に当ててくる
私はそれにヒダとヒダで挟むようにして答える
私の液で男のそれがヌルヌルの棒になる


69 :Miss名無しさん:2007/03/22(木) 21:08:11 ID:YpcWcUTO
体を倒したままの体勢で私は少しだけ後ろにスライドさせる
男のガチガチになったそれを迎え入れるため。
割れ目の入り口で少しの抵抗を感じたあと
亀頭がズルっと勢い良く入り込んでくる

70 :Miss名無しさん:2007/03/22(木) 21:09:43 ID:YpcWcUTO
私の中が熱く熟れ過ぎているのか、
男のそれがぬるく感じる
ぬるく硬いそれは私の壁に行き当たる
私は腰だけを艶かしく動かす
勝手に動いてしまうといった方が正しいのだろうか
おしりと腰だけヘコヘコと前後に動いてしまう
膣のグチュグチュした肉で男のそれを擦り、感じる
そのままその速度を上げていって男の息がさらに荒くなった時に
私は動きを止める

71 :Miss名無しさん:2007/03/22(木) 21:10:35 ID:YpcWcUTO
今度は私がいじわるする番だ
男は動きを止めた私を下から軽く突き上げる
またやられてしまいそうになるのを堪えて
「ダメだよ・・ 今度はおとなしくしててね」
私の中から男のそれを抜く
思いがけず外に出されたそれはピクピクと可愛くよだれを垂らしている
私はそれを優しく触れて指先で遊ぶ

72 :Miss名無しさん:2007/03/22(木) 21:11:12 ID:YpcWcUTO
亀頭をクルクルといじりながら聞いてみる
「ねぇ 入れたい?」
「・・・ん」
男は急に立場が逆転して戸惑いながら恥ずかしそうい頷く


73 :Miss名無しさん:2007/03/23(金) 06:33:23 ID:jgZU90Bq
はやく続きを…

74 :Miss名無しさん:2007/03/23(金) 09:09:29 ID:syZsYZfB
私は男のそれを口に近づける
唇で男の亀頭の先にソッと触れる
男は一気にくわえこんで欲しいのか腰を浮かす
それに気がつく私は顔を上げて逃げる
男のそれがピクピクと動く
また亀頭の先にキスをする
今度は唇をむにゅっと押し付けて隙間から舌を出して
チロチロとくすぐる


75 :Miss名無しさん:2007/03/23(金) 09:16:59 ID:syZsYZfB
それだけじゃ足りないのか、男は再度腰を浮かす
私はまた口を離す
今度はそのヌルヌルの茎を指でいじる
指の先で触れるか触れないか位の弱い力で
裏の筋をいじわるくゆっくりゆっくり下から上へ線を引く
亀頭に辿り着いた指は男の先からもれ出た透明な液体を掬い
糸を引かせて男に見せる
「これ誰の? 私のじゃないよね もう出ちゃうの?」
男は少し照れたように笑い次の刺激を待つように目を閉じる

76 :Miss名無しさん:2007/03/23(金) 09:24:13 ID:syZsYZfB
閉じた唇でヌルヌルの亀頭の先を撫で回す
男は私の唇が開くのを待っている
私は少しだけ上の唇と下の唇を離して男を期待させる
そしてまた閉じる
しかし懇願するように男が再び腰を浮かしてきたので、
今度は勢い良くズルリと亀頭を口の中へ入れる
男の液体のしょっぱさを味わいながら舌で亀頭を擦る


77 :Miss名無しさん:2007/03/24(土) 00:46:24 ID:ntL2qpwi
age

78 :Miss名無しさん:2007/03/24(土) 02:08:39 ID:JDtUn+98
セックスってきもちいいもんですか?

79 :Miss名無しさん:2007/03/24(土) 03:44:15 ID:ntL2qpwi
テラキモチヨスwwwwww

80 :Miss名無しさん:2007/03/30(金) 05:26:12 ID:w/CliAF1
age

81 :Miss名無しさん:2007/03/30(金) 05:42:18 ID:t3VN+ZAE
 「純潔の証」である「無傷の処女膜」を破らせて別れた奴は肉便器。
(合意でセックスまでしておきながら結婚しない奴は肉便器。)
 他の奴とセックスした奴は汚いし、新型エイズなどの性病も汚くて怖いし、
別れるほど下らないヤリチンに尻の穴まで観せた恥じらいの無さと尻軽さに萎えるし、
人としてのプライドが有れば、中古の肉便器を愛せる訳も無いので女ではない。
そして性欲処理機になっただけなのに、愛されたとか激しい妄想をしてキモい。
だいたい貞操すら守らないという淫乱さ加減に呆れて物も言えない。
 肉便器が自分を女だと思うな。きちんと結婚相手に貞操を守っている女に対して失礼だ。
オマエらはヤリチンの唾液や精液にまみれて性病菌をばらまく汚い肉便器なんだよ。
肉便器は肉便器以外に成り済ましたりしながら妄想だけを書いてないで、
風紀を乱し、性教育を過激にして人に迷惑かけてる事を反省しろ。
肉便器が肉便器のままで幸せになれると思うなよ。きちんと最初の奴に引き取ってもらえ。
でないと幸せにはなれずに地獄に落ちる傷物・残飯の肉便器のままだ。

 そもそも本当に良い女ってのは、股を開かなくても男が寄ってくるものだし、
体を許さなくても男は離れていかない。
自らの欲望に負けた淫らな奴や、下らない劣等感を抱く醜い奴、
ヤリチンに騙された頭の弱い奴なんかが次々と「使用済み」とされていく。
だから肉便器には、妄想している不細工しかいないのだろう。

 処女は偉いし、立派だな。「大切なものを守る」という精神は素晴らしい。
自分を大切にする人は、相手を大切にできる。そして相手からも大切にされるのである。

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)